ゴールデンウィーク中に彼氏にプロポーズさせて結婚する方法!

 こんにちは、天田です。
 今日は
『GW(ゴールデンウィーク)中に彼氏にプロポーズさせて結婚する方法!』
 を、男の立場からご紹介しようと思います!

 かなり本音で書いているので、

『男心が分からない』
『彼氏が結婚に踏み込んでくれない』

 
 と悩んでいる女性の方々は、ぜひ読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

GWはプロポーズさせるチャンス!

 GWはプロポーズさせるチャンス!
 なんて言われたら、あなたは驚きますか?

「クリスマスならともかく、GWは家族のための連休ってイメージしかないけど?」
 そう思われるかもしれませんね。

 けど、だからこそチャンスなんです!
 これは意外かもしれませんが……
『クリスマスのようないかにも恋人のためのイベントに抵抗を持っている男は意外と多い』
 という事実があります。

 女性にとっては一年で一番楽しみな大イベントかもしれませんが、
 男にとっては正直、

『彼女が楽しみにしているから』
『付き合っている以上クリスマスで盛り上げるのは義務みたいなもの』

 みたいな感じで、
『彼女が求めているから仕方なくクリスマスを盛り上げている』
 という面が強いのです。
(もちろん自分も多少は楽しんでいますけど)

 男は本来、照れ屋ですし、
 女性ほど恋愛に対して憧れを持っていないので、
 クリスマスも、実はそれほど好きではないんです。
 クリスマスみたいに世間に用意されたイベントに乗っかるのは恥ずかしいですし、「

 寒いから家でテレビ観てたいなんて思っている男も多いです(笑)

 その点、GWは違います。
 クリスマスのような
『恋人たちのための大イベント』
 みたいなイメージがないため、
 家でまったりするにせよ旅行に行くにせよ、
 男性側も心の底からふたりの時間を満喫することが出来ます
 
 つまり、それだけふたりの距離を縮められるチャンスだということです!

GWまでに結婚を意識させよう

 このようにGWというのはある意味でクリスマスよりも彼氏との愛を深めるチャンスなのです。

 ちなみに男としては、連休にわざわざ出かけなくても、家でまったり出来る女性を奥さんにしたいと思います(笑)

 デートというのはあくまでも
『恋人がすること』
 であって、
『人生をずっと一緒に過ごす女性とすること』
 とは違うからです。

 奥さんとするのは
『生活』
 です。

『この子と一緒に暮らしていきたいなあ』
『ずっとそばにいて欲しい』
『こんな家庭を作って、子供は何人ぐらいで……』
『いいお母さんになりそうだな』

 こんなふうに思わせれば、
 男性は結婚を意識します。
 というか、結婚したいと思います(笑)

 反対にクリスマスなどの『デート』でいくら盛り上がっても、
 結婚したいとはあまり思いません。
 それはあくまで恋人としてデートが楽しかっただけで、
 奥さんになってもらいたいと思うかどうかとは別問題だからです。
 
 これはあくまで僕の個人的な考えですが、
『恋人関係の勢いで結婚したカップルは離婚率が高い』
 と思います。

『デートしていて楽しい』
 という
『恋人関係の盛り上がりだけ』
 で結婚したために、その先の
『生活』
 をまったく見ていなかったからです。

 そうならないためにも、
 GWまでにしっかりと
『ふたりの結婚生活』
 を意識させて、彼の結婚願望を引き出してやりましょう!

彼氏にプロポーズさせる超具体的な方法

 ではGWに彼氏にプロポーズさせるにはどうすれば良いのでしょうか?
 次の三つのポイントを抑えることが有効です。

〇遠回しに結婚生活を意識させる
〇さりげない気配りで『良い奥さんになる』アピールをする
〇GWに旅行などの大きなイベントを入れる

 ひとつずつ説明します。

『遠回しに結婚生活を意識させる』
 彼氏がいるのになかなかプロポーズしてもらえない女性がやってしまいがちなミスに、
『私、あなたと結婚したいですアピールを過剰にしてしまう』
というものがあります。
 男というのは本来、狩りの本能を持った生き物なので、向こうからよってくる獲物にはあまりそそられないという性質があります。
 加えて、結婚というのは人生を決める超重要事。誰だって慎重になりますし、自分のタイミングでしたいと思うもの。
 そんなときに、『結婚したい! 結婚したい!』というオーラ全開で迫られると、男は(たぶん女性も)引いてしまいます。
 積極的なのと、ガツガツしているのは違うのです。

 ですので、ここはうまく遠まわしに彼氏の結婚願望を引き出してあげましょう。
 以下に悪い例と良い例をあげて、
『彼氏に遠まわしに結婚を意識させる方法』の一例をご紹介します。

例 デート中に子供連れの家族が遊んでいるのを見かけたとき。

『悪い例』

 
あなた「あっ、子供がいる! いいなぁ! 私も早く子供欲しい。男の子がひとりと、女の子がひとりがいいな。名前は何々と何々で……〇〇くん(彼氏の名前)は? 男の子と女の子何人ずつ欲しい?」

 これはかなりの確率でドン引きされます。
 女性側が勝手に結婚生活を想像(妄想)して、彼氏が置いてきぼりになっているからです。
 まるで、『私が考えた理想の結婚生活にもちろん協力してくれるよね?』とでも言わんばかりです。男は『うわあ……重いし面倒くさい』と思うばかりですので、絶対にやめましょう。

『良い例』

あなた『あっ、子供がいる。かわいいね。ああいう仲良し家族って見てて幸せになれるよね』
 
 これはかなりの好感触です。なぜならこの短い言葉のなかに、
『子供好きであること』
『暖かい家庭を築きたいと思っていること』
『他人の幸せを喜ぶことのできる人間であること』

 の三つを感じ取れる要素が含まれていて、なおかつ押し付けがましさがまったくないからです。
 こんなことを言われれば、男は自然にあなたとの結婚生活をイメージします。
『この子、性格いいな……』
 と思わせたうえで結婚も意識させることが出来るのです。

 このように、遠まわしに結婚生活をイメージさせれば、彼氏は自然とあなたにプロポーズ
したいと思うようになるのです。

『さりげない気配りで良い奥さんになるアピールをする』

 ふたつめは気配りアピールです。
 女性の多くが勘違いしていますが、
『男性はかわいいだけの女性とは結婚したいと思いません』
 恋人になら良いですが、奥さんにするなら気配りの出来る女性を選びます。
 女性もよく『恋人にしたい男性と、結婚したい男性は違う』と言いますが、それは男性側も同じことなのです。
 男が結婚したい女性に求める要素は『気配りと優しさ』です。ペットを愛でるようなかわいさではありません。(そういう女性は何年か付き合ったあとに捨てられます)
 
 具体的には、彼氏が仕事で忙しそうなら『最近忙しそうだから、デートはちょっと控えた方がいいかな?』と聞いてあげたり、食事がおろそかになっていたら料理を作ってあげたり、体調が悪いようなら看病してあげたり、栄養のある食べ物を買ってきてあげたり、などです。

 ようするに、彼氏の気持ちを察して、してほしいと思っていることをしてあげるということです。
 ただし、くれぐれも押し付けてはいけません。
『私、こんなにあなたのためにしてあげてるのよ』
 という雰囲気が出まくっている女性は、
『重い女』
 と思われて捨てられるのがオチです。

スポンサーリンク

『GW中に旅行などの大きなイベントを入れる』
 
 以上の二つを実践してさりげなく彼氏の結婚願望を高めたら、
 いよいよ最後の一手を打ちましょう。
 GWに旅行などの大きなイベントを予定にいれることをオススメします。
 
 男性は連休も家で一緒にまったりできる女性を奥さんにしたいと思う、と書きましたが、
 そうはいってもプロポーズはそれなりの場所とタイミングを選んでしたいと思うのもまた男心というものです。
 なにしろ男はカッコ付けなので(笑)
 
 それには旅行が最適です。
 いつもと違う場所、いつもと違う空間というのはそれだけで非日常の雰囲気が高まりますし、そこにロマンチックな景色などが加われば気分はいやでも高まります。
 
 また心理学では、『人間は朝や昼よりも夕方以降の方が他人の言葉を信じやすい』というものがあります。ようするに明るいところよりも暗い場所の方が雰囲気に流されやすいということです。催眠術師が暗い部屋で催眠術をかけるのはこのことを知っているからです。

 これを応用して
『夜景の綺麗な場所』
『星空が見える場所』

 などを旅行先に選んでおけば、彼氏のプロポーズ熱をさらに高めることが出来ます。

 仮に彼氏がまだプロポーズの踏ん切りがついていなかったとしても、
『私、これからも〇〇くんとずっと一緒にいたいな』
 と、星空の下あたりでそっと言ってあげれば、
『この子、本当に俺と一緒にいたいと思ってくれてるんだ』
 と嬉しくなって、勢いでプロポーズしてしまうかもしれません。
 くれぐれも悪用厳禁ですが、このテクニックはぜひ覚えておいてください(笑)

まとめ

 いかがでしたか?
『ゴールデンウィーク中に彼氏にプロポーズさせて結婚する方法』
 をご紹介しました。

 ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください