夏空 7


スポンサーリンク

「お~、美代ちゃーん、おっはー」
「おっはー。……って、いつの時代よ、その挨拶」

 七月二十日。午前九時。
 出勤ラッシュもようやく落ち着いた時刻を見計らって、あたしたちは最寄りの駅に集合した。
 歩いて二十分もかからない距離だったのに、あたしはすでに汗だくだ。
 それもそのはずで、今日はまさに絶好の旅立ち日和。雲ひとつない快晴だったからだ。
 吸い込まれそうなほど青い夏の空。太陽はぎらぎらと輝いていて、ありがた迷惑なことに、さらなる猛暑を予感させる。

「ふい~、今日も暑くなりそうねー!」
「そうやな~、お天道様があんなに輝いて、絶好の出発日和やな~!」

 弥生も空を見上げて、嬉しそうにそう言った。
 どうやら今日の体調は良さそうだ。とりあえずあたしはそのことにホッとした。
 と、あたしは来る途中でちょっと気になったことを弥生に訊いた。

「ところで弥生、あんた、携帯の電源切れてない? 途中で電話したけど、繋がらなかったわよ?」
「充電が切れてたんや。宿についたらちゃんと充電するから、安心してや」
「まったく。旅の初日からこれなんだから。先が思いやられるわね」
「えへへ」

 それから、あたしたちは駅に入り、電車に乗った。
 近くにある大きな駅で新幹線に乗り換え、そこからさらに、聞いたこともない名前のローカル線に乗り換える。
 あとはこのまま二時間ほど電車に揺られていれば、目指す白海に辿りつく。

「いや~、やっぱ新幹線より電車の方が楽しいなぁ。窓も開けられるし」

 対面式の座席に座り、開け放した窓の外をにこにこと眺めながら、弥生が言った。

「窓から手を出しちゃダメよ。危ないから」

 あたしはまるで母親のようなことを言ってしまった。

「あはは。美代ちゃん、まるでお母さんみたいやなあ」
「うっさい」

 弥生にも指摘されてしまった。しかしもうこれは癖だ。しょうがないのである。
 その様子を見て、弥生がまたさらにけらけらと笑った。
 それから、彼女は思い出したように話題を変えた。

「そう言えば美代ちゃん。マンガの方はどうなってんのや~?」

 マンガの方、というのは、あたしの日課であるマンガの製作はうまく行っているのかという意味だ。
 そう、あたしの夢はマンガ家になることである。

スポンサーリンク

前へ 次へ 作品一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

心の研究家。 『人生はその人の心の状態で決まる』 を信条に、弱い心を強くする方法や、人間関係の悩みの解決法などを教えています。 人生に悩みを抱えている人は心を磨く努力をしましょう!