人生終わった30代が無理なく幸せになる方法!元気を出すテクニック!

『オレの人生、終わったな…』と感じている30代の方はいませんか?

『仕事はしているけど安月給で将来に希望が持てない』
『仕事がなくて人生に絶望している』
『結婚できなくて孤独』
『なんのために生きているのか分からない』

など。

30代で悩んでいるひとは多いです。

かくいう私も30代のはじめのころは自分の人生に絶望していました。

お金もなく、恋人もできたことなく、友達もいない…。

夢はあるけどまったく叶う気配はない。

そんな状態だったので、まさに人生はどん底。

『このまま生きていてもしょうがないよな…』

なんて、虚しさを噛み締めながら生きていました。

そんな私が、今現在、生まれ変わったように充実した人生を送れるようになった方法をご紹介します!

スポンサーリンク

人生終わったと感じる30代が急増中

ネットで調べたり身の回りの30代を観察してみると、やはり『人生終わった…』と感じているひとは少なくないようです。

特に、『失業』『独身』『お金の不安』などが大きな原因となっていることが多いようですね。

かくいう私も、30代のはじめはとある夢を追いかけていたもののまったく叶う気配すらなくアルバイト生活、おまけに彼女もおらず独身…と、なかなかに悩み多い人生を生きていました。

そんなとき、誰だってどうしてもついつい思ってしまうのは、

『ああ、オレの人生、終わったな…』

ということではないでしょうか?

このまま生きていても大して良いこともないだろうし、そもそも自分に自信がなくなっているのでなにかに挑戦する気力も沸かない…。

するとやがて、こんな思考にたどり着くと思います。

『オレ、なんのために生きてるんだろう?』

かつての私と同じようなことを考えているひとも多いのではないでしょうか?

仕事、お金、人間関係、結婚など、悩みが深くなればなるほど、『こんな辛い思いをしてまで、どうして生きなくちゃいけないんだろう…』という疑問が湧いてきてしまい、生きる意欲さえなくなってしまいます。

なかには、『仕事もあるし結婚もしてる。だけど、なんで生きてるのか分からない…』というひともいます。

悩みは人それぞれですが、とにかく、最近は30代ごろから人生に行き詰まり感を覚える人が増えているのです。

スポンサーリンク

人生終わったと感じる30代が無理なく幸せになる方法

では、どうすればこの辛い時期を乗り越えることができるのでしょうか?

『時間が解決してくれるのを待つ』というのもひとつの選択肢ですが、できることならなるべく早くこの悩みから解放されたいですよね?

そこで、私が実際に試して効果があった方法をご紹介します!

紙に感情を吐き出しまくる

一番のオススメがこれ。

『とにかく紙に自分の感情を吐き出す』

ということです。

チラシの裏でもコピー用紙でも良いので、そこに手書きで自分のなかにある不安や怒りや恐怖を書きまくりましょう。

『なんでこんな人生がつまらないんだ』

『本当に嫌になる。仕事が退屈すぎる。オレの人生終わったな』

『どうせやり直せないんだから、このまま消えちまおうかな』

『あの上司は本当に終わってる』

などなど。

会社への不満、自虐、上司への怒りなど、とにかく思いついたネガティブなことはすべて吐き出しましょう。

こうすることによって、頭のなかでグルグルと同じことばかり考えてしまう『反芻思考』を止めることができます。

悩んでいるときって、なにが辛いかといって、同じことを何度も何度も何度も考えてしまうのが辛いですよね?

しかし、紙に手書きで書き出すと、人間の脳というのは面白いもので、『もうこのことは考えなくていいや』と、そのことについてあまり考えようとしなくなるのです。

コツは、とにかく自分の気持ちに正直になって書き出しまくること。自分がスッキリすることを書く事です。

これを知っているだけでも、『悩みすぎてどうすればいいか分からない』という状況を脱出することができますので、オススメですよ!

散歩orジョギングをする

気分がどうしようもなく落ち込んでいるときは、運動することがとてもおススメです。

運動することで体が爽快になると、心が晴れ晴れとしてきて、悩んでいたことが嘘のように消えてなくなってしまいます。

最近では、『筋トレをすればメンタルがポジティブになる!』ということがよく言われるようになってきましたが、確かにそれは一理あります。

筋トレをすることでテストステロンという男性ホルモンが分泌され、心が強くなる、さらにはセロトニンという不安を和らげる脳内ホルモンも出るので、精神が安定し幸福感を感じることができます。

とはいえ、筋トレはややハードルが高いので私は散歩かジョギングをお勧めします。

特にジョギングは、あくまで私の場合ですが、明らかにジョギングをした日と来ていない日では心の状態に違いがありました。

ジョギングをした日は一日中心が朗らかでポジティブでいることができました。

ジョギングをすると運動後に副交感神経が活発になるリラックスしたモードになるので、悩みから解放されるのです。

ジョギングほどではありませんが、散歩もドーパミンセロトニンなどの脳内物質を出してポジティブ心を作ってくれるのでおすすめです。

『心は体の状態の表れである』

とある小説家の先生もおっしゃっていましたが、まさにその通りだと私は思っています。

日光に当たる

同じく、日光に当たると、不安を和らげるセロトニンが分泌されることがわかっています。

特に朝日を浴びることが良いらしく、しっかりと朝日を浴びながら運動をすれば、実に心をポジティブにする効果があります。

セロトニンが不足しすぎるとうつ病になってしまうので、まだそこまで深刻化していないうちに、日光を浴びたり運動をしたりしてセロトニンを増やす努力をすることをお勧めします。

個人的には、早朝の朝日を浴びながらジョギングするのが一番効果的なのでおすすめです。

よく寝る

睡眠時間とメンタルは密接に関わっています。

睡眠時間が短いとイライラしたり不安になりやすくなったりするので、悩んで入る時は特に睡眠時間をたくさん取るように気をつけましょう。

とはいえ、悩んでいる時ってなかなか眠れないものですよね?

寝なきゃ寝なきゃと思っていてもなかなか寝付けず、気が付けば明け方になっていた…なんてことさえあるぐらいです。

だからこそ、ジョギングなどのを運動をお勧めするのです。

運動すれば自然と夜眠れるようになり、また熟睡しやすくなるので、睡眠時間を確保しやすくなります。

さらに、朝日を浴びると体内時計の狂いがリセットされて、夜眠くなる身体になるので、一石二鳥ならぬ一石三鳥になります。

食べ物に気をつける

食べ物にも気をつけましょう。

意外と知られていませんが、食べ物は精神に非常に大きな影響を与えます。

特に砂糖は血糖値を乱高下させるので、不安や怒りを増大させたりと、メンタルに悪影響を与えることで有名です。

『砂糖がうつ病を生み出す』

と、主張するお医者様もいるぐらいなので、糖分の摂りすぎには気をつけましょう。炭水化物の食べ過ぎもよくありません。

また、私の経験上では、 脂っこいものや、化学調味料を使いすぎているものもメンタルにすぐ悪影響を及ぼします。

前に何かの本で、

『人生が辛い、生きているのが苦しい…と悩む人は多いが、実はその大半の原因は単に体に負担のかかる食べ物を食べているだけである』

というようなことが書かれていました。

その本いわく、消化に悪い物を食べ過ぎると内臓が疲労し、それが倦怠感や憂鬱な気分を作り出すのだそうです。

そして、現代人の食事は手軽に美味しいものばかりなので、気をつけないとすぐに胃や腸が疲れきってしまうのだそうです。

昭和世代のような、シンプルな和食など、胃腸に負担をかけない食事をしてみると、落ち込んだり悩んだりすることも減っていきます。

オススメの元気を出すテクニック

最後に、元気を出すためのテクニックを一つご紹介します。

それは『日記を書くこと』です。

日記を書くと、頭のなかがどんどん整理されていき、悩みにくく迷いにくい性格になっていきます。

『成長企業の社長のほとんど全てが日記を書いている』

という調査結果もあるぐらいで、日記を書くと、思考が整理され、自分がやるべきことやらなくていいことがわかるようになっていきます。

さらに、自分がどうしたいのか、何をしたくないのか、どう生きたいのかなど、自分の心と向き合うことも出来るようになり、精神が安定してきます。

『日記は心の万能薬』

と言われることもあるぐらい、日記は心に安定をもたらす最高のツールなのです。

ぜひ今日から日記をつけてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『人生終わった…と悩んでいる30代のための、幸せになるテクニック』

をご紹介してみました。

悩んでいる時、無理に元気を出そうと思ってもなかなか元気が出せません。

しかし、『こうすれば心をポジティブにすることができる』という方法をいくつか見つけておけば、根性論に頼ることなく心を前向きにすることができます。

ぜひ試してみてください!

※こちらの記事も人気です!

落ち込んだ時に元気になる方法!気分転換の仕方や不安の対処法も!

元気になる方法まとめ!落ち込んだときに気分を回復する4つの方法!

イライラを抑える方法!仕事や子供・友人への怒りを解消するコツ!

イライラの原因は運動不足と栄養不足?即効性のある怒りの抑え方!

やる気が出ない原因はセロトニン不足?運動と食べ物による対処法!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください