バーベキュー食材の変わり種で子供が喜ぶ食べ物は?幼児や低学年は?

バーベキューの楽しみといったら、やっぱり食べ物ですよね?

でも、なかには『定番の食材に飽きた…』というひともいると思います。

確かに、お肉や野菜をただ焼いて食べるだけじゃ、いまいち新鮮さがないですよね?

特に、お子さんがお肉をあまり好きでなかったり、野菜嫌いだった場合などは、変わり種の食材で喜ばせてあげたいところです。

そこで今回は、

『バーベキュー食材の変わり種で子供が喜ぶ物!』

を、ご紹介します。

幼児や小学校低学年の子供が大喜びする食材もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください! 

スポンサーリンク

バーベキュー食材の変わり種!子供が喜ぶ食材1 焼くだけで食べられる物は?

それではまず、『焼くだけで食べられる食材』をご紹介します!
なるべく手間暇をかけずに食べたい!というひとはぜひ試してみてくださいね!

マシュマロ

子供が大好きなマシュマロは、実はバーベキューでは人気の変わり種食材です。
上手に焼くと表面がカリっとして、なかはふんわりのおいしい食感を楽しめます!

通常は竹串に刺して焼きますが、そのまま網に乗せて焼いてもOKです。
あとで紹介するチョコレートフォンデュと組み合わせれば、お子さんも大喜びしてくれますよ!

焼くときは、両面が狐色になるぐらい焼くとおいしく食べられますよ!

ピザ

スーパーで売っている小型の冷蔵ピザも、バーベキューの変わり種として大人気です。
網に乗っけて焼くだけで食べられるのも嬉しいですね!
子供が2~3人程度ならば、小型のピザ一枚でも十分な量です。

切り分けたときに1人1~2枚は食べられる量を用意しておくと、ちょうど良い量になりますよ!

冷凍ハンバーグ&コロッケ

お弁当の強い味方の冷凍ハンバーグコロッケも、バーベキューで食べれば一段とおいしくなります。
こちらも網の上に並べるだけでOKなので、お好きなものを1袋ほど持参してみてください。

エビ

バーベキューと言えばお肉!というイメージが強いですが、海鮮も子供には大人気です!
特にエビは、そのまま焼くだけでもとってもおいしいので、お子さんも大喜び。
『お肉よりもお魚が好き』
というお子さんがいる場合は、海鮮系を用意してあげると喜びますよ! 

カニ

同じく海鮮系のお子さんに大喜びされる食材です。
ちょっとお値段は高くなりますが、せっかくのバーベキューなのでオイシイものを食べさせてあげたい!という場合にはオススメです。

バナナ

焼きバナナはバーベキューの変わり種として昔から大人気ですよね!
焼き方は簡単で、バナナを皮ごと網の上に置いて焼くだけです。
(たまに破裂する場合があるので、竹串等で穴を開けておくと安全ですよ)

皮が真っ黒に焼けたら、皮を向いて包丁で食べやすいサイズに切り分けます。

仕上げにシナモンパウダーメープルシロップをかけてあげれば、子供が大喜びするアマアマ焼きバナナの完成です!

パイナップル

焼きパイナップルも人気ですね!
加熱することで甘味が増すので、生で食べるのとは違ったおいしさを味わえますよ!

焼き方は、スライスしたパイナップルを直に網に置いて焼くだけ。
軽く焦げ目が付く程度に焼いたら、シナモンシュガーをかけて召し上がってください。

他にも、メイプルシロップやハチミツなども喜ばれますよ!

スポンサーリンク

バーベキュー食材で子供が喜ぶ変わり種食材2 ホイルで焼くだけ

直で焼いても良いですが、ホイルで包んで焼くとさらにおいしくなる変わり種食材もご紹介します!

ただ焼くだけじゃなくて、ホイルに入れる前に下ごしらえをするとさらにおいしくなるものもありますので、ぜひ試してみてください!

シチュー

出来立てホヤホヤのシチューが野外で食べられたら、喜ばれますよね?
でも、鍋を持っていくのが面倒…と心配している方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

レトルトシチューとアルミホイルさえあれば、簡単にシチューは作れちゃうんです。
作り方は簡単。
アルミホイルで器を作り、そのなかにレトルトのシチューを入れて温めるだけです。

ただこれだけなのに、直火の効果もあっていつもよりグッとおいしいシチューが作れますよ!

さらに、フランスパンなどを焼いてフォンデュにすれば、お子さんも大喜びです!

焼き芋

子供は焼き芋が大好きです。
昭和の昔のように落ち葉のなかで焼くわけにはいきませんけど、ホイルに包んでバーベキュー用の炭のなかに入れておくだけでも、ホクホクの焼き芋は作れます。

ちなみに、よりおいしくホクホクに焼き上げるために、『濡らした新聞紙で芋を包んでから、さらにアルミホイルで焼く』という作業をすると、水分が抜けすぎないのでホクホクになりますよ!

ちなみに焼き時間はかなり長く、40分~50分ほどかかります。

焼きリンゴ

焼きフルーツ系はやっぱりお子さんには喜ばれます。
特に焼きリンゴは、生で食べるよりも甘味が強くなるので大人気です。

基本は、芯をくりぬいてから丸ごとアルミホイルで包み、火が直接当たらない炭のなかに30分ほど入れて焼くだけです。
竹串などがスっと貫通するぐらい柔らかくなったら取り出し、包丁で切り分けましょう。

ちなみに、焼きあがったときにメープルシロップをたっぷりかけてあげると、おいしくなる上にほどよく冷ますことができるのでオススメです。

※焼きフルーツ系は必ず大人が味見して、熱くないかを確かめてからお子さんに食べさせてあげてください。

新玉ねぎ

玉ねぎと言えばバーベキューの定番ですが、ホイルに包んで焼くと甘味が増すのでお子さんにオススメです。
特に新玉ねぎは辛さが元からないので、フルーツ感覚で楽しむことができますよ!

やり方は簡単で、皮を向いた玉ねぎをアルミホイルで二重、三重に包んで炭火のなかに入れておくだけ。

焼きあがったら切り分けて食べてみてください。びっくりするぐらい甘くておいしくなってますよ!

ちなみに、よりおいしくするためには、焼く前にヘタを切り、濡れた新聞紙で包んでおきます。
(食べやすくカットしてから焼くと、甘味が逃げてしまうので要注意)

濡れた新聞紙で包むことで水分が逃げ出さないので、さらにおいしくなりますよ!

幼児や低学年の子供に大人気! チョコレートフォンデュ

シチューのフォンデュで軽く紹介しましたが、同じようにチョコレートフォンデュを用意してあげると子供は大喜びしてくれます。

一番のおすすめは、マシュマロです。

アルミホイルで容器を作り、そのなかで市販の板チョコを溶かします。

あとは、焼いたマシュマロをフォークや竹串に刺したものをチョコにつけてフォンデュにするだけ。

とろけるチョコとマシュマロの食感がクセになるおいしさです(^ー^)

市販のチョコは何でも良いですが、なるべくクッキーなどの余計なものが入っていない板チョコがオススメです。

意外と簡単で大人気!バウムクーヘン作りに挑戦してみよう!

バーベキューでこれを作ると絶対に子供が盛り上がる!というものといえば、バウムクーヘンです。

『バウムクーヘンなんて難しそう…』

と思うかもしれませんが、実はものすごく簡単なのでご安心ください。

材料も市販のホットケーキミックスがあればほとんどいらないので、荷物がかさばる心配もありません。

『バウムクーヘンの作り方』

(材料)

ホットケーキミックス(300g)

卵 2個

牛乳 200cc

メイプルシロップ 適量

(必要な道具)

ボウル。

お玉。

まっすぐな棒 (木の棒でも良いが、燃えにくい物)

アルミホイル

(作り方)

ホットケーキミックスと卵、牛乳をボウルのなかでかき混ぜます。

トロトロに混ざったら、棒の中心部にアルミホイルを巻いて、お玉でその部分にかけます。

炭火の上に棒をかざして、くるくる回しながら焼きます。

表面が焼けて固まったら、またお玉でトロトロのホットケーキミックスをかけて、同じように焼きます。

これを繰り返し、棒の真ん中に大きなバウムクーヘンの塊ができたら、皿の上で棒を抜いてバウムクーヘンを取ります。

あとは、切り分けてメイプルシロップをかけて出来上がりです。

これだけです。

簡単に言ってしまえば、棒にバウムクーヘンの素をかけて焼き、またかけて焼き…と繰り返していくだけです。

ものすごく簡単な上に、作る作業自体も面白いので、お子さんも喜んでくれますよ!

変わり種だけじゃ失敗する?鉄板の大人気食材は?

変わり種を用意するのはもちろん喜ばれますけど、狙いすぎてちょっとイマイチ…なんてことにならないためにも、キチンと『子供が絶対に喜ぶ定番の食材』も用意してあげましょう。

ここでは、これだけ持っていけば間違いない!というド定番の食材を3つだけご紹介します。

ウインナー

子供はウインナーが大好きです。
ウインナーひと袋と、甘めの焼肉のタレを持っていけば、それだけでバーベキューが失敗することはまずありません。

フランクフルト

フランクフルトもお子さんは大喜びします。
あまりたくさんは食べられないので、ひとり一本ぐらい用意してあげると大喜びしますよ!

肉巻きおにぎり

子供だけじゃなく、大人の男性にも大人気の食材です。
『バーベキューの肉の下ごしらえ方法』でご紹介した方法を使えば、お子さんの好みにあった味つけができますよ!

ちなみに、肉巻きおにぎりの作り方は、焼肉のタレで味付けしたご飯を一口サイズに丸め、豚バラ肉で巻いて焼くだけです!

当日朝に下準備をしておくと、あとは焼くだけで食べられますよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『バーベキューの食材で子供が喜ぶ変わり種は?』

というお話をしてみました。

変わり種食材があれば、それだけで楽しい思い出が残ります!

数年後に、『あのときのバーベキューで食べたマシュマロ、おいしかったね!』と思い出してもらえるような素敵なバーベキューになるように、ぜひとも変わり種食材を試してみてください!

※こちらの記事も人気です!

バーベキュー食材のおすすめで子供が喜ぶ食べ物!幼児にも人気なのは?

バーベキューお肉の量はどれくらい?男女の一人前の目安は?子供の量は?

バーベキューのお肉の下ごしらえ!簡単な下準備で高級肉より柔らかくなる!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください