モンキー・パンチを偲ぶ会の日程や場所は?葬式はどこで?

子供からお年寄りまで大人気のアニメ『ルパン三世』の作者であるモンキー・パンチ先生が亡くなられました。

ルパン三世は私も子供のころから大好きだったので、突然の訃報は本当にショックでした…

でも、私よりも長くファンだった方には『お葬式に出たい』『偲ぶ会に参列したい』と思っているひともいるのではないでしょうか?

そこで、モンキー・パンチ先生のお葬式や偲ぶ会の日程や場所について調べてみました!

スポンサーリンク

モンキー・パンチ先生の死因は?

モンキー・パンチ先生の死因は肺炎だそうです。

享年81歳。男性の平均寿命は81.09歳だそうですから、ほぼ平均までは生きられたことになりますね。

でも、やっぱりもっと長生きしていただきたかったですね…。

モンキー・パンチ先生のお葬式の日程や場所は?

モンキー・パンチ先生のお葬式は身内だけで行われるらしく、日程や場所については公表されていません。

11日に亡くなられたそうですから、もしかしたらすでに式を終えたあとかもしれませんね。

たくさんの人に慕われた大先生ですから、関係者やファンのみなさんが全員一度に参列してしまったら、一気に大勢のひとが押し寄せてしまうかもしれないので、身内だけでひっそりと行われたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

偲ぶ会の日程や場所は?

ただし、ファンの人々のために『偲ぶ会』が行われるそうです。

日程や場所については…残念ながらまだ不明です。

新たな情報が入り次第追記させていただきます。

もしかしたら、モンキー・パンチ先生の故郷である北海道の浜中町が場所に選ばれるかもしれないですね。

モンキー・パンチ先生の経歴やペンネームの由来は?

モンキー・パンチ先生の経歴を簡単にご紹介します。

モンキー・パンチ先生は今から81年前の1937年5月26日生まれです。

実家は漁師で、学生時代はお医者さんの助手をされていたそうです。

その後、、北海道霧多布高等学校をを卒業、東海大学専門学校電気科に進学するも中退。

漫画を描き始めたのは、かの手塚治虫先生の影響だそうです。

その後、東京に来て漫画家のアルバイトなどをしながら腕を磨き、アメコミなどの影響を受けてアメコミ的な作風が生まれました。

そのハイセンスな作風が『マンガストーリー』の編集長の目にとまり、漫画家デビューを果たしたそうです。

その後、1967年にルパン三世の連載が始まり、今に至る大ヒットとなったそうです。

モンキー・パンチのペンネームの由来は?

モンキー・パンチ先生といえば、その風変わりなペンネームが特徴的ですよね?

実はこのペンネーム、当時の出版社の編集長が勝手につけた名前なんだそうです。

前にテレビでモンキー・パンチ先生が自らおっしゃっていたところによると、確かこんなようなことを言われたそうです。

編集長『おい、お前のペンネーム、モンキー・パンチにしろ』 

モンキー・パンチ先生『え? 嫌ですよカッコ悪い…』

編集長『いいから。今までカタカナのペンネーで売れた漫画家はいない。お前がその第一号になれ』

……ちょっとうろ覚えですが、こんな感じだったと思います。

編集長の思いつきだったのかもしれませんが、その後本当に、カタカナのペンネームで売れた第一号の漫画家さんになられたのは本当にすごいですよね。

ネットの声は?

モンキー・パンチ先生の突然の訃報に、多くのひとがショックを受けているようです。

まとめ

いかがでしたか?

モンキー・パンチ先生の偲ぶ会の日程や場所については、追加情報が入りしだいすぐに追記いたします。

関連記事 ルパン三世のアニメが終わる?モンキーパンチ死去で打ち切りの可能性は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください