バーベキューお肉の量はどれくらい?男女の一人前の目安は?子供の量は?

バーベキューの楽しみといえば、なんといってもお肉ですよね!

大人も子供も、おいしいお肉があるとついついはしゃいでしまいます(^ー^)

とはいえ、そこで悩んでしまうのが、

『いったい、どれくらいの量のお肉を持っていけばいいのか?』

ということですよね?

多すぎれば腐らせてしまうかもしれないし、足りないとガッカリさせてしまいます。

そこで今回は、

『バーベキューのお肉の量の目安!大人の場合と子供の場合や、腐らせないコツ』

を、ご紹介します1

スポンサーリンク

バーベキューのお肉の量 大人の目安はどれくらい?

それではさっそく、バーベキューのお肉の量の目安をご紹介します。

『大人の場合』

男…300グラム
女…200グラム

ぐらいが、一般的な量になっています。

もちろん、なかにはたくさん食べるひとや、逆にあまり食べないひともいますが、何人かが集まるとだいたいこれぐらいの量になります、

ですので、あとはこの量に人数分をかけるだけでOKです。

『例:男4人・女3人の場合』

男…300×4=1200g

女…200×3=600g

合計…1800g

という感じです。

お肉の量はパッケージにしっかり書かれているので、ざっくりと合計グラム数を計算しながら用意すると良いでしょう。

足りないのは困る…というひとは、合計より+500グラムぐらい多く持っていくと、まず大丈夫です!

スポンサーリンク

子供(小学生・幼児)の場合は?

子供の場合は、中学生なら大人と同じOKです。

それ以下の場合は、だいたいこれぐらいを目安にしてください。

幼児…100g

小学校低学年…150g

小学校高学年…200g

これぐらいでちょうど良いです。

男の子と女の子では食べる量は多少違ってきますが、あまりそこまでは考えなくてOKです。

ちなみに、幼児や小学校低学年の場合は、ウインナーが一番喜ばれます(^ー^)

やっぱり、子供はウインナー大好きですからね。

ウインナーなら袋詰めでまとめて売っているので、200~300g入りのものを人数に合わせて買っておきましょう。

また、フランクフルトなども喜ばれますが、こちらは量が多いので1人1本ぐらいで十分です。

高校生や大学生の場合は?

子供、とはいえ、高校生や大学生となると話は変わってきます。

特に高校生、大学生の男子の場合は、大人の男性よりも食べますので要注意です。

『高校生・大学生男子の肉の量』

350~400g

これくらいは用意しておきましょう。

女子の場合は、大人と同じ200gでOKです。

『そんなにお肉を用意したら、高くつく…』

という場合は、おにぎり焼きそばを多めに持っていくと、ぐっと肉の量を減らせます。

中高年や高齢者が多い場合は?

中高年や高齢者が多い場合は、お肉は少なめで十分です。

若いころと違い、お肉よりも野菜の方を好む場合が多いからです。

『肉は酒のつまみ程度で十分』

という理由ですね(笑)

まあ、中高年以降の場合は、あまりこってりとした脂身の多い肉は好まれません。

脂身の少ない鶏肉や、豚の赤身を多めに用意しましょう。

バーベキューのお肉を腐らせないコツ!

ちょうど良い量にしたつもりでも、どうしてもお肉が余ってしまうこともありますよね。

そういうときのために、お肉を腐らせないコツをご紹介します。

『お肉を腐らせないコツ』

〇クーラーボックスを使う。

〇保冷剤を使う。

〇(肉を焼くときに)クーラーボックスを開けっ放しにしない。

やはり便利なのはクーラーボックス保冷剤です。

このふたつがあるだけでも、お肉の長持ち具合がまるで違います。

ただし、注意しなければいけないのは、『お肉を焼くときにクーラーボックスを開けっ放しにしない』ということです。

開けっ放しにしてしまうと、せっかくの保冷剤が溶けてしまい、余ったお肉を持って帰るときに冷やしてくれません。

多少面倒でも、クーラーボックスはこまめにフタを閉じましょう。

基本的には、これから焼くお肉だけをさっと取り出して、あとは閉めっぱなしにして日陰に置いておくのがオススメです。

保冷剤さえしっかり残っていれば、お肉を多めに持って行っても腐らせることなく持って帰ることができるので、用意するときも安心ですよ!

焼きそばやおにぎりの目安は?

『お肉を多めに用意すると高くつくから、なるべく抑えたい…』

という場合は、おにぎりや焼きそばを多めに用意すると良いとさきほど書きました。

では、おにぎりや焼きそばはどれくらいがちょうど良い量なのでしょうか?

『おにぎりの目安』

小さめの場合…1人2個

大きめの場合…1人1・5個

『焼きそばの目安』

3人で2玉

だいたいこれぐらいです。

ちなみに、子供がいる場合は、食べやすいようにおにぎりは小さめのものを用意しておきましょう。

焼きそばは、多少多めに持って行っても保存がきくので、心配なひとは多めに用意しておきましょう。

おまけ オススメの肉の種類は?

ちなみに、バーベキューのお肉を選ぶときは、ひとつのコツがあります。

『なるべく牛、豚、鳥の全種類をそろえること』

です。

こうすることで、色々な味を楽しめるので、より盛り上がることができますよ!

ちなみに割合は、『牛6・豚3・鳥1・その他1』ぐらいがちょうど良いです。

その他というのは、野菜などです。

とうもろこしや玉ねぎなど、焼いてもおいしく食べられる野菜を用意しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『バーベキューのお肉の量の目安は?』

というお話をしてみました。

本文でも紹介したとおり、クーラーボックスと保冷剤があれば、少しぐらい多めに持って行っても腐らせることなく持ち帰ることができます。

自分たちのケースに合わせて、ちょうど良い量を用意しましょう!

※こちらの記事も人気です!

バーベキューのお肉の下ごしらえ!簡単な下準備で高級肉より柔らかくなる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください