メラビアンの法則の意味とは?人は見た目が9割?モテる会話のコツ!


今回はメラビアンの法則について説明します。
『メラビアンの法則? なにそれ?』
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、本文を読めば簡単に理解できるのでぜひ読んでみてください。
自分の意見を相手に伝えるために大切なことが実は〇〇だった、ということが分かりますよ!
もちろん、モテる会話のコツも掴めます!

スポンサーリンク

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者メラビアンさんが発見した人間の会話の法則のことです。

どういう法則かというと、簡単に言ってしまえばこういうことです。

『人間は話の内容よりも、相手の表情や声の大きさを重視する』

というものです。
分かりやすい例を上げるならば、例えば楽しい話をしていても相手が楽しそうじゃなければ『このひと、本当は楽しくないんだな…』と相手は受け取るということです。

他にも『私、今すっごい幸せなんだ』といっても、表情が暗かったり声が小さかったりすれば『本当は幸せじゃないんでしょ?』と相手は受け取るということです。

『話している内容よりも、表情や声の大きさ、態度の方が気持ちを伝える力がある』

ということです。

ちなみにメラビアン博士の実験では、話の内容を伝える力の大きさは以下の通りだったそうです。

話の内容 7%

聴覚情報(声の大きさ、喋り方、速さ) 38%

視覚情報(表情、しぐさ、態度) 55%

なんと聴覚情報と視覚情報を合わせると90%を超えています。

このことから、『人は見た目が9割』、『話の内容よりも話し方や表情、態度の方が大切』と言われるようになってきたのです。

人は見た目が9割は本当?

でも、本当に人は見た目が9割なのでしょうか?
(この場合の見た目というのは容姿よりも表情や態度、雰囲気のことです)

話の内容なんてどうでも良くて、表情や声の大きささえ気をつければこちらの考えや気持ちは伝わるのでしょうか?
結論から先に言うと、

『違います』

これはメラビアンの法則がよく誤解されるところで、『人は相手の話なんて9パーセントしか受け取っていないんだから、会話の内容なんかよりも話し方や伝え方を工夫した方がこちらの意思は伝わる』と解釈するひとが非常に多いです。

しかし、この法則はあくまでも『言っている内容と、話している人間の態度が食い違っているときは、9パーセントしか伝わらない』というだけなのです。

言葉以外のコミュ二ケーション方法を非言語(ノンバーバル)コミュ二ケーションと言いますが、その非言語コミュ二ケーションと話している内容が一致していないと伝わらないというだけなのです。

当たり前ですが、ひとは相手の話の内容もちゃんと聞いています。

スポンサーリンク

自分の意思を伝え、モテる会話のコツ

『態度や声の大きさ、話し方を工夫すれば、自分の考えがもっと良く相手に伝わりやすくなる』

これがメラビアンの法則の大事なポイントです。

たとえば、あなたが会社の上司に企画をプレゼンするときも、、

A『自信満々に話す』

B『いかにも自信なさげにオドオド話す』

では、Aの方が企画が通る可能性が上がります。あなたの自信にあふれた毅然とした態度が、『この企画は成功するかもしれないぞ』と上司に思わせることが出来るからです。

反対にオドオドと自信なさげに話せば、どれだけ企画が良く寝られていたとしても『どうも失敗の予感しかしないな…』と受け止められてしまう危険性があります。

これは異性にモテようとするときも同じです。

たとえば男性がある女性を、『明日、映画に行かない?』と誘ったとします。このとき、男性がいかにも楽しいイベントを目前にしているような、明るく朗らかな表情や態度をしていれば、女性の方も『なんだかこのひとと遊びに行ったら楽しいことがありそう』と捉えます。あるいは『そんなにこの映画って面白いんだ。行ってみようかな』と考えるかもしれません。

しかしもしもその男性が暗い表情やオドオドした態度で誘ったとしたら、『このひとと一緒に行っても楽しくなさそう』と受け取られる可能性が大です。どれだけその映画の評判が良いと力説したところで、その男性の非言語コミュ二ケーションの部分(表情や声の大きさ、態度)がそれを否定しているからです。

『楽しい映画』という話の内容は9パーセントしか伝わらず、残りの91パーセントは『なんかつまらなさそう…』という印象しか受け取ってもらえません。

つまり、モテる会話のコツは『話の内容を練るよりも、相手に好かれる態度を取る』ということなのです。

まとめ

いかがでしたか?
メラビアンの法則について説明してみました。

話が下手なひと、異性との会話が苦手なひとはついつい『気の利いたことを言えば好かれる』『上手い言い回しをすれば伝わる』と考えてしまいがちですが、それが大きな間違いであることは分かっていただけたと思います。
(理屈屋が信頼されない理由はこのためです)

話の内容はどうでもいいわけではなく、話の内容をキチンと伝えるためには態度や表情が大切ということです。そのことを実験によって数字で証明したのが、『メラビアンの法則』なのです。

ぜひ活用してみてください。

(なお、モテる会話のコツをもっともっと超具体的に知りたい方はぜひ下記の記事をごらんください。男女別にモテる会話の例とモテない会話(NG会話)例を紹介しています。メラビアンの法則と組み合わせれば絶大な効果が期待できますよ!

『口ベタでもモテる会話術を男女別に紹介!人見知りでも恋人が作れる!』

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA