アラサー独身女子の痛い言動!結婚できない原因と男にモテるコツ!

最近、アラサーになっても独身の女性が増えていますよね。
結婚願望がないのならそれで良いのですが、なかには結婚したいけどできない女性も多いようです。

そんなアラサー女性に多いのが、

『痛い言動』

です。

男にも女にも嫌われ、結婚を遠ざける言動にはどんなものがあるのでしょうか?
自分の悪いクセを治すためにも、ぜひ学んでみてください。

スポンサーリンク

痛い言動1 自分を若いと思い込んでいる

アラサー独身女性の(独女)の痛い行動と言えば、真っ先に思いつくのがこれです。

『いつまでも自分を若いと思い込んでいる』

これはもう、鉄板中の鉄板ですね。

アラサーと言えば、もう良い大人です。

特に、30歳を過ぎたら誰がどう見てもオバサンです。

『そんなことない!』

と、否定するのは、30歳を過ぎた女性だけです。

世間一般ではそうは思っていません。

その証拠に、思い出してみてください。

自分が10代、20代前半のとき、30歳すぎの人間をどう思っていたのかを。

『オジサン』『オバサン』と思っていたと思います。

それなのに、自分が30歳を過ぎたら『まだ若い!』なんて、都合が良すぎます。

オバサンであるかどうかを決めるのは自分ではありません、他人です。

自分でどう思っていようと、他人から見たらオバサンならばそのひとはオバサンなのです。

なのに、そういった客観的な判断ができないまま、いつまでも若い子気取りでいるアラサー女性は、周囲から『痛い』と思われやすいです。

ちなみに周囲から『痛い』と思われる年齢無自覚行動にはこのようなものがあります。

『アラサー女子の年齢無自覚行動』

〇30歳過ぎて女子大生のような派手なファッションやかわいい服。

〇オジサンは恋愛対象外、などの自分を棚に上げた発言。

〇自分のことを名前で呼ぶ。

〇女子会など、自分を女子と呼ぶ。

〇いい年して恋バナ大好き。

これらの行動は、自分では楽しかったりするかもしれませんが、周囲からは『痛い』と思われていることが多いです。

『そんなの自分の勝手でしょ!』 

と怒るひとに限って、40歳・50歳のオジサンが若いつもりでいるとバカにしたりすることが多いです。

それに、確かにどのように生きようとも個人の勝手ですが、考えてもみてください。

30歳を越えた大人たちが、小学生のように公園で鬼ごっこをしていたらどう思いますか?

大学生の男女が、公園の砂場でオモチャのシャベルで楽しそうに山を作っていたらどう思いますか?

高校生の子供が、小さな幼稚園児のようにオモチャ屋さんでお母さんに『買って買って~!』とだだをこねて泣いていたらどう思いますか?

きっと、『痛い』『おかしい』『気持ち悪い』など、不愉快な感情が湧き上がるでしょう。

このように、人間には年齢相応の振る舞いというものがあるのです。
30歳だからといって必ずしも30歳の振る舞いをしなければいけないわけではありませんが、あまりにも年齢から外れた行動をすれば、周囲からおかしな目で見られるのは当然なのです。

30過ぎたオバサンが、女子大生のようなファッションをすれば浮いてしまうのは当然なのです。

痛い言動2 リア充アピール

これも非常に多いです。
SNSなどで趣味や習い事の画像をアップして、

『私の人生はこんなに充実してますよ!』

というアピールをするタイプです。

このタイプは、まずその9割以上が、本当は人生が充実していません。
本当は人生が楽しくないから、このようなリア充アピールをするのです。

なぜなら、本当に人生が楽しいひとは、いちいち『私はこんなに人生が充実しています!』なんて、他人に報告しないからです。

というよりも、アピールしようという気持ちがそもそも湧いてこないのです。

これは、リア充アピールをするひとの心の底に、本当は、

『劣等感』

がある証拠です。

劣等感とはようするに、

『私は負け組だ…』

『悔しい…』

『私は惨めだ…』

と、自分で思っているということです。

だからこそ、その負の感情を隠すために、過剰にリア充アピールをしてしまうのです。

これは、モテない男性が、

『彼女なんていらねーよwww』

『自分のために時間使ってた方が楽しいしwww』

と、聞いてもいないのに繰り返し主張してくるのと同じ心理です。

本人は『そんなつもりない!』と否定しますが、周りにいる人はそうは思いません。

なぜなら、こういったリア充アピールをする人たちにはどこか不自然な『必死さ』が感じられるからです。

そしてなにより、リア充アピールをどれだけしようと、彼女たちの表情やふとした瞬間に漏らす孤独への不安が、彼女たちの本音をすべて語ってしまっています。

だからこそ『痛い』と思われてしまうのです。

痛い言動3 上から目線

アラサー独女は上から目線になりやすいです。

若い女子に対してもそうですが、特に男性に対して上から目線になりがちです。

これは、

『男性に相手にしてもらえないという劣等感の裏返し』 

であるおとが多いです。

学歴がないことにコンプレックスを持っているひとが、

『学歴なんて人生に必要ないよ』

と言ったり、お金がなくて苦しんでいるひとが、

『金持ちは金銭欲の塊だから心が汚いんだよ』

などと言っているのと同じです。

ようするに強がりです。

『私は誰にも相手してもらえないほど魅力がない』

と認めるのが怖いので、

『ロクな男がいないから恋愛ができない』

と、自分から相手にしていないアピールをするのです。

当然、周囲の男性からは『痛い』と思われ、『こいつは恋愛対象外』とみなされてしまいます。

恋愛を抜きにしても、上から目線の人間はそもそも嫌われるのですから当然です。

痛い言動4 プライドと理想が無駄に高い

上から目線と似ていますが、アラサー独女にはプライドが高いひとが多いです。

もちろん、プライドと比例して理想も高いです。

『学歴の低い男なんてお断り!』

『年収は1千万円以上じゃなきゃ論外』

『慎重は絶対に175センチ以上!』

などです。

これらは、結婚できない女性に非常によくあるパターンとしてよく言われていて、今ではあるあるネタにさえなっています。

プライドが高いということは、たいていの場合、自分に自信がないことの裏返しです。

その証拠に、恋愛経験が低い男性ほど好条件の女性を求めます。

『男性経験がなくて若くて美人でスタイルがよくて優しくて家庭的でオレのことだけを一生愛してくれるかわいい女の子としか付き合いたくない』

と、いうような願望を抱いています。

そっくりですよね?

スポンサーリンク

痛い言動5 女子会好き

女子会好きなアラサー独女も痛いと思われることが多いです。

もちろん、友達と楽しくお酒を呑むことは決して悪いことではありませんが、アラサーになっても女子会ばかりやっている女性というのは、高い確率で『痛い言動』をするタイプが多いため、『アラサーで女子会が好きな女性=痛い』というイメージが定着してきたのでしょう。

なにより、女子会の内容といえばその多くは『恋バナ』
良い年して『〇〇みたいな男と付き合いたい』だの『〇〇な男は恋愛対象外』だの言っている女性に対し、特に男性側から『痛い』『みっともない』と思われることが多いようです。

これも、男女入れ替えて考えてみると納得しやすいと思います。

30過ぎのオジサンがいつもいつもみんなで集まって、『〇〇ちゃんはかわいいよな』『〇〇ちゃんはあの目がたまんないよなー』なんて楽しそうに話し合っていたら、どう思うでしょうか。

気持ち悪い、と思う女性の方が多いのではないでしょうか?

もしくは、『良い年したオッサンのくせに、他にもっとやることあるでしょうが』と思うのではないでしょうか?

痛い言動6 仕事できるアピール

これもSNSなどで増えてきている特徴の一つで、

『仕事できるアピールする女性』

も、痛いと思われることが多いです

なぜなら、これもまた多くの場合、リア充アピールと同じで、

『劣等感の裏返し』

である場合が非常に多いからです。

『私はこんなに仕事ができるキャリアウーマンなのよ。だから恋愛なんて今はしている暇はないの。だってこんなに人生が充実してるんだもの』

と、暗に主張して言い訳をしている確率が高いからです。

繰り返しますが、ひとは本当に満ち足りていると、それを他人にアピールしようとは思いません。

する必要がないからです。

それなのにわざわざ仕事ができるアピールや人生充実しているアピールをするのは、本当はどこか満ち足りないものを感じていたり、独身でいることを引け目に感じている証拠です。

趣味が充実しているアピール、仕事できますアピールは、必死になって自分のコンプレックスを隠そうとしている行為だと言えます。

それが何となく分かってしまうから、見ている人たちは『痛い』と感じてしまうのでしょう。

痛い言動7 玉の輿狙い

こちらも、アラサー独身女性の痛い言動として非常に多いです。
さきほどの『プライドと理想が高い』と重なるところがありますが、こちらは理想が高いというよりも、もっともっと欲望にまみれています。

『玉の輿狙い』

ようするに、お金持ちと結婚したいのです。

年収1000万円以上、というのが非常によくあるパターンです。

この手のタイプの女性は、ようするに男性をATMとしか見ていないのです。

高収入の男と結婚し、贅沢で楽な生活がしたいだけ。男を自分のサイフとしか見ていません。

もしくは、自分の人生を輝かせるためのアクセサリーとしか思っていません。

ですので、当然、モテません。

残念ながら、男もそれほどバカではないのです。

そもそも、自分のお金だけ狙ってくる人間と結婚したいと思う人など、この世にいるわけがありません。

そんな人間は、寄生虫と同じです。

誰だって嫌がるに決まっています。

ちなみにこの手の女性は、自分ではお金に興味がない良い女のフリをして男性に近づいているつもりですが、男性側からは即・見抜かれています。

このタイプの女性は目がギラギラしていて、男の学歴や収入・乗っている車などの話題にすぐに食いつくので非常に分かりやすいです。

ですので、結局すぐにフラレて、歳だけ取っていくのです。

そして高収入の男たちは、もっと性格がよくて常識と思いやりがある『若い美人』と結婚していくのです。

独身アラサー女子が結婚できない原因!

以上のことから、アラサー独身女子が結婚できない原因は、

『客観性と常識と思いやりのなさ』

であると言えます。

客観性とは、『自分はもう若くない』という自覚です。

常識とは『恋愛や結婚は見栄や自分の欲望を満たすためだけにするものではない』という価値観のことです。

思いやりとは、『お金だけ求められて言い寄られたら、相手がどう思うか』『幸せなカップルや夫婦をけなす人間を他人がどう思うか』など、他人の気持ちを察することができる能力のことです。

結婚願望があるのに結婚できないアラサー女子には、たいていこれらが欠けています。

男にモテるコツは?

以上のことから、男にモテるコツは、

『客観性と常識と思いやりを身に付けること』

が、最適だと言えます。

人の悪口を言わない、見栄を張らない、お金目的で結婚相手を探さない、年齢に合わないファッションや行動をしない…などなど。

結婚などというものは、普通に生きていればたいていは出来てしまいます。

ということは、結婚できない人というのは多くの場合、この『普通』が出来ていないのです。

自分は大して良い女でもないのに、ハイスペックな男性ばかりを追い求めていたり、年齢に合わないファッションや言動をしていたり…。

『自分らしく生きる』

というのはとても美しい言葉ですが、最近ではその言葉を都合よく解釈して、

『自分の悪いところを直さない』

というひとが増えています。

そしてそういう人間は、男女ともにずっと独身です。

結婚願望がないのならばそれで良いですが、ある場合は、自分の悪いところを直さなければどうしようもありません。

『ありのままの自分を100パーセント受け入れてくれる理想の男性』

なんて都合の良い男性は、マンガや映画のなかにしかいないのですから。

スポンサーリンク

まとめ

今回の内容をまとめるとこうなります。

『アラサー独身女性の痛い言動』

1、自分を若いと思い込んでいる。
2、リア充アピール。
3、上から目線。
4、プライドと理想が無駄に高い
5、女子会好き
6、仕事できるアピール
7.玉の輿狙い

そして、そんなアラサー独身女性がモテるコツは、

『客観性と常識と思いやりを身に付けること』

ということになります。

『今年こそは独身を脱出したい!』

という方はぜひ参考にしてみてください。

※こちらの記事も人気です!

アラサー女性が結婚できる確率は?出会いがないと生涯独身のまま!

アラサー婚活に焦りは禁物!友達が次々と結婚しても不安になるな!

友達いない女は出会いがないから結婚できない?ぼっち独女の婚活術!

結婚できない女の特徴!男に嫌われる原因は?独身を脱出する方法も!

恋愛するのが怖い!恋人を作れない男女の心理とは?原因と直し方も!

30代~40代フリーター独身女性がバイト辞め結婚・就職する方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください