願望実現!潜在意識を使った最新イメージング法と目標達成のコツ!


イメージはできるだけ大きく!非現実的なものを!

こんにちは、天田です。

『願望は、それが叶っている姿をありありとイメージすると叶う』

ということは、このブログでも何度も何度も紹介してきたと思います。

世界でもっとも有名なのが、ナポレオン・ヒル博士の

『思考は現実化する』

という本です。

これは、

世界中の成功者の『共通点』を探すことを命じられたナポレオン・ヒル博士が、

『成功者の共通点は、達成した姿をイメージしていたこと』

であり、そこから、

『考えたことが現実になる』

という法則を見つけ出しました。

今では脳科学や心理学でも、

この法則が正しいことは証明されています。

というわけで、

僕のメルマガやブログではいつも、

『自分の夢や望みが実現した姿をハッキリとイメージする習慣を作りましょう!』

ということをご紹介してきました。

が、最近、この昔ながらの、

『イメージング方法』

と、

にいくつか間違いがあったことが分かってきたらしいので、

ご紹介しますね!

スポンサーリンク

旧来のイメージング方法

これまでのイメージング方法は、

〇夢や願望は実現可能な範囲のものを想像する。

〇具体的に『何年後』に叶っているのかを設定する。

〇願望達成までの具体的なステップを決める。

というものがありました。

イメージングだけでなく、

『目標を達成する方法』

も、大体こんな感じですね。

でも、これがどうも最新の脳科学では、

『大間違い』

だということが分かったようです。

最新のイメージング方法

これに対して最新のイメージング方法は、

〇夢や願望は実現不可能なレベルで良い。

〇具体的に『何年後』に叶っているのかは一切、考えない。

〇願望達成までの具体的なステップは決めない。

と、まるで正反対です。

まあ、

『夢が叶っている姿をありありとイメージする』

というメインの部分は同じなので、
この方法が正しいことは間違いありませんけど。
(僕自信がガンガン叶ってますので)

でも、確かに言われてみれば、

僕の経験上、

『現実的で、期日を決めたものはほとんど叶わなかった』

ということがあるので、

最新のイメージング方法の方が信頼できると思います。

なぜ現実的な夢をイメージしてはいけないのか?

これはですね、簡単に言うと、

『それでは、モチベーションが沸いてこないから』

『無意識が働いてくれないから』

ということです。

現実的な願望って、ちっともわくわくしませんもんね。

たとえば、

『将来は、プロ野球選手になる!』

というのと、

『世界一の野球選手になって、
伝説的な記録をバンバン作り続ける!』

では、後者の方がワクワクしませんか?

この、『ワクワクする』というのが本当に大切でして、
これがないと、けっきょく『夢をかなえよう!』という
気持ちが生まれないのです。

スポンサーリンク

成功者はよく、

『ワクワクすることをしていれば、成功する』

と言っています。

それぐらい、成功するには『ワクワク』が大切なのです。

子供のころだって、
大人が聞いたら笑ってしまうような大きなことを考えていたら、
『がんばろう!』
という気持ちが湧いてきましたものね(笑)

現実的な夢にしてしまうと、
やる気や行動力の素ともいうべき『ワクワク感』が
薄くなってしまうので、良くないのです。

『夢はできるだけ大きく』

というのは、本当だったんですね!

また、『具体的なステップを作る』
というのも、

それをやってしまうと、

『~したい』

というものが、

『~しなければならない』

に変わってしまうので、よくありません。

そうではなくて、

大きな夢をイメージしてワクワクしていれば、

『今、自分はどうなっていないとおかしい』

と、自然に思えるようになるので、

今の時点での最高の状態になれるように、

無意識が行動し始めます。

ダイエットでいうと、

『1年後にマイナス10kg!』

『そのために1ヶ月後は、〇kgやせて、2ヶ月後は…』

とやると、大体挫折します(笑)

女性ならば覚えがあると思いますが、

『痩せたい』

が、

『痩せなきゃいけない』

という義務感に変わってしまうのですね。

そうなると、ダイエットが苦痛になってしまい、

けっきょくやめてしまいます。

男性の筋トレもまったく同じです。

そうではなく、

『スッキリおなかとくびれたウエスト体型になって、イケメンたちからモテモテになってチヤホヤされまくる!』

『筋肉ムキムキになって女の子たちから『かっこいー!』とチヤホヤされる』

という姿を想像し続けるのです。

すると、その姿が自己イメージして定着してきて、

『なんで私、こんなぶよぶよお腹なの?』

『なんでオレがこんな貧弱な身体してんだ?』

と感じるようになり、
そんな自分を、

『なんだか気持ちが悪いな…』

『本来の痩せた(筋肉のついた)状態に戻さなきゃ』

と思い始めます。

すると、勝手にランニングし始めたり、

食事制限したり、

筋トレしたりし始めます。

歯磨きや洗顔と同じで、

『やらないと気持ちが悪い』

という状態になるんですね。

すると、勝手にみるみるやせてきて、

最終的に、イメージ通りの自分になるというわけです。

体重計も、スケジュール帳もいりません。

僕も思い出してみれば、

現実的で、きっちりステップを決めたものほど失敗していたので、
なるほどな、と思いました。

スケジュールやステップを決めるのは、

『痩せていないと気持ちが悪い』

『筋トレしないと落ち着かない』

という状態になってから、
もっともっと効率をあげるために作る、
というのが正しいのです。

行動できていない状態、
つまり、イメージが固まっていない状態で
スケジュールを作っても、
単なる『理屈で考えたノルマ』でしかないので、
ワクワクできないのです。

そして、ワクワクできないものは、けっきょく、
『継続できない』
ので、実現しないのです。

ですので、まずはワクワクを作り出すために、
自分でも笑っちゃうくらいに
大きくて楽しい夢をひたすらイメージングしてみてください。

現実的で夢のない想像をするよりも、
はるかに願望実現の確率が高まりますよ!

それでは、また!

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

目標は紙に書くと実現する!成功者が実践している潜在意識の活用方法

潜在意識を活用した成功体験談!お金も恋愛も引き寄せる方法とコツ!

整理整頓が得意な男は仕事が出来る!掃除と片付けで能力&年収UP!

やる気(気力)を高める目標設定!モチベーションを継続する方法も

やる気が出る格言・名言・ことわざ集!やる気スイッチを押す言葉たち

やる気が出ない原因は食事と運動不足?モチベーションを上げる食べ物

やる気が出ない原因はマイナス思考のせい?無気力と無力感の解消法!

やる気を回復する方法!部屋の片付けと報酬でモチベーションアップ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA