小学校入学式の服装で子供が男の子の場合は?オススメと失敗例は?

もうすぐ入学式のシーズンですね。

この春からお子さんが小学校に入学するというご家庭も多いのではないでしょうか?

でも、そこで気になってしまうのが、『入学式の子供の服装をどうするべきか』という問題ですよね?

特に男の子の場合、どういう服装が良いのかイマイチ分からない…という親御さんも多いと思います。

そこで今回は、

『小学校入学式の服装(男の子)の定番や、やってはいけない失敗例』

について、ご紹介してみたいと思います。

『どんな服を着せればいいか分からない…』という方は、ぜひ参考にしみてください。

スポンサーリンク

まずはチェック!学校側で指定は?

入学式の定番の服装をご紹介する前に、まずは必ずして欲しいことがあります。

それは、『学校側の規則を確認すること』です。

実は、一口に入学式の服装といっても、地域や学校ごとによって決まりごとが違うことが多いのです。

『こういう服装でご来場ください』とハッキリ指定している学校もあれば、特に指定のない学校など、さまざまです。

ですので、まずはお子様が通う学校に指定や禁止事項がないかをしっかりと確認してください。
(たいていは入学案内に書かれています)

学校指定の服装がなければ、基本的には自由なので、これから紹介する『定番の服装』をぜひ選んでみてください。

オススメの入学式服1 ブレザー&半ズボン

最近特に人気なのが、この組み合わせです。しっかりとしたブレザーに、子供らしい半ズボンという可愛らしい組み合わせなので、親御さんにも大人気です。

入学式の服装は、多くの学校では特に色については指定されていないことが多いですが、基本的には紺などの春らしい爽やかな色を選んだ方が良いです。

もちろん、半ズボンではなく長ズボンにしても問題ありませんが、それだと堅くなりすぎている印象も受けてしまいますので、しっかりとした正装でありながら、あまり堅くなりすぎない服装として、半ズボンがオススメです。

『特にこだわりはないけど、周りから浮かない程度には良い服を着させたい』

という場合には、この組み合わせにしておけば間違いないです。

オススメの入学式服3 スーツ

こちらも定番の服装です。
子供用のスーツに半ズボンと、しっかりとした正装でありながら子供らしさがあるので、写真にも映えますよね!

大人のスーツとは違い、4000円~5000円ほどで購入できます。

ただし、ほとんどの場合、一度しか着ないので、その辺は悩みどころですね(笑)

オススメの入学式服3 セーター&綿パン

『ブレザーやスーツはちょっと堅苦しすぎる…』

という場合には、セーターがオススメです。ネクタイやシャツもキチンとしたものを選べば、中学や高校の夏服のようになるので正装としても問題ありません。

こちらも、やはり色はが人気のようです。他にはベージュなどの爽やかなカラーが人気です。ズボンも含めたセットで販売していることが多いので、一式まとめて揃えてしまった方が楽なのでオススメですよ!

オススメの入学式服4 ベスト&ズボン

ベストも人気の服装です。

スーツよりもカジュアルな雰囲気がする上に、入学式の日が良い天気で暑くても、涼しく過ごすことができるのが人気の理由です。
(写真の帽子はいりませんが(笑))

そうそうないことですが、学校によっては体育館内の温度が高くなってしまうところもあるので、熱中症予防にも良いかもしれません。また、袖がない分スーツよりも丈が気にならないので、ブカブカだったり小さすぎるという心配も少ないのが嬉しいですね。

靴はフォーマルな黒一択!

入学式の靴に関しては、フォーマルな黒一択でOKです。

上がブレザーやベストなのに、靴だけカラフルなものにしたり、普段使いのキャラクター物にしてしまうととてもおかしなことになるので、正装する場合はしっかりとした靴を揃えましょう。

スポンサーリンク

男の子の入学式はネクタイが基本?

ここまでいくつかオススメの服装をご紹介してきましたが、どれも共通しているのは『ネクタイ』です。

これは決してルールがあるわけではありませんが、最近では『男の子の正装=ネクタイ』という考えが一般かしてきているようです。

ネットにも、

『ノーネクタイで入学式に行ったら、馬鹿にされた』

という書き込みがあるほどです。

さすがにバカにされることは稀だと思いますが、世の中には色々なひとがいるので、『入学式にネクタイさせないなんて、なんて非常識な親なの?』と、白い目で見てくるひともいるかもしれません。

また、最近は市販の入学式の服もネクタイがセットになっていることが多いので、周りの目が気になるようならネクタイをさせてあげた方が、余計な気をつかわずに済むので気楽です。

小学校入学式の服装で失敗例は?

小学校の入学式は、子供だけでなく親にとっても大事なイベントです。

できれば…というより、できることなら絶対に失敗したくないですよね?

そのためにも、『入学式の失敗例』を学んで、事前にそなえておきましょう。

高級すぎるスーツ

『せっかくの入学式なんだから、良いものを着せてあげたい』

と思う親御さんもいると思いますが、だからといって『全身フルオーダー』といった気合入れすぎの服装はあまりよくありません。周りがみんな良い人ならば良いですが、なかには嫉妬半分で、

『見栄っ張りな親…』

と、陰口を叩く人だっているかもしれませんし、口に出さなくても内心で思う人もいるかもしれません。ひどい場合には、それがきっかけでPTAで目の敵にされてしまう…なんてことだって、ないとは言い切れません。

また、入学式の服は基本的には1回しか着ないことが多いので、せっかくのフルオーダーの服も無駄になってしまいます。

よほどお金に余裕があるなら別ですが、そうでない場合は、無難に3000円~5000円ぐらいの一式セットで揃えてしまった方が良いでしょう。

奇抜すぎる格好

あまりに奇抜すぎる格好もNGです。

特にファッションが趣味なご両親の場合、『他の子と同じ服は嫌!』と思うかもしれませんが、世の中にはTPOというものがあります。

あまりにも入学式に似つかわしくない奇抜な服装で現れれば、周りの親御さんたちから白い目で見られるかもしれませんし、『あそこの子と遊んじゃダメよ』と言われ、子供が孤立してしまうことだってないとは言い切れません。

ファッションを楽しむのはあくまでもプライベートだけにして、入学式のような公の場では、キチンとふさわしい服装を選ぶようにしましょう。

普段着はNG?

『入学式に普段着はいけないの?』

という疑問を抱く方もいらっしゃると思いますが、基本的にはやめた方が良いでしょう。

ごくまれに、1クラスに1人ぐらいはそういうお子さんもいらっしゃいますが、多くの場合、周りの親御さんからは白い目で見られてしまっていたりします。最近ではSNSで『こんな非常識な親子がいた!』なんて書き込む人もいるぐらいです。

どうしても他に服がない場合は仕方ないですが、出来るなら入学式にふさわしい服装をした方が無難です。

また、普段着を選ぶ場合は、なるべく正装に見える服を選び、アイロンがけなどをしっかりとしておきましょう。

※入学式に普段着で参加しても良い、という学校もありますので、事前に確認しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『男の子の小学校入学式にオススメの服』 

を、ご紹介してみました。

普段着は絶対にダメ!というわけではないのですが、やはりTPOをわきまえた服にした方が、気持ちよく一日を過ごすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください