クリスマスに告白 中学生や高校生が成功する方法や失敗しないコツは?


もうすぐクリスマスですね。

クリスマスといったら、なんといっても恋愛の大イベントです。

デートを楽しむ恋人たちや、告白を考えている中学生・高校生も多いのではないでしょうか?

でも、なかには、

『どうやって告白したらいいか分からない…』

『絶対に成功する告白の方法が知りたい…』

なんてひとも多いはず。

そこで今回は、

『中学生・高校生のための、クリスマスの告白方法』

を、ご紹介します。

『絶対、あのひとと両思いになりたい!』

と思っている中学生・高校生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クリスマスは告白のチャンス!?

みなさん、クリスマスは告白のチャンスだって知っていましたか?

『え? クリスマスってカップルのためのものじゃないの?』

と、思っているひともいるかもしれませんが、そうとも限りません。

むしろ、『これからカップルになりたいと思っている人』こそ、クリスマスの大チャンスを活かした方が良いです。

なぜクリスマスがチャンスなのかというと、ズバリ、

『告白の成功率が上がるから』

です。

おそらく、一年のなかでもっとも告白がうまくいきやすいのは、クリスマスだと言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、クリスマスというのは『OKを出しやすい気持ち』になりやすいからです。

男子も女子も、クリスマスの特別な雰囲気に影響されて、普段よりも『恋愛感情』が高まりやすくなっています。

たとえば、クラスのみんなが何かで盛り上がっていたら、自分もついつい楽しい気分になってきちゃいますよね?

それと同じで、クリスマスは日本中が『恋のイベントの雰囲気』になるので、自分でも気がつかないうちに心がウキウキしてしまっていたりします。

そんなときに、異性に告白されてしまったりしたら…普段なら慎重に返事をするところなのに、ついついOKを出してしまうこともあります。

特に、相手とクリスマスパーティーやデートをしたあとなら、なおさらです。

このように、クリスマスというのはOKをもらいやすい特別な日なので、片思いしているひとはぜひ積極的に『クリスマス告白』にチャレンジしてみてください。

いつもならフラれていたかもしれない相手にだって、クリスマスに告白したらあっさりOKをもらえることだってあるかもしれませんよ!

告白を成功させる方法

告白を成功させる方法は、いくつかあります。

1、手紙やメールよりも、直接告白する。

告白は、絶対に直接会ってした方が良いです。
メールやlineなどでは、相手も慎重になってしまいますし、『もしかしてイタズラかも…』なんて思われて本気にされない危険性さえあります。
でも、直接告白すればその心配はありませんし、なにより、自分の気持ちをしっかりと伝えることができます。
大事なのは、自分の真剣な気持ちを伝えることです。
心理学では、『どんな言葉を使うかよりも、どんな表情や声の大きさなのか、ということの方が、相手への伝わりやすさに影響する』と言われています。

分かりやすく言えば、告白するときに、あなたの真剣な表情や態度の方が、相手をキュンとさせるということです。
メールやlineでは、なかなかそれが伝えられません。

2、告白は夜になってから!

これは意外と知らない人が多いですが、
『告白は暗くなってからの方が成功率が高くなる』
といわれています。
なぜかというと、人間は暗いときの方が他人の言葉に『はい』と言いやすくなってしまうから。
というよりも、感情がたかぶりやすくなるので、夜に告白されると、昼間に告白されるよりもドキッとして相手を好きになる確率が高くなるのです。

映画やドラマのロマンチックなシーンに夜が多いのも、こういった人間の心の仕組みを理解しているからです。
ですので、告白は必ず夜にしましょう。

失敗しないコツは?

告白が失敗しないためには、あるコツを覚えておきましょう。
それは、
『告白前に、1回はデートする』
ということです。

実は、告白が成功しやすいのは、
『それまでに、最低一回はふたりっきりでデートしたことがある』
という場合だと言われています。

たとえ恋人関係でなくても、ふたりっきりで遊びに行ったことがあるのならば、告白しても80%ぐらいの確率で成功します。

ふたりっきりでなく、友達グループも一緒に遊びに行ったことがある場合は、30%から50%ぐらいです。

逆に、『一度も遊んだことがない。あまり話したこともない』という関係だと、成功する確率は10%未満になります。

つまり10回に9回はフラレてしまいます。

誰だって、あまり仲の良くない相手や、よく知らない人と付き合いたいとは思いません。

告白する前に、どれだけ仲良くなっておくかが大切なのです。

クリスマスまでにモテるテクニック

ではどうやってクリスマスまでに仲良くなれば良いのでしょう?

それには、いくつかのコツがあります。

『1日1回は話しかける』

人間は、顔を合わせる数が多いほど、もしくは会話をしたことが多いほど、好きになりやすくなります。

少なくとも、親しみを覚えやすくなります。
(よほど嫌いなひとでなければ)

ですので、もしも好きな彼や彼女が身近にいるのならば、せめて1日1回は話しかけましょう。

あいさつだけだって良いです。

とにかく、ウザがられない範囲で、好きな人と接触する回数を増やしましょう。

『優しくする』

人間は、自分に優しくしてくれる人を好きになります。

特に、優しい異性の人に対しては、恋愛感情を抱きやすいです。

ですので、好きになってもらいたい場合は、できるだけ『優しさアピール』をしましょう。

これは本当に効果があって、多少わざとらしくても好かれやすくなります。

(モテる男女は大抵、優しさアピールがうまいです)

ちなみに、特にモテない男子に多いのがこの逆で、

『クールな男だと思われればモテるに違いない』

と勘違いして、わざと女の子に冷たくしたり、クールぶったりしてカッコつけてしまったりしますが、これは大間違いなので絶対にやめましょう。気持ち悪がられるだけです。

クールな男がモテるのは、漫画やドラマのなかの登場人物だけです。

『ほめる』

人間はほめられることが大好きです。
ほめてもらったということは、自分の価値を認めてもらえたと同じことだからです。
ですので、自分のことをほめてくれるひとには好感を抱きやすいです。
『かわいい』『かっこいい』『優しい』『頼りがいがある』
こういったほめ言葉を積極的に使うだけで、相手はあなたのことを好きになりやすくなります。

ただし、あまりにわざとらしいのは逆効果なので、たまにほめるくらいにしましょう。

これらのテクニックを使えば、大好きなあの人に振り向いてもらえる可能性は一気に高くなります。
あとは、チャンスを待って、デートに誘いましょう。

クリスマス前に1回、クリスマスイブ当日にもデートができれば、告白は成功したも同然です。

イブデートの最後、暗くなってきたころに、思い切って告白しちゃってください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『クリスマスデートで告白を成功させる方法! 中学・高校編』

を、ご紹介しました。

最初にお話したとおり、クリスマスは両思いになる最高のチャンスです。
ぜひ、このチャンスを逃さないためにも、『クリスマス前に1回デート』を目指して努力してみてください。

そして、もしもクリスマス前デートが無理だった場合も、諦めずに『夜に告白』を試してみてください。

何事も、やってみなければ分からないことってありますので。

勇気を出してチャレンジすることが大切ですよ!

それでは、また!

※こちらの記事も人気です! 

中学生で好きな人と目が合うのは脈あり?片思いを両思いにする方法!

中学生男子の気持ちが知りたい恋愛女子必見!好きを見破る方法!

中学生女子の気持ちが知りたい!好きな男子に見せる脈アリサインは?

中学生男子の本音(恋愛編)彼女は欲しい?いらない?好きな女子は?

好きな人がいる高校生が両思いになる方法!告白を成功させるコツも!

男子高校生のあるある恋愛話!好きな女子への態度や行動はコレ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA