短足な中学生や高校生が脚を長くする方法!原因を知れば伸ばせる!

足が短くて悩んでいる中学生・高校生の方、ここでは脚を長くして短足を改善する方法をご紹介しています。

足が短いと友達にからかわれたり、ジーパンが似合わなかったりして嫌ですよね…。

でも、中学生や高校生ならば、まだまだ脚を長くすることはできます!

しっかりと原因を理解して、短足のコンプレックスを克服しましょう!

スポンサーリンク

短足は直せるの?

まず最初に知っておいて欲しいのは、

『短足は直せる』

ということです。

もちろん、誰もがモデルのようにスラリと長い美脚になれるわけではありません。

やっぱり遺伝の問題もありますから、脚を伸ばすといっても限界はあります。

しかし少なくとも、今よりも脚を長くしたり、見た目を改善して脚長に見せることは十分に可能です。

足が1センチ伸びただけでも印象はガラリと変わりますので、『自分は生まれてつき短足だから…』などと諦めず、今日から脚を伸ばす努力をしてみてください。

繰り返しますが、1センチ脚が長くなるだけでもまったく印象が変わります。

スポンサーリンク

短足の原因は?

短足を改善するためには、そもそも短足になってしまった原因を知ることがなによりも大切です。

では、短足になってしまう原因とはどんなものがあるのでしょうか?

いくつかご紹介しますので、当てはまるものがあったら要注意です。

正座やあぐらが多く、椅子にあまり座らない

日本人にとても多いパターンです。

正座やあぐらが多いと、脚に血液が周りにくいので脚が短くなりやすいと言われています。

学校にいる間は椅子に座っているので大丈夫ですが、家に帰ってから床に直接座ってばかりいると、脚が短くなってしまいます。

特に中学・高校の成長期は身長が伸びる時期なので、この時期に脚を圧迫するような生活をしていると脚ではなく胴が伸びてしまう可能性があります。

太り過ぎ

太りすぎていると脚が短くなりやすいです。

特に上半身が重いひとは、それを支えている脚にかなりの負担をかけてしまうので短足になりやすくなってしまいます。

太っているひとが高い確率で短足なのは、重い上半身のせいで脚が圧迫され、十分に伸びることができなかったからです。

また、実際の脚の長さの問題だけではなく、太っているとズボンが下がってしまい、実際よりも脚が短く見えてしまうという面もあります。

お尻が大きい

お尻が大きいと、脚が短く見えてしまいます。

垂れ下がったお尻のお肉のせいで足とお尻の境目が分からなくなってしまうため、短足なシルエットになってしまうからです。

ガニ股、O脚

ガニ股やO脚なども、脚を短く見せてしまいます。

ストレッチなどをして、脚がまっすぐになれば、それだけで3センチは脚が長くなったように見えます。

脚を長くする方法は?

では、具体的にどうすれば脚が長くなるのでしょうか?

日常生活で気を付けたいことから、おすすめのストレッチまでご紹介していきます。

なるべく椅子に座る

さきほども紹介したように、正座やあぐらなどの座り方をすると脚が短くなりやすいです。

ですので、なるべく家でも椅子に座るように心がけましょう。正座はもっとも悪いです。

家に椅子がなかったり、ベッドではなく布団で寝ている場合は座る場所がないかもしれませんので、その場合はクッションを重ねて高くしたり、安い椅子を買ってきて座るようにしましょう。

開脚ストレッチ

座ったまま脚を180度開く開脚ストレッチができるようになると、かなりの脚長効果が期待できます。

やり方は簡単で、床に座って背筋を伸ばし、脚を大きく開いたあと、オデコを床につけるように上半身を倒すだけです。

よく体の柔らかい人がやっているのを見たことがあると思いますが、これができるおいうになると関節が柔らかくなり、脚が長くなります。

また、成長期に行えば実際に脚が長くなるとも言われています。

最初のころは決して無理をせず、痛くない範囲で一日5分~10分ほど続けるようにしましょう。無理に開脚しようとするとケガをしてしまいます。

ちなみに、180度開脚ができるようになると1~2センチは脚が長くなるという話もあります。

ゴハンよりもパンを食べる

日本人の脚が短いのは、お米を食べる習慣があるためだと言われています。

お米は消化に時間がかかるため、腸が長くなりやすいです。ですので、なるべくパンを食べるようにすると、胴長になりにくくなります。

とはいえ、まったくお米を食べないでいるのも難しいので、できる範囲でパン食をするようにしましょう。極端なことをするとたいてい、失敗します。

運動をしっかりしよう

スタイルをよくする方法はなんといっても運動です。

運動をすることによって脂肪が燃焼し、ぜい肉がなくなって脚も長く見えるようになります。

それだけでなく、成長期の中学生・高校生は成長ホルモンが出やすくなるので身長が伸びます。

そのときに、椅子に座る生活を心がけていたり、上半身が太りすぎていなければ、脚の方がよく成長してくれます。特に水泳などの脚に負担をまったくかけない運動をするとスタイルがよくなりやすいです。

また、運動をすればダイエットになるので、上半身が重くて脚が短くなってしまったひとも、痩せることで脚が長くなります。

中学生や高校生女子のダイエット方法!楽してキレイに痩せるコツ!

ダイエット 簡単でおすすめなのは?誰でも楽に痩せる方法まとめ!

しっかりと寝る

成長期の中学生・高校生はとにかくしっかり寝るようにしましょう。

しっかり寝ることで身長が伸びたり、体の調子が整うので、脚の成長も促進されます。

夜遅くまでスマホをいじったり、だらだらテレビを見ていたりすると体が成長できなくなり、背も脚も伸びなくなってしまいます。

かかと上げ歩きで脚長になる!

普段からかかとをあげて生活すると、お尻がスッキリしてきてかなりの脚長効果を得ることができます。

かかとをあげると、普段は使っていない部分の筋肉を使うことになるので、脚も細くなり、長く見せることができます。

特にお尻のぜい肉が落ちていくので、後ろから見たときに脚が長く見えます。さきほど紹介した『大きいお尻』に悩んでいるひとはぜひこちらも試してみてください。

歩き方を変えるだけでも脚長になれる!

ストレッチや運動も大切ですが、普段の歩き方を変えるだけでも脚を長くすることができます。

どうするのかというと、『腰から歩く』ということを意識してみてください。

日本人の多くは、腰を動かさずに足だけ引きずるように歩く歩き方をしてしまっています。

これは、かつて草履(ぞうり)やわらじを履いていたときの名残ではないか、と言われています。

そうではなくて、たとえば右足を前に出すときは、右足だけを前に出すのではなく右の腰を前に出すようにしてみましょう。

腰と脚が繋がっているイメージを持つことが大切です。

こうすることによって、一歩の幅が広がり、周りから見ても脚が長くなったように見えます。

それだけでなく、骨盤周りのぜい肉が落ちるので、脚長効果も得られます。

脚を長くするだけでなくダイエットや美脚作りにも非常に効果があるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『中学生・高校生のための脚を長くする方法』

を、ご紹介してみました。

『脚の長さは生まれつきだから…』

と諦めることなく、しっかりと脚を長くする努力をしてみましょう!

※こちらの記事も人気です!

目を大きくする方法(中学生・高校生)一重でも短時間でデカくなる!

顔が可愛くなる方法!可愛くなりたい中学生・高校生にオススメのテク!

中学生男子の気持ちが知りたい恋愛女子必見!好きを見破る方法!

中学生女子の気持ちが知りたい!好きな男子に見せる脈アリサインは?

好きな人がいる高校生が両思いになる方法!告白を成功させるコツも!

男子高校生のあるある恋愛話!好きな女子への態度や行動はコレ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください