顔を小さくする方法!中学生や高校生の女子が小顔になるマッサージ!

『顔が大きくてコンプレックス…』
『男子に顔が大きいのを馬鹿にされた…』
『テレビに出てるモデルさんみたいな小顔になりたい!』

このような悩みを抱えているひと、多いですよね?
確かに、顔が大きいと可愛く見えなかったり、男子にバカにされてしまったりしてコンプレックスになってしまいがちです。

そんなときは、『顔を小さくする方法』を試してみて、小顔になる努力をしてみましょう!

なにもしないで悩んでいるよりも、はるかに効果がありますよ!
これから先もずっと顔の大きさで悩まないためにも、ぜひこの記事で紹介している方法を試してみてください!

スポンサーリンク

顔を小さくすることは可能? 顔が大きくなってしまう原因って?

世の中には、顔の大きなひともいれば、びっくりするぐらい小顔なひともいます。
クラスのなかにも、『いいなぁ~』と嫉妬してしまうぐらいの小顔の女子がいるかもしれませんね?

でも、どうして顔が大きいひとは、そんなに顔が大きくなってしまったのでしょうか?

その原因は、主に三つあります。

『顔が大きくなる原因』

1、骨格

2、脂肪

3、塩分

ひとつずつ説明していきますね!
自分はどれに当てはまっているか、考えながら読んでみてください。

骨格

まずはやはり、骨格です。

生まれつき顔が大きいひと、明らかに顔のサイズがほかよりも大きいひとは、もともとの骨格が大きい可能性が高いです。

特に、自分の親も顔が大きい場合は、遺伝によって『大きい顔の骨格』を受け継いでしまった可能性が高いです。

骨格自体が大きい場合、顔の大きさ自体は変えられませんが、あとでご紹介する方法を使えば今よりもずっと小顔にしたり、小顔に見せたりすることもできますので、ご安心ください。

脂肪

顔に脂肪がついてしまっているために、顔が大きく見えてしまうことも多いです。

体はそれほど太っていなくても、やはり痩せている人と比べれば顔に脂肪はついてしまっているので、本来の顔よりも1割増し、2割増しで大きく見えてしまうこともあります。

よく、『ダイエットしたら小顔になったって言われるようになった!』ということをいうひとがいますが、これなどはまさに『脂肪で顔が大きくなっていたパターン』です。

ダイエットによって体全体から脂肪が減ったので、顔もスッキリとシャープになり、自然と小顔になったのでしょう。

このように、脂肪のせいで顔が大きくなっていることも多いので、心当たりがあるひとはダイエットもがんばってみましょう。

ひとによっては、ダイエットしただけで見違えるほど小顔になれる人もいますよ!

↓オススメのダイエット方法はこちら↓
太りたい女性がキレイに太る方法!ガリガリや痩せすぎを治す方法は?

塩分

これも意外と多いです。
塩分を摂りすぎると、顔がむくんで大きくなってしまいます。

現代の食べ物はとにかく塩分が多いので、自分でも気がつかない間に塩分を摂り過ぎてしまっているケースが非常に多いです。

顔がむくむと、ほっぺたやまぶたが盛り上がって目が潰されてしまうため、目が小さくなったように見えてしまいます。

顔は大きいのに目が小さいとなると、カワイイ顔からはだいぶ遠ざかってしまいますよね?

すぐに顔がむくむ人、いつも顔がパンパンなひとは、『塩分の摂り過ぎ』に注意してください。

スポンサーリンク

顔を小さくする方法1 小顔体操

では具体的に、顔を小さくする方法をご紹介します。

まずは、『小顔体操』です。

この方法は、テレビや雑誌でも何度も紹介されているので知っているひとも多いのではないでしょうか?

でも、それだけ効果が高いという証拠ですので、ぜひとも試してみてください。

『小顔体操のやり方』

1、『あー』と言いながら、思いっきり『あ』の形で口を開く。

2、『あい』と言いながら、思いっきり『い』の形で口を横に開く。

3、『うー』と言いながら、思いっきり『う』の形で口をすぼめる。

4、『べー』と言いながら、思いっきり『え』の形で口を開き、舌をできるだけ前に突き出す。

これだけです。

『あいうべー体操』なんていう呼ばれ方もしますね。

ポイントはやはり、最後の『べー』の部分です。

『え』の形で大きく口を開き、限界まで舌を前に出しましょう。

このとき、口元の筋肉が引っ張られていることを強く意識すると、より効果が高くなります。

この『小顔体操』を毎日5分~10分ほど繰り返すと、口元を中心にどんどん小顔になっていきます。 

特に口周りは顔の印象を決める重要な部分なので、この部分をシャープにするだけでずいぶんと印象が良くなりますよ1

顔を小さくする方法2 塩分を減らす

『塩分の摂り過ぎで顔がむくみ、大きく見える』というひとは、塩分を減らした食事を心がけましょう。

しょう油をつけすぎたり、塩辛いものを食べ過ぎないのは当然ですが、それだけではまだ足りません。

さきほども書いたように、世の中には塩分過多な食べ物が溢れかえっています。

たとえば、インスタントラーメンやポテトチップスなど。

こういった食べ物はとにかく塩分が多いので、絶対に食べないようにしましょう。

ちなみに、塩分の摂り過ぎて顔が大きくなってしまっている場合は、食事を改善すればほんの2~3日で小顔効果を得ることができまよ!

顔を小さくする方法3 よく噛んで食べる

これも、小顔を作るには効果的です。

ゴハンを食べるとき、1口につき30回ずつ噛んでから飲み込むようにしましょう。

こうすることによって、口の周りの筋肉を鍛えることができるので、スッキリとした口元になり小顔効果を得ることができます。

ダイエット方法としてもオススメなので、ぜひ試してみてください!

ただし、あまりに噛みすぎると逆に顔の筋肉が発達しすぎて顔が大きくなってしまう…という可能性もありますので、1口30回噛むぐらいで留めておきましょう。
(よほどやりすぎなければ、筋肉が発達しすぎることはまずありませんけど…)

顔を小さくする方法4 髪型を変える

骨格のせいで顔が大きくなってしまっているひとは、『小顔体操』などである程度はもちろん顔を小さくできますが、それでもやはり限界はあります。

ですが、『髪型』を変えることで今よりもずっと小顔に見せることは可能です。

『髪型を変えるだけ? 本当に小顔になるわけじゃないなら、意味がないんじゃ…』

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。髪型を変えればまるっきり印象が変わりますし、今よりもずっと小顔に見せることも可能になります。

ではどうするのかというと、小顔に見せるコツは以下の2点です。

顔の周りにレイヤーを入れる

レイヤーとは(段差)のことです。
具体的には外側の髪の毛を長めにし、内側の髪を短めにしてみましょう。
こうすれば頭全体がスッキリして見えるうえに、頬骨も隠せるので小顔に見せることができます。

サイドの髪を長くする

サイドの髪を伸ばすことで、頬骨(ほおぼね)を隠すことができます。
すると、小顔に見えるようになるので、頬骨にコンプレックスがある人などもぜひ試してみてください。

中学生や高校生の女子が小顔になるマッサージ!

最後は、『小顔マッサージ』です。

顔全体をマッサージすることによって血行やリンパの流れを良くし、輪郭をシャープにすることで小顔になることができます。

顔だけでなく、首から脇にかけてもマッサージすることが大事ですよ!

こういったマッサージはやってすぐに効果が出るのも嬉しいですが、続けていくとその引き締まった顔が通常状態になるので、ぜひ継続してみてください。

一日だけ1時間がんばるのではなく、1日10分を毎日続けた方が効果が大きいですよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『女子中学生、女子高生のための、顔を小さくする方法!』

を、ご紹介してみました。

顔が大きいと大人になってからもコンプレックスになってしまうことが多いです。

ですので、今のうちに小顔になれる努力をして、コンプレックスを克服して自分に自信をつけてみてください!

それでは、また。

※こちらの記事も人気です!

目を大きくする方法(中学生・高校生)一重でも短時間でデカくなる!

顔が可愛くなる方法!可愛くなりたい中学生・高校生にオススメのテク!

短足な中学生や高校生が脚を長くする方法!原因を知れば伸ばせる!

ニキビの治し方で簡単なものは?おでこや頬や鼻は?薬や食べ物も!

中学生女子が簡単に身長伸ばす方法!確実なのは?食事や運動も!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください