初恋が叶わない理由!実らない方がいい?恋を叶えたい男女の恋愛術!


『初恋は実らない』

という言葉を聞いたことはありませんか?

『誰にでも素敵な初恋の思い出はあるけれど、それが叶ったひとはどこにもいない』
『初恋とは実らないのが普通』

そういう意味の言葉です。

実はこれ、真実だったりします。
そこで今回は、

『なぜ初恋は叶わないのか?』
『初恋を叶えるにはどうすれば良いのか』

というお話をしてみたいと思います!

今現在、初恋の真っ最中のひと、初恋を思い出して懐かしく思っているひとはぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

初恋が叶うひとの割合は?

ところで、初恋が叶うひとは本当にまったくいないのでしょうか?

データがないので断言はできませんが、私の経験から言うと、

『本当に、ほとんどいません』

おそらく、全体の1パーセントにも満たないのではないでしょうか?

ヘタをしたら1000人に1人、いえ、もっともっと低いかもしれません。

少なくとも、私の周りにはひとりもいません。

では、どうしてこんなにも初恋は叶いにくいのでしょうか?

その理由は、主に3つあります。

初恋が叶わない理由1 経験不足

初恋が叶わないとされている一番の理由は、

『経験不足』

です。

そう、まさにこれこそが初恋を失敗させる最大の原因です。

誰でも、未経験のことは上手にはできませんよね?
恋愛も同じです。

〇〇さんを好きになった。仲良くなりたい。付き合いたい。
そう思っても、どうやって仲良くなったらいいか分からない。

話す内容は?
どんなオシャレをすればいいの?
どうやってデートに誘うの?
告白のタイミングは?
好きになってもらうってどうすればいいの?

そういうことが、初恋のときはまったく分かりません。

だから、結局多くのひとは何もできずに終わってしまいます。

がんばって積極的に行動しようとしてみるひともいますが、なにしろ経験値がないので、空回りしてしまうことも少なくありません。

そう、初恋が実らないと言われている一番大きな原因は、

『経験値が少なすぎること』

の、一言に尽きるのです。

スポンサーリンク

初恋が叶わない理由2 そもそも叶わない恋だから

初恋が叶わない理由の2つ目は、

『そもそも、初めから叶う見込みのない恋だった』

というものがあります。

たとえば、

『幼稚園のときに保育園の先生に初恋をした』

『小学生のときに担任の先生に初恋をした』

など。

初めから叶う見込みのない初恋をしている場合があります。

他にも、『小学校の高学年のとき、同じクラスの男子に恋をしたけど、彼はまだ恋愛にまったく興味がなかった』というような場合もあります。

このように、どれだけ相手のことを大好きになっても、どれだけ努力してもどうしようもない恋というのは存在します。

初恋は叶わないと言われるのは、『初めて人を好きになるときは、まだまだ幼くて恋愛ができるような年齢じゃないことが多いから』という理由もあるのではないでしょうか。

初恋が叶わない理由3 初恋だと気づかない

初恋が叶わない理由の3つ目は、

『それが初恋だと、そのときは気づかないことが多い』

というものです。

たとえば、ある女性が小学生のころに、クラスのある男子のことが気になっていたとします。

そのときは、

『〇〇くんといると楽しいま』
『〇〇くんともっとおしゃべりしたいな』 

ぐらいにしか思っていなかったりします。
でも、〇〇くんと別の中学に進み、高校に進み、大人になってからふと当時のことを思い出して、

『ああ、あれが私の初恋だったんだ…』

と気づくのです。

そのときは単に〇〇くんと一緒に遊んでいるのが楽しいだけだと思っていたけど、経験を積んで振り返ってみると、それが恋愛感情だったことに気づく…。

こういうことも多いです。

まだ恋を経験したことがない時代には、それが恋だということも分からなかったりするのです。

ちなみに、これとは反対に初恋が恋じゃないこともあります。

小学生や中学生のころに、先輩や先生を好きになり、自分では初恋だと思っていたけれど、大人になって振り返ってみると、

『あれは恋じゃなくて、ただの憧れだったんだな』

と、気づいたりします。

このように、まだまだ未熟で人生経験が浅いうちは、自分の恋愛感情を誤解してしまうことがとても多いのです。

恋だと気づかないまま初恋のひととお別れしてしまうことが多いので、初恋は実りにくいのです。

初恋は実らない方がいいって本当?

これまでの説明で、初恋がどうして実らないのかご理解していただけたと思います。

『そんなに叶いにくいなんて、初恋って辛すぎる』

と思われたでしょうか?

でも、実を言うと初恋は辛いどころか良いものだ、と思っているひとの方が圧倒的に多いんです!

なぜかというと、

『良い思い出になるから』

です。

自分がまだ子供だったころの、淡い恋心。叶わなかった恋。
なんだか甘酸っぱくて、思い出すと青春が蘇ってくる気がする…。

そんな風に感じるから、初恋は良い思い出として記憶しているのです。

『初恋は叶わない。だけど、だからこそ素敵な思い出になる』

このように思っているひとが多いから、『初恋は実らない方がいい』という意見も多いのです。

確かに、実ってしまったらその後の交際期間の間にケンカしてしまったり、すれ違って辛い思いをしたりと、恋愛のマイナスの記憶も生まれてしまうかもしれません。

だけど、実らなかったからこそ、良い思い出だけがいつまでも心に残るのです。

多くのひとが初恋を良い思い出として記憶しているのも、良い意味で『何もなかったから』なのかもしれませんね!

どうしても恋を叶えたい人の恋愛術1 仲良しから恋人作戦

ここまで読んで、

『初恋が絶対に叶わないなんて悲しすぎる!』

『どうしても叶えたいのに、方法はないの?』

と思った方もいるかもしれません。

ご安心ください。

その場合は、『初恋が叶うかもしれない恋愛術』を試してみてください。

方法は簡単です。

1、自分が恋をしていることをしっかり認識する。

2、好きなひとと、まずは『一番の仲良し』の関係になるよう仲良くする。

3、一番の仲良しになったら、告白する。

この三つの順番通りに進めれば、初恋が叶う確率がぐーんとアップします。

特に大事なのが2番目で、恋愛に慣れていないひとはいきなり告白して恋人関係になろうと思ってしまいます。

けど、仲良くないひとといきなり恋人になるなんて、誰だって嫌ですよね?

ですので、まずは恋人ではなく、一番の仲良しを目指しましょう。

たくさんおしゃべりしたり、一緒に遊んだり、相談に乗ってあげたり、できることはたくさんあります。

焦りすぎないことが初恋を実らせるコツです!

関連記事『『告白する勇気が出ないのは失敗が怖いから?勇気の出し方と成功のコツ』』 

初恋を叶える秘密のおまじない

最後に、おまけとして初恋を実らせるおまじないをご紹介します。

毎日、寝る前に、

『〇〇くん(さん)と両思いになれる』

と、口に出して言ってから寝るようにしてください。

その際、好きなひとと付き合っている光景を想像すればなお効果があります。

初恋が実るまでやり続けることが大切です。

これは、一流の社長やスポーツマンが夢を叶えるために行っている方法なので、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
『初恋が叶わない理由』
というお話をしてみました。

『初恋は絶対に叶わないものだ』

という意見も確か位あります。

それは決して間違いではありませんが、世の中には『必ずこうなる!』というものはあまり存在しません。

初恋が実ったひとも、少ないですが世の中にはいるかもしれません。

大事なのは、諦めないことです。

もし実らなかったとしても、『幼い私なりに、精一杯努力した』という素敵な思い出になるのですから、後悔しないようにぜひ努力してみてください!

※こちらの記事も人気です!

中学生男子の気持ちが知りたい恋愛女子必見!好きを見破る方法!

中学生女子の気持ちが知りたい!好きな男子に見せる脈アリサインは?

小学生男子の恋愛あるある!好きな女子に見せる態度や本音は?

小学生女子の片思いを叶えるコツ!恋愛上手になれば男子にモテる!

小学生の恋愛アピール方法!好きな男子や女子に気持ちを伝えたい!

中学生や高校生女子がモテる方法!男子にかわいいと思わせる仕草は?

中学生男子が好きなタイプは?モテる女子になるコツと男の子の本音!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA