結婚できないコンプレックス男女の特徴!嫉妬や劣等感は婚期を逃す? 


『結婚できないコンプレックス』という言葉をご存知でしょうか?

何年か前、テレビのニュース番組で使っていた言葉です。

意味は、文字通り『結婚できないことにコンプレックスを感じている人たち』のことです。

確かに、結婚願望があるのに結婚できないとコンプレックスを感じてしまうのは無理もないかもしれません。

しかし、実はこの結婚できないコンプレックスこそが、婚期を送らせているのだとしたら、どうでしょうか?

そこで今回は、

『結婚できないコンプレックス男女の特徴と、結婚できないコンプレックスが婚期を逃す理由』

を、ご説明したいと思います。

自分が今現在、この結婚できないコンプレックスに陥って婚期を逃していないか確認したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

結婚できないコンプレックスの特徴1 結婚した友だちに嫉妬する

結婚できないコンプレックスの特徴として最も分かりやすいのが、

『結婚した友だちに嫉妬する』

というものです。

これは、男性よりも女性に多く見受けられる特徴です。

20代のはじめのころは、友達が結婚しても素直に祝福できたのに、20代後半、もしくはアラサーになるにつれて、祝福する気持ちよりも嫉妬する気持ちの方が強くなってしまった。

これは、まさに結婚できないコンプレックスです。

20代前半のころはコンプレックスがなかったため、素直に祝福できたのに、年齢が高くなってきて焦りと不安が生まれてしまい、それが『劣等感』となってしまったのです。

ひどいひとになると、友達の結婚式で友達の夫をけなすような発言をしたり、結婚そのものを『古臭い制度だ!』なんて言って否定したりします。

しかし、本音では結婚願望があるので、それらは単なる負け惜しみでしかありません。

『友達や同世代の結婚を祝福できない=結婚できないコンプレックスになってしまった』

と、考えて良いでしょう。

結婚できないコンプレックスの特徴2 独身主義を過度に賛美する

結婚できないコンプレックスの2つ目の特徴は、

『独身主義を過度に賛美(さんび)する』

というものです。

賛美、というのは、『すばらしい!』と賞賛すること、ほめまくることです。

もちろん、なかには本当に独身主義で幸せに生きているひともたくさんいます。

でも、『本当は結婚したいのに、できないから悔しくて独身主義者のフリをしているだけ』というひともいます。

ポイントは『賛美』の部分です。

本当の独身主義者は、聞いてもいないのに『独身はすばらしい!』『独身万歳!』なんて、まず言うことはありません。

本物の独身主義者と偽物の独身主義者の違いは、

『過度に独身賛美する』
『聞いてもいないのに独身主義だと言ってくる』
『しつこい』
『既婚者をバカにする』

などの特徴があります。

これらは、自分の劣等感を隠すための『言い訳』です。
貧乏がコンプレックスなひとが、金持ちをけなしたり、お金は汚いと聞いてもいないのに繰り返し説いてくるのと同じです。

人間はコンプレックスがあると、ついつい無意識に『悪口』『言い訳』をして隠そうとしてしまいます。

『悪口や言い訳は、そのひとのコンプレックスの裏がえし』

と言われるのはそのためです。

もちろん、この場合のコンプレックスとは『結婚できないコンプレックス』です。

聞かれてもいないのにすぐに『私、独身主義者なので』とか、『結婚なんて無意味』などと言ってしまうひとは、自分のコンプレックスを隠そうとしてしまっていないか、自分の胸に聞いてみると良いでしょう。

結婚できないコンプレックスの特徴3 恋愛への言い訳が多くなる

『恋愛の言い訳が多くなる』

というのも、結婚できないコンプレックスのある人の特徴です。
自分だけ結婚できないという劣等感を隠すために、ついつい『恋愛している暇がない』『良い相手がいないから恋愛をしていない』と、言い訳をしてしまうのです。

ちなみに、恋愛の言い訳はこのようなものが多いです。

『恋愛の言い訳』

『最近、ロクな男がいないのよねー』
→男に相手にされないのではなく、良い男がいないからこっちからお断わりしているのだと遠まわしに言い訳している。

『仕事が充実してるから』 
→恋愛よりも仕事の方が優先度が高いアピール。ただし、本心で仕事にやりがいを感じているひとは言い訳ではない。

『結婚だけが人生じゃない』
→結婚の価値を下げて独身の自分を正当化している。言っていることは正しいが、それが本心ではない場合は言い訳でしかない。

『出会いがなくて』
→出会いさえあれば私だってすぐに結婚できる、と暗にアピールしている。

他にも数々ありますが、代表的なものはこれぐらいでしょうか。

大事なのは、同じ言葉でも『本心で言っている独身主義者』と、『強がりで言っているだけの独身者』ではまったく意味が違うということです。

本心で言っている場合は、何も問題はありません。

しかし強がりで言い訳しているひとは、結婚できないコンプレックスを必死に隠そうとしているだけです。

そういう人間は、口では『今は恋愛に興味ない』というふりをしているものの、後輩社員が結婚したりすると、すぐに嫉妬したり悪口を言ったりするので周囲にはとっくに本音がバレています。特に女性にこのタイプが多いです。

そしてそういう人間は、異性から見ても魅力がないので余計に婚期を遅らせてしまうのです。

スポンサーリンク

結婚できないコンプレックスの特徴4 異常に理想が高くなる

結婚できないコンプレックスを持っている人間は、

『異常に理想が高くなる』

という特徴があります。

これは、一言で言えばコンプレックスの裏返しです。
今まで自分がなかなか結婚できなかったので、その悔しさや惨めさを跳ね返すために、人生を一発逆転できる最高の相手を求めてしまうのです。

ちなみに、男女別の理想の相手はこんな感じです。

『男性の理想の相手』

若くて美人でスタイル抜群で優しくて家庭的で処女で自分のことだけを愛してくれるひと。

『女性の理想の相手』

若くてイケメンで高身長・高学歴・高収入で優しくてかっこいい職業に就いていて自分のことだけ愛してくれるひと。

このような感じです。

当たり前ですが、こんな相手はいません。

世の中にはいるでしょうが、そういうひとはとっくに、自分に釣り合った素敵なひとと結婚しています。

言ってしまえば、こういった『白馬の王子様』的な自分に都合の良い相手を求めてしまう男女というのは、心のどこかで『私は条件に合う相手がいないから結婚しないだけ。選んでもらえないわけじゃない』と、異性にモテない自分を正当化する理由を作っているだけとも言えます。

もちろん、最大の理由は『一発逆転を狙っているから』なのでしょうが、どちらにせよそのような奇跡は絶対に起こりません。

なぜなら、このような『玉の輿』『勝ち組の称号狙い』の人間とわざわざ結婚しようと思う人間はいないからです。

結婚できないコンプレックスの特徴5 そもそもコンプレックスが強い

結婚できないコンプレックスを持っているひとは、

『そもそも、コンプレックスが強かった人』

である可能性がとても高いです。

元々、コンプレックスが強くて自分に自信がないから異性にモテず、そのせいで婚期を逃してしまい、今度は結婚できないことへもコンプレックスを持ってしまった、というパターンです。

そのため、劣等感がいっそう強くなってしまい、さらに恋愛に大して消極的になってしまいがちです。

ちなみに元々のコンプレックスでもっとも多いのが、

『容姿のコンプレックス』

です。

太っていたり、ガリガリだったり、美人じゃなかったり…など、自分の容姿に自信がないとコンプレックスになりやすいです。

これらのコンプレックスを克服するには、以下の2つの方法が有効です。

〇ダイエットや整形などで、コンプレックスそのものを消してしまう。

〇仕事や勉強を頑張り、容姿以外の部分で自信をつける。

実は整形がもっともてっとり早いのですが、お金がなかったり整形に抵抗がある方は後者を努力しましょう。

特に男性の場合は、仕事で結果を出すと内面から自信が湧き出てくるため、自然とモテるようになります。

他には、筋トレやランニングなども、自分に自信をつけるには効果的です。

※劣等感の克服方法はこちらで紹介しています!

劣等感が強い男女は恋愛が不安?コンプレックスを治して恋人を作ろう!

恋愛するのが怖い!恋人を作れない男女の心理とは?原因と直し方も!

結婚できないコンプレックスが婚期を遅らせる?

以上、結婚できないコンプレックスの特徴をご紹介してみました。

コンプレックスがあると、人生はとても辛いものになってしまいます。
しかし『結婚できないコンプレックス』の場合、通常のコンプレックスよりもさらに悪い結果を招いてしまいます。

それはなにかというと、

『余計に婚期を遅らせる』

というものです。

なぜかというと、結婚できないコンプレックスを持っているひとは、これまでに紹介してきたように、自ら『結婚を遠ざける行動』をしてしまうからです。

『結婚できないコンプレックスのある人の特徴=結婚を遠ざける行動』

と言い換えても良いかもしれません。

『結婚を遠ざける行動』
〇結婚した友だちに嫉妬する。

〇独身主義を過度に賛美する。

〇恋愛への言い訳が多くなる。

〇異常に理想が高くなる

〇コンプレックスが強く自信がない。

このように、結婚できないコンプレックスの特徴はそのまま、結婚を遠ざける行動や思想でもあるのです。

結婚できないからコンプレックスになっているのに、そのせいでさらに婚期を逃してしまったら、苦しみの無限ループです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『結婚できないコンプレックスの特徴』

というお話をしてみました。

本文でも述べていますが、結婚できないコンプレックスがあるひとは、そのせいで余計に結婚のチャンスを遠ざけてしまいます。

この機会に、自分が『結婚できないコンプレックスの負のループ』に陥っていないかを確かめて、もしそうならば、行動や思考を改善する努力をしてみましょう。

※こちらの記事も人気です!

アラサー女性が結婚できる確率は?出会いがないと生涯独身のまま!

アラサー婚活に焦りは禁物!友達が次々と結婚しても不安になるな!

友達いない女は出会いがないから結婚できない?ぼっち独女の婚活術!

婚活疲れする男女の特徴と原因!妥協すべき?出会いを増やす対処法!

結婚がめんどくさい男の心理と本音!彼女にプロポーズしない理由は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA