美人とブスの格差が酷い!男はかわいい女とブサイク女を差別する?

『男は美人にばかり優しくて、ブスには冷たい』
『美人ばかりチヤホヤされる世の中は間違っている!』
『ひとを見た目で判断するのはおかしい』

このような怒りを抱えている女性は多いようです。
確かに、人間は中身が大事なのに、見た目だけで判断されるなんてひどすぎますよね?
しかも男ときたら、美人にはロコツに優しくするくせに、ちょっと見た目が悪い女性には別人のように冷たく当たったりします。

『美人とブスの格差問題』

は、誰もが感じていることなのではないでしょうか?

そこで今回は、美人とブスの格差の実態をご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

美人とブスの格差は確かに存在する

悲しいことに、美人とブスの格差というのは確かに存在します。

人間は中身が大事というのは常識であり、大人になれば誰もが分かっているはずのことなのに、それでも見た目で判断する人間はたくさんいます。

もちろん、誰もが多かれ少なかれ他人を見た目から評価しているのは否定できません。

だけど、それが行き過ぎてしまうのはやはり問題です。

そしてそんな人間のせいで真っ先に被害を受けるのが、いわゆるブスな女性たちです。

ブス女性たちは、美人と同じ職場にいると露骨な差別を受けてしまうことが非常に多いです。

具体的には、美人は仕事ができなくても男たちが我さきにとフォローしてくれるのに、ブスにはまったくフォローなし。

それどころか、

『それぐらい自分でやれよ』

なんて言われてしまうことさえあります。

美人とブスの扱いには否定できない格差があるのです。

ブサイク女が受ける差別

では具体的に、ブサイクな女性はどのような差別を受けるのでしょうか?
美人とブスの場合に分けて比較してみましょう。

『美人の場合』

〇学歴がなくても就職がしやすい。
〇仕事ができなくても男から大事にされる。
〇学生時代も常に男子が優しい。
〇誕生日プレゼントなど、男性から貢がれることが多い。

『ブスの場合』

〇学歴があっても就職が難しい。
〇仕事ができないと人間扱いしてもらえない。
〇学生時代はイジメの対象。
〇男性に貢がれるなんて夢のまた夢。

と、簡単なものを挙げるだけでもこれくらいあります。
細かいものを挙げればそれこそ星の数ほどあるでしょう。

ちなみに、ブスは学歴があっても就職しにくいというのは誇張のように聞こえるかもしれませんが、事実です。

実際、大手企業などでも、女性は見た目を優先して採用しているところが多いです。
特に受付など、会社の顔になる人事に関しては、明らかに見た目重視で採用しています。

どこの会社だったか忘れてしまいましたが、数十年前にとある会社が人事部の採用基準に、『ブス・デブ・メガネの女は不採用』という秘密の規定を作っていたことが発覚して大問題になったことがありました。

しかし、実際は今も表沙汰になっていないだけで、多くの企業で同じようなことが行われていると思います。

職場や学校での差別は誰もが知っているとおりです。
美人な女性の周りには、いつだって男が集まってきます。
そして彼らは、美人が困っているとそれはそれは優しく助けてあげます。

同じようにブスな女性が困っていても、助けてくれる男子はごく一部です。
ゼロであることも珍しくないでしょう。

美人とブスは、それくらい扱いに格差があるのです。

スポンサーリンク

見た目で差別するのは男だけか?

が、ここでひとつ知っておいて欲しい事実があります。

『見た目で差別するのは男だけではない』

という事実です。

ハッキリ言いましょう、

『男だって見た目が悪ければ、女性から差別を受けるのです』

それはもう、悲しいほどにわかりやすい差別を受けます。

それこそ、イケメンはなにをしてもチヤホヤされ優しくされるのに、ブサメンはまるでゴキブリの化身であるかのように毛嫌いされバカにされます。

『キモイ』
『うざい』
『生理的に無理』

などなど。

ただただブサイクだというだけで、このような陰口を叩かれたり、邪険にされたりすることも珍しくありません。

見た目で差別するのは男性だけではないのです。
つまり、

『男って美人にばかり優しい!』

ではなく、

『人間って見た目がいい人間にばかり優しい!』 

というのが、事実なのです。

実際、ブスな女性もイケメンはチヤホヤして、ブサイクな男性を小馬鹿にしているケースも多く見受けられます。

自分のことを棚に上げているのはさておき、やっぱりひとは、どうしても多かれ少なかれ見た目で他人を評価してしまうのでしょう。

差別はあって当たり前!と割り切ろう

ではどうすればこの『見た目差別』に対処できるのでしょうか?

それは、

『差別はあって当たり前』

だと割り切ることが大切です。

実際、どんな社会にあっても、差別は存在します。

人種、学歴、家柄、見た目、性別から年齢まで。

日本だけに限らず世界中のあらゆる社会に差別はあります。

ですので、差別されても『こんなのおかしい!』と思うよりは、『世の中こんなもの』と割り切ってしまった方が楽なときもあります。

『そんなの負け犬の考え方だ!』

というならば、差別がなくなるよう訴え続けなければなりません。
そんな行動ができるひとは、1万人に1人ぐらいでしょう。
普通のひとには、そんなエネルギーはありません。

余計なエネルギーを使わず、少しでも平穏に行きたいのであれば、

『ま、世の中こんなもの。気にしても意味ないから、私は私の好きなように生きよう』

と、冷めた目で世の中を客観視することも必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ 美人とブスは扱いが違う

いかがでしたか?
『美人とブスは扱いが違う』
という話をしてみました。

本文でも書きましたが、大事なのは、
『差別はあって当たり前』
と理解することです。

ブスなあなただって、イケメンが好きですよね?
イケメンがいたらついつい優しくしたり、相手に合わせてしまいますよね?
少なくとも、ブサメンとは態度が違ってくるはずです。
自分ではそう思っていなくても、物腰が柔らかくなったりしているかもしれません。

人間そういうものだと諦めて、無駄に怒ったり絶望したりするのをやめてみてはいかがでしょうか?

※こちらの記事も人気です!

ブスだから整形したい!コンプレックスを治して美人になる方法!

ブスが嫌われる理由!キモ顔がウザがられる?幸せになる方法も!

ブスは生きる価値なし?顔がかわいくないだけで馬鹿にされる理由!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください