家を買う前に近所トラブルを避ける方法!両隣の家の〇〇をチェック!


 こんにちは、天田です。
 今日は
『家を買う前に近所トラブルを避ける方法』
 をご紹介します。

 今現在、家を購入しようと考えているひとは、
 ぜひこの記事を読んでから購入を決めてください。
 でないと、
『取り返しのつかないことになる可能性がありますよ!』

スポンサーリンク

家(マンション)を購入⇒ご近所トラブルは最悪のパターン

 この記事を読んでいるということは、
 あなたには少なからず、
 家やマンションを買う意欲があるということですね。

 もしかしたらすでにローンの頭金も貯まり、
『いざ、購入』
 という段階に入っているのかもしれません。

 でも、待ってください!!

 本当にその家を購入してしまって良いのですか?
 ちゃんと大事なところをチェックしましたか?

 家の間取りや、月々の支払いのことではありません。

 それよりももっともっと大事な、
『あなたのこれから数十年の生活が快適になるか不快になるかを決める要素』
 を見極めたのかどうか、ということです。

 それはなにかというと、
『隣に住んでいる人がまともな人かどうか』
 ということです。

 家を購入してから
『実は隣にとんでもない問題人物が住んでいた』
 なんてことになったら
 取り返しがつきませんよ!

ローンの支払いよりも近所トラブルの方が大変

 そう、
 このように家やマンションを買うときに最も注意すべきは、
『近隣に問題のある人間が住んでいないかどうか』
 ということなんです。

 どんなにオシャレで広い家を買ったとしても、
 見晴らしの良い高層マンションの一室を購入したとしても、
 隣近所に困ったひとが住んでいたら
『すべて台無し』
 です。

 一昔前に流行った
『引越しおばさん』
 のような困ったひとがもしも隣に住んでいたら……

『何千万円もの大金を払って地獄の生活を買ったようなもの』
 です。

 賃貸と違って、
『変なひとが隣に住んでるから引っ越す』
 ということは出来ません。

 一度、家やマンションを購入してしまったら
『大損を覚悟で家を売って出て行かない限り、ずっとそこに住み続けなければならない』
 のです。

 考えただけでもぞっとしますね。
 問題人物というのは一例をあげれば、

〇ゴミ屋敷
〇騒音
〇すぐに文句を言ってくる
〇面倒な付き合いを強制してくる

 
 などの特徴をもったひとです。

 こんな困ったひとにせっかくの新居生活を台無しにされないためにも、
 次に紹介する方法で購入前にトラブルを回避しましょう。

スポンサーリンク

購入前に近隣トラブルを避ける方法

 ではどうすれば家を買う前に近所トラブルを回避できるのでしょうか?

 実は、
『その家の周りに困ったひとが住んでいるかどうか、事前に分かる方法』
 があるんです。

 それは、
『ある物が溜まっている家があるかないか』
 でチェックすることが出来ます。

 なんだか分かりますか?
 そう、
『ゴミ』
 です。

 近所に問題人物が住んでいるかどうかは、
『ゴミが溜まっている家があるかどうか』
 で、ある程度判断することが出来るのです!

 なぜかというと、
 ゴミが溜まっているというのはその時点で
『心になにかしらの問題を抱えている可能性が高い』
 からです。

家の汚れは心の汚れ

『家の汚れが、その家の住人の心の汚れである』
 このことは多くの例によって証明されています。

 たとえば、いわゆる不良や不登校児などの
『問題児の家』
 ある教育者の本によると、

『心が荒れている生徒の家庭に家庭訪問に行くと、必ずといってよいほどゴミが溜まっている。新聞は玄関に積んだまま、食器も洗わずに流しに山積み、脱ぎ散らかした衣類が床を覆っているなど、まるで生徒の心そのもののようにどこの家も荒れ果てていた』

 と書いてあります。

 他にもあるベテラン刑事は、
『凶悪事件が起きた家にいくと、必ず水回りが汚くゴミが溜まっている。綺麗に掃除された家で凶悪事件が起きたケースなど、私はこの何十年間、一度も遭遇したことがない』
 と証言しています。

 さらに、お昼のワイドショーリポーターとして有名な東海林のり子さんは、
『私は事件現場(マンション)につくと、スタッフから〇〇号室です、と教わらなくても、どの部屋で事件が起きたのか分かります。なぜなら、事件が起きた部屋は必ず、ベランダや玄関にゴミが積んであり、植木が枯れたまま放置されているからです』

 とおっしゃっていたそうです。

 このように、
『心が荒れているひとは、必ず家も荒れているのです』
 
 なぜなら、家というのは住んでいるひとの心が現れるからです。

 私の友人で、長年新聞の営業をしていた女性はこんなことを言っていました。

『チャイムを押して出てきたひとがどんな人柄なのか、私は一瞬で分かるよ。だって玄関を見れば、その家に住んでいるひとがどんな人なのか分かっちゃうもん』
 
 これもまた、
『家の状態を見ればその住人の人柄が分かる』
 ということを、
 彼女が経験から学んだということです。

 以上のことから、
『ゴミの溜まった家に住んでいるひとは、心が荒れた問題人物であると考えて間違いない』
 と考えられます。

 つまり、家を買う前には、
『近所、とくに両隣にゴミの溜まった家がないかをよくチェックすること』
 が大切なのです!

まとめ

 いかがでしたか?
『家を買う前に近所トラブルを回避する方法』
 をご紹介しました。

『住めば都』
 という言葉があるように、
 家の間取りや立地というのは、
 住んでしまえばどんな場所でもすぐに愛着が湧き、好きになっていくものです。

 しかし、近所に問題人物が住んでいた場合、
 そしてその問題人物とトラブルになった場合は、
『生き地獄』
 です。

 引っ越すことも出来ず、家を売ることも出来ず、
 何年、何十年とその問題人物とトラブルを抱えたままその場所で生活していかなければなりません。

 そうならないためにも、
 ここでご紹介した方法を使い、
 事前にキチンとチェックしておきましょう!

 100%回避することは不可能でも、
 トラブルに見舞われる可能性をぐっと減らすことが出来ますよ!

 それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA