海水浴の子供の熱中症対策は?便利なグッズや症状・応急処置の方法!


夏と言えば海水浴の季節ですね!

お子さんがいる家庭は、家族で旅行もかねて海水浴!…なんてところもあるのではないでしょうか?

…でも、心配なのがやっぱり熱中症ですよね?

特に、お年寄りやお子さんなど、体が弱い人間の熱中症は本当に危険で、毎年のように悲しいニュースを目にしますよね。

そこで今回は、

『海水浴の子供の熱中症対策! 便利なグッズや症状、応急処置の方法』

を、ご紹介します!

スポンサーリンク

熱中症の原因と症状

熱中症は、暑さによって体内に熱が溜まり、汗によって水分や塩分が流れ出てしまい、両者のバランスが崩れてしまうことが原因と言われています。

特に、体の弱い子供やお年寄りはなりやすく、気温の高い日は注意が必要です。

『熱中症の症状』

めまい、だるさ、吐き気、手足の震え、体温の調節機能の乱れ、意識障害など。

熱中症と一口に言っても、現れる症状は様々です。

子供が少しでも体の異常を訴えたり、異変が見られる場合は、すぐにでも病院に連れて行く必要があります。

特に、子供は自分で体の異変を伝えられないことが多いので、親御さんは注意深く子供を見守ってあげる必要があります。

海水浴は熱中症が分かりにくい!

熱中症の症状のなかに、

『汗をかかなくなる』

というものがあります。

体内の水分が失われすぎて、汗が出なくなるわけですね。

しかし、海水浴といえば海で泳ぐため、体は濡れています。

なので、見た目には汗をかいているように見えてしまったり、ぐったりしているのも泳ぎ着かれて休んでいるだけのように見えてしまったりします。

間違っても、ぐったりしているお子さんを『疲れて休んでいるだけ』と決めつけ、パラソルに下に寝かせてその場を離れたりしないでください。

親御さんも遊びたい気持ちはあるでしょうが、小さなお子さんを連れている場合、海の中だけでなく、浜の上でも決して子供から目を離してはいけないのです。

熱中症対策にスポーツドリンクは必須!

熱中症対策に絶対に必要なものは、なんといってもスポーツドリンクです。

さきほど説明したとおり、熱中症というのは汗によって水分と塩分が不足してしまうことが大きな原因です。

スポーツドリンクならば、水・塩分だけでなくミネラルも補給できるので、熱中症対策にはもってこいです。

さらに、クーラーボックスに入れて冷やしておけば、体温を下げる効果も期待できます。

お子さんだけでなく、親御さんの熱中症対策にも、スポーツドリンクは最適です。

これは絶対に覚えておいて欲しいのですが、

『熱中症になったら、水分補給だけでは治らない』

ということです。

水分だけでなく、塩分やその他の栄養も補給しなければならないのです。

ですので、必ずスポーツドリンクを持参しましょう。

ただし、冷やしすぎると今度はお腹を壊してしまいますので、ほどほどに冷やすのもお忘れなく。

熱中症予防に効果的なアイテム!

次は熱中症予防に役立つアイテムをご紹介します。

ラッシュガード

通気性に優れ、直射日光から肌を守ってくれるラッシュガードは熱中症対策の必需品です。

日光と砂の熱気が立ち昇る海水浴場では、通常の衣服では熱がこもってしまい、かえって熱中症を引き寄せてしまいかねません。風通しがよく、水に濡れてもすぐに乾くラッシュガードは絶対に用意しておきましょう。

海水が冷たい場合に、ほどよく体を温める役割も果たしてくれます。

帽子

熱中症だけでなく、日射病の予防のためにも帽子は必需品です。

つばが広いだけでなく、首元まで覆ってくれるタイプがオススメです。
また、砂浜は風が強いことが多いので、風に飛ばされないようにひもで結べるタイプのものを選びましょう。

パラソル

砂浜で休むさいに、日よけの役割を果たしてくれるのがパラソルです。
海の家で2000円ほどで貸してもらえますので、多少の出費には目をつむって借りておきましょう。

また、毎年海に行く場合は購入してしまった方が安くてオススメです。
軽くて持ち運びに便利なパラソルはこちら。

前日の睡眠は十分に!

熱中症は、前日の睡眠をしっかりとって体調を万全にしておくことも大切です。

旅行の前はウキウキしてなかなか寝付いてくれないことも多いですが、早めにベッドに入ってキチンと睡眠をとらせてあげましょう。

特に、車で長い距離をドライブする場合は、それだけで体力を奪われてしまうこともありますので、食事・睡眠と、前もって体調を万全にしておくことが大切です。

もしもお子さんが疲れていたり、体調が万全でないように見える場合は、たとえ本人が海水浴を望んでも、心を鬼にして止める勇気も必要です。

スポンサーリンク

応急処置の方法は?

しっかり備えてきたものの、それでも熱中症になってしまった場合は、すぐに応急処置をしましょう。

大事なのは、とにかく一刻も早く病院に連れて行くことです。

また、病院に行くまでの間にスポーツドリンクを飲ませたり、体を体を冷やしたりすることも忘れないようにしましょう。

熱中症は体のなかに熱がこもっている状態ですので、冷えピタシートなどを使い、とにかく熱を下げることを心がけてください。

そのうえで、一刻も早く病院に運び、適切な治療を受けさせましょう。

『ちょっと疲れてるみたいだけど、休めば回復するだろう』

というような、油断や素人判断が一番危険です!

せっかくの夏休みの思い出を台無しにしないためにも、しっかりと子供を見守ってあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?

熱中症はとても恐ろしい症状です。

特に体の弱い子供にとっては、命に関わる症状だと言っても過言ではありません。

決して油断せず、万全の備えをしていきましょう。

※こちらの記事も人気です!

一色海岸の海の家のおすすめは?ブルームーンが一番人気なの?

一色海岸の駐車場で安い穴場や営業時間は?混雑しない時期や裏技も!

一色海岸でバーベキュー道具がレンタルできる海の家は?BBQ禁止ってマジ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA