中学生や高校生の眉毛の整え方!男子・女子別の失敗しない切り方!

『眉毛を整えたいけど、整え方が分からない…』
『失敗して変な眉毛になりたくない…』
『初心者でも失敗しない眉毛の整え方が知りたい!』

このような悩みを抱えている中学生・高校生の方はいませんか?

ここでは中学生・高校生の初心者でも失敗しない眉毛の整え方を、男子・女子それぞれご紹介していますよ!

眉毛を上手に整えると、びっくりするほどかっこよくなったり、可愛くなれたりします!

ぜひここで、失敗しない眉毛の整え方を覚えて、 モテ顔を手に入れてください!

スポンサーリンク

中学生・高校生で眉毛を整えるのは校則違反?

眉毛の整え方を知る前に、やっぱり気になってしまうのが、

『中学校や高校で眉毛を整えるのは、校則違反にならないの…?』

ということですよね?

確かに、学校によっては眉毛を整えるのは校則違反に当たる学校もあります。

ですので、生徒手帳などを見て、前もってしっかりと校則をチェックしておきましょう。

でも、もしも眉毛を整えるのは禁止!と書かれていたとしても大丈夫です。

学校によっては、少しぐらい整えても怒られない学校があったりしますので、先輩などに聞いて『これぐらいなら大丈夫』という範囲を確かめておきましょう。

厳しい学校なのでどうしてもダメな場合は諦めるしかありませんが、大抵の学校は『ナチュラルに整えるぐらいなら見逃してくれる』というところも多いので、しっかりとチェックしてから眉毛を整えましょう!

スポンサーリンク

あると便利! 眉毛を整えるための道具はコレ!

『眉毛を整えたいけど、どういう道具を使えばいいのか分からない…』

という人も多いと思います。

そんな人のために、『初心者が最低限用意しておきたい道具』をご紹介いたします!

これだけあれば十分ですので、あらかじめ用意しておいてください!

※どれも百均で買えるものばかりです。

道具その1 コーム

眉毛を整えたり、長くなりすぎた眉毛を切ったりする時に使う道具です。

片方がクシになっていて、もう片方がブラシになっているものが良いです。

高級なものも売っていますが、100均にあるものでも十分です。

両面の物がなければ、クシとブラシをそれぞれ買い揃えてもいいでしょう。

100均の美容コーナーにほぼ100%置いてあります。

道具その2 眉毛用ハサミ

眉毛用の小さなハサミです。鼻毛切りとして使っている人もいますね(笑)
普通のハサミではとても眉毛は切れないので、必ず用意しましょう。

こちらも、100均の美容コーナーに置いてあります。

道具その3 ピンセット

ハサミでは切れないような産毛を抜くときに使用します。

眉毛の周囲にある細い毛を抜いて清潔感を出したり、眉毛全体の形を整えるのに必要なので、こちらも出来れば用意しましょう、
(ピンセットの代わりにカミソリを使ってもOKです)

もちろん100均で簡単に手に入ります。

道具その4 鏡

最後は、です。洗面所の鏡を使って眉毛を整えることもできますが。遠すぎたり、立ったまま整えなければいけないので正直やりにくいです。

それよりも机に置いて使えるようなちょうど良いサイズのものを用意しましょう。

手鏡では小さすぎるので、机の上に開いたまま置いておける、ノートサイズぐらいの鏡があるとやりやすいです。

こちらも、ちょっと大きめの100均に行けば置いてあることが多いです。

あると便利な道具 眉毛用カミソリ

ピンセットで抜けない産毛などを剃ったり、まゆ全体の形を整えるときに使うものです。人によってはピンセットだけで十分という人もいますので、絶対に無くてはならないわけではありません。

初心者はカミソリを使うのは危ないかもしれないので、怖いひとはピンセットで代用しましょう。
(ただし時間がかかります)

ちなみに、カミソリを使う時は、ワセリンやシェービングシェーバーなど、滑りが良くなるものを用意しておくことをお勧めします。100均の乳液などでも十分です。

あると便利な道具 アイライナー

眉毛を書くための道具です。眉毛を剃る前に形を決めたり、失敗したところを濃くして目立たなくしたりすることができます。

ただし、眉毛を切ったり整えるまでは校則違反にならなくても、アイライナーを使うと『化粧』とみなされて校則違反として怒られてしまう学校も多いので、基本的には使わなくて OK です。

本格的に眉毛を整えたい!という人や、メイクにチャレンジしてみたい!という人向けですので、最初はなくても大丈夫です。

最低限必要な道具はこれだけ!

以上、色々とご紹介してきましたが、これら全てを最初から用意する必要はありません!

必要なのは以下の4点だけです。

〇コーム(ブラシ付き)

〇眉毛用ハサミ。

〇ピンセット。(またはカミソリ)

〇鏡。

これらすべて100均の美容コーナーに揃っているので、500円もあれば簡単に揃えることができます!

初心者の頃はあまりあれこれ道具を買い揃えずに、まずは最低限な道具だけで軽く整えてみましょう!

中学生・高校生女子の眉毛の整え方!

『3つの注意事項』

1、眉毛の上側は剃らない。

2、 超・初心者の場合は、ピンセットは使わない。

3、細くしすぎない。

こちらの方法は、ピンセットを使わずにカミソリで剃るやり方です。

特に大事なのが3番の『細くしすぎない』という部分です。

初心者の頃はついついやってしまいがちなのですが、眉毛を整えるとつい欲張ってしまい、

『もっとこうした方がいいかも…』
『もうちょっとここをこうした方が…』

と、どんどん手を加えてしまうのですが、そうすると、細くなりすぎて失敗してしまうことが多いです。

そうならない為にも、最初はあまりいじりすぎらず、ほんの少しで形を整える程度で止めておきましょう。

また、鏡から30 センチ以上は離れて見ることも大切です。
(近づきすぎると顔のバランスが分からなくなります)

中学生・高校生男子の眉毛の整え方!

『ポイント』

1、クシを当てて、飛び出てる部分だけを切る。

2、 まゆの周りにある、うぶ毛を剃る。

3、 黄金比を意識して形を整える。

初心者の人は、1番と2番だけを行うのがおすすめです。

いきなり形を整えようとすると失敗してしまう可能性が高いので、まずは眉毛の長さを調節して、産毛を剃るだけにしましょう。これだけでもかなり印象が変わりますし、校則にも引っかかりにくいのでオススメですよ!

初心者でも失敗しないコツは?

初心者でも失敗しないコツは、前にも触れたようにとにかく最初はやりすぎないことです。

眉毛をいじるとどんどん印象が変わっていくので、ついつい『もうちょっと良くしたい!』『もっと剃りたい!』と思ってしまいますが、そうやってやり過ぎると、気が付いた時には細くなりすぎていたり、取り返しのつかない失敗をしてしまいます。

ですので、最初はやりすぎないように、

『毛の長さを調節するだけ』
『まゆの周りの産毛を剃るだけ』

ぐらいにしておきましょう。

慣れてきたら、まゆ全体の形を整えたり、アイライナーなどを駆使して理想の眉に繋げる努力をしていきましょう。

何度も繰り返しますが、初心者はとにかく『やりすぎ厳禁!』を意識することが大切です!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『中学生・高校生のための眉毛の整え方!』

をご紹介いたしました。

眉毛を上手に整えられるようになると、びっくりするぐらい見た目が良くなります。

自分に自信がない人でも、自分の顔が好きになれますので、ぜひ眉毛を整える技術を身につけてみてください!

※こちらの記事も人気です!

中学生男子の気持ちが知りたい恋愛女子必見!好きを見破る方法!

中学生女子の気持ちが知りたい!好きな男子に見せる脈アリサインは?

中学生の彼女の作り方!女子にモテる方法や両思いになれるテクニック!

高校生男子の恋愛心理!好きな女子に取る行動や見破る方法!

好きな人がいる高校生が両思いになる方法!告白を成功させるコツも!

中学生や高校生男子のダイエット!楽して簡単に痩せる方法は?食事も!

中学生や高校生女子のダイエット方法!楽してキレイに痩せるコツ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください