横顔ブサイクを治すには口元と鼻が大事!横顔ブスの原因と対処法!

横顔ブサイク(ブス)で悩んでいる方、ここでは横顔ブサイクの治し方をご紹介していますよ!

写真や鏡で自分の横顔を見たら、びっくりするぐらい可愛くなくてショックを受けたことがあるひとは多いです。

または、自分では普通だと思っていたのに彼氏や友達から『お前って横顔がかわいくないよなー』なんて心無い言葉をかけられて傷ついた…という人も少なくありません。

そこで、『横顔ブサイクの原因や治し方』について、しっかりと説明したいと思います。

『絶対に横顔ブサイクを治したい!』と思っている方は、ぜひとも参考にしてみてください!

スポンサーリンク

横顔ブサイク(ブス)ってどんな顔?

そもそも、横顔ブサイクというのはどういう顔のことを言うのでしょうか?

名前だけ見れば、当然『横から見たらブサイクな顔』という意味に決まっていますが、それだとちょっと曖昧すぎますよね?

実は、横顔ブサイクにはいくつかの特徴があります。

自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

顔全体のバランスが悪い

人間が美しいと思うものには、黄金比と呼ばれるバランスがあることが知られています。

顔も同じで、理想的な目や鼻の配置というものがあります。目の位置が上すぎたり下すぎたりしてもダメですし、鼻や口が近すぎたり小さすぎたりしても、顔のバランスが崩れます。

正面から見るとそれほど悪くなくても、横から見ると顔のバランスの悪さが分かってしまう…ということが良くあります。

横顔ブサイクとはまさにこのことで、横から見たときに顔のパーツが不揃いであることが分かってしまうのです。

目の位置や形が悪い

は顔のなかでも特に大事な部分です。

美人の条件は目よりも下のパーツが大事と言われることもありますが、それでもやはり目はとても重要です。

目の位置や大きさが悪いと、横から見た時にブサイクに見えてしまいます。目は髪の毛の生え際から3分の1の位置にあるのが良いと言われていますので、それよりも上すぎたり下すぎたりすると美人ではなくなってしまいます。

また、ギョロッと目が前に出すぎていたり、両目が離れすぎているのも横顔ブサイクの原因になります。

鼻がひくい、もしくは大きい

横顔ブサイクでもっとも多いのがコレです。

『鼻が低い、もしくは大きい』

というもの。

鼻は顔のなかでもっとも前に出ている部分のため、横顔になると一番目立ってしまいます。

その鼻の形が悪かったり、低すぎたりすると、横顔の魅力は半減してしまします。

理想的な鼻は、小ぶりながらもツンと高い鼻ですが、日本人にはあまり多くありません。欧米型のこうした鼻を持つ女性は典型的な『美人顔』と呼ばれ、男性からテレビや雑誌などでもチヤホヤされることが多いです。 

高さだけでなく、いわゆる団子鼻と呼ばれる潰れた丸い鼻も横顔ブサイクになってしまう原因になります。

口元が引き締まっていない

キリッとした口元はとても魅力的で、見る人に好印象を与えます。

反対に、だらしなく半開きになっている口や、前に突き出てしまっている口は、あまり魅力的には見えません。

また、いつも口角が下がっているひとも、不機嫌そうに見えてしまうので魅力半減です。横顔美人の女性は常に口角が上がっていて、なんとなく上機嫌に見えるのが特徴です。

顔全体がのっぺりしている

これはアジア系の人間の多くが持つ特徴なので仕方がない面もありますが、やはり彫りの深い顔の方が横から見たときには魅力的に見えます。

鼻が低く、おでこや頬が平らな日本人の顔は、横顔ブサイクになりやすい特徴を兼ね備えています。

とはいえ、運動やマッサージなどで小顔になり、頬を引き締めたりすれば、十分に横顔美人になることができます。また典型的なモンゴロイド顔でも横顔美人なひとはいます。

頭の形が悪い

頭の形が悪いのも横顔ブサイクになる原因です。

たとえば、後頭部がまっすぐないわゆる『絶壁』や、頭が長かったりすると、横から見た時の見た目が悪くなります。

魅力的な頭の形は、小さくて丸い形です。

とはいえ、頭の形はさすがにどうしようもありませんので、このあたりは髪型を変えることでカバーするよりありません。自分の頭の形にあった髪型をすれば、頭の形の悪さの大部分はカバーできます。

また、頬骨が出ていて横顔ブサイクになってしまっている場合も、髪型でかなりの部分をカバーできます。

特に大事なのは口元と鼻! 口元ブサイクの原因は!

横顔ブサイクになる原因は、主に鼻からしたの『口周り』が大きな原因だと言われています。

目や額も大事なポイントですが、横顔の場合は鼻から下がそのひとの第一印象を決める重要なポイントだということですね。

では、口周りブサイクになる原因はどのようなものがあるのでしょうか?

鼻が横に広がっている

鼻が大きいわけではないけど、横に平べったく広がっている人がいます。
誰でも鼻から大きく息を吸い込んだときなどに鼻が広がっているものですが、常にその状態になっているかのように鼻が横に広がってしまっている場合、横から見ると鼻が潰れているように見えてしまいます。

鼻筋が通っていない

スっと鼻筋が通っていると、横から見た時にも美人に見えます。

反対に鼻筋が通ってなく、ぺったりとしたひとは、横から見るとまるで鼻が潰れているかのように見えてしまいメリハリがなくなってしまいます。

尖り口

常に拗ねているような、前に突き出た口は横から見るとブサイクに見えてしまいます。

キュッと引き締まった口元とは違い、悪い意味で視線を集めてしまいます。

歯並びが悪い

歯並びが悪いと、どうしても口元の印象が悪くなります。

アメリカでは歯並びの良さは美人の条件のひとつと考えられていて、美容意識の高いひとほど歯並びを矯正しています。

歯並びが悪いと笑ったときに魅力が半減するだけでなく、かみ合わせが悪くなり、次第に顎の形や口の形さえ歪めてしまいます。さきほどの尖り口や、出っ歯、乱杭歯の原因になったり、虫歯や口臭の原因になることさえあります。

顎のラインが出ている、または引っ込んでいる

顎のラインが前に出すぎていたり、後ろに引っ込み過ぎていても横顔ブサイクの原因になります。

また、肥満による二重あごも横顔をブサイクにしてしまいます。

特に大事なのは口元と鼻!

横顔の美しさを決める条件として、特に大事なのが鼻から下のパーツだと言われています。

もちろん目や頭の形なども大事ですが、横顔の場合は鼻から下の方が顔のラインにハッキリ現れるため、横顔の印象に与える割合が大きいです。

ですので、横顔美人になりたい人や、横顔ブサイクを治したい人はぜひ鼻から下の『口周り』をケアしましょう。

特に、口周りにコンプレックスがある『口周りブサイク』の人ほど、改善すれば見違えるほど横顔がキレイになりますので、ぜひ試してみてください。

口周りブサイクのチェック方法

口周りブサイクの判定方法のひとつに、『Eライン判定法』というものがあります。

これは鼻・口元、顎と顔の下半分のバランスを計るための方法で、これをするだけで顔の下半分が美人かどうかが分かります。

『Eライン判定法のやり方』

1、定規や下敷きなど、まっすぐなものを用意します。

2、定規または下敷きを顎の先端と鼻の先に当てて、まっすぐな線を作ります。

3、定規に口が軽く触れる程度なら普通顔、口が前に出すぎて線が結べないようなら横顔ブサイクです。

このように、定規か下敷きを使うだけで簡単に鼻・口・顎のバランスを計ることができます。

ちなみに、定規にまったく口が当たらない場合は横顔美人だと言われています。

とはいえ、あくまでこれは鼻から下のバランスを見るだけのものなので、定規に口が触れてしまったとしてもあまり気にすることはありません。日本人の多くは触れてしまうと言われています。

口周りブサイクを治す方法と対処法

では、どうやれば横顔ブサイクの原因である口周りを改善できるのでしょうか?

口周りを美人にする対処法をいくつかご紹介します。

鼻呼吸を習慣化する

いつも口が半開きの人や、鼻筋が通っていない人は、鼻呼吸を習慣化してみましょう。

鼻呼吸を習慣化すると、口が閉じ、鼻筋がスッキリとしてきます。また、横に広がった鼻や団子鼻も改善できます。

それだけでなく、鼻呼吸をすると心が落ち着き、ストレスの少ない人生を手に入れることができるので、表情が豊かになったり、ささいなことでイライラしなくなったりします。つまり内面からキレイになれるのです。

心と呼吸は密接に繋がっているとよく言われています。人間は本来、鼻で呼吸をする生き物ですので、鼻呼吸を習慣化すれば心も体調も整い、口元も引き締めることができます。

歯並びを矯正する

歯並びが悪い場合は矯正歯科でしっかりと施術を受けましょう。
最近はどんどん技術もサービスも進化しているので、短時間でかなりの改善が期待できます。

お金がない場合や症状が軽い場合は、マウスピースを使って自分で治すという方法もあります。

また、歯並びが悪いひとは『よく噛まずに食べる人が多い』と言われていますので、食事はよく噛んで食べることを習慣付けしましょう。よく噛むことで歯茎や表情筋が鍛えられ、歯並びが改善するという説もあります。

小顔エクササイズをする

頬がたるんでいたり、顎のラインが崩れている場合は、小顔になれるエクササイズをしましょう。

やり方は簡単で、あ・い・う・とそれぞれの発音の形に大きく口を開き、最後に『べー』と言って『え』の口を作りながら思いっきり舌を前につき出すだけです。

これを1日5分繰り返すだけで、口周りがシュッと引き締まってスマートな顔つきになれます。

ダイエットする

ダイエットは美の特効薬です。

どれだけマッサージやエクササイズをしても、太っているようでは頬のお肉や顎のたるみは取れません。

また『目を大きくする方法』でも説明したとおり、ダイエットをすると目も大きくすることができます。

他にも、適度な運動をすれば肌がキレイになり、細胞が活性化するので髪もツヤツヤ、表情も生き生きしてきます。また、顔の肉の厚みが取れるので小顔効果も高いです。それまで骨格のせいで顔が大きいと悩んでいたひとも、ダイエットしてみたら小顔になれた!という話もたくさんあります。

効果的なダイエットの方法はこちらにまとめてあります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『横顔ブサイクの原因と治し方』

をご紹介しました。

正面ブサイクに比べれば、横顔ブサイクというのは悩みとしては弱いかもしれません。

しかし、他人があなたの顔を見るのは正面からだけではありません。

どこから見られても魅力的に見てもらえるように、横顔の美しさも磨き上げてみましょう!

※こちらの記事も人気です!

男性が恋愛感情を自覚する瞬間!女性への恋心に気づく瞬間と男の心理

中学生や高校生女子がモテる方法!男子にかわいいと思わせる仕草は?

中学生男子が好きなタイプは?モテる女子になるコツと男の子の本音!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください