くびれの作り方で即効1週間で効果が出るのは?寝ながら簡単なのは?

キュッとくびれたウエストって、憧れますよね?

くびれがあると見た目もすごく美しくなりますし、おしゃれな服も着こなせるようになるので自分に自信をつけることができます。

しかし、そうはいってもくびれを作るのってものすごく難しいというイメージがありますよね?

でも、大丈夫です。

今回ご紹介する方法を実践すれば、早ければ1週間でくびれを手に入れることもできますよ1

そこで今回は、

『即効一週間でくびれを作る方法!』

を、ご紹介します!

寝ながら簡単にできる運動もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

くびれを作る=腹筋、ではない!?

くびれを作る、ウエストを細くするというと、多くのひとはついつい、

『腹筋を鍛えれば良いんでしょ?』

と考えてしまいがちですが、実はそれは間違いであることが多いです。

確かに、学生時代に体育の授業で行っていたような腹筋運動をすればウエストは引き締まりますが、実はそれだけではくびれはできにくいのです。

なぜかというと、通常の腹筋運動で鍛えられるのは『腹直筋』といって、お腹の前の方にある筋肉だからです。

よく、腹筋が引き締まっているひとのお腹が6つに割れているのを見たことがあると思いますが、あれが腹直筋です。

一方、くびれを作るために必要な筋肉は『腹斜筋』といって、お腹を斜めに走っています。

ここを鍛えることでギュッとウエストが引き締まり、くびれができるのです。

よく、『体は細いしお腹も出ていないのに、くびれがまったくなくて寸胴な女性』がいますが、そういった女性はこの腹斜筋が弱い可能性が高いです。

腹斜筋が弱いためにウエストが締まらず、寸胴でメリハリのない見た目になってしまうのです。

このように、くびれを作りたい場合は『腹斜筋を鍛える』という意識を持つことがとても大切なのです。

とはいえ、腹直筋を鍛えてお腹を引き締めること自体はもちろん無駄なことではありませんので、どちらも同時に鍛えることが理想です。

スポンサーリンク

即効一週間でくびれを作る方法!

それでは、即効一週間でくびれを作る方法をご紹介します。

もちろん、現在の状況によってくびれができる期間は人それぞれ変わってきてしまいますが、続けていけば必ずくびれはできるので、ぜひとも自分にあった方法を続けてみてください。
(早いひとは一週間どころか3日ほどでくびれができることもあります)

8の字腰振り運動

腹斜筋を鍛えるには、腰を動かすのが効果的です。

音楽に合わせて腰を振るサンバやベリーダンスが好きな女性の腰がとてもくびれているのはそのためです。
(ブラジルの女性などは特にすごいですよね?)

とはいえ、わざわざサンバやベリーダンスを習うのは大変ですので、それと似た運動をして手軽にくびれを作ってしまいましょう。

『8の字腰振り運動のやり方』

1、肩幅程度に脚を開いて立つ。

2、腰で8の字を書くように、ゆっくりと大きく腰を動かす。

やり方はこれだけです。非常に簡単なので誰でも気軽に行うことができます。

コツとしては、なるべく大きく腰を動かすことと、上半身を固定させること。

腰を動かしたら上半身も動いてしまった…というようでは、あまり効果がありません。

特に肩や頭は動かさないようにして、腰だけを大きく動かして8の字を書きましょう。

大体、1日5分~10分で効果が出てきます。

もちろん、1週間でくびれを作りたい場合はもっともっと時間を多くしましょう。

ちなみに、『そんなにやったら飽きる…』というひとは、好きな音楽に合わせながらやると面白いですよ!

テンポの早い曲やゆっくりな曲など、動きにバリエーションをつけることで飽きるのを防ぐことができます。

また、曲に合わせるとダンスを踊っているような楽しさがあるので、ストレス発散にも効果がありますよ!

ときには8の字だけでなく、左右に早く腰を振ったり、前後に振ったりするのもくびれ作りに効果があります!

また、フラフープを使ってくびれを作る方法も人気ですね。

フラフープダイエットの効果や口コミは?痩せるための期間ややり方も!

筋トレ

筋肉を鍛えるには、やっぱり筋トレが一番です。

腹斜筋は、腹直筋に比べるとやや鍛えにくい部位ではありますが、正しいフォームで筋トレをすればちゃんと鍛えることができます。

最近では、『ダイエットには筋トレが一番』と言われることが多くなってきました。

筋肉をつけると基礎代謝量が上がり、痩せやすい体になっていくからです。

腹斜筋をしっかり鍛えれば、くびれが手に入るだけでなく痩せやすい体も手に入り、全体の見た目もスリムになっていきますので、ぜひ実践してみてください。

ちなみに、こちらの動画なら5分ほどで腹斜筋を鍛えられますので、オススメです。

骨盤スクワット

『くびれができない理由は腹斜筋が鍛えられていないから』と説明しましたが、実は他にもくびれができない理由があります。

それが、

『骨盤の歪み』

です。

骨盤がゆがむと、腰周りの血行が悪くなってしまうので脂肪がたまりやすくなり、脚が太くなったり、お尻が大きくなったりとスタイルが大きく崩れてしまいます。産後、女性の多くがスタイルが悪くなってしまうのはこのためです。

もちろん、骨盤がゆがむと脚やお尻だけでなく、お腹周りにも脂肪がついてしまいます。

骨盤がゆがんでしまったことで下腹が出てしまったり、ウエストにお肉がつきやすくなって寸胴になってしまったりすることがありますので、骨盤の歪みがあるひとは『骨盤スクワット』をして骨盤の歪みを直しましょう。

骨盤の歪みを直すと、腰やお腹、太ももなどが見違えるほどスリムになるだけでなく、冷え性や便秘なども改善されますよ!

『骨盤スクワットのやり方』

1、両足を肩幅ぐらいに開いて立つ。

2、膝の間に丸めたバスタオルを挟み、落とさないように膝に力を入れる。

3、その状態でスクワットを20回×3セット

やり方はこれだけです。

より効果を高めるには、バスタオルを挟んだ膝に力を入れながら、『脚を内側に引き締める』というイメージを持つことです。

一日3セット、週に3回ほど行えば、骨盤のゆがみが解消されてお腹周りだけでなく、太ももやお尻などもスッキリしてきます。

寝ながら簡単に出来る運動は?

寝ながらできる『くびれ作り運動』は、

『ドローイングダイエット』

がオススメです。

寝ながらできるダイエットとして人気なダイエット方法で、若い女性を中心に多くのひとが実践しています。

お腹のインナーマッスルを鍛えることができるので、お腹を引き締め、くびれを作るのにとても効果があります。

『ドローイングダイエットのやり方」

1、仰向けに寝ます。

2、お腹に手を乗せ、ゆっくりと深呼吸してお腹をへこませながら息を吐ききる。。

3、息を吐ききってお腹がペタンコになったら、その状態で20秒~30秒キープ

これだけです。

『息を吐ききって、お腹がペッタンコになった状態で30秒キープ』するだけという、非常に簡単な方法です。

しかし、続けていくとどんどんお腹が引っ込んでいくので、ぜひ試してみてください。

ただし、無理をして息を止めると危険なので、苦しくならない範囲でがんばりましょう。

太りすぎな場合はダイエットも同時に行おう1

くびれを作るためには、運動も大切ですがやはり『脂肪を減らすこと』も同じくらい大切です。

どれだけ腹筋を鍛えたところで、食べすぎていたらくびれを作ることは不可能です。

ですので、くびれを作るためには運動と同時にダイエットも行いましょう。

『でも、ダイエットって難しい…』

と思うひともいると思いますが、それは間違ったダイエットをしていたからでしかありません。

正しいダイエットをすれば、無理せず自然と体重は減っていき、お腹周りの脂肪も落ちていきますので、安心してください。

ちなみに、ダイエットは以下のことを守るだけでOKです。

甘いもの、カロリーの高いものは食べない

お菓子や清涼飲料水、菓子パン、ファストフードなどの、『カロリーは高いのに栄養はまったくない』という食べ物は一切、食べないようにしましょう。

特にお菓子などは、砂糖が入っているので絶対にやめましょう。

なぜなら、砂糖はカロリーが高いだけでなく食欲を増進させてしまう効果があるからです。

『ちょっとぐらいならいいよね』と自分を甘やかさず、『甘いものは太る』としっかりと認識することが大切です。

1日の摂取カロリーを決めよう

どんなに運動していても、食べ過ぎれば必ず太ります。

ですので、1日の摂取カロリーをしっかり設定しましょう。

女性の場合、1800キロカロリー~2000キロカロリーぐらいが目安だと言われています。

自分にあったカロリーを見つけ、日々、それ以上のカロリーは取らないようにしましょう。

栄養をしっかり摂る

甘いものをやめ、一日の摂取カロリーを定めたら、あとはその制限カロリーのなかでなるべく栄養素の高いものをバランス良く食べるようにしましょう。

肉、魚、卵、野菜、果物など、とにかくまんべんなくしっかりと食べることが大切です。

よく、カロリー制限ダイエットや、食事をガマンするダイエットに挑戦しては失敗するひとがいますが、そういったひとはカロリーを減らすことばかり考えて『栄養を摂る』という意識が欠けているから失敗してしまうのです。

栄養が足りなければ、お腹が空いて我慢できなくなるのは当然です。

しかし逆を言えば、しっかり栄養を摂りさえすれば、自然とお腹も空かなくなりますし、食べる量も勝手に減っていきます。

なにも我慢することなく食事の量を減らすことができるので、気が付くと体重が落ちていき、お腹の脂肪も減っていきますので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『くびれのつくり方!即効一週間でくびれを作る方法』

を、ご紹介しました。

お腹の脂肪をなくし、くびれを作るためには運動だけでなくダイエットも同時に行うのが効果的です。

ダイエットで脂肪を減らし、運動で腹斜筋やインナーマッスルを鍛えれば、憧れのくびれを手に入れることは決して難しくありません。

ぜひがんばってみてください!

※こちらの記事も人気です!

痩せたいけど食べてしまう人へ!原因と解決法は?食べても痩せるコツ!

フラフープダイエットの効果や口コミは?痩せるための期間ややり方も!

レコーディングダイエット ノートの書き方や作り方は?おすすめアプリも

水泳ダイエットの効果的な泳ぎ方は?おすすめの時間や距離や食事は?

ウエストダイエット 女性用は?くびれを簡単に作るおすすめの方法7選!

痩せたい40代女性のダイエット方法!中年太りでも10kg痩せるコツ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください