中学生のデートでオススメの場所は?失敗しない服や会話や誘い方は?

中学生といえば恋愛に興味がではじめるお年頃。
勇気を出して告白した結果、めでたくOKをもらえたという幸運な中学生も多いと思います。

けど、そこで困ってしまうのが、

『デート場所』

ですよね?
今までデートなんかしたことないし、中学生だからあんまりお金もない…。

そこで今回は、中学生のデートスポットとして定番の場所をご紹介します!
有料・無料の両方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

中学生のデートスポット1 遊園地

デートの定番といったら何といっても遊園地!
特に中学生、高校生にとっては一番のデートスポットではないでしょうか?

初めて乗る乗り物や遊園地の雰囲気など、その場にいるだけでどんどん雰囲気も盛り上がっていきます!

ただし、難点はお金がかかるということ。あまり気軽には遊びにいけませんね。
ですので、月に一回とか、または三ヶ月に一回とか、『ここぞ!』というときに行くのがベストでしょう。

私のオススメは、最初のデートで遊園地に行く!というものです。

遊園地デートはまず失敗することがありませんので、一番最初、あなたと彼女(彼氏)の最初の思い出作りの場所としては最高です!

最初に遊園地デートをしておけば、しばらくは別れる心配はなくなるといっても言いすぎじゃないかもしれませんね(^―^)

中学生のデートスポット2 水族館

水族館もデートの定番です。
幻想的な雰囲気はそれだけでムードを盛り上げてくれますし、様々な魚や海の生き物を見るのはやっぱり楽しいもの。

女性は動物園より水族館の方が好き!というひとが多いので、どちらに誘うか迷ったなら水族館の方が良いかもしれません。

ただし、こちらも料金が高いので、ひんぱんにはいけません。
これまた、ここぞ!というときに選びましょう。

クーラーが効いているので、夏に行くのがベストです!

ちなみに、都内近郊に住んでいるならば『サンシャイン水族館』が行きやすくてオススメです!

サンシャイン水族館デート 時間や入場料は?食事や周辺のスポットも

中学生のデートスポット3 動物園

動物園のデートもまた人気があります。
有名な上野動物園ならば数百円で入れるので、お金のない中学生でも無理なく遊びに行けます。

有名な動物園ならばそれだけで一日つぶせるほど広かったりするので、途中で時間が余っちゃって慌てて次に行く場所を探す心配もありません。

かわいいパンダやライオンの赤ちゃんなど、女性が喜ぶ動物がたくさん待ってますよ!

中学生のデートスポット4 カラオケ

わざわざ遠出するのは交通費も時間ももったいない。
もっと身近なところで楽しみたい。

そういう場合は、カラオケがおすすめです。
値段も安い上に、室内でふたりっきりになれるという点がありがたいですね。

さらに一緒に歌を歌ったり、得意の歌声を披露して彼氏(彼女)のポイントを稼ぐことも出来ます。

もちろん、歌が下手でもだいじょうぶ。プロではないのですから、ふたりが楽しめればそれでいいんです。

スポンサーリンク

中学生のデートスポット5 ボウリング

こちらもカラオケ同様、比較的安い値段で楽しめるデートの定番です。
スポーツとはいえ室内スポーツですので、ハードな運動をすることもありません。

ふたりでおしゃべりしながら楽しく時間を過ごせるので、盛り上がること間違いなしです。
もちろん室内ですので、暑い真夏日などに避難場所として選ぶのもOK。

ラウンドワンならば全国展開しているので、大きな街ならばすぐに見つかるはずです。

中学生のデートスポット6 ゲームセンター

ゲームセンターもデートでは定番ですね。
ふたりでUFOキャッチャーを楽しんだり、エアホッケーなどで盛り上がることも出来ます。

カラオケなどに比べるとややお金がかかってしまうこともありますが、千円程度でそこそこ遊べるので中学生にはありがたいデートスポットです。

ただし注意したいのが、ゲームセンターといっても男の子が大好きな格闘ゲームなどを彼氏がひとりで楽しんだりするのはNG。そんなことをすればすぐに『つまんない』と彼女は帰ってしまうでしょう。

あくまでも『ふたりで楽しむ』ことを忘れないようにしましょう。

中学生のデートスポット7 街ブラ

ここからは無料のデート方法をご紹介します。

まずは街ブラです。
名前の通り街のなかをブラブラ歩くことです(^―^)

駅前のショッピングモールを歩いたり、商店街のなかを散歩がてらふたりで手をつないであるいてみたり。

ただそれだけでも、とても楽しいものです。
特にショッピングモールには様々な商品が置いてあるので、買わなくてもそれらを眺めながら話をするだけで十分に盛り上がれます。

特に女の子は商品を見て歩くのが大好きなので、意外と彼氏が何も買わなくても楽しんでくれたりします。

スポンサーリンク

中学生のデートスポット9 自宅デート

最後は自宅デートです。『おうちデート』ともいいますね(笑)

実はこれが最もお金がかからず、ふたりの時間をゆったりと過ごせるデート場所だったりします。

お互いの部屋に行ってお互いの趣味を教えあったり、アルバムを見せ合って思い出話を語り合ったりと、お互いをもっともっと深く知ることが出来る最高のデートスポットです。

ただし、お互いの両親や兄弟が家にいる状態で何度もお邪魔したり、長時間居座るのはさすがに考えもの。両親や兄弟が不在のときか、自分の部屋がある場合に誘いましょう。

もちろん、中学生としてあるまじき行為に進んでしまうのは厳禁です!
勢いで行動するとどんな大変なことになるのかは、下の記事を読んでください。

関連記事『中学生の恋愛はどこまでOK?キスやタッチは?妊娠すると人生終了?』

中学生デートの誘い方は?

ところで、中学生デートと言えば気になるのが、

『誘い方』

ですよね?

すでに付き合っているなら気にすることなく自然に誘えますが、まだ『付き合っていない』『付き合う手前の微妙な時期』の場合は、ついつい緊張してしまって上手く誘えなかったりしますよね?

そんな人のために、『上手に誘うコツ』をご紹介します。

それはズバリ、

『自然な会話の流れで誘う』

です。

たとえば、世間話をしているときにさりげなく『休みの日ってなにしてるの?』と聞いて、その流れで『なら、今度一緒の〇〇に行かない?』と誘うのです。

これなら、前々からデートに誘おうとしていたことにも気づかれず、あくまでも『今、思いついた』という風を装えるので、誘うハードルが低くなります。

もちろん、相手がうまくデートに繋がるような話をしてこなかったら、そのままいつもどおりに会話を楽しめば良いだけです。

特に、生き物関係の話が出たときは動物園や水族館、アニメの話が出たときは映画に誘いやすいので、チャンスです。

失敗しない服装は?

デートで失敗しない服装はずばり、

『清潔であり、シンプルであること』

が最大の条件です。

細かい服装などは、ハッキリ言ってよほどおかしなものでなければ気にすることはありません。

それよりも大事なのは、清潔感があること。

よれよれのシャツや汚れた上着などは絶対にダメです。

髪型も、寝癖などがついていたらせっかくのデートが台無しです。

さらに、デートだからといって気合を入れすぎているファッションは違和感がバリバリなので、やめましょう。

気合を入れすぎて失敗するというパターンは非常に多いです。

『中学生がデートでよくやりがちなファッションミス』

男子→髪にワックスをつけすぎて、汗で額がベトベト。

女子→気合を入れすぎて自分に合わないファッション。

デートといっても、ふたりが楽しく過ごせればそれで良いのですから、そこまで気合を入れる必要はありません。

それよりも、相手に不快感を与えない方がよっぽど大切なのです。

デート中の会話のコツは?

デート中の会話も同じです。

最優先はあくまでも『お互いが楽しめる』ということ。

ですので、相手に好かれようとして妙にかっこつけたり、かわいこぶったりしては逆効果です。

『このデートで相手に好かれよう!』

と思えば思うほど、会話はぎこちなくなり、つまらなくなります。

つまらない会話しかできないひとと、またデートをしたいと思う人はいません。

自然体が一番です。

ですので、とにかくデート中は『楽しくおしゃべりすること』を心がけましょう。

ただし、『汚い言葉』『誰かの悪口』『グチ』などは、どれだけ笑いを取れても使ってはダメです。

『〇〇ってムカつくよねー』

『マジでうぜえ』

『ほんとイヤになっちゃうよ』

などなど、マイナスな言葉を使うひとは、気づかない間に少しずつ嫌われていきます。

せっかくデートに来たのなら、お互いが楽しくなれるような言葉を使いましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
中学生のデートにオススメの場所というお話をしてみました。

中学生といえば何もかもが初体験で、デートもどこにいったら良いか分からないと思います。
そんなときはぜひ、この記事を参考にしてみてください。

なお、本編では触れませんでしたが、有名な動物園や水族館などの一部では開園記念日や特定の祝日などに無料で入園できる特別日を設けている場所もあります。行きたいけどおこづかいがピンチ!というひとは、一度調べてみることをオススメします(^―^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください