ブスは生きる価値なし?顔がかわいくないだけで馬鹿にされる理由!


『ブスは生きる価値がありませんか?』

先日、テレビの悩み相談番組でこのような悩みを打ち明ける女の子がいました。
ネットを見ても、『ブスの私は生きている価値がないと思う』『ブスは生きる価値がないと言われた』という悩み相談をいくつも見かけます。

果たして、ブスは生きる価値がないのでしょうか?
そして、なぜブスは『顔がかわいくない』というだけで馬鹿にされるのでしょうか?

その理由を説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

ブスは本当に生きる価値がない?

まず最初にハッキリさせておきたいことがあります。

『ブスには生きる価値があるのか?』

という問いに対する私の考えです。

『あるに決まってます』

これはもう、誰がどう考えたってあるに決まっています。
というより、大人になれば『見た目が悪いだけで、他人に対して生きている価値がないなんて言う人間は話にならないほど低レベル』だと誰だって思います。

少なくとも、人並みの一般常識を身につけた大人ならそう思います。

『ブスだから(あの女は)生きる価値がない』

なんて、言っている人間がいたら、普通の大人からしたら『きみ、頭大丈夫? いい歳こいて何いってんの? 小学校からやり直したら?』と言いたくなるレベルです。

ですので、ようするに普通の人間はブスに生きる価値がないなんて思いません。
(これは別に綺麗事でもなんでもなく、ごく一般的な考えですので、自分の顔にコンプレックスがあるひとはどうか安心してください)

でも、そうは言っても世の中には『ブスを馬鹿にするひと』が確かにいますよね?

テレビをつけても、『ブスは大嫌い』と公言する有名人が確かに一定数、存在します。

では、ブスが嫌いな人の心理とはどのようなものなのでしょうか?

これは『女子』『男子』『大人』の三つに分けて説明した方がわかりやすいでしょう。

女子がブスを馬鹿にする理由

よくブスのひとが、

『男性はかわいい女子ばかりチヤホヤして、ブスには冷たい』

などと言いますが、よく思い出してみてください。
女子もまた、ブスに冷たかったのではありませんか?

少なくとも、世の中には『女子にもひどいイジメを受けた』というブスのひとがたくさんいます。

そうです、女子もまたブスをイジメるのです。
悪口や仲間はずれなど、その陰険さはもしかしたら男子以上かもしれません。

では、なぜ女子はブスをイジメるのでしょうか?
それは、
『ブスをイジメることで、自分はブスじゃないと思い込みたいから』
と、言われています。

つまり、ブスをいじめると、間接的に『自分はブスじゃない』と証明した気分になるので、ブスをイジメるのです。

これは、たとえば『本当は東大に行きたかったのに、学力が足りなかったので早稲田にしか入れなかった学生が、自分より学歴の低いひとを馬鹿にする心理』と非常に似ています。

自分より下の人間を馬鹿にすることで、『自分は劣っていない』と間接的に自分に言い聞かせているのです。

ですので、ブスをイジメる子に美人はあまりいません。
ややブスな子や、普通だけどあんまりモテなさそうな子などがブスをイジメやすいです。

このように女子がブスをイジメる理由は、

『自分はブスじゃない』
『自分の方が格上』

と、思い込みたいためなのです。

男子がブスを馬鹿にする理由

次は男子がブスを馬鹿にする理由です。
これは、

『馬鹿にできる相手を見つけて、攻撃したいから』

だと言えます。

女子のように『自分の方が上』と思いたいわけではなく、単純に攻撃できる相手を探しているため、攻撃するのです。

これは一般に、家庭に問題があったり、貧しい家の生まれの子などがこのような心理になりやすいです。

家庭に問題がある子は、心に不安を抱えています。
親がすぐ怒るから恐い、お金がなくていつも親が不安そうにしている、などなど。親の未熟さの影響で子供も不安になっているのです。

そういう子は、昆虫を殺したりいたずらをしたり、物を壊したりして不安を紛らわせます。

そのひとつが、『弱いものイジメ』です。
弱いものイジメをすると、ひとはつかの間の『安心』を得ます。
そしてブスなひとは、『顔が変』という子供にとっては格好の『攻撃していい理由』を持っているので、攻撃してしまうのです。

『イジメをする子は、イジメられる子よりも心に問題を抱えている』

とよく言われますが、ブスを攻撃する場合もまったく同じです。
心の不安やモヤモヤを、自分より弱いものへの攻撃で発散させたいのです。

だから、男の子の『ブス攻撃』は暴力的になりやすく、危険なのです。

大人がブスを馬鹿にする理由

女子・男子などの子供時代のイジメは、いわば『他人をバカにしたり攻撃することで自分を安心させる行為』です。

これは、悲しいことですが人間の本能です。
ひとは心に不安があると、その不安を解消するための行動を無意識に取ります。
モヤモヤとストレスがたまると何となくカラオケで大声で歌いたくなるなどは、まさにこの典型です。

ただし子供の場合は『やっていいことと悪いこと』がまだ分かっていないので、このような陰湿・暴力的な行動に出てしまうのです。

では、大人の場合はどうなのでしょうか?

実は、大人の場合はいくつかのパターンに分かれます。

〇単に精神が幼稚。
〇性格の悪いブスを過去に見てきたため。
〇自分はああなりたくない…という恐怖心から馬鹿にする。
〇ブスの卑屈な態度が鼻につく。

『単に精神が幼稚な人』というのは、文字通りです。
子供のころと精神状態が変わっていないので、ブスを攻撃することで喜びを感じているだけです。

『性格の悪いブスを過去に見てきたため』というのは、そのひとの経験によるものです。
ブスになると、どうしても何割かのひとは性格が悪くなってしまいます。

『みんなが私を攻撃してくる』
『容姿で人間を判断する奴らは低レベルだ』
『日本人はバカばかりで話にならない』

という感じで、『今まで馬鹿にされてきた恨みから、周囲の人間すべてを恨んでしまう』という状態になってしまいがちです。

実はこれはブスだけに限らず、『友達がいない人』『社会で落ちこぼれた人』『ひきこもり』なども同じように一定数の人間は『世の中、バカばっかり』という思考になります。
ハーフなども同じように子供時代はバカにされることが多く、似たような思考になることが多いです。日本だけでなく世界中で同じような問題があります。

『自分が劣っているんじゃない。周りにバカしかいないからこっちから相手しないだけだ』
と、自分に言い聞かせているうちに、本当にそうだと思い込んでしまうのです。
(といっても、心の底では『受け入れてもらいたい』と思っている場合も多いですが。)

スポンサーリンク

性格ブス、卑屈ブスが嫌われる理由

でも、この『性格ブス』状態の人間を初対面の人間がみたらどう思うでしょうか?
当然、嫌います。
『なんだこいつ?』
と思ってしまいます。
そのため、そういう見た目も性格もブスな女性をたくさん見てきた人は『ブスは性格が悪い』と思い、ブスが嫌いになるのです。

『オタク=キモイ』

と多くのひとが思っているのと同じです。オタクでも普通な人は山ほどいますが、身だしなみがだらしないオタクの方が多いために、どうしてもオタク=だらしなくてキモイと思い込んでしまうのです。

『自分はああなりたくはない…という恐怖感から攻撃する』というのは、大人ならではの攻撃理由です。

大人は子供と違って、想像力があります。

そのため、ブスな女性を見ると、
『あんなに容姿が悪かったら、人生辛いことばっかりだろうな…』
と勝手に想像してしまい、その『辛すぎる人生』に恐怖してしまうのです。

結果、その『恐怖の元』を攻撃し、遠ざけることで、『自分にはあんな不幸は訪れない』と安心しようとするのです。
自分勝手といえばそのとおりですが、これも一種の防衛本能によるイジメだと言えます。

最後は『ブスの卑屈な態度が鼻につく』というものです。
さきほど、『ブスだと一定の割合で性格が悪くなる』と書きましたが、それは全体に1割程度です。

残りの9割のうち、おそらく7割ぐらいは『卑屈』になります。
ようするに暗くなります。

子供のころから自分の外見にコンプレックスを持ち、他人にバカにされてきたので性格が暗くなるのは当然です。

しかし悲しいことに、世の中には『暗い人間が大嫌い』というひとが一定数います。

『暗いやつと同じ部屋にいると、こっちまで気分が悪くなる』
『暗いやつは見ているだけで不愉快』

などのように、なぜか暗い性格の人間を嫌います。
男性にも、女性にもこのタイプはいます。
そのため、ブスで性格が暗いひとはすぐに嫌われます。
嫌いになると、当然、見た目の悪さも攻撃対象になりますから、ブスであることにも攻撃してきます。

『性格が暗いから嫌い』から始まり『ブスなところも嫌い』に発展してしまうのです。

スポンサーリンク

まとめ 顔がかわいくないだけで馬鹿にされる理由

いかがでしたか?
『ブスは生きる価値なし?顔がかわいくないだけで馬鹿にされる理由』
というお話をしてみました。

最初の書いたとおり、大人になれば普通は容姿の悪さを攻撃なんてしません。
少なくとも、そんな幼稚なことを口に出したり、態度に出したりはしません。

もっと言えば、『それほど他人に関心がない』ひとの方が多いです。
みんな、自分が生きることに一生懸命で、他人の容姿なんてそこまで気にしません。
(恋人を探しているなら話は別ですが)

でも、世の中にはやっぱり容姿で人を判断する人間が多数います。
今回は『ブス』を取り上げましたが、実際は男のブサイクも女性からすさまじい攻撃を受けます。『キモイ』『恐い』『死んでも付き合いたくない』などなど。容姿のハンデは男性にもあてはまります。

でも、そんな人間ばかりではないこともやっぱり事実です。
悲観しすぎることなく、『容姿を気にしない人たちもいる』と理解して、生きてみてはいかがでしょうか?

なお、『どうしても顔のコンプレックスを治したい!』というひとは、整形することも選択肢に入れてみてください。こちらの記事に『整形すると人生がどれだけ変わるか』を書いていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。
(今どき整形なんて誰だってやっていますので、ためらう必要なんてありませんよ!)

→ブスだから整形したい!コンプレックスを治して美人になる方法!

※こちらの記事も人気です!

ブスは幸せになれない?死にたくなるほど辛いキモ顔を治す方法!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA