太りたい女性がキレイに太る方法!ガリガリや痩せすぎを治す方法は?

『ガリガリと言われるのが嫌。もっと太りたい…』

『痩せすぎて自分の体に自信がない…』

『でも、食べても食べてもなかなか太れない…』

このような悩みを抱えている方、多いですよね。

世の中にはダイエット方法やダイエットのノウハウはたくさん溢れているのに、『太りたい』という悩みを抱えている人の解決策はなかなか聞こえてきません。

そこで今回は、

『太りたい女性が綺麗に太る方法』

を、ご紹介したいと思います!

太れない原因は?

そもそも、どうして世の中には『太りたくても太れない』という人がいるのでしょうか?

その理由は、主に以下の3つです。

〇栄養が吸収できていない。
〇栄養が偏ってる。
〇遺伝子の問題

ひとつずつ説明していきます。

栄養が吸収できていない。

『ハードゲイナー』という言葉をご存知でしょうか?

これは、胃腸の吸収率が悪いひとのことを指します。hard(難しい)・gain(吸収する)なのでハードゲイナーです。

食べても食べても太れない…という人は、胃腸の働きが弱く栄養が吸収できていないハードゲイナーである可能性が高いです。

ですので、一般にハードゲイナーとは『太りにくい人』とイコールであると認識されています。

せっかくたくさん食事をとっても、栄養が吸収されないのであれば太れるわけがないからです。

実際、痩せ過ぎと言われる人の多くは胃腸が弱い傾向が強いです。

そのため、ちゃんと食べているのに貧血になったりします。子供のころから朝礼でよく倒れていたひとなどに痩せすぎが多いのはそのためです。

反対に、太りやすい人(イージーゲイナー)というのは栄養の吸収率が高く、同じ量を食べてもしっかりと体を作る材料にすることができます。もちろん、太りすぎてしまう人もいます。

普通の人はその中間で、『ほどよく栄養を吸収できる』ため、健康的で魅力的なスタイルを維持できるのです。

栄養が偏ってる。(偏食)

これも痩せすぎの人に非常に多いです。

『栄養が偏っている』

たとえば、肉や魚が嫌いで野菜ばかり食べていたり。

ハンバーガーなどのファストフードや、インスタント食品ばかり食べていたり…などです。

栄養が偏ると、人によっては太ってしまったり、反対にガリガリに痩せてしまったりします。

特に肉や魚が嫌いなひとは痩せやすくなります。肉や魚は体を作るために必要なタンパク質を豊富に含んでいるため、食べなければそのぶん、痩せていってしまうのです。

痩せている人は偏食家が多い、と言われています。好き嫌いが激しかったり、食事そのものに興味がなかったりします。食事に興味がないから、毎日似たようなものばかり食べて終わらせてしまうのです。

太るためには満遍なく栄養を摂ることが大切なので、偏った食事を続けていると太れないのです。

遺伝子の問題

太りたいのに太れないのは、遺伝子が原因の場合もあります。

つまり、太りにくい遺伝子を持っているということです。

実際、痩せすぎている人の家系は肥満者がまったくいないことも多いです。

両親(または片親)が自分と同じような痩せすぎ体型の場合、太れない体質が遺伝している可能性が高いです。身長と同じく、

『それじゃあどうしようもないの?』

と思われるかもしれませんが、そうでもありません。

背の低い両親の子が長身になることもあるように、遺伝子というのは絶対ではありません。その後の生活習慣でかなりの部分が改善されます。

もっと言ってしまえば、『ウチは両親も祖父母も痩せてるから、私が痩せているのは遺伝だからどうしようもないんだ…』と思っていたものが、よくよく考えてみれば単に『太りにくい食生活をしていただけ』という場合も多いです。

食生活というのは家系で継承されるものですので、おじいちゃんおばあちゃんが『太らない食事』を習慣にしていた場合、その子供も孫も同じような食習慣になるのは当然です。遺伝ではなく習慣が痩せさせていただけ、という場合も少なくないのです。

ガリガリや痩せすぎのデメリット

ガリガリや痩せすぎだと、以下のようなデメリットがあります。

〇周りから『痩せすぎ』『もっと食べなよ』と言われる。
〇不健康そうなイメージを持たれる。
〇スタイルが悪い。女性らしいふっくらとした柔らかさがない。
〇水着になれない。
〇異性にモテない。
〇体調不良になりやすい。

一番多いのは、やはり女性としての自信をなくしてしまうことです。

女性らしいふっくらとしたバストや、メリハリのあるスタイルとは程遠い、不健康そうなスタイルになってしまいやすいからです。

特に男性から見ると、痩せすぎている女性というのは魅力的に見えません。男性はパートナーの女性に『健康的な可愛らしさ』を求める傾向が強いので、不健康そうな女性ははじめから恋愛対象外にされてしまいやすいのです。

ちなみに、男性が女性に『健康的な美しさ』を求めるのは、丈夫な子供を産んでもらいたいという本能があるためです。

恋愛のことは抜きにしても、周りから『細すぎ』などと言われて傷つく…などのデメリットもあります。

痩せすぎというのはこのように、単に健康上の問題だけでなく、コンプレックスの原因にもなってしまいやすいのです。

キレイに太る方法は?

では、どうすれば太ることができるのでしょうか?

それもただ太るだけでなく、可能ならばキレイに太りたいですよね?

そのための方法をご紹介します。

しっかりと咀嚼して食べる

栄養の吸収率が低いひとは、できるだけしっかりと咀嚼してから食べ物を飲み込むようにしましょう。
しっかりと噛むことで、食べ物は分解され、栄養の吸収もスムーズになります。

だいたい、最低でも1口につき30回は噛むようにしましょう。時間があるときはドロドロになるまで噛むとより良くなります。

バランスの良い食事を心がける

栄養が足りなければ太ることはできません、
痩せすぎな人は偏食家であることが多いので、しっかりとバランスの取れた食事を食べるように心がけましょう。

タンパク質や脂質、ビタミンなど、不足しがちな栄養素を中心に満遍なく栄養を摂取することが大切です。

3食よりも5食に分ける。

痩せすぎな人は胃腸の消化吸収率が低いので、一気に食べ物を飲み込むと消化しきれなくなってしまうことも多いです。

そこで、一食の量を減らして食事の回数そのものを増やしてみてください。

具体的には、1日3食ではな5食にします。

その分、一食で食べる分量は減らして、トータルの量を同じくらいにします。

こうすることで、胃腸の負担を軽減し、栄養をしっかり吸収できるようになっていきます。

運動する

動をすることで、体の調子を整え、栄養の吸収率を上げることができます。

痩せすぎなひとは、運動嫌いなひとが多いです。

運動をすることで、人間の肉体はエネルギーを消費し、失ったエネルギーを取り戻そうとたくさんの栄養を吸収しようとします。

また、傷ついた筋肉を修復し、より強くするためにも、食欲を増進さえ栄養をたくさん取り込もうとします。

運動をすることで、より健康的な体を作ることができるのです。痩せることでも太ることでも、根本は同じなのです。

サプリを飲む

『栄養をしっかり摂ることが大切なのは分かったけど、そんなに食べられない…』

という場合は、サプリを使うことをオススメします。サプリを使えば少ない量で効率よく栄養を摂取することができます。

特に最近は『太りたい人のサプリ』というものも発売されています。今なら30日間、全額返金サポートがついているので、大変お得です。効果がなかったら全部飲んでいても全額返金してもらえるので、『太るサプリってどんなものだろう…』と効果を試してみたい人にオススメです。

いつ全額返金サポートが終了するか分かりませんので、興味がある方は早めに試してみることをオススメします。

↓↓↓オススメの太るサプリはコチラ↓↓↓

睡眠をしっかり取る

最後は、睡眠です。

睡眠をしっかり取ることで、体のコンディションが整い胃腸の調子も良くなります。

現代人は睡眠を軽視しがちですが、睡眠不足は想像以上に体の機能を弱らせてしまうのです。特にその人間の弱い部分に影響が現れます。頭痛持ちの人は頭痛になりやすくなり、花粉症の人は免疫が下がります。

そして胃腸が弱いひとは、消化・吸収の力が弱まってしまうのです。

睡眠をしっかりと取り、規則正しい生活をすることで、太るための体作りの土台ができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

『太りたい女性の原因と、キレイに太る方法』

をご紹介しました。

太りたいひとは、しっかりと原因を突き止めて改善していくことが大切です。

『自分はこんな体質だから…』

と諦めてしまったら、来年も再来年も、十年後も同じ悩みを抱えたまま、コンプレックスに苦しむ人生になってしまいます。

そうならないためにも、今、この瞬間に行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください