中学生や高校生の脈あり診断!男子も女子も使える好きを見抜く方法!

好きな人ができると、そのひとが自分に『脈ありか、脈なしか』知りたくなってしまいますよね?

特に、ちょっと優しくされたり、自分にだけ楽しそうに話しかけてきたりすると、

『これってもしかして脈あり?』

なんて、ついつい思ってしまいがちです。

そんなときは、
『中学生・高校生のための脈あり診断』
をしてみましょう。

気になるあのひとがあなたの本当はどう思っているのか、分かるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

中学生・高校生の脈あり診断質問!

さっそく、脈あり診断をしてみましょう!
やり方はいたって簡単です。
以下の10個の問いに、『Yes』『No』で答えてください。

Yesの場合は10点、Noの場合は0点です。

自分の合計点数を計算して、のちの『点数別アドバイス』を読んでみましょう。

また、最後には『こんな行動は脈なし!?』という要注意ポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてみてください!

『脈あり診断』

問1、メールやラインなどの連絡先を向こうから聞いてきた。 (Yes / No)

問2、特に用もないのにメールしてくることが多い。 (Yes / No)

問3、共通の趣味を持っている。 (Yes / No)

問4、ついつい話が盛り上がり、ふたりだけで話すことが多い。 (Yes / No)

問5、あなたを見かけると、相手はすぐに話しかけてくる。 (Yes / No)

問6、あなたと話しているとき、嬉しそうに笑っていることが多い。 (Yes / No)

問7、髪型や服装など、あなたの外見をほめてくれたことがある。 (Yes / No)

問8、「休みの日なにしてるの?」など、質問が多い。 (Yes / No)

問9、プレゼントをくれたことがある。(文房具などでも良い) (Yes / No)

問10、悩み相談に付き合ってくれる。 (Yes / No)

100点満点

間違いなく脈ありです。

待っていても告白されるのは時間の問題ですが、相手がまだまだ恋愛慣れしていない『恋愛初心者』の場合、なかなか告白に踏み切れないこともあるので、そんなときはあなたがこっそり背中を押してあげましょう。

たとえば、告白しやすいようにふたりっきりになれる時間を作ってあげる、それとなく雰囲気を盛り上げて告白してくれるように誘導する、など。ときには間接的な行動もしてみましょう。

80~90点

100パーセント、とまでは行きませんが、かなり高い確率で脈ありです。
付き合える可能性もかなり高いでしょう。

ただし、あなたが『両思いだよ』というサインを少しは出してあげないと、せっかくの好意もなくなってしまうことがありますので、キチンと自分からも『好き』のサインを出してあげましょう。

『好きな人には、ついつい冷たい態度を取ってしまう』

というひともいますが、そういうのはたいていの場合、失敗してしまいます。
ツンデレがモテるのはマンガやアニメの世界だけ、ということを覚えておきましょう!

60~70点

脈ありの可能性は高いけど、まだちょっとだけ不安要素はある…というのがこのレベルです。

もちろん、十分に期待してもOKなレベル。
だけど、油断するのはまだ早いレベルとも言えます。

向こうから告白してくるのはまだもうちょっと先かもしれません。
また、あなたが告白しても成功する確率は60パーセントぐらいでしょう。

慌てず、今のままじっくりと脈あり度を上げていきましょう。
ふたりっきりの時間を増やすなど、『友達以上』の関係にもっていく努力をすると効果的です!

40~50点

脈あり度はまあまあ。
でも、『仲の良い友達どまり』の危険性もある微妙なレベルです。

ここからどうやって『恋愛』の関係に持っていけるかが、勝利の鍵と言えるでしょう。

とはいえ、すでに仲の良い友達レベルまでは来ているの、不安に感じる必要はありません。
今まで以上にたくさんおしゃべりして、仲良くなっていって、一気に『恋人候補』ぐらいまで関係を進めてしまいましょう。

勇気と行動さえあれば、十分に付き合えるレベルです。

20~30点

嫌われてはいないけど、恋愛対象かどうかは分からない…というレベルです。

単なる『友達』『知り合い』でしかない可能性もあります。

また、脈あり行動をされているとあなたが勘違いしているだけかもしれません。

両思いになれるかどうかは、これからの努力次第でしょう。

現時点で告白しても、成功する確率はまったくの未知数です。
失敗に終わる可能性の方が高いかもしれません。

0~10点

残念ながら、ただの顔見知りです。
クラスメイトや、同じ学校に通っているだけ、何度か話したことがあるけど、別に仲が良いわけではない…というレベルです。

脈ありかどうかで言ったら、今のところは『脈なし』としか言いようがありません。

とはいえ、次に紹介する『脈なし行動』さえされていなければ、まだまだこれから仲良くなれる可能性は残っていますので、ショックを受ける必要はありません。

積極的に話しかけて、少しずつ距離を縮めていきましょう!

スポンサーリンク

脈あり点数を上げるコツは?

『点数が低かった…やっぱり脈なしなんだ…』

と、落ち込んでいるひとがいるかもしれませんが、その必要はありません。

点数が低ければ、これから上げていけば良いだけです。
というより、誰だって最初は『脈なし』からスタートするのです。

あなたがよほどのイケメンか、美少女なら話は別ですが、そうでない場合は、気になる人と少しずつ仲良くなっていくのが普通です。

では、どうすれば脈あり度をあげられるのかというと、以下の二つが有効です。

〇共通の話題を見つけて、たくさん話す。
〇悩み相談をしてもらう、してあげる。

まず、共通の話題があればそれだけで一気に仲良くなれる可能性が高まります。
特に、『他の人があまり知らない話題』があれば、(たとえば、特定のアニメやマンガ、映画や音楽など)周りの人間は話題に入ってこられないので、自然と『ふたりだけ』で話をすることができるようになります。

すると、一気に仲良くなれます。

また、『悩み相談』というのも、非常に効果があります。
悩み相談というのは普通、信頼しているひとにしかしませんので、相談されているひとというのはそれだけで、

『このひとは、私のことを信用してくれてるんだな』

と、思いやすくなります。

また、向こうから相談してきた場合も、

『このひとは私の悩みをちゃんと聞いてくれる』

と、同じく信用し、親しみを覚えます。

このように、悩み相談というのは『あなたが相談をもちかけた場合』でも、『向こうから相談してきた場合』でも、仲良くなれる確率が一気に上がるのです。

『悩み相談に乗ってもらっているうちに、付き合うことになっちゃった』

というのは、多くのカップルのあるあるです。

それぐらい、悩み相談というのは効果が高いので、ぜひ試してみてください。

コツは、共通の話題を見つけてある程度仲良くなってから、それとなく悩み相談に話をもっていくことです。

あまり親しくない状態でいきなり相談するのは不自然ですので、そこは気をつけましょう。

注意! こんな行動は脈なしの可能性大!

最後に、

『こんな行動は脈なしの可能性大!』

という、いわば、

『脈あり診断の正反対バージョン』

というものもありますので、ぜひチェックしてみてください。

これはイエス・ノー形式ではなく、ひとつでもあれば『脈なし』の可能性が高いので、気をつけてください。

いくつも脈アリ行動があったとしても、これらのどれかがあった場合は、脈なしの方が可能視絵が高くなります。
(その場合、脈あり行動は単にあなたの勘違いだという可能性が高いです。)

『脈なし診断』

〇あなたが話しかけると嫌そうな顔をする。避ける。
〇あなたの悪口を言いまくっている。
〇ラインを送っても既読無視か短い返事ばかり。
〇グループで遊ぶとき、あなたもメンバーに加わろうとすると嫌がる。
〇自分からはまったくあなたに話しかけない。用事があって話しかけてもそっけない。

だいたいこのぐらいです。

このなかでも特に『これがあったら100パーセント脈なし』と断言できるのが、

『あなたの悪口を言いまくっている』

というものです。

これがあった場合は、もはやどうしようもないので早めに諦めましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『中学生・高校生の脈あり診断』

という話をしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

なお、もっともっと好きな人の気持ちが知りたい! 
男子(女子)の恋愛心理が知りたい!という方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください!

※男子・女子の恋愛心理を知りたい方はこちら! ↓↓

中学生男子の気持ちが知りたい恋愛女子必見!好きを見破る方法!

中学生男子の本音(恋愛編)彼女は欲しい?いらない?好きな女子は?

中学生女子の気持ちが知りたい!好きな男子に見せる脈アリサインは?

高校生男子の恋愛心理!好きな女子に取る行動や見破る方法!

好きな人がいる高校生が両思いになる方法!告白を成功させるコツも!

男子をキュンとさせる仕草や言葉は?中学生・高校生女子の恋愛テク!

高校生カップルが結婚する確率は?すぐ別れる理由やゴールするコツ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください