ダイエット 簡単でおすすめなのは?誰でも楽に痩せる方法まとめ!

みなさん、ダイエットって興味ありますよね?

『ぶよぶよお腹をどうにかしたい』
『ふとももが太すぎてスカートが履けない』
『二の腕が…』

などなど、痩せたいと思っているひとは世の中にたくさんいると思います。

でも、それでいて辛い運動を続けるのは、やっぱり難しい…

そんなみなさんのために、

『誰でも楽に痩せられる超簡単ダイエット方法』

を、ご紹介します!

『今度こそ絶対やせてやる!』

と思っているひとは、ぜひ試してみてください。

自分に合った方法を選ぶことが大事ですよ!
 

スポンサーリンク

簡単ダイエット1 よく噛むダイエット

私のオススメはこれです。

『よく噛むダイエット』

これは本当に効果がありまして、私はこの方法で、3ヶ月で10キロ以上痩せたことがあります。

しかも、ちっとも辛くないという優れものです。

やり方はいたって簡単。

『ご飯を食べるとき、一口につき30回ずつ噛む』

というだけです。

ただこれだけです。

辛い運動も、過剰な食事制限もしません。

もちろん、運動や食事制限もした方が痩せるのは間違いありませんが、このダイエットをやると、

『勝手に食べる量が減って、勝手に痩せていく』

というありがたい結果になるので、本当にオススメです。

なぜよく噛むダイエットをすると食べる量が減るのかというと、ふたつの理由があります。

〇満腹中枢が刺激されて、お腹いっぱいになるから。
〇栄養の吸収率が上がるため、お腹が減りにくくなるから。

このふたつです。

まず、人間の満腹中枢というのは、食べ始めてから15分ほどしないと反応してくれません。
ですので、太っている人ほど満腹中枢が『もう食べなくていい!』という信号を出す前に、バクバクと大きな口で次々と食べ物を食べてしまい、カロリーオーバーとなって太ってしまうのです。

ですが、1口につき30回噛んでから飲み込むようにすると、ご飯を食べるのに時間がかかるため、食べ過ぎるということがありません。

15分経って『お腹いっぱいになってきたな…』と思うころにも、今までの半分も食べられていなかったりします。

つまり、『ちょっとの量で満足できる』ようになるのです。

そしてさらにすごいことに、よく噛むことで栄養の吸収率が上がります。

よく噛むと、それだけ消化しやすくなるので、今までよりも少ない量でも十分に栄養を摂ることができます。

すると、お腹が減らなくなっていきます。

これはやってみればすぐに分かりますが、よく噛むダイエットをしてみると、

『あれ? なんだか全然お腹が減らない!』

ということに気がつきます。

ですので、完食をしなくなり、さらに摂取カロリーが減るので、みるみるスタイルが良くなっていきます。

栄養もしっかり取れて、お腹が減らない『よく噛むダイエット』は、本当にオススメですよ!

簡単ダイエット2 間食ダイエット

次にオススメなのが、

『間食ダイエット』

です。

『え? ダイエットなのに間食しちゃダメなんじゃないの?』

と、思われたかもしれませんが、間食と言っても甘いものを食べるわけではありません。 

そうではなく、ご飯の前30分か一時間ぐらい前に、ちょっとだけつまみ食いをするのです。

オススメは、ご飯を一口ぐらいです。

こうすることにより、血糖値をあげることができますので、脳は『そんなにお腹減ってないな』と判断し、夕食を食べ過ぎることがなくなります。

人間が空腹感を感じるのは、血液の中に糖分がなくなってきたときです。

ですので、ちょっとだけつまみ食いをして血糖値を上げておけば、夕食などでドカ食いしてしまうのを防げるのです。

『どうしても夕飯を食べ過ぎちゃう…』

というひとにオススメの方法です。

ちなみに、さきほど紹介した『よく噛むダイエット』を取り入れて、間食も30回以上噛んで食べるようにすれば、さらに食べる量を減らせます。

減らし過ぎは禁物ですが、今までついつい食べ過ぎてしまっていたひとは、ぜひ試してみてください。

簡単ダイエット3 深呼吸ダイエット

次のオススメは、

『深呼吸ダイエット』

です。

これは、『ロングブレスダイエット』や『スローブレスダイエット』など、似た方法が一時期大ブームになったこともあるので覚えている方も多いと思います。

やり方はいたって簡単です。

椅子に座り、お腹の下(へその下あたり)を意識して、深呼吸するだけです。

このとき、吸う方はあまり意識しないで、吐くときに意識を集中するのがコツです。

『深呼吸ダイエットのやり方』

〇床や椅子に座り、背筋を伸ばす。

〇30秒~1分ほどかけて、長くゆっくり息を吐く。

〇吐ききったら、10秒くらいかけて息を吸う。

〇これを10分ほど繰り返す。

吸うのは5秒、吐くのは、30秒~1分ぐらいかけて吐きましょう。

無理せず、ちょっと苦しいかな?ぐらいの長さで吐くのがコツです。

これを1回10分、できれば朝と夜の2セットするだけで、ダイエット効果が期待できます。

なぜ深呼吸をすると痩せるのかというと、ひとつには代謝が上がるからです。

深く呼吸することで血管が拡張するので、血行が良くなって基礎代謝が上がるため、脂肪燃焼効率をあげることができます。

実は、人間のエネルギーは運動をしてもほんのちょっとしか使われません。

それよりも、基礎代謝という『生命維持』に使われるエネルギーの方がはるかに多いのです。

だから、基礎代謝が上がれば自然と脂肪も燃焼し、痩せていくというわけです。

また、お腹周りのインナーマッスルも鍛えられるので、お腹痩せにもピッタリです。

実際、この呼吸法をした直後は、お腹がびっくりするぐらいスッキリしています。

すぐに脂肪が燃焼するというわけではありませんが、普段使わない筋肉を使ったため、一時的に引き締まったのでしょう。

また、深呼吸ダイエットがダイエットに良い理由はもうひとつの効果があります。

それは、リラックス効果によってストレスが軽減されるため、

『ストレス食い』

を、やめることができるということです。

昔から、

『呼吸が深い人は心穏やか』

と言われるように、呼吸とメンタルには密接な関係があります。

呼吸が浅いひとは交感神経という、イライラや興奮状態を生み出す神経が活発に働き、呼吸が深いひとは、穏やかな気分を作る副交感神経が活発になります。

ですので、深呼吸を習慣にすれば、落ち込んだり、イライラすることが減るので、ついつい食べ過ぎてしまう『ストレス食い』をやめることができるのです。

簡単ダイエット4 レコーディングダイエット

これもオススメです。

『レコーディングダイエット』

これは、『記録する(レコーディング)』ダイエットという意味です。

『レコーディングダイエットのやり方』

〇毎日、その日の体重と食べたものを記録する。

やり方はこれだけです。

毎日の体重と、その日に食べたものを手帳や日記に記録していく。

ただこれだけで、どんどん痩せていきます。

なぜかというと、『自分の体重』『食べ物』に意識が向くようになるからです。

私たちは普段、何気なくご飯を食べていますが、

『なにを、どれだけ食べたのか?』

ということは、ほとんど意識していません。

自分では意識しているつもりでも、実際にはまったく理解できていません。

たとえば、朝、甘いものを食べたのに、夜もまた食べてしまう…というようなミスを犯してしまいがちです。

しかし、しっかりと自分の体重と、食べたものを記録していけば、

『最近、油物が多いな…』

『こんなに間食してたのか…』

と、『本当の自分の食生活』に気づくことができるので、自然と改善できるようになっていき、痩せていくのです。

このレコーディングダイエットだけで、何十キロも痩せたというひとがたくさんいるぐらい、効果の高いダイエット方法です。

もちろん、ただ書くだけで何も食事改善しないのでは意味がありませんが、『こんなに食べ過ぎていたのか…』と気づいて反省すれば、間違いなくスリムになっていきます。

ぜひ試してみてください。

※レコーディングダイエットの詳細はこちらの記事に書いてあります。

⇒ レコーディングダイエット ノートの書き方や作り方は?おすすめアプリも

簡単ダイエット5 糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットも、効果の高いダイエットとして有名です。

『糖質制限ダイエットのやり方』

〇食事のなかから、糖分の高いものを減らす。
(お菓子、デザート、ご飯、パンなど)

この方法は、即効性があってダイエット効果は非常に高いですが、一つだけ注意点があります。

それは、

『決してやりすぎないこと』

です。

よく、糖質制限すると痩せると聞いて、

『ご飯もパンも一切、食べない!』

という極端なことをするひとがいますが、こういうひとは必ず失敗します。

失敗するどころか、体を壊して摂食障害になったりする危険性さえありますので、絶対にやめてください。

ご飯やパンをまったく食べないダイエットは、痩せるのではなくやつれているだけです。

そうではなくて、『お菓子をやめ、ご飯やパンを適量にする』のが本当の糖質制限ダイエットです。

では、どのぐらいの量にするのがちょうど良いのかというと、これも年齢や性別、生活習慣によってまちまちですが、

『ご飯は一食につきお茶碗一杯』

『パンは1食1切れ』

ぐらいが基本です。

このぐらいに減らしてみて、『さすがに少なすぎるな…』と感じるようなら、少しずつ増やしてみてください。

『ちょっと物足りないけど、無理せず我慢できる』

ぐらいの量を、自分なりに見つけ出すのが続けるコツです。

ちなみに、これも『よく噛むダイエット』と一緒に行うと、成功しやすくなりますよ!

スポンサーリンク

簡単ダイエット6 イメージングダイエット

これは知る人と知るダイエットで、脳科学的にとても理に叶っています。

『イメージングダイエット』

どんなダイエット方法なのかというと、『痩せてスリムになっている自分をイメージし続ける』というものです。

『イメージングダイエットのやり方』

〇自分が理想の体型になっている姿をイメージする。

〇毎日10分~20分、寝る前にイメージする。

たったこれだけです。

なぜこの方法が良いのかというと、実は人間の脳には、

『イメージしたものを、実現しようとする働き』

があるからです。

これは昔から言われていることで、『思考は現実化する』という有名な本にも書いてあります。

人間の潜在意識は、強く、ハッキリとイメージしたものを現実にしようと命令を出します。

ですので、『ダイエットが成功した自分』をハッキリと映像で想像することにより、自然と『痩せている人間の生活習慣』を取るようになるので、自然と痩せていくのです。

ダイエットが続かないひとがよくやってしまうミスに、

『痩せたい、痩せたいとさんざん口で言っているのに、痩せている自分をまったくイメージできていない』

というものがあります。

これは、『走り出したけど、目的地が分かってない』のと同じことです。

しっかりと目的地を自分の脳みそに分からせるためにも、『理想の自分の姿』をイメージすることは大切です。

そのうえで、他のダイエット方法と組み合わせれば、さらに簡単に痩せることができます。

簡単ダイエット7 白湯ダイエット

これは、空腹感を紛らわせる方法としてオススメのダイエット方法です。

『白湯ダイエット』

白湯(さゆ)というのは、水を温めただけのただのお湯のことです。

『白湯ダイエットのやり方』

〇お腹が減ったときに、白湯をゆっくり飲む。

やり方はたったのこれだけです。

なぜこの方法がオススメなのかというと、やってみればすぐに分かりますが、

『白湯を飲むと、空腹感が収まります』

とくに、寝る前の『お腹が減って眠れない…』というときに白湯を飲むと、あっさりと空腹が収まって眠れるようになります。

『しっかりご飯を食べたはずなのに、お腹が減っちゃって間食したくなっちゃう』

という場合には、白湯を飲んで空腹感を紛らわせば、無駄なカロリーを取らなくて済むので、ダイエットに最適です。

ただし、

『白湯を飲んでも空腹感が収まらない!』

という場合は、単純に栄養不足の可能性がありますので、素直にご飯を食べましょう。
(甘いものはダメ)

白湯ダイエットは、『キチンとご飯を食べている』という前提があることが条件です。

ですので、白湯だけでダイエットするというよりも、ダイエットに役立つテクニックの一つぐらいに考えて、上手に活用していきましょう。

ちなみに、この白湯ダイエットだけで10キロ以上痩せたひともいるようですよ!

簡単ダイエット8 かかと上げ ダイエット

これは運動系のダイエットです。

『かかと上げダイエット』

ダイエットには基本的に運動が不可欠ですが、そのなかでも『ながら』でできる運動として、人気が高いです。

『かかと上げダイエットのやり方』

〇普段の生活のなかで、立っているときはなるべくかかとを上げて過ごす。

この方法は、ダイエットというよりも正確には、

『スタイルをよくするエクササイズ』

のようなものです。

かかとをあげることにより、お尻の筋肉を引き締め、スタイルをぐっとキレイにすることが出来ます。

また、このかかと上げダイエットにはもうひとつのパターンもあります。

それは、

『何度もかかとを上げて、筋肉を鍛える』

というものです。

『かかと上げダイエットその2 のやり方』

〇自然な体勢で立つ。

〇そのまま、かかとを上げて、すぐに下ろす。

〇これを100回繰り返す。

このように、『ずっとかかとを上げて過ごす』ではなく、スクワットや腕立て伏せのように『かかとを何度も上げる運動』をすることで、ダイエットになる、というものです。

この方法は、ふくらはぎなど下半身痩せに効果があり、筋力も上がるので基礎代謝も上がるので、ダイエット効果も期待できます。

が、個人的には、この運動をするぐらいなら、毎日20分ぐらいウオーキングでもした方が簡単ではないかと思います(笑)

簡単ダイエット9 食べる順番ダイエット

お次は、テレビなどでも度々紹介されているので知っているひともいるかと思いますが、

『食べる順番ダイエット』

です。

これは、簡単に言ってしまえば、

『野菜、おかず、ごはん(パン)の順番で食事を食べるだけ』

というダイエット方法です。

なぜこの方法が良いのかというと、最初に野菜やおかずを食べることにより、血糖値の急上昇を抑えられるからです。

ごはんやパンを最初に食べると、血糖値が急上昇してしまいます。

そうすると、上がりすぎた血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されます。

すると、今度はインシュリンが血糖値を下げすぎてしまい、すぐにお腹が減ってしまいます。

その結果、ついつい間食してしまう…ということを、多くの現代人はやってしまっています。

それを防ぐために、最初にサラダやおかずを食べて、ごはんやパンがすぐに消化・吸収されることを防ぎ、血糖値の上昇を緩やかにするのです。

血糖値が緩やかになれば、なかなかお腹が減らなくなりますので、間食も減ります。

また、『先にサラダやおかずを食べることにより、カロリーの高いごはんやパンの食べ過ぎを防げる』という利点もあります。

『ごはんやパンなどの炭水化物が大好き!』

というひとには、おすすめの方法です。

  

簡単ダイエット10 キャベツダイエット

こちらも、一時期ものすごいブームとなったダイエット方法です。

『キャベツダイエット』

やり方は簡単で、

『食事のとき、キャベツをたくさん食べる』

というだけです。

どれくらい食べるのかというと、お茶碗一杯から、どんぶり一杯ぐらい。

ちょっと多めに食べるのがポイントです。

この方法は簡単に言ってしまえば、

『カロリーが少なく、お腹がいっぱいになりやすいキャベツを先にたくさん食べてお腹を満たし、ご飯を食べる量を減らす』

というダイエット方法です。

意外と効果が高く、食物繊維の豊富なキャベツなので、栄養素的にも問題はありません。

それどころか、1週間も続けているとお肌がサラサラになります。

ただし、ひとつだけ注意しなければならないのは、

『キャベツだけ食べて、ご飯をまったく食べない』

というのは、大間違いですので絶対にやめましょう。

そんなものはダイエットでもなんでもありません。体をボロボロにするだけなので、絶対にやってはいけません。

そうではなくて、あくまでも『キャベツを先に多めに食べて、ご飯を食べ過ぎないようにする』というのが目的です。

キャベツも、あまりに多く食べ過ぎてしまうとストレスになってしまいますので、ほどほどにしましょう。

『極端なことはしない』

というのが、ダイエットを成功させる秘訣です。

このダイエットも、あくまで

『ついつい食べ過ぎちゃう』

というひとのためのダイエットです。

でも、私自信の経験から言うと、

『普段、食べ過ぎてしまうひとほど、面白いぐらい痩せていく』

というすごい効果があります。

『自分の肥満の原因は、間違いなく食べ過ぎだ!』

と心当たりがあるひとにはオススメのダイエット方法です。

簡単ダイエット11 自撮りダイエット

これは最近、若者を中心に流行っているダイエットです。

『自撮りダイエット』

これはどういうものかというと、他のダイエットを続けながら、

『毎日、自分の姿をスマホで自撮りする』

というだけです。

『それだけでダイエット効果なんてあるの?』

と思うかもしれませんが、めちゃくちゃあります。

なぜなら、

『どんどんスリムになっていくのが分かるから』

です。

つまり、ダイエットの成果が目で見て分かるようになるので、やる気が湧いてきてダイエットが楽しくなってくるというわけです。

自撮りするのは、全身でも良いし、お腹など気になる部分だけ撮ってもOKです。

とにかく、毎日、同じ時間に同じ自撮り写真を撮り続けるだけです。

自分ではちっとも痩せていないと思っても、一週間前の画像と見比べてみると、

『え? すっごい痩せてるじゃん!』

と気づけるので、ますますダイエットのモチベーションがアップします!

インスタなどに毎日写真を上げるのも良いです。

とにかく、大事なのは『ダイエットの成果を実感すること』です。

すぐにダイエットをやめてしまうひとほど、本当は効果が出ているのに、

『ちっとも痩せない…』

といってやめてしまいます。

そうならないためにも、ダイエットしている自分の姿を記録して、成果を実感しましょう!

一ヶ月も続けると、明らかにスリムになっているのが分かるので、楽しくなりますよ!

簡単ダイエット12 掃除ダイエット

最後は、個人的におすすめの、

『掃除ダイエット』

です。

『え? 掃除とダイエットに何の関係があるの?』

と思われるかもしれませんが、実は深い関係があります。

こんな説を聞いたことはありませんか?

『汚い部屋に住んでいるひとは、太る』

という説です。

実は、これは事実です。

なぜなら、散らかった部屋にいると脳がストレスを受けるからです。

ストレスを受けると、人間は『コルチゾール』というストレスホルモンを分泌します。

このコルチゾールの別名をご存知でしょうか?

『デブホルモン』

です。

コルチゾールが増えると、食べ過ぎたり、ダラダラテレビを観てしまったりしやすくなってしまうので、肥満になる確率が高くなってしまうのです。

イライラしているときって、ついつい食べ過ぎちゃったりしますよね?

また、落ち込んでいるときや、もやもやして気分が晴れないときって、ダイエットをがんばろうという気持ちがなくなりますよね?

このように、『ひとはストレスを受けると、太りやすい行動をしてしまう』という特徴があるのです。

そして、

『散らかった部屋は、すさまじいストレスを受ける』

のです。

その証拠に、こちらの画像をご覧下さい。

どうでしょうか?

見た瞬間、イラっとしませんでしたか?

長く見つめれば見つめるほど、なんだか胸のなかがもやもやしてくると思います。

それが、ストレスです。

脳みそが、ごちゃごちゃの部屋を見て混乱してしまっているのです。

こんな状態では、ストレス発散でついつい食べ過ぎてしまうのも無理はないですよね?

また、脳が疲れてしまうため、『運動しよう!』という気力も湧きにくくなってしまいます。

では、次にこちらの画像をご覧下さい。

どうでしょう?

見た瞬間に、スーっと心が爽やかになったような気がしませんでしたか?

これが、『散らかった部屋と綺麗な部屋の違い』です。

このように、太っている人というのは、散らかった部屋や汚い環境から、知らず知らずにストレスを受けてしまっていることが多いのです。

なので、しっかりと掃除をして、いつも家をキレイに保っていれば、ストレスがなくなり食べ過ぎやダラダラ癖が直ります。

実際、部屋を掃除したらどんどん体重が減っていった、というひともいるくらいです。

『部屋が汚いと、太りやすくなる』

この法則をぜひ覚えておいて、部屋の掃除を徹底してみてください。

それだけで、太りにくい体質に変われるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『簡単ダイエットまとめ。楽に続けられるおすすめダイエット集』

を、ご紹介してみました。

ダイエットするには運動と食事制限が絶対に必要です。

ですが、やっぱりいきなりキツイ運動をしても続かないですよね?

そんなときは、ここで紹介した方法を使って、無理のないダイエットをしてみてください。

ちなみに、今回ご紹介した方法は、いくつか組み合わせると効果が倍増します。

オススメは、『よく噛むダイエット』『レコーディングダイエット』です。

この2つをやるだけで、たいていのひとはガンガン体重が減っていきます。

ぜひ、試してみたください。

※その他のダイエット情報はこちら!

レコーディングダイエット ノートの書き方や作り方は?おすすめアプリも

朝食抜きダイエットの効果や口コミは?痩せる人と太る人の違いは?

スクワットダイエットのやり方と効果や回数は?下半身やお腹痩せも!

掃除の開運効果!断捨離ダイエットで金運や恋愛運UP!片付けのコツも

呼吸を整えると心も体も健康に!深呼吸のリラックス&ダイエット効果

三日坊主を直す方法(体験談)!勉強もダイエットも続けるコツとは?

中学生や高校生女子のダイエット方法!楽してキレイに痩せるコツ!

水泳ダイエットの効果的な泳ぎ方は?おすすめの時間や距離や食事は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください