小学生が脚を長く細くする方法!胴長短足を克服する食事や運動は?

『脚が短くて恥ずかしい…』
『脚が太くてコンプレックス…』
『脚を長くしたり、細くする方法が知りたい!』

このような悩みを抱えている小学生の方はいませんか?

ここでは小学生向けの『脚を長くする方法、細くする方法』をご紹介していますよ!

クラスの友だちから『胴長短足』とバカにされて悩んでいるひとも、誰にも相談できずひとりで悩んでいるひとも、ぜひこの機会に『脚を長く、細くする食事や運動』を学んでいってください!

毎日コツコツ続けていけば、今とはまったく違うスラリとした長い脚が手に入りますよ!

スポンサーリンク

脚が短いのは遺伝? 親の体型と子供の体型の関係

脚の長さや太さは親から遺伝するのでしょうか?

当サイトが小学生~高校生に行ったアンケートによると、『思う』と答えた人が72%もいました!

これはつまり、自分の脚の長さや太さが、親と似ていると感じているひとがそれだけいるということです。

実際、子供の体型は親に非常によく似ると言われています。

親の身長が高ければ子供も身長が高くなるし、親の脚が長ければ子供の脚も長くなる、ということですね。

これは、多くのひとが納得していることだと思います。友だちなどを見てみても、やっぱり子供は親と体型が似ています。

太っている友達の親も太っていたり…などもあるあるですね。

このように、脚の長さや太さだけでなく、『体型』というものは遺伝によるものが大きいので、親の脚が短く太いひとは、やっぱり短くて太い脚になってしまう可能性が高いのです。

スポンサーリンク

でも…遺伝は絶対じゃない!

『じゃあ、親が短足な私は一生短足のままなの?』

と、ショックを受けてしまうひともいるかもしれませんが、安心してください。

遺伝というのは、絶対ではありません。

運動や食事、習慣などでかなり大きく変えることができます。

たとえば私の友人の男性などは、両親ともに160センチぐらいなのに、中学生ぐらいからどんどん背が伸びてきて、180センチを超える長身になりました。

このように、遺伝というのは確かにあるけれど、絶対ではないのです。

彼の場合、中学からバレーボールを一生懸命やっていたので、そのおかげで背が伸びたのだと思われます。

大事なのは、『習慣』です。

ですので、もしも両親が胴長短足だったとしても、諦めることはありません。今から『脚を長く・細くする方法』を実践していけば良いだけなのです!

小学生が脚を長くする方法!

では、小学生が脚を細く長くする方法をひとつずつご紹介します!

床に座らない(正座は厳禁!)

床に座ると脚が短くなる、というのは昔からよく言われていることです。
なぜなら床に座ると、脚が圧迫されるので脚の血行が悪くなったりして、脚を伸ばすための栄養が行き渡らなくなるからです。

特に正座は最悪で、短足になる可能性が非常に高いと言われています。その次に悪いのはあぐらです。

ですので、座るときは椅子に座るようにしましょう。

お米よりもパンを食べる

お米は日本人に適した食べ物ですが、消化に時間がかかるため、腸が長くなってしまう危険性があります。

腸が長くなると、当然、腸を収めている胴体も長くなります。

すると、胴長短足な体になってしまいます。

日本人の脚が短く、アメリカやヨーロッパの人たちの脚が長いのは、日本人はお米を食べてアメリカ人はパンを食べているからだ、という説もあります。

絶対にお米を食べてはいけないということはありませんが、パンを食べる機会を増やしてみましょう。

バレー、バスケなどの運動をする

背が伸びる運動の代表といえば、やっぱりバレーやバスケです。

バレーやバスケは、ジャンプするので脚の骨にほどよい刺激を与えることができます。

実は、脚を伸ばすには骨に適度な刺激を与えることが大切なのです。成長期に骨に刺激を与えることにより、成長ホルモンがより多く分泌されるので身長が伸び、脚が長くなるのです。

他の運動でも悪いわけではありませんが、一番おすすめなのがバレーやバスケです。

栄養をしっかり取る

脚を伸ばすためには、栄養をしっかり摂らなければいけません。

好き嫌いせず、お肉や魚、サラダなどをしっかり食べましょう。

そのさい、しっかりとよく噛んでから飲み込むようにすると、栄養の吸収率があがるのでさらに背が伸びやすくなります。

昔は、背を伸ばすにはカルシウムが一番良いと考えられてきましたが、最近の研究ではカルシウムだけでなく、たくさんの栄養をバランスよく摂ることの方が大事だと言われています。

好き嫌いして自分の好きなものばかり食べたり、体に悪いカップラーメンやお菓子ばかり食べていると、背が伸びないうえにおデブになってしまいますので気をつけましょう。

甘いものは食べない

甘いものを食べると、太るだけでなく背が伸びにくくなると言われています。

理由は、砂糖がカルシウムの吸収をさまたげてしまうからです。

さらに、太ると上半身が重くなるので、脚に重さがのしかかるので、短足になったり太くなってしまいます。

甘いものはときどき食べるぐらいにしましょう。

脚が太いひとはダイエットしよう!

さきほども説明したとおり、太っていると脚が太くなります。

なぜなら上半身が重いので、それを支えている脚に負担がかかってしまうからです。

重すぎる上半身を支えるために脚にはどんどん筋肉がつきます。さらに食べ過ぎなひとは筋肉の上に脂肪もつくので、さらに太くなります。

おまけに、骨が圧迫されて短足にもなります。

このように、太っていると短足で太い脚になってしまうので、太りすぎなひとは頑張ってダイエットしましょう。

小学生のダイエット方法は『小学生のダイエット方法!楽して簡単に痩せるコツ!危険な方法も!』で紹介しています。

胴長短足を克服する食事は?

胴長短足を克服する食事法は、ずばり、

『お菓子を食べることをやめて、栄養のある物をバランスよく食べる』

です。

こうすることにより、脂肪が落ちて脚が細くなり、さらには上半身が軽くなることで脚も長く伸びやすくなります。

また、お腹やお尻周りのぜい肉が落ちることで、脚が長く見えるようになります。
(太っているとお尻と脚の境目がわからなくなり、短足に見える)

小学校高学年から中学校2年生ぐらいまでは一番背が伸びる時期ですので、この時期に正しい食事をすれば、長くて細い脚が手に入りますので努力してみましょう。

脚を長く細くする運動は?

脚を長く細くする運動は、さきほども説明したようにバレーやバスケがオススメです。

それ以外では、『寝る前の開脚ストレッチ』もオススメです。

学校の体育の授業などでもやったことがあると思いますが、床に座って脚を広げ、頭を床にくっつけるあのストレッチです。

開脚ストレッチを続けていくと、腰周りの関節がどんどん柔らかくなっていきます。

すると、血行が良くなって脚が伸びやすくなったり、細くなったりしていきます。

『開脚ストレッチを続けたら脚が2センチ長くなった!』

というひともいるくらいですので、寝る前の5分で良いので続けてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『小学生が脚を長く細くする方法』

を、ご紹介しました。

脚の長さや太さは確かに遺伝の影響を強く受けますが、小学生のころからしっかりと『脚を長く細くする方法』を行っていれば、必ず細くて長い脚は手に入ります。

ぜひ頑張って、コンプレックスを克服しましょう!

※こちらの記事も人気です!

小学生女子が可愛くなれる方法!顔や性格も変えて男子にモテるコツ!

小学生の恋愛テクニック!男子や女子別のモテる方法やコツはコレ!

小学生女子の片思いを叶えるコツ!恋愛上手になれば男子にモテる!

小学生の恋愛アピール方法!好きな男子や女子に気持ちを伝えたい!

小学生男子の恋愛あるある!好きな女子に見せる態度や本音は?

小学生で友達に嫌われる子供の特徴!男女別の原因や親の対処法は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください