再婚者の出会いのきっかけは?バツイチでも出会いを増やす裏ワザ!


『再婚したいけど出会いがない…』
『再婚希望だけどなかなか良い人に巡り会えない…』

このような悩みを抱えている人、多いですよね。
日本では現在、3組に1組の夫婦が離婚すると言われています。
また、パートナーの死別などを含めると再婚を希望している元既婚者の数はかなりの割合になるでしょう。

しかし、再婚希望者を悩ます一番の問題はなんといっても、

『出会いがないこと』

です。

同年代の人間は既婚者ばかりだし、独身者は初婚の相手を希望する人間が多いから恋愛に発展しそうにないし…などなど、再婚というのは色々と『出会い』のハードルが高い傾向にあります。

学生時代や二十代前半のころならば、お互いの恋愛感情だけで付き合ってそのままゴールインということも普通ですが、一度離婚を経験している以上は、勢いに任せた恋愛感情だけでなく相手の人柄や生活能力など、じっくり見極めてからでないとふたたび結婚する気にはなれないですよね?

しかし、そんなことを考えていたらどんどん選べる範囲がせまくなってきて、時間がだけが過ぎていくのもまた事実。

いったい、再婚に成功したひとはどこで新たなパートナーと出会ったのでしょうか?
そして、どうやって二度目の幸せを手に入れたのでしょうか?

今回は、再婚に成功した人の『出会いの場所』をご紹介したいと思います。
後半では『出会いを圧倒的に増やす裏ワザ』もご紹介しますので、お楽しみに!

出会い1 職場

大人の出会いの場といったら、まず真っ先に思い浮かぶのが職場です。
学校を卒業すれば、男女が自然と出会うのはやはり職場ですよね。

これは再婚の場合も同じことが言えます。

もっと分かりやすく言えば、

『社会人の出会いの基本は職場である』

ということではないでしょうか?

職場での出会いならば、一緒に仕事をしているので相手の人柄や性格もある程度は分かりますし、仕事への情熱や一般常識があるかどうかも分かります。

『特に婚活とかはしてなかったけど、自然と再婚できた』

という人がいた場合、出会いの場はたいてい職場というパターンです。

働いていたら、運良く良い人と巡り会えた。

という感じでしょう。

職場での出会いは、再婚希望者だけでなく社会人の王道パターンと言えます。

ただし、難点がひとつだけあります。

『良い人に巡り会えるかどうかは完全に運』

だということです。
職種にもよりますが、あなたの職場に条件の良い異性が現れるかどうかは、あなたの力ではどうしようもありません。

『好みに合う。人格が信頼できる。独身。再婚者でもOKという考えの持ち主』

という、やや厳しい条件をクリアした人と偶然出会うのは、なかなか難しいもの。
職場によっては全員既婚者、もしくは全員同性ということも珍しくありません。
このように、職場での出会いは完全に運であり、再婚希望者は初婚のひとよりも確率が下がってしまいがちです。

だからこそ、再婚希望者は出会いがないと言われているのかもしれませんね。

出会い2 趣味の集まり

習い事や趣味の集まりで素敵な異性と出会い、そのままゴールインした…というのも再婚に成功した人たちの間ではよく聞く話です。

もちろんこれは再婚者だけに限らず、初婚の人でも同じことが言えます。

なぜかというと、趣味の集まりというのはそれだけ恋愛に発展しやすいからです。

お互いに共通の趣味を持っているもの同士が集まっているのですから、当然ですよね。
同じ趣味を持っていれば話が会いやすいので、会ってすぐに仲良くなることだって可能です。

また、趣味を通して一緒に遊びに行ったりすることもあるので、初デートのハードルがとても低いのも理由のひとつでs。

『結婚できない人は趣味の集まりに足を運ぶべし』

という意見を以前に婚活系のネットで見た覚えがありますが、納得できる話だと思いました。

再婚に成功した人のなかに『趣味を通して出会いを掴んだ』という人が意外と多いのも、それだけ共通の趣味があれば恋愛に発展しやすいからなのかもしれませんね。

出会い3 友人の紹介

友達の紹介から交際に発展し、結婚…というのは学生時代や社会人数年目の間ではよく聞く話ですが、再婚者の場合もまったくないわけではありません。

ただし、学生や20代前半の若者よりはその比率は少なくなっているのも事実です。

なぜなら、年齢があがるほどに『同年代のなかの独身の割合が減っていくから』です。

たとえば30歳になれば、独身の人は半数ほどしか残っていないでしょう。

35歳になればさらにその半分かもしれません。

40歳になればさらにその半分…という具合に、

『友達から紹介してもらえる独身者が少なくなってしまう』のです。

ちなみに、多くの結婚希望者が30代の独身の割合は〇〇%などとネットなどのデータをみて、

『なんだ、〇〇%か…なら、〇人にひとりは独身だからチャンスがあるってことじゃん!』

と安心してしまいがちですが、

『そのひとたちには結婚目前の恋人がいるかもしれない』

ということに気づいていない人が多いです。

恋人がいなくても、『結婚願望がまったくない独身者』が多く含まれているということにも気づいていないことが多いです。

再婚する場合はあくまでも、

『独身で、恋人がいなくて、結婚願望がある異性』

という最低条件を満たした相手と出会わなければならないということを忘れてはいけません。

そして、そういう相手は自分の年齢が上がれば上がるほどい少なくなっていくからこそ、再婚は初婚よりも難しいのです。

出会い4 婚活パーティー

最近は婚活ブームですので、婚活パーティーなどで出会いを作るということも珍しくありません。

『婚活パーティーに参加したら、理想通りの相手に巡り会えた!』

というのも、再婚成功者の体験談等でよく聞く話です。

婚活パーティーの良いところは、最初から『独身、結婚願望アリ』の相手とだけ出会えることです。

なにしろ『結婚したい!』という人間だけが参加しているのですから『好みのの人と出会えたけど、既婚者だった』という心配がありません。

その場に参加している人たちは全員『フリー』です。

最初から、一番大変な問題をクリアしている異性と出会えるのが、こういった婚活イベントに参加する最大のメリットだと言えるでしょう。

最近では『バツイチのみ』『バツイチ子連れのみ』などのように条件を限定した婚活パーティーも増えているので、さらに相手を探しやすくなってきているようです。

出会い5 出会い系サイト

出会い系サイトで出会った相手とめでたくゴールイン!
というケースも、最近ではとても増えています。

一昔前は出会い系サイトというと、おかしな事件に巻き込まれたりサクラに騙されてお金を取られたり…という事件が多く悪いイメージしかありませんでしたが、最近では大手企業が運営している健全なサイトが増えてきているので安心です。

というよりも、誰もがインターネットで情報を発信できる現在、悪質な出会い系サイトはすぐに悪い評判が広まってしまいます。情報化社会の現代では、『健全で優良な企業やサービスだけが生き残る』という傾向がさらに強くなっています。

そのため、再婚希望者にとって出会い系サイトというのは、出会いを生み出すためにはかなり有効な手段であると言えるでしょう。

こちらも婚活パーティーと同じく、『バツイチのみ』といった条件限定のお相手探しサービスなども充実してきているので、『再婚でOK』という相手を探しやすくなっています。

出会い6 オンラインゲーム

意外に思われるかもしれませんが、

『最近、オンラインゲームで知り合って結婚』

というパターンがとても増えています。

これは私も驚きましたが、『再婚成功者 出会い 体験談』などで検索すると、けっこうな割合で『オンラインゲームで知り合いました!』という体験談が出てきます。

調べてみると、どうやら次のようなパターンで再婚に至るようです。

『離婚して人と会う気力がなくなってしまった』

『オンラインゲームで寂しさを紛らわしていたら友達が出来た』

『気が合うので仲良くなって電話でもしゃべるようになった』

『会ってみたら意外と好みだった』

『そのまま付き合ってすぐに結婚』

面白いのが、『オンラインゲームにハマっている人だから、きっとオタクなんだろうな』と思いつつ会ってみたら、全然オタクじゃないどころかイケメンだった!というパターンが女性の体験談でけっこう多いということです。

まあ、今時オンラインゲームをしている=オタクなどというのはちょっと時代遅れですからね(笑)

ちなみに、私の知り合いの東大卒イケメン&超大手企業勤務の青年も、趣味はオンラインゲームです。

ゲームが趣味であるならば、オンラインゲームで婚活というのは意外と狙い目なのかもしれませんね。

とはいえ、体験談をみると、出会いを求めてゲームをしていたという人は一人もいなくて、たまたま知り合って相手が良い人だった、というケースがほとんどみたいです。

出会いを求めてオンラインゲームをするのは、やはり現実的ではないようです。

オマケ なぜバツイチは敬遠されるのか?

さて、ここまで『出会いの方法』について触れてきましたが、ここで息抜きとして、

『なぜ、バツイチは敬遠されやすいのか』

という問題にも触れてみたいと思います。
再婚希望者の多くが、『バツイチだと敬遠されることがある』と感じたことがあると思います。
少なくとも、初婚のひとよりはハードルが高くなっていると感じている人が多いのではないでしょうか?

でも、なぜバツイチ(再婚)は敬遠されがちなのでしょうか?
理由は以下のふたつです。

1、前の結婚相手と比べられそうで嫌だから。
2、離婚したということは、本人にも問題があるかもしれないから。

1は、誰しも少しは身に覚えがあるのではないでしょうか?

『結婚するなら、やっぱり初めてどうしがいい』

というのは、誰でも思うことです。
なぜなら相手が再婚の場合、『前の夫(妻)はこうだった』などと、比べられてしまう気がするからです。

また。相手のなかに前夫(妻)への思い出が残っていたりするのが嫌、という人もいます。
恋人ならばまだしも、前に結婚していた人がいるというのは、人によっては『なんかちょっと…』と遠慮してしまう要素になってしまいます。

さらに、『離婚したということは、本人に問題がある可能性がある』と見られてしまうことも多いです。多くの場合、離婚はどちらか一方が悪いのではなく、夫婦の両方になにかしらの非があることの方が多いです。

ということは、

『このひとは結婚生活を送る上で何か問題になるような原因を持っている人なのかもしれない…』

と判断され、遠慮されてしまうのです。

偏見といえば偏見ですが、相手の人柄というのは深く付き合ってからでないと分からないため、付き合う前の段階ではあなたがどんなに魅力的な人間でも『一度は離婚を経験した人』という色眼鏡で見られてしまうことは否定できません。

もちろん、世の中のすべての人がそのような偏見でバツイチのひとを見てくるわけではありませんが、一定数のひとはそのようなレッテルを貼ってバツイチの人と接してくるということは、動かしがたい事実です。

主に以上の2点から、再婚は初婚よりもハードルが高くなってしまうのです。

そのうえ30代以降になると年齢の問題も加わるので、さらに難易度が上がってしまいます。

出会いを圧倒的に増やす裏ワザ

以上、再婚者の出会いの場所や再婚が初婚よりも難しい理由を説明してみました。

ここで、あなたがもしも再婚希望の方ならば、こう思うのではないでしょうか?

『もっともっと出会いを増やす方法はないの?』

はい。あります(笑)

職場や趣味の集まりなどの自然な出会いを待つのではなくて、出会い系サイトや婚活サイトのように出会いのチャンスを自分で掴める方法があります。

それも、圧倒的に出会いの数を増やすことが出来ます。

それは何かというと…

『結婚相談所を利用する』

というものです。
私の知り合いで再婚に成功した人たちは、ほとんど全員結婚相談所を利用していました。
そして今では全員、幸せな家庭を築いています。

なかには子供を4人も生んで大家族になってしまった男性もいます。
先日もスカイプで仕事の話をしていたら、お父さんの周りに子供たちが興味津々な顔で集まってきて大変でした(笑)

前の奥さんと別れた直後は、『一生、孤独に生きるかも…』なんて嘆いていたのが嘘のようです。
思い切って結婚相談所を利用して良かったと幸せそうに語っていた彼の笑顔がとても印象的でした。

結婚相談所を利用するメリット

なぜ結婚相談所が再婚にとても有利なのか、その理由をご説明します。

『結婚相談所を利用するメリット』

〇出会いの数が爆発的に増える。
〇登録者は全員、結婚願望があるので無駄な努力をしなくていい
(好みの異性が既婚者ということがない)
〇最初からバツイチOKのみという条件に設定しておくことができる。
〇相談所主催の婚活パーティーやイベントが頻繁に催される。
〇趣味のイベントも多く、趣味のつながりからも相手を見つけられる。
〇容姿・収入・趣味など、選ぶ条件を設定すれば理想の相手を見つけられる。

と、メリットが山ほどあるのですが、このなかで最も大きなメリットはなんといっても、

出会いの数が爆発的に増える

これにつきます。
結婚相談所を利用した人のあるあるでよく聞かれるのが、

『尋常じゃない数の申し込みがあって、むしろ選ぶ作業の方が大変だった』

というものです(笑)

なにしろ、一日に百件、二百件申し込みが来ることもあるそうですから、リアルな世界での出会いなどとは比べ物になりません。

そのうえ、申し込んできた人たち全員があなたのプロフィールを見て申し込んできたわけですから、全員『バツイチOK』ということになります。

リアルな世界で『結婚願望のある、独身フリーでバツイチOKな異性』を探そうとしたら、一人探すだけでも大変ですが、結婚相談所なら一瞬で数十人、数百人です。

出会いの絶対数を爆発的に増やすことが出来る。
これこそが結婚相談所の最大のメリットです。

でも、メリットはこれだけでは終わりません。

結婚相談所は出会い系サイトと婚活パーティーの良いとこ取り

さきほど、出会い系サイトや婚活パーティーでの出会いも増えていると書きましたが、


結婚相談所ではこれらのメリットを両方とも備えています。

たとえば、出会い系サイトの場合、利用者はまず自分のプロフィールや相手の希望条件を登録し、条件に会った相手とメールでやり取りして仲良くなっていきます。

実は、ほとんどの結婚相談所もまったく同じシステムを採用しています。
今はインターネット社会ですので、昔のようにいちいち写真が送られてきて、お見合いしたりなどはしません。基本は相談所のデータベースのなかから希望条件にあった相手を紹介し、気に入ったひとにメールを送ってやりとりするのが一般的なシステムです。

さらに、多くの結婚相談所は会員どうしのパーティーなども積極的に行っているので、婚活パーティと同じ出会いを期待できます。大手ともなると月に数回もパーティーを主催することもあります。

それだけでなく、スポーツや文化系のイベントを開催したりするので、趣味を通じての出会いも期待できますし、お見合いもセッティングしてもらうことも可能です。
(細かいシステムは相談所ごとに異なりますが)

つまり、結婚相談所というのは、出会い系サイトや婚活パーティ、趣味の集いなど、出会いの良いところ取りなのです。

多くの再婚希望者が自力で相手を探そうとして失敗し、挫折してしまうのは、条件に合う相手と巡り会える確率がどれだけ低いかをしらずにやみくもに努力してしまうからです。

その点、結婚相談所を使えば、条件に合う相手を見つけるのは一瞬です。
努力するのはそこから仲を深めることなので、最小限の労力で済むのです。

出会いの絶対数を増やし、無駄な努力をしないで最高の効率でパートナー探しが出来るのです。

結婚相談所を利用するデメリット

もちろん結婚相談所のもデメリットはあります。
それはズバリ、

料金が高いこと

です。

たとえば、大手結婚相談所では入会金だけで10万~20万円、月会費2~3万円というところも珍しくありません。

仮に入会金20万、月会費3万円ならば、初年度だけで56万円もかかってしまいます。
しかも、運良く一年でお相手が見つかれば良いのですが、そうでない場合は二年目以降も月会費がかかってしまいます。

つまり、相手を見つけられずダラダラしているほどお金がなくなっていくことになります。

それなりの収入か貯蓄がなければ、長く利用するのは厳しいでしょう。
短期決戦で相手を見つける!という覚悟が必要になります。

とはいえ、最近はもっと安くて充実したサポートが受けられる結婚相談所も出てきていますので安心してください。

結婚相談所の値段比較が一瞬で出来る裏ワザ

ではどうすれば自分に合った料金やサービスの結婚相談所を探すことができるのかというと、

一括資料請求

というものすごく便利な無料サービスがありますのでぜひご利用ください。
これは文字通り『複数の結婚相談所の資料を一括で取り寄せる』というサービスで、自分のプロフィールを入力後、希望する結婚相談所をチェックするだけで複数の結婚相談所の資料を一括で受け取れるという便利なサービスです。

登録してある会社は厳正な審査をパスした健全な相談所なので、安全性は保証済み。
余計な心配をすることなく優良な相談所だけを選んで比べることができます。

『結婚相談所には興味があるけど、たくさんありすぎてどこを選べばいいのか分からない…』

というひとは、ぜひ利用してみてください。
どの相談所にどのような特徴があるのか、料金は相場より高いのか低いのか、など、じっくりと比べて選ぶことが出来ます。

なかには入会金1~3万円、月会費1万円で充実したサポートを受けられる結婚相談所もありますので、まずは自分の目で確かめてみてください!

↓結婚相談所の資料を無料でまとめて手に入れる↓
婚活・結婚おうえんネット

結婚相談所に向かない人

最後に、ひとつだけ注意しておきたいことがあります。
残念ながら世の中には、

結婚相談所を利用しない方が良い人、

という人がいます。
どういう人かというと、

結婚相談所に登録しても、ちっとも結婚できない人、

ということです。

結婚相談所のクチコミ掲示板などに痛烈な悪口を書き込むひとなどは、大体このタイプです。

では、それは果たしてどんな人たちなのでしょうか?
実際にクチコミを見てみましょう。

結婚相談所を利用してもムダな人のクチコミ

『高い入会金を払って入会したが、資料だけ渡されて基本ほったらかし。こちらから相手を紹介して欲しいと言わなければ紹介してくれないし、時間の無駄だった』
(40台・男性)

『入会までは熱心に勧めてきたくせに、いざ入会すると担当者はほとんど連絡もよこさない。何度か条件の合う男性に連絡を入れたけど断られ、しだいに時間とお金のムダだと感じるようになって辞めた』
(30台・女性)

『確かに出会いの機会は増えるけど、だからって条件に合う相手がすぐに見つかるわけじゃない。これなら自分で探した方がマシ』
(20台・女性)

どうでしょうか?
とある結婚相談所の書き込みを少しだけ書き直して紹介してみました。

この書き込みからも、『結婚相談所に入会しても結婚できない人』つまり『入会してもムダなひと』の特徴が分かると思います。

結論から言えば、以下のふたつです。

〇入会しただけで結婚できると思っている人。

〇自分のことを棚にあげて高望みしている人。

まず、結婚相談所に入会しても結婚できない人たちの多くは『待っているだけで最高の相手を紹介してもらえる』と思って、自分から行動しません。これは大間違いです。
結婚相談所というのは出会いのチャンスを爆発的に増やしてくれるサービスではありますが、あくまでも手に入るのは出会いだけです。自分から異性に積極的に連絡したり、パーティに参加したりしなければ相手が見つかるわけがありません。

反対に、結婚相談所に登録して見事結婚できた人たちはみな、『当たって砕けろ』の精神でガンガンメールしたりデートの申し込みをしたりします。
『入会しさえすればあとは相談所のスタッフがすべてやってくれる』
と勘違いしている人は、利用しない方が良いでしょう。

二つ目は『高望みしすぎ』です。
これはもう、『婚活で失敗する人あるある』でおなじみですね。

『自分は40歳のおじさんなのに20台前半の若い女性しか嫌だという男性』
『自分は大した美人でもなければ魅力があるわけでもないのに、年収一千万以上じゃなきゃ嫌だという女性』

などなど。
この手のタイプはまず絶対に結婚できません。結婚相談所を利用しようがしまいが、ほぼ100%結婚できないまま人生を終えるでしょう。

ですので、『自分からは動かない人』『高望みしすぎる人』は結婚相談所は利用しない方が良いです。

ちなみに、結婚相談所を使って結婚できた人の多くは、

『一年以内に結婚する!』

というように、期限を設けている人がとても多いです。
これならダラダラと時間とお金をムダにすることもなくなりますので、結婚相談所を利用する際はぜひあなたも期限を設けてください。

まずは試しに資料請求から始めてみましょう。

↓結婚相談所の資料を無料でまとめて手に入れる↓
婚活・結婚おうえんネット

まとめ バツイチでも出会いはある!

いかがでしたか?

『再婚者の出会いのきっかけは?バツイチでも出会いを増やす裏ワザ!』

という話をしてみました。

再婚が初婚よりもハードルが高いというのは事実です。
お子さんがいる場合、仕事と育児の両立で出会いさえ作れないこともあるでしょう。

しかし、婚活サイトや結婚相談所を利用すれば、少ない時間でも相手を見つけることは十分に可能です。

一度は結婚で失敗しているからこそ、じっくりと相手のプロフィールや性格を吟味して選ぶ大切さを理解していると思います。

結婚相談所を利用すれば、お相手候補はそれこそ数百人、数千人単位です。
今度こそ幸せな結婚生活を手に入れるためにも、便利なサービスは積極的に活用していきましょう。

↓結婚相談所の資料を無料でまとめて手に入れる↓
婚活・結婚おうえんネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA