ブスは整形すれば美人になれる?ブサイク女でもモテ顔になる方法!


『ブスすぎて自分の顔が好きになれない…』
『顔がブスなせいで子供のころからイジメられてきた…』
『いっそ整形して美人になりたい』

このような悩みを抱えているひと、多いですよね?
実際、どれだけ綺麗事を言っても、人間は見た目でかなりの部分を評価されてしまいます。
大人になれば内面を見てくれる人間も増えてきますけど、それでもやっぱり外見がブスなだけで攻撃してくるひとも多いです。

そんな辛い人生を歩んでいるひとにとって、整形は最後の手段だと言えます。
そこで今回は、

『ブスでも整形すれば美人になれる?』

という話をしてみたいと思います。
整形しようか迷っているひとはぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブスは整形すれば美人になれる?

整形を考えている女性にとって一番気になるのは、

『ブスでも整形すれば美人になれるのか?』

ということだと思います。
せっかく整形したのに、綺麗になれないのでは意味がありませんからね。

結論から先に言えば、

『少なくとも、今よりは美人になれる可能性は高い』

です。

ブスだけど、整形した途端にものすごい美人になれるということはまれです。
ごくたまにいるようですが、その場合は、何百万円というお金をつぎ込んで顔のほとんどすべてを作り替えた場合でしょう。

普通は、そこまで極端に美人にはなれません。

『じゃあ、整形なんかしたって意味ないじゃん』

と思われるかもしれませんが、そうでもありません。

大事なのは、

『少なくとも、今よりはずっと自分に自信が持てる』

ということです。

ブスで悩んでいたひとが、他人の目を気にしなくなれるのです。
これって、ものすごく大きなことだと思いませんか?

整形して幸せになった女たち

サイコサイバネティクスという学問をご存知でしょうか?
これは簡単に言えば、

『自分の心を前向きに操るための実践心理学』

という学問です。

実はこのサイコサイバネティクスを考え出したのは、美容整形外科の先生なのです。

名前をマルツ博士と言います。

彼は何百人、あるいは何千人と女性に美容整形手術を施してきた経験から、あることに気づきました。

『美容整形を受けた女性のほとんどが、その後、幸せになっている』

『それも、見た目が少ししか変わらない簡単な美容整形しか受けていない女性も幸せになっている』

『なぜだろう? ものすごい美人になったわけでもないのに…』

『そうか。彼女たちは自分の顔が好きになったんだ。自分を好きになったから、自信がついて、人生がどんどん明るくなっていったんだ!』

簡単に言うとこういうことです(笑)

美容整形を受けて幸せになった女性たちはみな、『コンプレックスだった顔を治して、自分の顔が好きになった』から、どんどん性格が明るくなって幸せになったのです。

それこそ、鏡を見るたびに、

『私、ちょっとかわいくなった!』

『前より間違いなく美人になった!』

と思ったことでしょう。

このように、美容整形をすると、

『たとえとびきりの美人にはなれなくても、コンプレックスが解消されて人生が幸福になる』

という効果があるのです。

自分の顔を好きになれれば、人生は輝く

あなたは自分の顔が好きですか? 嫌いですか?
自分がブスだと思っているひとは、まず間違いなく嫌いでしょう。

そしてそのせいで、鏡を見るたびに憂鬱な気持ちになるのではないでしょうか?

顔がブスなせいでイジメられ、辛い人生を歩んできたひともいるかもしれません。
自分が嫌いだと性格が消極的になり、恋愛なんて絶対にできないと引っ込み思案になってしまいますよね?

でも、自分を好きになれたらどうでしょうか?
鏡を見るたびに『私、綺麗になった!』と思えたら、どんどん自信がついて性格が明るくなってくると思いませんか?

自信がつけば恋愛にも積極的になれますから、いずれは彼氏ができるかもしれません。

事実、整形したらイケメンの彼氏を出来た!という女性もたくさんいます。

自分の顔を好きになると、そのぐらい人生が変わるのです。

スポンサーリンク

ブサイク女でもモテ顔になる方法

ブサイク女がモテ顔になるには、運動してやせるか、化粧でごまかすかしかありません。
しかし、それにもやっぱり限度があります。

なので、ブサイク女(ようするにブス顔女性)がモテ顔になるには、整形するのがもっとも確実で、てっとり早いです。

『でも、整形するようなお金がない…』

という場合は、プチ整形などの数万円で受けられる美容手術がおすすめです。

そのさいに押さえておきたいポイントは、必ず『自分の一番のコンプレックス』から手術すること。

たとえば目が小さく一重であることが最大のコンプレックスならば、ぱっちり二重にすること。

鼻が団子鼻でコンプレックスならば、鼻筋を通す手術を受けること。

自分のコンプレックスを真っ先に直せば、それだけで自分の顔が好きになれます。
なにしろ、自分の顔の一番嫌いな部分が治るのですから、好きになるに決まっています。

つまり、自分に自信をつけるには『自分の一番のコンプレックスから治す』のが有効だということです。

そうすれば、自分に自信がついて笑顔が増え、自然とモテ顔になります。

(男性は女性の笑顔に一番、魅力を感じるからです)

整形=悪という考えは古い!

最後に、整形=悪という考え方について少しだけ書かせていただきます。

世の中にはなぜか、『整形=悪』と考えるひとがいます。
しかし、自分のコンプレックスを治すことのどこが悪だと言うのでしょうか?

特に、ブスであるというだけで子供のころからイジメられてきた人たちが、その苦しみから逃れるために整形することの何がいけないのでしょうか?

芸能人でさえも当たり前に整形していて、そんな芸能人を『かわいい、かわいい!』とチヤホヤしているのに…。

はっきり言いますが、整形=悪などという考え方は非常に古臭いです。
今時の若い子はとても気軽にプチ整形を受けていますし、韓国などでは整形するのが当たり前になっています。

不思議なのが、整形に罪悪感を持っているのは実はブスな女性に多いということです。
おそらく、整形をすると自分のコンプレックスを認めたことになってしまうようで、抵抗がるのでしょう。

しかし、認めるもなにも本当にコンプレックスがあるのですから、隠してもしょうがありません。

『私は自分の容姿にコンプレックスがある。だから、コンプレックスを治すために整形を受ける!』

と、堂々と宣言しまうくらいの潔さで、整形手術を受けてしまった方がはるかに得です。

スポンサーリンク

まとめ ブスでも整形すれば自分が好きになれる

いかがでしたか?
『ブスでも整形すれば美人になれる?』
というお話をしてみました。

結論は最初に書いたとおり、
『美人になれるかどうかは人それぞれだけど、自分を好きにはなれる』

『そして自分を好きになれれば、人生は光り輝く』

というものです。
美人になって一発逆転することも人によっては可能ですが、それよりも、自分を好きになって一歩ずつ幸せの階段を上がる方が現実的ですし、喜びも大きいです。

整形に興味がある方は、この機会に思い切って生まれ変わってみてはいかがでしょうか?

なお、整形すればどれだけ人生がプラスになるかや、おすすめの整形外科などはこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブスだから整形したい!コンプレックスを治して美人になる方法!

※こちらの記事も人気です!

ブスが嫌われる理由!キモ顔がウザがられる?幸せになる方法も!

ブスは生きる価値なし?顔がかわいくないだけで馬鹿にされる理由!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA