30代アラサー独身女性は寂しい?結婚できない人生の虚しさと末路!


『アラサーになると独身が辛くなってきた…』
『20代は平気だったのに、30代になったころから寂しい…』

このような悩みを抱えている人、多いのではないでしょうか?

20代半ばくらいまでは結婚にそれほど焦りなんて感じなかったし、ひとによっては結婚願望すらほとんどなかったのに、アラサーや30代後半ぐらいになってから急に孤独が辛くなってきたり、寂しさや虚しさを感じたり…。

このような女性は非常に多いです。

でも、どうしてアラサーや30代に入ると急に孤独を感じるひとが増えるのでしょうか?

その理由を説明します。

スポンサーリンク

なぜアラサーになると寂しさが押し寄せるのか?

20代のころは焦りもなかったし、独身を楽しんでいたのに、30代に入ったら途端に焦り始めて、不安になってきた。

こういうひとは非常に多いです。

でも、なぜ30代になったころから急に不安になったり、寂しくなるのでしょうか?

それには、以下の理由が考えられます。

『30代になると寂しくなる理由』

〇友達の多くが結婚してしまうから。
〇年齢的に『結婚しない』から『結婚できない』に変わってしまうから。
〇人生経験を積んだことで、価値観が変わってしまったから。
〇身体の衰えを感じ始めるから。

まず、一番多いのが『友達の多くが結婚してしまったから』というものです。

『赤信号 みんなで渡れば 怖くない』

という言葉がその昔流行りましたが、これと同じで、みんながみんな独身ならば焦りも不安もないでしょう。

しかし、20代後半になるにつれ、1人、また1人と友達が結婚していき、気がついたら独身は自分だけ…となれば、取り残されたような気がして不安になってしまいます。

また、20代のころは『まだ結婚しなくていいや!もっと独身を楽しもう!』と思って『結婚しない選択』をしていたけど、ふと気が付くと『もう、結婚しないじゃなくて結婚できないという年齢になっている』ということに気が付くひともいます。

もちろん絶対にできないわけではありませんが、20代のころと比べるとモテる確率は天と地ほど差がある。20代からはオバサン扱いされることすらあります。

また、若い頃は独身主義だったひとも、人生経験を積むにつれ『やっぱり結婚したい』『子供を生んで暖かい家庭を築きたい』と思う人もいます。

そんなときに、ふと自分の年齢や結婚できる確率を考え、寂しさと不安に襲われてしまうのです。

他にも、若い頃は体が健康で元気が有り余っていたから結婚なんてちっとも興味なかったけど、30代に入り疲れが抜けないなど、体力の衰えを感じると、『やっぱり誰かにそばにいて欲しい…』と考えるようになります。

このように、アラサーや30代に入ると、

『周りの環境と、自分の価値観』

に変化が生じるため、独身であることに不安や焦りを感じやすいのです。

スポンサーリンク

寂しさの正体は?

寂しさの正体は、やはりなんといっても、

『不安』

です。

『このままずっと私だけ独身なのかな…』

『病気になっても誰も看病してくれない…』

『老後もひとりぼっちかも…』

『独身で孤独死するのかも…』

などのように、未来への不安が寂しさを招きます。

これもまた、20代のころにはまったく生まれなかった感情だと思います。

なぜなら20代のころは、良くも悪くもまだまだ世の中を知らないからです。
体は元気だし、仕事もしているし、楽しいこともたくさんあります。

会社の人間関係など、ストレスの元はたくさんあっても、不安になる要素は意外と少ないです。

30歳を超えると体力がどう落ちていくのか、ということも知らなければ、恋愛が難しくなるということも知りません。

友達がどんどん結婚していく不安も体験していないから分かりません。

出産にタイムリミットがあることを知っていても、それが徐々に近づいてくる恐怖というものも分かりません。

言ってしまえば、小さな子供が『ボクはなんでもできる!』と思っているのと同じです。

なんでもできるのではなく、なんにも知らなかったから不安も寂しさも感じなかっただけです。

結婚できない人生は虚しい?

ところで、結婚できない人生は虚しいのでしょうか?

答えを先に言えば、

『人それぞれ』

です。

独身でも充実した人生を送っているひともいれば、結婚して後悔する人ももちろんいます。

ですので、『結婚すれば幸せ』『結婚しない人生は虚しい』なんて、簡単に断言できるものではありません。

ただし、ひとつだけ分かっているのは、

『結婚願望はあるのに、結婚できなかった人生は虚しい』

ということです。

これは、当然ですよね?

自分が望んでいるものが手に入らなかった人生なのですから、虚しいに決まっています。

心から打ち込める趣味とか、人生をかけるほどやりがいのある仕事に出会えた場合は別ですが、そうでない場合は虚しさや寂しさを感じながら生涯を終える可能性が高いです。

老後、同級生たちはかわいい孫に囲まれて幸せな人生を生きているのに、あなただけ、

『私の人生、一体なんだったんだろう…』

と思いながら、ひとりきりのアパートでひっそり死んでいくかもしれません。

ちなみに、独身の人間は既婚の人間よりも平均で寿命が8年短いという科学的なデータがあります。

理由は、食事が偏ることや寂しさのストレス、そしてなにより、脳卒中や心臓病などで突然倒れても誰も気づいてくれないからです。

ちなみに、孤独死した人の多くは玄関の方を向いて亡くなっているそうです。

その理由は、『助けを呼びに行こうとして力尽きてしまったから』だそうです。

自分がそんな最期を迎えるのかと思うと、ゾッとしてしまいますね。

孤独を脱出したいなら

脅かすようなことを言ってしまいましたが、これが現実です。

ですので、もしもこんな最期を迎えるのが嫌ならば、今すぐ行動しましょう。

なりふり構ってなどいられません。

今、行動しなければ、10年後、アラフォーになっても独身のままです。

平成17年の国勢調査によると、アラフォーになって結婚できる確率は、1パーセント未満です。

35歳の5年結婚率 12.83%
40歳の5年結婚率 0.92%
45歳の5年結婚率 –2.98%

引用 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/index.html

45歳以上がマイナスになっているのは、離婚や死別などによって逆に独身率が上がってしまうためです。

それを抜きにして考えても、注目すべきは35歳からの5年結婚率と、40歳からの5年結婚率の差です。

35歳からは約13%もあるのに、40からは1%を切っています。

つまり、それぐらい結婚するのが難しくなるのです。

ですので、結婚したければ今すぐに行動しましょう。

『でも、行動しろったって何をどうすればいいの?』

と思うひとのために、最後に、有名な心理学者が教えてくれた『モテる確率を上げる究極の方法』をご紹介します。

『とにかく異性の多い場所に出向くこと。出会いの数を増やすこと』

これ以外にないそうです。

10人の未婚男性と出会うより、100人の未婚男性と出会った方があなたのことを好きになってくれる男性が現れる確率は10倍高くなります。1000人なら100倍です。

『モテたければ出会いを増やせ!』

『悩んでいる暇があったら、男がたくさんいる場所に行け!』

これが、心理学的にも統計学的にも保証された、最高の婚活法なのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『アラサー独身女は寂しい?』

というお話をしてみました。

ぜひ参考にしてみてください!

※こちらの記事も人気です!

友達いない女は出会いがないから結婚できない?ぼっち独女の婚活術!

アラサー女性が結婚できる確率は?出会いがないと生涯独身のまま!

アラサー婚活に焦りは禁物!友達が次々と結婚しても不安になるな!

婚活疲れする男女の特徴と原因!妥協すべき?出会いを増やす対処法!

結婚がめんどくさい男の心理と本音!彼女にプロポーズしない理由は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA