男の失恋 死にたくなるほど辛い時の対処法!悲しみを忘れる方法も!

『彼女に振られた…もう立ち直れない』
『元カノのことが忘れられない…』
『失恋が辛すぎて、もういっそ消えてなくなってしまいたい…』

失恋すると、本当に辛いですよね?
特に、付き合っていた彼女にフラれてしまった直後などは、人生のどん底に落とされたように落ち込みます

それこそ、ときには死にたくなるほどのショックを受けます。

そこで今回は、
『男の失恋 死にたくなるほど辛い時の対処法!』
をご紹介します。

もう立ち直れる気がしない…と思いつめている男性は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

男は女よりも失恋に弱い生き物

今、あなたは失恋をしてとても苦しんでいると思います。
仕事も勉強もろくに手につかず、頭のなかは別れた元カノや好きだった子のことばかり。

グルグルグルグルと彼女の思い出や彼女への未練が頭のなかで繰り返されて、いてもたってもいられないと思います。

どうしてこんなことになったんだろう。

どうすればやり直せるんだろう。

どうしてもやり直すことはできないんだ。。

なにがいけなかったんだろう?

なにがいけなかったんだろう?

これが夢なら良かったのに。

会いたい。会いたい。会いたい。会いたい。

…でも、もう会えない。

このようなマイナスな思考がグルグルグルグルと頭のなかを駆け巡っていると思います。
しかし、それも仕方がないことかもしれません。

なぜなら、『男は女よりも失恋に弱い生き物』だからです。

男は、一度愛した女性にはずっと自分のそばにいて欲しいと思います。
いつもそばにいて、自分の横で笑っていてくれる。
そんなふうに思ってしまいます。
悪く言えば、それが当たり前だと思ってしまいます。

でも、現実は違います。
付き合いはじめのころはどれだけ好きあっていた恋人たちも、やがて愛情が冷めて別れてしまうこともあります。

いつまでもそばにいてくれると思っていた相手が、ある日突然いなくなってしまう。

そのことに、男は耐えられないのです。
彼女のことを本気で好きだったからこそ、いなくなったときのショックに押しつぶされてしまうのです。

胸に穴が空いたような喪失感に打ちのめされてしまうのです。

男はいつまでも元カノを忘れられない

男と女の恋愛観の違いとして有名な言葉があります。

『女は男を上書き保存。男は女を「名前をつけて保存」』

というものです。

これは、女はたとえ失恋しても、新しい彼氏ができたらコロッと忘れて前の彼氏のことなんてまったく思い出さなくなるが、男性はたとえ新しい彼女が出来たとしても、前の彼女のことを好きな気持ちが残っている、というものです。

冷めた言い方をすると、女性にとって男性というのは『物件』のようなものなのです。
より住みやすい、条件の良い物件が見つかれば、前の物件のことはさっさと忘れてしまいます。
恋愛は『物件探し』なのです。

それに比べ、男性にとっての彼女は『人生のパートナー』です。
親友や家族のように、『もっと良い相手がいたから乗り換える』ような存在ではありません。
かけがえのないパートナーです。

だから、忘れられないのです。

別れたあとも、あのころの日々に戻りたいと思ってしまうのです。

ずっと一緒に生きていくつもりだったから。

スポンサーリンク

死にたくなるほど辛い時の対処法は?

でも、別れてしまった、もしくはフラれてしまった以上は忘れなければいけません。

たとえ今すぐ忘れられなくても、いつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。
今の悲しみがいつまでも続いたら、それこそ人生のどん底が一生続いてしまいます。

ですので、一歩ずつで良いので前を向けるように努力しましょう。
失恋のショックを乗り越えるために有効な対処法は、次の三つです。

『失恋を忘れるオススメの方法』

〇思い出の品をすべて処分する
〇彼女へ架空の手紙を書く。
〇友達と遊んだり、運動したりして気分転換する。
〇時間が忘れさせてくれるのを待つ。

ひとつずつ説明していきます。

悲しみを忘れる方法1 思い出の品をすべて処分する

まず真っ先に取り組むべきことは、

『思い出の品をすべて処分する』

ということです。

元カノや元妻、もしくは片思いの女性を思い出してしまうような物が身の回りにあると、どうしても忘れることができません。

それどころか、思い出の品物が目に付くたびに楽しかったころを思い出してしまい、失恋の悲しみが蘇ってしまいます。

人間の記憶は、目や耳から入ってきた情報を引き金にして、呼び起こされます。
思い出の品が視界に入れば、それがスイッチとなって悲しい記憶も蘇ってしまうのです。

ですので、思い出の品は思いきって処分しましょう。

もしもまだ捨てられないのなら、せめて目のつかない押し入れの奥などにまとめてしまっておきましょう。

失恋した女性の情報を、自分の生活圏内からすべて排除するのです。
そうすれば、失恋したことを思い出す回数はぐっと減ります。

悲しみを忘れる方法2 彼女へ架空の手紙を書く。

思い出の品を処分したら、次は、彼女へ手紙を書きましょう。

『どうして手紙なんて書くの?』
『いまさら手紙なんて出したところで、よりは戻せない』

と思うかもしれませんが、実はこの手紙は誰にも出しません。

ただ、書くだけです。

今現在、あなたが彼女に対して思っていること、感謝や後悔や、謝りたいことや怒りなどなんでもいいので、とにかく自分の気持ちをありったけ書きつづるのです。

そうすることで、胸のなかに溜まっている感情をすべて吐き出すことが出来ます。
書くという行為には、このような『精神の浄化作用』『思考を整理する効果』があることが確認されています。

まるで本当に彼女に出すつもりで、自分が今思っていることをすべてありのままに書き出してみてください。

そして書き終わったら、その手紙をそっと机のなかにでもしまっておいてください。

ただそれだけで、驚くほど心が落ち着きます。

これは失恋だけでなく、あらゆる感情を鎮めるのに有効な手段として有名です。

ある中年女性は、知り合いの女性があまりにも憎くて本気で殺意を憶えていたほどだったのに、彼女に対する恨みつらみを紙に書いたらどうでも良くなってしまったといいます。

感情を文章にして書き出すという行為は、それぐらい人間の精神安定に効果があるのです。

ただし、必ず手書きで紙に書かなければ効果は半減しますので、くれぐれも注意してください。

スポンサーリンク

悲しみを忘れる方法3 友達と遊んだり、運動したりして気分転換する。

架空の手紙を書いてもしも少しでも元気が蘇ってきたら、友達と遊んだり運動したりしましょう。

友達とめいっぱい遊べば、それだけで孤独感が和らぎます。

また、運動をすると脳内にセロトニンと呼ばれる『精神を安定させ、幸福感を生み出す物質』が生み出されるので、失恋のショックを忘れることができます。

逆に言えば、誰にも会わず、家にこもりっきりになっていることが一番良くないのです。

彼女への手紙を書けば、多くのひとが友達を遊べるくらいの元気を取り戻します。

そこまで回復できたら、あとは自然と失恋のダメージも克服できます。

時間が忘れさせてくれるのを待つ。

『思い出の品を全部捨てても、手紙を書いてもちっとも元気になれない。友達と遊ぶ気力なんてちっとも湧いてこない』

という場合は、最後の手段です。

『時間が忘れさせてくれるのを待ちましょう』

どんな悲しみも、時間が経てば忘れられることはよくあります。

多くのひとが死にたくなるような失恋を経験しても乗り越えられているのは、この『時間の力』によるものです。

ですので、今まで紹介した方法で効果が出なかったひとも、失望せずに時が解決してくれるのを待ちましょう。

『あのときはあんなに落ち込んでたっけなぁ』

と、いつかは人ごとのように笑えるときが来るものです。

まとめ 男の失恋は辛い

いかがでしたか?
『死にたくなるほど辛い失恋を乗り切る方法』
をご紹介しました。

男と女では女の方がはるかに恋愛に興味があるように見えますが、実は女の方がはるかにドライだったりします。

対して男は、一途であるがゆえにいつまでもいつまでも引きずってしまったりします。

でも、その辛さもいつかはなくなります。
永遠に続くわけではありません。

ぜひとも乗り越えて、新たな恋を見つけてください。

※こちらの記事も人気です!

『好きな気持ちは三年で冷める?脳科学が証明する恋愛の賞味期限とは!』

浮気の許せないポイントは男女で違う?体と心の裏切りどちらが悪い?

落ち込んだ時に元気になる方法!気分転換の仕方や不安の対処法も!

男の浮気は必ずバレる?女の勘が鋭い理由は脳の違いが原因だった!

男と女では嫉妬する理由が違う!?やきもちの原因と克服する方法!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください