高校生カップルの恋愛はどこまで?男女の考えの違いや妊娠のリスク!


『高校生の恋愛って、一体どこまでOKなんでしょうか?』

このような質問をよく耳にします。

巷では、高校生でも一線を越えているカップルはたくさんいます。
なのでついつい、

『高校生ともなれば最後まで行ってもいい』

と考えがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか?
ご両親の意見、世間の目、万が一にも妊娠してしまったときのリスクを知っても、同じことが言えるでしょうか?

そこで今回は、

『高校生の恋愛はどこまでOKなのか?』
という話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

高校生の恋愛はどこまで? まずは結論から

まず最初に結論から言います。

『キスまで』

です。
これ以上は絶対にやめておいた方が良いでしょう。

その理由は簡単で、責任が取れないからです。

世の中の高校生は、妊娠するリスクをまったく理解していません。

高校生で子供ができると、多くの場合、退学になります。
なぜなら、他の生徒に示しがつかないからです。
本来、子供ができることは祝福されるべきことではありますが、

『学生としてのルールを守れなかった』
『他の生徒が真似してしまったら大変』

という点を追求され、退学にされてしまうのです。

すると、どうなるか。

退学にされた生徒(父親も母親)も、高校中退という経歴にされます。
すると、就職には極めて不利です。
少しはマシになってきたとはいえ、大卒でも就職に困る現代日本で、校則違反を理由に高校を辞めた人間が給料の良い仕事を見つけるのは極めて困難です。

そうなると当然、生まれてくる子供に十分な生活をさせてあげることはできません。
貧困と忙しさから離婚、というのもよくある話です。

高校生の恋愛で一線を越えてしまうと、このような『とりかえしのつかない事態』になってしまう危険性があります。

それゆえ、高校生の恋愛はキスまでにすべきだと私は考えます。

男子の考え

しかし困ったことに、当の恋愛関係にある男女は恋愛という熱に浮かれている最中なので、このことを見失ってしまいがちです。

特に問題になるのが、男子です。
男子は思春期以降、性に対して強い関心をもつので、多くの男子高校生が一線を超えたがります。

勉強やスポーツにエネルギーの多くを注いでいる生徒はそうでもありませんが、特にこれといった夢や目標もない男子ほど、一時の感情に身をゆだねてしまいがちです。

そして困ったことに、そのような男子ほど万が一のことが起きたとき、責任を取る覚悟も、子供をキチンと育て上げる能力もなかったりします。

結果、とりあえず責任を取って18歳で結婚→仕事がなく貧困→離婚という、世の中にいくらでもあるありがちなパターンになってしまうのです。

すぐに一線を超えたがる男子は、おもちゃやお菓子を欲しがる子供のような精神レベルだと考えなければなりません。

女子の考え

女子は男子ほどに性への関心は高くありません。
好きな人と手をつないで、デートしたり抱きしめたりしてもらえればそれで十分という女子が大半です。

ですので、女子が原因で間違いが起こるというケースは非常にまれです。

とはいえ、女子の側も妊娠のリスクを理解していないことが多く、そのときの気分の盛り上がりで一線を越えてしまうことが非常に多いです。

特に、ネットの普及やファッション誌の恋愛ページなどの影響で、

『高校生にもなれば最後までするのが普通』

といった間違ったイメージを持ってしまうと、彼氏に要求されたときについつい許してしまいがちになってしまいます。

しかし実際は、そのために厳しい人生を歩んでいるひともたくさんいるのです。

スポンサーリンク

親の意見は?

親の意見としては、

『絶対に間違いは犯してほしくない』
『清い恋愛関係のままでいて欲しい』

というのが普通だと思います。

たとえ、自分が高校時代に一線を超えた恋愛を経験していたとしても、自分の子供には清い恋愛関係のままでいて欲しいと考えていると思います。

『そんなのズルい!』

と、思う高校生の方もいるかもしれませんが、ズルくはないのです。

『それぐらい、子育てや仕事というものが大変だということを身にしみて理解しているからこそ、そう思うのです』

働く大変さや子育ての厳しさをいやというほど経験してきたからこそ、反対するのです。

『どれだけ愛情や覚悟があろうと、高校生ぐらいの年齢で子育てと仕事をこなすのはあまりには難しく、厳しい』

ということが分かっているからこそ、反対するのです。

スポンサーリンク

他のカップルはどこまでしてるの?

と、ここまで『男子の意見』『女子の意見』『親の意見』をご紹介してきましたが、気になるのはやはり、

『他のカップルはどこまでしているの?』

ということですよね?

これは、カップルによって様々なのでなかなか断言はできませんが、

『およそ半数以上は最後まで行ってしまっている』

というのが、現実だと思います。

『そうなの? じゃあ私たちも最後まで行っていいじゃん!』

と、思ってしまったひともいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

『他のひとがしているなら大丈夫』

などと思っていると、あとでひどく後悔することになります。

『みんながやっている=正しいこと』

ではありません。

その証拠に、みんながやっているから大丈夫…と思い込んで取り返しのつかない事態になってしまったひとはあとをたちません。

その証拠に、最後まで行ってしまったせいで妊娠してしまったひとの体験談をご紹介します。

高校生で妊娠してしまった女子の体験談

私は17歳のとき高校2年生で妊娠し、高校3年生になった18歳で男の子を出産しました。高校に入学してすぐに好きな人ができ、その人の子を産みました。

(中略)病院で検査を受けてみるも、やはり陽性で、その日の晩、検査結果が印刷された紙と一緒に両親に真実を告白しました。

両親は激怒し、真実を受け入れてくれませんでした。両親は出産に大反対でした。医師も高校生の出産は体への負担が大きいという理由で反対しました。結果として、両親と医師から下ろすことを強く勧められましたが、私自身、中絶にかなりの抵抗があったので、親の反対を押し切り出産を決意しました。

高校を中退し、この日から私は高校生から一人の妊婦になりました。

引用 Doctors Me 女子高校生が妊娠、リアルな体験談を告白

こちらは医療系の専門サイトに掲載されていた体験談です。

こちらの女子高生は2年生のときに妊娠が発覚し、両親に相談するも、両親は大激怒。医師にも反対されました。

それでも自分の意思で出産したものの、高校は中退。18歳ほどでお母さんになったようです。

もちろん、自分で選んだ道なので必ずしも悪い選択だとは言えませんが、わずか18歳で母親になることがどれだけ大変なことなのか、想像するのは難しくありません。

まず、さきほども説明した通り、高校生で妊娠するとたいていの場合、退学処分を受けます。

すると、そのひとは高校中退という学歴になってしまい、就職は極めて不利になります。

もちろん、妊娠させた男子の方も高い確率で退学になったり、処罰を受けます。

仮にどちらも退学にはならず、進学や就職することができたとしても、安心はできません。

まず、進学した場合ですが、その間は収入がないので親に頼らざるを得ません。

もしも妊婦や妊娠させた男子の親が出産に反対していた場合、果たしてどこまで協力してくれるでしょうか?

親に恨まれながら、それでも生活費や子供の面倒を見てもらい続けるというのは、精神的にもかなり辛いことです。

また、就職した場合も問題は山積みです。

まず、高卒の初任給はとても安いです。

それこそ、自分ひとりが食べていくのがやっと、という程度です。

たとえ大学を出ていてもそれは同じで、よほどの一流企業にでも就職しなければ、とても奥さんや子供を養うことなどできません。

しかも、子供は成長していきますので、必要な生活費や養育費は年々、増えていきます。

足りない分は共働きでどうにかしようと思っても、子供がまだ小さい場合は、母親も手が離せないので仕事はできません。夜泣きなどもするため、夜に働きに行く場合は夫に子供の面倒をみてもらわなければなりません。

そんな生活を、この先何年も続けていくのです。

まだ仕事に慣れていない父親、子育てに慣れていない母親に、果たして耐えられるでしょうか?

『そんなの耐えられそうにない…』

と思っても、子供が生まれてしまったら途中で投げ出すことはできません。

子育ては途中放棄が許されないからです。

どれだけ疲れていても、精神的に辛くても、生活が厳しくても、『やっぱりやめた!』ということは許されないのです。

だから、多くの大人たちは高校生カップルが一線を超えることに反対するのです。

妊娠するリスクを自覚しよう

以上のことから考えても、高校生の恋愛はキスまでで止めておいた方がよいでしょう。
万が一にも妊娠してしまったら、人生が台無しになってしまうことさえあります。

もちろん、なかには高校生時代に妊娠し、その後もしっかりと子供を育て上げた人もいますが、それには多大な苦労がつきまといます。

少なくとも、他の友達のように遊びに行くことはもうできなくなります。

同級生たちが大学で楽しくサークル活動などをしていても、仕事に出て子供の養育費を稼がねばなりません。

遊びに行きたくても、子供が小さいうちはひとりで遊びに行くことなんてまず出来ません。

就職したところで、さきほども説明したように高校中退者の初任給ではひとりがやっと食べられる程度です。

子供が小さいうちはそれでもどうにか食べていけても、小学校、中学校に進むころには生活費が足りなくなります。

子供が『ピアノを習いたい!』『スイミングを習いたい!』『塾に行きたい!』とお願いしても、お金がないから行かせてあげることは出来ません。

結果、子供は何か夢ややりたいことが見つかっても、叶えることができなくなってしまったりします。

ときには、流行りのゲームひとつ買ってあげられなくて、友達の輪に入れないことだってあります。

高校時代に妊娠するということは、将来の自分やその子供にとっても、これだけのマイナスになってしまうのです。

そのことを、高校生カップルはしっかりと理解しなくてはいけません。

健全な付き合いをするコツは?

『でも、たとえ自分は「キスまで」と思っていても、相手がそう思っていなければどうしようもない…』

という考えもあるかもしれませんが、その場合は簡単です。

『キチンと自分の考えを伝える』 

これがもっとも大事です。

妊娠するとお互いにどんなリスクがあるのか。未成年で子育てをするのがどれだけ大変なのか、キチンと説明することが大切です。

たいていの場合、男子も女子も、リスクが分かっていないから軽はずみに一線を超えてしまうのです。

しかし、『妊娠したら取り返しがつかない』ということをキチンと理解していれば、そんな気持ちも起こりにくくなります。

ちなみに、多くの男子は、『妊娠のリスク』を聞かされると尻込みします。

若者の言葉で言えばビビリます。

なぜなら、責任を取りたくないからです。

ただ単に今、楽しいことをしたいだけなので、覚悟なんてこれっぽっちもしていない男子がほとんどです。

そのような男子が、いざというとき本当にちゃんとした父親になってくれるでしょうか?

私は、その可能性は限りなく低いと思います。

妊娠した高校生カップルは離婚する?

そしてもうひとつ、知っておいて欲しいことがあります。

それは、

『早くに妊娠・結婚したカップルはたいてい、さっさと離婚する』

ということです。

たとえば子供ができて、彼氏が、

『分かった。俺がちゃんと責任とるよ。ふたりでちゃんとその子を育てよう』

などと言って、責任をとって結婚した場合も、

『まずたいてい、3年もたずに離婚します』

私の周りにもこういうタイプの人たちが何人かいましたが、悲しいことに全員、3年どころか2年ももたずに離婚していました。

それはなぜかというと、答えは簡単です。

『子育ては、そんなに甘いものではないから』

です。

人間、口で言うだけなら誰でもできます。

体験してみなければ、それがどれだけ大変なことなのか分かりません。

仕事の大変さは、実際に働いてみないと分かりません。

毎月の生活費を稼ぎ、家賃や食費、電気代などを払っていくことの大変さは、親からお小遣いをもらっている学生には決して理解できないのです。

アルバイトをしても、結局それは自分のおこづかいを稼いでいるだけなので、毎月の支払いの大変さは理解できません。

ましてや、子育ての苦労なんて分かるはずもありません。

分からないからこそ、軽はずみに、

『俺が責任をとる』

なんて言えるのです。

本当に子育ての大変さを分かっている人間ならば、責任を取らなければいけなくなるようなことをそもそもしません。

何度も言いますが、口で言うだけなら誰でもできるのです。

『愛があればどんな辛いことも乗り越えられる』

という言葉はとても美しいですが、実際は、なかなかそうはいかないことの方が多いです。

そもそも、無責任に彼女を妊娠させてしまうような男子に本当に愛があったのかどうかも怪しいものです。

このような男に限って、ちょっと生活が辛くなればイライラして彼女に当たったり、逃げ出したりしてしまいます。

私の周りにいた、『若くして出産・結婚したカップル』たちは、今ではすべて離婚し、子供は母親が育てています。

全員、シングルマザーです。

キチンと責任を取った男はひとりもいませんでした。

これが現実なのだろうと、私は思っています。

ですので、自分で責任を取れないことはするべきではないと私は強く思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
『高校生の恋愛はどこまで?』
というお話をしてみました。

かなり厳しいことを書きましたが、これが私の嘘偽りのない本音です。
そして、これが世の中の現実でもあると思っています。

みんな、恋愛をしている最中には強気になります。
『オレが一生、守ってやるよ!』
『一生、一緒にいようね!』

などなど、そのときの気分で本当にそう思うことでしょう。

でも、現実はそういうカップルたちが次々と離婚していくのです。
『仕事』『子育て』という現実に押しつぶされてしまったからです。

考えてもみてください。

毎日、毎日、働き詰めで、イライラしないでいられるひとがこの世にどれだけいるでしょうか?

毎日、毎日、子供につきっきりで休む暇もないときに、恋人時代のように男のひとを愛せるでしょうか?

おそらく、ムリでしょう。
みんな、そうやってすれ違っていくのです。

生活の貧しさと離婚率は比例するというデータもあります。
愛情というのは、恋愛感情の勢いだけでいつまでも保てるものではないのです。

そのことを、しっかりと理解してください。

※こちらの記事も人気です!

高校生カップルが会う頻度は?週に何回デートすると長続きするの?

男子高校生のあるある恋愛話!好きな女子への態度や行動はコレ!

女子がキュンとする仕草は?中学生や高校生(大学生)も使えるテク!

男子をキュンとさせる仕草や言葉は?中学生・高校生女子の恋愛テク!

付き合いたてで手をつなぐタイミングは?恥ずかしさを消す方法!

恋人繋ぎはキスの合図?指をなでる意味は?彼氏の本音を大暴露!

男が結婚を決意する理由は外見じゃない?彼氏にプロポーズさせる方法

彼氏の気持ちが分からない!男の本音を理解して仲直りする方法!

メールの返信が来ないと不安になる…彼氏(彼女)の本音を見抜く方法

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA