恋愛したいのにできない女の原因は?出会いを増やして彼氏を作ろう!


『恋愛したいのにできない…』

という悩みを抱えている女性、多いですよね?
結婚願望や恋愛願望がゼロ…というわけでもないのに、どうしても恋愛ができない。

その理由は、いったい何なのでしょうか?
そして、解決策は?

今回はそんな、

『恋愛したいのにできない女の原因』

というお話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

恋愛したいのにできない女の原因1 出会いがない

まず一番に考えられる原因が、

『出会いがない』

というもの。

これは、既婚者や女性ばかりの職場で働いていたり、職場と家の往復だけのような生活を送っているとこうなりがちです。

学生時代ならばクラス替えや部活など、出会いの機会は山ほどありましたが、社会人ともなるとなかなかそうはいかないもの。

出会いというのは結局、『どれだけ恋人条件に当てはまる男性と巡り会えたか』ということなので、同じような人とばかり関わっている環境ではどうしても恋人ができる確率は下がってしまいます。

人によっては何年も出会いゼロ…なんてことも。

恋愛したいのにできない女性にもっとも多い原因が、

『出会いの少なさ』

なのです。

恋愛したいのにできない女の原因2 時間がない

出会いがないに続いて多いのが、

『時間がない』

というものです。

先程も例に挙げましたが、社会人になると平日は職場と家の往復のみ、休日は家で寝て終わり…ということも珍しくありません。

つまり、恋愛をする時間そのものがないのです。

カルチャースクールに通って趣味を楽しんだり、友達と旅行を楽しんだりすればそこで素敵な男性と出会えることもありますが、職場と家の往復だけではまず出会いはありません。

仕事をがんばればがんばるほど、恋愛に使える時間が減ってしまうのです。

恋愛したいのにできない女の原因3 恋愛が面倒くさい

『出会いがない』『時間がない』というのが外的な原因ならば、こちらは内的な原因です。

『恋愛が面倒くさい』

というもの。

『え? 恋愛したいんじゃなかったの?』

と疑問に思うひともいるかもしれませんが、意外とこの手の人は男女どちらにも多いです。

つまり、

『恋愛はしたいけど、そのために出かけたり、出会いを求めて行動するのは面倒くさい』

というもの。

わがままと言えばわがままですが、実際、恋愛を始めるというのはかなりのエネルギーがいります。

相手にアプローチしたり、告白したり、付き合ってからもデートしたりケンカしたり…。

楽しいものも確かにありますが、正直、面倒くさいと思うものも少なくありません。

ちなみに最近、恋愛に興味がない『草食系男子』が増えている原因のひとつもこれだと言われています。

『恋愛とか面倒くさい』

男性女性を問わず、個人主義が広がっている現代では、恋愛は面倒くさく感じてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

恋愛したいのにできない女の原因4 前の彼氏のことが忘れられない

こちらはより深刻な理由です。

『前の彼氏が忘れられない』

たとえば、自分は彼氏のことが変わらず大好きだったのに、彼氏の方が心変わりしてフラレてしまった。

何年も付き合って結婚まであと少しだったのに別れてしまった…など。

後悔の残る形で前の彼氏と別れてしまった場合、どうしても吹っ切ることができず、新しい恋愛が始められなくなってしまいます。

新しい彼氏を作って前に進まなきゃ、と頭では思っていても、無意識にブレーキがかかってしまうのです。

恋愛したいのにできない女の原因5 理想が高くなりすぎている

こちらは、30歳を過ぎた女性にとても多く見られる現象です。

『理想が高くなりすぎてしまう』

というもの。

30歳にもなれば、色々な経験を積んで人を見る目が養われています。
学生のころは見た目がかっこよければそれだけで恋愛対象にできたのに、大人になった今はその他にも様々な側面を見て、総合的に評価します。

たとえば、『年収』『学歴』『性格』『社会的地位』などなど。
もちろん、見た目の良さにもこだわります。

すると、もはやその条件に当てはまる男性はどこにもいないので、いつまでたってもひとりぼっちのままです。

結婚願望はあるのに結婚できない女性の9割はこのタイプです。

実は、このように異常に理想が高くなるのには、『人を見る目が養われたから』という理由意外にも、大きな原因があるのです。
それはなにかというと、

『一発逆転したい』

という考えです。

結婚願望はあるのに30を超えて独身ということは、これまで周りの同僚や友人たちが次々と結婚していったはずです。

すると、なんだか自分だけ取り残されているような焦りや劣等感が生まれやすくなります。
実際、なかには独身であることをバカにしてくるひとさえいます。
(50代以降の男性に特に多いです)

そのため、アラサー独身女性の何割かはいつの間にやら、

『最高にいい男と結婚して、見返してやりたい!』

という欲求を抱くようになります。

『あなたたちは焦って妥協して結婚したからその程度の男しか捕まえられなかったけど、私はじっくり待ったからこんないい男と結婚できたのよ! ほら、私の方が正しかったでしょ?』

と、言ってやりたいのです。

すべての独身女性がこうなるわけではもちろんありませんが、理想が高くなりすぎている女性はたいてい、このような暗い願望を抱いています。

もしくは、『理想を高くすることで。男に相手してもらえない自分を防御している』という場合もあります。

『あたしがモテないんじゃない! レベルの低い男たちしかいないから相手してないだけ』

と、自分や他人に言い聞かせているのです。

出会いを増やした彼氏を作る方法!

ではどうすれば『恋愛したいのにできない』という状態を抜け出せるのでしょうか?

出会いがなかったり、時間がなかったり、面倒くさかったりと、様々な理由があるなかでどのようにすれば恋愛ができるようになれるのでしょうか?

それは、

『タイムリミットを意識して生きる』

ということが非常に有効です。

一般に、女性は歳を取るほど男性からモテなくなると言われています。

なぜなら、男性の多くは女性に若さを求めるからです。

これは、男性のなかにある『自分の遺伝子を残したい』という本能が原因です。

恋愛感情というのは、基本的には本能が生み出しています。

ですので、『若さ』といのは『子孫を残す』うえでとても大事なのです。出産適齢期の女性と結ばれれば、それだけ健全な子孫を残せる確率が上がります。

だから、男性は若い女性を好むのです。

ある婚活パーティーで、30代以上の女性が誰にも声をかけてもらえなかった、という衝撃的な映像を見たことがあります。

綺麗事を抜きにした、ありのままの現実がそこに写されていたと思います。

ちなみに、男性は結婚相手の女性に『若さ』を、女性は男性に『年収』を求めるというのは有名な話です。どっちもどっちですので、一概に一方だけを避難することはできません。

ですので、『若さ』を失ったら今よりももっと恋愛・結婚が難しくなるのです。

30歳を超えたら、男性から結婚対象と見てもらえるのはギリギリです。

35歳を超えたら、45歳未満の男性と付き合うことはかなり難しいです。

40歳を超えたら、50歳未満の男性は誰も相手にしてくれないと考えた方が良いでしょう。

このように、『歳を取れば取るほど、恋愛の難易度が上がる』ということを意識すれば、必死になって行動できるようになります。

時間がなくても自分で時間を作ろうとするし、面倒くさいなんて言ってる場合じゃないと焦り始めます。

過去のトラウマがあっても、お尻に火がついていれば行動できるようになるかもしれません。

理想を下げなきゃどうしようもない、と気がつくかもしれません。

ぜひ、タイムリミットを意識して生活してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
『恋愛したいけどできない女の原因』
というお話をしてみました。

ぜひ参考にしてみてください!

※こちらの記事も人気です!

一生独身かもしれない男女の特徴。諦めと強がりを捨てれば結婚出来る

40代女性の結婚が厳しい理由!婚活が成功する確率は?男の本音も

劣等感が強い男女は恋愛が不安?コンプレックスを治して恋人を作ろう!

結婚相談所の一括資料請求(無料)のおすすめは?料金・サービス比較

一生独身でいい男女が急増中!理由や未婚のメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA