たたら祭りの穴場スポット!交通規制はあるの?花火大会は雨天中止?


川口市民の毎年夏の楽しみと言えば、『川口たたら祭り』ですよね?

2018年で第40回を迎え、毎年8月の第1土曜日と日曜日に開催されるこのお祭りは、市街からも多くのひとが訪れます。

目玉はもちろん、2日目に行われる花火大会。

オートレース場内で打ち上げられる花火は迫力満点で、見る人を圧倒させます。

そこで今回は、

『川口たたら祭りの日程と花火鑑賞の穴場スポット』

をご紹介します!
(画像はイメージです)

スポンサーリンク

川口たたら祭り(2018)の日程は?

まずは川口たたら祭り2018年の日程から。

『タイムスケジュール(2018)』

『開催日』
8月4日(土曜日)、8月5日(日曜日)

10:00~20:00

※花火大会は2日目の8月5日(日曜日)19:45~20:30です。

『会場』
川口オートレース場

『住所』
埼玉県川口市青木5丁目21-1

公式HPはこちら

気をつけて欲しいのは、お祭り自体は土・日の二日間に渡って開催されますが、

『花火大会は2日目の日曜日のみ』

ということです。

土曜日もあると思って土曜日に行ってしまうと観られませんので、そこだけは注意しましょう。

また、花火大会の会場はオートレース場内ですので、早めに入場して席を確保しておくことも大切です。
(このあと紹介する穴場スポットを利用する場合は別)

スポンサーリンク

交通規制はあるの?

たたら祭り当日は交通規制がかかります。

市役所前通り、オートレース場内ともに駐車場が使えないので、車でも来場は不可能です。

駅から徒歩か、専用の無料シャトルバスがあるのでそちらを利用しましょう。
シャトルバスなど、詳しいアクセス情報はこちらの記事をどうぞ!

→川口たたら祭りのアクセスは?バスや駐車場は?日程や花火の時間も!

雨天は中止?

お祭りは雨天の場合でも一部は開催されますが、花火大会は雨天・荒天の場合は中止です。
延期することもありませんので、雨天の場合は残念ながら諦めましょう。

花火大会の穴場スポット1

ここからはたたら祭りの花火をより快適に観るための穴場スポットをご紹介します!

もちろん理想はオートレース会場内で観ることですが、席に限りがあるため会場内に入るにはかなり前もって並んでおく必要があります。

『並ぶのはちょっと…』

『花火だけ観られればいいんだけど…』

というひとは、これからオススメする穴場スポットから観覧することをオススメします。

花火大会の穴場スポット1 新芝川の土手

たたら祭りの花火を静かに観たいならば、

『新芝川の土手』

がとてもオススメです。

会場から数百メートルしか離れていない上に見通しがとても良いため、オートレース場の花火も綺麗に観られます。

おまけに土手なので混雑する心配は皆無。

地元の人のなかにはあえて会場に行かず、土手にシートを敷いてそこで花火を眺めるひともいるくらいです。

ただし、注意点がひとつだけあります。

土手なので蚊が多いこと!

夜なので昼間ほど蚊に食われることはありませんが、それでもやはり茂みの近くなどは蚊が大量発生します。

土手で鑑賞する場合は、虫よけスプレーは必ず持っていきましょう。

『新芝川の地図』

穴場スポット2 三ツ和公園

『花火は静かに見たいけど、土手はちょっと…』

という方は、『三ツ和公園』がオススメです。

こちらは、新芝川の近くにある比較的大きな公園で、見晴らしも良いため花火を見るのにとても適しています。

自然が多く気持ちが良い上に、花火も綺麗に観られるので、オススメの穴場スポットです。

ただし、駐車場がありませんので、車で来る場合は注意が必要です。

花火の夜ぐらいは見逃してもらえるかもしれませんが、平日は周囲に路駐するとすぐに駐禁を取られるという大変、警備の厳しい地域なので、路駐は避けた方が無難でしょう。

周辺の有料駐車場に車を停めてから、公園内で花火を見るのが良いかもしれません。

『三ツ和公園の地図』

穴場スポット3

三つ目の穴場スポットは、

『イオン川口店』

の屋上駐車場です。

こちらは、無料で使える上に車で行くことができるので、オススメです。
もちろん、食べ物を食べてくつろいだりはできませんが、短い間だけ花火を眺めるには申し分ありません。

ただし、花火を見終わったあとはキチンと買い物をして帰るのが最低限のマナーですので、ついでに食料の買出しを済ませてしまいましょう。

『イオン川口店の地図』

やっぱり一番は会場内で観ること!

ここまでたたら祭りの花火を見るための穴場スポットを紹介してきましたが、

『やっぱり、出来ることなら間近で見たほうがいいです』

特にたたら祭りの場合、オートレース場のなかで花火を打ち上げて、それを観客席から観られるという、他にはない大迫力を楽しめるので、出来る限り会場内で観るべきです。

たたら祭りの口コミでは、

『今まで見てきた花火大会のなかで、ダントツに感動した!』

という意見もあるくらいです。

このひとも、やはりオートレース場の会場内から花火を見たそうです。

会場への入場開始が18:00頃なので、それよりもはやく入口に並んでおけば入れる可能性が高いです。

ただし、ひとつだけ注意があります。

オートレース場には屋根があるため、上の方の席に座ると屋根が邪魔で見えなくなってしまいます。

せっかく会場に入れたのに花火が見えないのでは意味がありません(笑)

ですので、なるべく下の方か真ん中あたりの席を確保しましょう。

例年ならば、花火が始まる前にプロのレーサーによる模擬レースが開かれるので、退屈することはありません。

ぜひ、川口市の名物花火大会を間近で楽しんでみてください!

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

たたら祭り2018サンバの日程は?お化け屋敷や屋台のおすすめも!

川口たたら祭りのアクセスは?バスや駐車場は?日程や花火の時間も!

夏祭りデートで失敗しない服装や持ち物は?盛り上がる会話のコツも!

大間木花火大会の日程や場所取りの穴場は?バスやおすすめの屋台は?

『岩槻花火大会2018年の時間やアクセスは?駐車場や交通規制も!

岩槻花火大会の場所取りの穴場や口コミは?バスや中止はあるの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA