彼女いない歴が長い男の特徴!劣等感と女性コンプレックスの理由とは


 こんにちは、天田です。
 今日は『彼女いない歴が長い男の特徴とその原因』
 について書いてみたいと思います。

 彼女いない歴が長くて悩んでいるひとは、
 自分を客観的に見つめ直すためにもぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

彼女いない歴=年齢の男の特徴

 ネットの書き込みや私自身の経験を元に書くと、

 彼女がいない歴=年齢の男性は以下のような特徴が見られることが多いです。

〇話しかけられるとオドオドする
〇いつも目を伏せている
〇理屈っぽく、すぐに屁理屈をこねる
〇なにか言われるとすぐに「いや、でも……」などと否定から入る
〇偏屈で付き合いにくい
〇優柔不断なのに、変なところで割れを通す
〇オドオドしているくせに、上から目線で話すことが多い
〇『オレに話しかけるな』的なオーラを出している
〇クールぶっている。そんな自分がかっこいいと思っている。

 ざっと挙げてみるとこんな感じです。

 もしもあなたが彼女いない歴=年齢の男性ならば、
 このうちのいくつかは当てはまっているのでは
 ないでしょうか?

 ……私も当てはまります(笑)
 といっても今は素敵な彼女がいるので、
 モテなかったころの話です。

 当時の私に特に当てはまっていたのは、

〇理屈っぽく、すぐに屁理屈をこねる
〇なにか言われるとすぐに「いや、でも……」などと否定から入る
〇オドオドしているくせに、上から目線で話すことが多い
〇『オレに話しかけるな』的なオーラを出している
〇クールぶっている。そんな自分がかっこいいと思っている。

 といったところでしょうか。
 半分以上当てはまってますね(笑)

 ですが、これはおそらくかつての私だけではないと思います。
 
『彼女いない歴が長い男性のほとんどに当てはまると思います』
 だからこそ、ネットなどで
『あるあるネタ』
 として扱われているわけですから。


 

コンプレックスが強い人間の防御反応

 では彼女いない歴が長い男性はどうしてこのような性格になってしまうのでしょうか?
 実は、それにはちゃんと理由があります。

 上に挙げられた特徴をよく見てみてください。
 なにか気づくことがあると思います。

 そう、
『防御』
 しているのです。
 
 オドオドしたり下を向いたり、
 または屁理屈をこねたりクールぶったり、
 上から見下したりすぐに否定的な意見を言ったり、

 これらは典型的な
『コンプレックスが強いひとの防御方法』
 だと思いませんか?

 コンプレックス=劣等感と言い換えてもいいでしょう。

 たとえば友達がいないひとの何割かはすぐに
「友達なんかいらねーよ」
 と一匹狼を気取りますし、

 独身時代が長い女性の多くは、
「私、結婚なんか興味ありませんから」
 などと聞いてもいないのに言ってきたりします。

 ときには友達がいたり結婚してたりするひとを
『群れないと何もできない奴』
『古臭い考え方に縛られた人間』

 などと見下したりしてきます。

 これは気がついていないひとが多いのですが、
『他人を見下したり批判するのは防御反応なんです』

 相手の良さや優れている点を認められない、
 認めてしまったらそれを持っていない自分の価値を否定することになってしまう、
 そんなときに、ひとはその相手を言葉や態度で見下して自分を安心させようとしてしまうのです。

『あんなもの価値ねーよ』
 といった具合に。

 しかし残念ながら、
 本当にそのことに興味がない、もしくは価値を感じていないひとは
 そんなことは言いません。

 それが単なる
『負け惜しみ』
 でしかないことは、
 周りの人間はとっくに気づいているのです。

 つまりさきほどの特徴を持つ彼女いない男性は、
 自分に彼女がいないことをやっぱりコンプレックスに感じているのです。
 
 この自覚を持つことが、改善のためにはとても大切です。

原因は劣等感と女性コンプレックス?

 ではなぜ彼女いない歴が長いひとは
『いつまで経っても彼女が出来ない』
 のでしょうか?

 これもやはり
『劣等感』 
『女性コンプレックス』

 などの言葉で説明が出来ます。

 彼女が出来ないひとは、
 それが環境によるよほどの不運(たとえば男子校続きで、職場も男だらけとか)である場合を除いて、
 まずほとんどの原因は
『自分に自信がないこと』
 か、
『女性に対して恐怖心を持っている』
 かのどちらかになります。
 

 自分に自信がない場合、たとえば容姿があまり良くないということがあります。
 身長が低い、ハゲている、顔がイケメンじゃない……などなど。
 恋愛において容姿というのは非常に大きな要素であることは否定できません。

 そして女性コンプレックスの場合は、
 たとえばお母さんが恐いひとで子供のころに怒られてばっかりだったために、
 女性全般を恐れるようになってしまったとか、

 もしくは小学校、中学校時代に女子たちからの心無い悪口や、
 仲間はずれにされた経験などが原因となって、
 女性を怖がるようになったというケースも多いです。

 
 このように考えると、
 彼女いない歴=年齢の男性に彼女が出来ない理由のほとんどは、
『女性への劣等感』
 であると言えると思います。

スポンサーリンク

劣等感の治し方

 では、そんな女性への劣等感はどうすれば克服できるのでしょうか?

 これには様々な方法がありますが、
 ひとつだけ覚えておいていただきたいのは
『劣等感を一瞬で解消出来る方法はない』
 ということです。

 あなたの心に長年に渡って積み重ねられてきた劣等感は、
 ちょっとやそっとのことで消しされるほど小さなものではないはずです。

 性格を一瞬で変えることなどできないように、
 劣等感を一瞬で克服して別人のように明るく自信満々な男に生まれ変わる。
 そんな夢のような方法はこの世にはありません。
 
 
 しかし、少しずつなら劣等感を解消する方法はあります。

 まずは日記です。
『私の知る限りにおいて、なにかを成し遂げた人間の共通点は日記だった』
 と、かのアインシュタインが言っているほど、
 日記というのは人間の精神にとってプラスの効果をもたらします。

 傷つきやすく、悩んでばかりの心も、
 日記に書き出すことによって、自分を客観的に見ることが出来るようになり、
『なんだ。自分で思ってたほどオレは劣ってないや』
 と自然に思えるようになります。
 そうなれば、劣等感はかなり薄まります。

彼女の作り方

 そして劣等感が薄まったら、
 すぐに行動に移ることをオススメします。

 なぜなら劣等感を解消する本当の方法は、
『行動する以外にない』
 からです。

 これはアドラー心理学で有名なアドラー先生も
 おっしゃっています。

 どれだけ本を読み、
 どれだけ知識を身に付け、
 また、どれだけ悩んで、
 どれだけ自分は劣っていないと言い聞かせても、
 それは劣等感をぬぐい去る決定的な方法にはなりえません。

 さきほどの日記をつける習慣も、
 今よりは劣等感が薄れるというだけで、
 劣等感を完全に克服するには至らないのです。

 ですので、行動する気になれたのならすぐに行動を開始しましょう。

 彼女を作る方法はずばり、
『まずは同性の友達を増やすこと』
 です。

 いきなり彼女を作るのはハードルが高すぎます。
 しかし同性の友達ならば、
 彼女を作るよりはずっとハードルが低くなります。

 そうして男友達を増やして遊んだりしていれば
 自然とコミュ二ケーション能力も上がるし、
 女の子を紹介してもらうことも出来るようになります。

 彼女がいない男性が彼女を作るコツは、
『男友達を作ること』
 このことを忘れないようにしてください。

てっとり早く結婚する方法

『友達を作るなんて面倒なことはやってられない。すぐにでも彼女が欲しい、結婚したい!』

という方は、結婚相談所を利用してしまうのが一番てっとり早いです。

試しに下記の『楽天オーネット』のバナーから『結婚チャンステスト』という無料のサービスを使ってみてください。(結婚力診断ではありません。結婚力テストです)
今現在の自分のスペックでも『付き合える!』という女性がどれだけいるか、簡単に分かります。
一生、劣等感に苦しみ続ける人生を卒業したければ、行動してしまうのが一番です。
悩めば悩むほど劣等感は強くなるのですから、人生で一度くらい、自分を変えるための勇気ある行動をしてみてはいかがでしょうか?

楽天オーネットの結婚チャンステストはコチラ↓↓↓

『もっとじっくり結婚相談所のサービスや料金を比べて選びたい!』

というひとは、複数の結婚相談所の資料をネットで簡単に一括請求できる大変便利な無料サービスがありますのでぜひ利用してみてください。

結婚相談所の一括資料請求(無料)のおすすめは?料金・サービス比較

まとめ

 いかがでしたか?
 彼女いない歴=年齢の男性の特徴と、
 その原因や克服方について書いてみました。
 
 あなたの悩みが少しでも解決したのなら幸いです。
 それでは、また。

※こちらの記事も人気です!

彼女いない歴=30歳超えの魔法使い男でも恋人を作って結婚する方法

結婚できない男の特徴!女にモテない原因は?独身を脱出する方法も!

不潔な男がモテない理由!女性から恋愛対象外にされない方法とは!?

彼女の作り方がわからない社会人のための出会いの方法とモテるコツ!

目標は紙に書くと実現する!成功者が実践している潜在意識の活用方法

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA