女性看護師は結婚できない?恋愛が続かない原因と出会いを増やす裏技

『女性看護師は結婚しにくい』

こういうと、意外に思われるでしょうか?
女性看護師といえば、かつては『白衣の天使』などと呼ばれるほど男性から人気の職業だったのですから、モテないはずがない…と思われるでしょう。
しかし、驚いたことにこれは事実なのです。

とあるアンケートによると、女性看護師の未婚率は他の同年代の女性に比べても明らかに高いそうです。

特に30代以降の女性が顕著で、未婚率は50%以上というから驚きです。
50%以上といえば2人に1人が結婚していないことになります。
未婚率が上がっているとはいえ、ここまで高い職業は他にないのではないでしょうか?

なぜ女性看護師はこれほどまでに結婚できないのか。
その理由を、4つの原因に分けてご紹介します。

原因1 仕事がハード

まずなんといっても一番の原因は、仕事がハードだということです。
休日が不規則なうえに夜勤もあり、急患が入れば時間外勤務もあります。

そのうえ仕事内容も意外と力仕事が多く、おまけに人の命を預かっている仕事なので気の休まる暇もありません。

このように日々心身ともに疲労しているため、合コンなどに出かける気力も湧きにくく、OLのようにアフター5に繰り出すことも稀です。

その結果、気が付けば仕事と病院の往復のような日々を過ごして20代を終え、30代、40代へと年齢を重ねていってしまうのです。

原因2 出会いが少ない

恋愛においてもっとも大事なのが出会いです。
当たり前ですが、出会いがなければ、どんなに魅力があろうとも結婚することはできません。

しかし、看護師という職業はこの出会いがとても少ないのです。
その理由は、大きく分けて2つあります。

〇職場は同性ばかり

社会人の出会いのきっかけといえば、『職場で出会う』というのがもっとも多いのではないでしょうか?
特に同じ職業の同僚などと仕事を通じて親しくなり、恋愛・結婚に至るというケースが一般的です。

しかし女性看護師の場合、同僚が女性ばかりなので職場での出会いはほとんど期待できません。

男性看護師も少しずつ数を増やしてきているとはいえ、まだまだ看護師という職場は女性が多いのが現実です。

これは、かつて『看護婦』と言われていたように、看護師=女性というイメージが根強く、男性が看護師を目指すことが少ないことが原因だと考えられます。

このように、女性看護師は同僚が同性ばかりなので、他の職業に比べて『同期婚・同僚婚』の機会が少なくなってしまうのです。

〇異性は基本的に患者と医師のみ

『同僚がムリでも、患者には若い男性もいるだろうし、なにより高所得の医師が身近にいるんじゃないか』

という意見もあるかもしれませんが、そう上手くはいかないのが現実です。

まず、病院に入院する男性は中高年が多く、若い人は少ないです。
特に内臓系の病気で入院してくる若い未婚男性となると1割にも満たないでしょう。

仮に入院してきたとしても、看護師側からすれば患者はお客様なわけですから、恋愛感情は湧きにくかったり、そもそも恋愛対象外であったりすることが多いです。
『公私の区別はキチンとする』
というプロ意識の高い看護師などは特にそのような傾向が強いです。

では医師ならばどうか?
ということですが、これも難しいところです。
なぜなら医師というのは、

〇基本的に若くてかわいい女性看護師を選びたがる。
〇女性看護師側も『医師はNG』というひとが多い。

という問題があるからです。

医師も男性なので、(しかも若いころは勉強ばかりしていたので恋愛経験が少ないひとが多いので)、交際相手には若くてかわいい女性を選びたがります。

さらに女性看護師側も、身近で医師の実態を見ているので、彼らが決して他人がうらやむような『超・お得物件』『玉の輿に乗せてくれる王子様』などではないということが身にしみて分かっています。

なかには『医師なんか人間として未熟な人間ばかりだから、結婚なんて絶対に嫌!』と思っている女性看護師も多いようです。

このように、職場で出会う数少ない男性である『患者』『医師』のどちらも『恋愛対象外』となり、出会いが完全に塞がれてしまうのです。

原因3 彼氏ができても恋愛が続かない

女性看護師は休日が不規則だったり多忙だったりするので、彼氏ができても長続きしにくかったりします。

学生時代から付き合っていた彼氏がいたのに、就職してからすれ違いはじめ、別れる…というのもよくある話です。

さらに、こちらが看護師だと分かったうえで付き合ってくれた彼氏でさえ、あまりにもすれ違う生活に耐え切れなくなり、離れていったりしてしまいます。

医療関係者ならともかく、そうでない人間には看護師の勤務の実態というものが理解しにくいのです。

このように、

『彼氏ができても長続きしにくい』 

というのも、女性看護師が結婚できない原因のひとつなのです。

原因4 経済的に自立している

最後は、経済的に自立していること、です。
これは看護師に限ったことではありませんが、経済的に自立している女性は結婚が遅れやすくなります。

なぜなら、男性と結婚する必要性がないからです。

『自分ひとりで十分食べていけるし、慌てて結婚する必要もない』
『男に養ってもらうなんて今どき古臭い』

と、考えるのも当然でしょう。

同じような理由で女医などの高学歴女性は未婚率が高いです。

もちろん、本人が心から『独身の方が気楽だから、独身でいい』と思っているならばなんの問題もありません。

しかし、そこまでハッキリと『ひとりで生きていきたい』と思っているわけではない場合、歳を取るにつれしだいに結婚願望が強くなっていくことがあります。

そのとき、『もっと若いうちに結婚を考えていたら…』と後悔してしまうのもよくある話です。

このように、経済的に自立していると若いうちは結婚にそれほど真剣にならず、30歳を越えてから考えが変わって後悔…というパターンに陥りやすくなるのです。

もっと悪い場合は、アラフォーになってから『やっぱり結婚したい』と気が変わってしまう場合もあります。更年期による体の不調や独身の友人がいなくなるなどの現実に直面して初めて、結婚の必要性に気づいてしまうというケースです。

経済的に自立しているという長所が、逆に婚期を遅らせる結果になってしまうのです。

補足 女性看護師はモテるようでモテない

『白衣の天使』などと呼ばれ、今なお女性のモテ職業トップである女性看護師。
しかし、実際に彼女たちがモテているのかというと、決してそんなことはありません。

その理由のひとつは、『イメージと現実のギャップです』

女性看護師が好きな男性というのは、看護師に対して『献身的』『優しい』『男に尽くすタイプが多い』などのイメージを持っていることが多いです。

しかし実際、女性看護師からすれば仕事で患者のお世話をしているだけなので、特に献身的でもなければ人並み外れて優しいわけではありません。ましてや男性に尽くすわけでもありません。ごく一般的な女性です。

もっと言えば、人の命を預かる仕事である以上、普通の女性よりも責任感や職業意識が強く、しっかり者であることが多いです。男性が夢見る『笑顔のたえない天使のような女の子』とはかなり隔たりがあります。

このような『イメージと現実のズレ』がギャップとなり、合コンなどでガッカリされる…ということが非常に多いようです。

最初は看護師ということで喜ばれても、話してみるとイメージと違う。最初に良いイメージを抱いていただけに、普通だと分かるとむしろガッカリされてしまう…などということも。

女性看護師というのはこのように、『一見モテるように見えて、実はモテない仕事』の代表なのです。

似たような仕事に保母さんがいますが、こちらは収入が低いために結婚願望が強いことが多いので、逆にすぐに結婚してしまいます。女性看護師とは似て非なる存在だといえるでしょう。

気が付けば結婚適齢期を過ぎている…

こうして、激務に追われながら日々を過ごしているうちに、気が付くと結婚適齢期を過ぎている…というパターンに陥ります。

結婚適齢期はだいたい、25~28歳。
 
社会人では、ようやく仕事にもなれて忙しくなってきたころです。

『今は忙しいから、恋愛なんてしてる暇ない。もう少し落ち着いたら結婚すればいいか』

と思っているうちに、気が付けばアラサー・アラフォーになってしまっている…。

このようなパターンが非常に多いです。

そして残酷なことに、アラサーを超えた女性は一気に結婚できる確率が下がります。
特に35歳をすぎるとその傾向は強くなり、40代では恐ろしく低くなります。

その理由は簡単で、男性は若い女性を好むからです。
そして、結婚願望がある男性の大半は子供が欲しいと思っているからです。

35歳以上になると、高齢出産となり出産が大変危険になります。
そのため、男性は『子供をたくさん産める20代の女性』を求めるのです。

ですので、35歳以上の女性は一気に結婚が難しくなるのです。

20代を多忙な職務に追われて過ごした女性看護師が、ようやく仕事に慣れて余裕が出てきたころには、男性の求める条件を失ってしまっているのです。

女性看護師が結婚するには?

では、女性看護師が結婚するためにはどうすれば良いのでしょうか?

実は、これはとてもシンプルです。

『出会いを増やす』

この一言に尽きます。

女性看護師に限らず、結婚できる・できないというのは突き詰めれば『良い相手に出会えなかったから』ということに行き着きます。

自分の仕事を理解してくれる男性に巡り会えなかったり、趣味や価値観が合う相手に出会えなかったから、結婚できないだけなのです。

以前、とある心理学の先生がモテない男性からの『どうすればモテるようになりますか?』という質問に対して、『女性の多くいる場所に行けばいい』と答えていました。

これはようするに、
『出会う異性の数が増えれば、それだけでモテる確率も上がる』
ということであり、裏を返せば、
『どんなにあなたが魅力的でも、結婚したいと心から願っていても、異性との出会いがなければ結婚できるわけがない』
ということでしょう。

私もそのとおりだと思います。
どれだけ悩んでも意味はないのです。
悩むよりも、たとえば100人の未婚男性と出会えば、そのうち1人くらいはそのひとのことを好きになってくれる異性が現れてくれるものです。アラサー女性でもアラフォー女性でも構わないという男性とだって出会えます。

結局は、確率の問題なのです。

出会いを増やす裏技『白衣コン』

そこでオススメしたいのが、

『女性看護師専門の結婚相談所』

です。

これはなかなかユニークな結婚相談所で、出会いが少なく休みが不規則な女性看護師の婚活に特化した結婚相談所です。

その名も『白衣コン』

わかりやすくて良いですね(笑)

成婚率52・5%。2人に1人が結婚

白衣コンは女性看護師のための結婚相談所なので、スタッフはすべて女性看護師の勤務実態や恋愛事情というものを熟知しています。

そのうえで、オススメの相手を紹介したり、相談に乗ってくれます。

その甲斐あって、成婚率はなんと52・5%。
2人に1人が白衣コンを利用したおかげで結婚している計算になります。

白衣コンの無料カウンセリングはこちら!

サービス利用の流れ

サービス利用の流れはとてもシンプルです。

1、無料カウンセリング

2、入会

3、プロフィールとプラン作成

4、相手探し

5、交際(結婚)

これだけです。非常に単純明快です。
これだけで2人に1人が結婚できるのですから、やらないと損です。

また、『過剰な勧誘は致しません』と明言しているとおり、無料カウンセリングを受けたからといって強引に勧誘されることもありません。月会費を安くするために広告費を抑えていたりと、かなり上品な結婚相談所です。
(実際、他の結婚相談所の相場と比べても費用はかなりお安いです)

気になる方は、まずは無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

白衣コンの無料カウンセリングはこちら!

まとめ

いかがでしたか?

『女性看護師が結婚しにくい理由と、出会いを増やす裏技』

というお話をしてみました。

人間というのは人生経験を重ねると考えが変わるというやっかいな生き物ですので、20代のころはほとんど結婚願望がなかった女性が、アラサー、アラフォーが近づくにつれ『やっぱり結婚したい!』と思ったりしてしまいます。

そんなとき、こういった『その職業に特化した結婚相談所』というのはとてもありがたい存在です。

女性看護師ならではの悩みなどを熟知したスタッフがそろっているので、安心して話ができます。

『一生懸命、患者さんのために働いてきた結果が、孤独な最期』

というのはあまりにも悲しすぎます。
そうならないためにも、こういった便利なサービスはどんどん利用することをおすすめします。
(ただし、結婚願望がない方はこの限りではありません)

暖かい家庭を築きたい!
自分の赤ちゃんを抱きしめてみたい!
素敵な男性と結婚式を挙げてみたい!

という方は、ぜひこの白衣コンを試してみてください。
人生が変わるかもしれませんよ。

白衣コンの無料カウンセリングはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください