メールの返信で恋愛の駆け引き!片思い相手に意識させるテクニック!


好きな人からメールが来ると、嬉しいですよね?
これをきっかけに恋愛に発展するかも!…なんて、ついつい期待しちゃうと思います。

でも、確実に恋愛に発展するためには、ある程度の『駆け引き』をした方が良いかもしれませんよ!

ただ単にいつもどおりの返信をしただけでは、ただの業務連絡で終わってしまう危険性があります。

そこで今回は、

『メールの返信で使える恋愛の駆け引きテクニック!』

を、ご紹介します!

スポンサーリンク

テクニック1 素早く返信作戦!

まず一つ目のテクニックは、

『素早く返信作戦』

です。

これは文字通り、相手からのメールが来たらすぐに返信することです。

これにより、相手から『このひとはすぐに返信してくれるんだな』と好印象を持ってもらえます。

もしも相手があなたにちょっとでも好意を持っていた場合は、『もしかしてオレ(私)のこと好きなのかも…』と期待してしまうかもしれません(笑)

ですので、返信はなるべく早くしましょう。

メールが来たら3分以内がオススメです。

ちなみに、たまにメールの駆け引きテクニックで、

『あえて返信を遅くする焦らしテクニック』

というものが紹介されていたりしますが、あれは『相手があなたのことを確実に好きであり、ちょっとぐらいそっけなくしても諦めない』という条件があって初めて使えるテクニックです。

まだ、相手がどう思っているのか分からない、もしくはあなたの片思いの段階では、絶対に使ってはいけません。
最悪の場合、『脈なし』と思われて別の人のところに行ってしまうかもしれませんよ!

素早く返信した方が、確実に好感度を稼げます。

テクニック2 思わせぶりハートマーク作戦

これは男性はあまり使えませんが、女性が使うと効果が非常に高いです。

やり方は簡単。

メールの文章の最後にハートマークをつけるだけです(笑)

なぜこんな簡単なことで恋の駆け引きになるのかというと、男性はこれだけで『オレのこと好きなのかも…』と思い込んでしまうからです。

女性にとっては、ハートマークに深い意味なんてなくて、ただ何となく使ってみただけだったり、かわいいから使っただけでも、男性は普段まったくハートマークなんて使わないので、意識してしまいます。

ですので、『好きでもない人のメールいなんとなくハートマークをつけて返信したら、勘違いされて大変だった』というケースも多いです。

それぐらい、男性はハートマーク一つでコロっと好きになりやすいのです。

『ハートマークぐらいじゃ意識しないよ』

なんて、気取っているひとも、心の片隅では『もしかして…』としっかり意識しています。

ですので、振り向かせたい男性のメールにはさりげなくハートマークをつけてみましょう。

ただし、すべての文章にハートマークをつけるのはさすがにやりすぎなので、気をつけてください。

テクニック3 質問作戦で会話を長引かせる

これも有名かつ効果的なテクニックですね!

『メールの最後を質問にする』

たとえば、『分かりました。それと、〇〇はどうなってるんですか?』という具合に、語尾に必ず質問をつけるのです。

これにより、会話がなかなか切れず、長く会話することが可能になります。

人間はたくさんコミュニケーションを取るほど相手に親しみを持ちやすくなるので、この方法でコミュニケーションの回数を増やし、好感度を稼ぐことができます。

…ただし、こちらもやりすぎは厳禁。

やりすぎると『しつこい』と思われてしまうので、さきほどのハートマークよりも、むしろやりすぎによるデメリットは高いです。

ですので、『これは1回きりのメールで終わってしまいそうだな…』と思ったときにだけ、質問を付け加えてみましょう。

それでもメールが盛り上がらないようなら、今回はもともとあまり会話向きのメールではなかったということです。

テクニックに頼りすぎて嫌われてしまったりすることのないようにしましょう。

テクニック4 用もないのにメール作戦

これは返信テクニックではありませんが、非常に効果の高いメールです。

『用もないのにメールする』

これをされた方は、(あなたのことが嫌いでなければ)けっこうな確率であなたを意識します。

なぜなら、用もないのにメールをするということは、それだけあなたと『話がしたかった』ということだからです。

もしくは、『あなたに興味がある』ということだと思われやすいからです。

もちろん、友達どうしで気楽にメールをすることはありますが、お互いがまだそこまでの関係になっていないときは、『あの人から用もないのにメールが来た』というのは、ちょっとした出来事ですよね?

恋愛対象としての階段を一歩昇ったような気分になると思います(笑)

『用もないのにメール』は、それだけで簡単に相手に意識させることができるのです。

スポンサーリンク

テクニック5 絵文字は少なめ作戦

これは女性が男性に使うことが多いテクニックですが、

『あえて絵文字は少なめにする』

というテクニックがオススメです。

なぜなら、男性はあまり絵文字を好まないことが多いからです。

絵文字を多用しすぎると、どうしても『軽そう』という印象を相手に与えてしまいます。

また、慣れていない絵文字の文章では、あなたからの『好き』を匂わせるメールも、男性側には察してもらえません。

ですので、絵文字は少なめにした方が良いです。

絵文字だらけのメールを見て引いた…という男性も少なからず存在します。

ちなみに、メールでも会話でも、相手に合わせると好感をもたれやすくなるという法則があります。

男同士だと超・そっけないメールしか打たない男性たちが、気になる女性相手には長めのメールを送ったり、柔らかい文章を送ったりするのはそのためです(笑)

テクニック6 返事がもらえる時間にメール作戦

こちらも、どちらかというとこちらからメールをするときのテクニックですが、

『相手から確実に返信がもらえる時間にメールをする』

というのも大事です。

なぜなら、返信できない時間にメールを送ってしまうと、相手がメールを確認しても、

『遅くなっちゃったから、返事しなくていいか』

と思われてしまう危険性があるからです。

ですので、メールを送る際は相手がキチンと返事ができる時間帯を選びましょう。

テクニック7 相手をほめる、素直になる作戦

メールではさりげなく相手をほめてあげたり、素直になって自分の気持ちを伝えましょう。
(告白ではなく)

人間には『鏡の法則』という心の法則があります。

これは、『自分が心を開けば、相手も心を開いてくれる』という法則で、一流のビジネスマンなどは非常によく使うテクニックです。

つまり、相手をほめれば、相手もあなたの良いところをほめてくれたり、見つけようと無意識に探し始めたりします。

あなたが素直に心を開けば、相手も心を開いてくれます。

そうなれば、当然、ふたりの距離はどんどん近づいていきます。

逆に、あなたが遠慮して距離を置いていると、相手も遠慮して距離を置いたままになってしまいます。

『自分が心を開けば、相手も開いてくれる』

この法則を覚えておいてください。

スポンサーリンク

まとめ 『好き』を匂わせると人は好きになる

いかがでしたか?

『メールの返信で駆け引きするテクニック』

を、いくつか紹介しました。
(なかには返信じゃないテクニックもありましたが(笑))

結論すると、相手を意識させる最大のポイントは、

『好きを匂わせること』

です。

相手にハッキリと『好き』と告げてしまうと、『OKするか、しないか』に二択になってしまいますが、匂わせるだけならばそのプレッシャーはありません。

むしろ、相手の方が『もしかして…』と期待してしまい、逆にあなたのことを意識しはじめて好きになってしまう…なんてことになりやすくなります。

『好きを匂わせる』

ということを、ぜひ意識してみてください!

※こちらの記事も人気です!

メールの返信が来ないと不安になる…男と女の心理の違いとは?

メールの返信が来ないと不安になる…彼氏(彼女)の本音を見抜く方法

『好きな気持ちは三年で冷める?脳科学が証明する恋愛の賞味期限とは!』

彼氏が冷たいのは別れたい証拠?冷めた態度の理由と男の本音!

男のメールがそっけない心理!無視する理由は冷めたから?本音を暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA