高校生ダイエットで1ヶ月で絶対に痩せる方法は?本気で痩せる方法!

『高校生ですが、本気で痩せたいです!』
『一か月で体重を10kg落としたいです!』
『本気で痩せたいので、方法を教えてください!』

先日、このようなメールをいただきました。

常日頃から、私は『ダイエットはコツコツやるのが一番!』と説明していますが、

『水泳の授業があるから』
『デートするから』
『告白したいから』

などの理由で、どうしても痩せなくてはいけないという場合もあると思います。

そんな人たちのために、『本気で痩せる方法』を詳しくご紹介します。

冗談ぬきで、『本気で痩せたい!どんなことをしても痩せたい!』と思う人だけ読んでください。

そして、注意事項などもありますので、必ず最後まで読んでください。読めば本当に痩せる方法が分かりますので。

スポンサーリンク

注意!本気でダイエットする前に必ず読んでください

本気で痩せるダイエット方法をご紹介する前に、注意しておくことがあります。

『絶対に無理はしないでください』

たとえば、フラフラなのに食事を抜いたり、疲れ切っているのに運動したり、貧血になるまでがんばったり…などです。

そういうのは努力ではありません。ただの危険行為です。

ですので、『できる限り頑張るべきだが、身体を壊してまでは絶対にやらない』という約束をしてください。

…と言っても、身体を壊すようなことは紹介しませんが、とにかく無理は禁物です。

基本的には毎日キチンとやるのが当たり前ですが、『今日はどうも調子が悪いな…』というときなどは、気にせず休んでください。

また、『他のダイエット方法と組み合わせる』というのは絶っっ対にやめてください!

たとえば、『ついでにこれも食べればもっと痩せるかも!』などと勝手に考えて、ダイエットサプリを飲んだり…です。

『ダイエットサプリは危険?』でもお話ししましたが、ダイエットサプリに頼っても無意味です。

なにより、余計なアレンジをすると続けられなくなったり、効果が半減します。

絶対に、他のダイエット方法と組み合わせないでください。

『無理せず、教わった通りにキチンとこなす』

ことさえ出来れば、一か月でもガンガン痩せていきます。

約束を守れる人だけ、これからご紹介する方法を実践してください。

ただし、あくまでも自己責任でお願いします。

危険な方法は一つもありませんし、お金もまったくかかりませんが、それでも、ケガをしたり身体を壊した場合は責任は取れません。

『自分の責任で、ダイエットをする!』

という覚悟のある人だけ、実戦してください。

スポンサーリンク

本気でダイエットする方法1 まずは目標体重を決めろ!

それでは、いよいよ本気でダイエットする方法をご紹介します。

まず一つ目、最初にやることは、

『期限と、目標体重を決める!』

ということです。

いつまでに、何キロになりたいのかを決めてください。

これを決めなければ、ダイエットなんてやりようがありません。

多くの人が、

『痩せたい、痩せたい』

と口で言いながらちっとも痩せられないのは、具体的に『いつまでに、何kgにする!』と決めていないからです。

人間は、『いつか叶ったらいいな』なんて夢は叶えられないのです。

『明日やればいいや』

と考えてしまうからです。

そうならないためにも、具体的に、いつまでに何kgになるのか決めてください。

そのさい、適当に『1ヶ月で-10kg!』とか決める人は100パーセント失敗します。

なぜなら、根拠がないからです。

こういう、考えなしに何となく頑張ろうとする人はまず全員、3日でダイエットをやめます。

勉強も、『とにかく頑張ろう!』と根性で頑張ろうとする人ほど、成績が伸びないというのは有名な話です。

なぜなら、『そもそも実現可能な目標じゃないから』です。

『飛行機にも乗らないで、道具も使わないで空を飛べるように毎日、ジャンプしよう!』

と言っている人がいたら、『うわー…』と思いますよね?

それと同じです。

目標というのは、根拠があり、かつ実現可能でなければいけないのです。

高すぎるハードルを掲げても、すぐに挫折して終わるだけです。

具体的にどれくらいの目標にすればいいの?

 

とはいえ、どのくらいが現実的な目標なのか、分からない人も多いですよね?

ですので、簡単な目安をご用意しました。

『目標体重の目安』

〇明らかにデブな人、相撲取りみたいな体形の人⇒-10kg。

〇ぽっちゃり体型⇒-5kg。

〇やや太っているだけ⇒-3kg。

〇周りからは細いと言われているけど痩せたい人⇒-1kg

だいたい、このぐらいが一か月の目安です。

よほど、明らかに太っている人(すもう取りのような体形の人)以外は、1~5キロぐらいの範囲に収めておくのが基本です。

『たったの1~5kg?』

と思うかもしれませんが、痩せている人が1kg痩せただけで、見た目は全然違います。

ぽっちゃり体型のひとが5kg痩せれば、もはや別人です。

『私、太ってて…』

と悩んでいる女子なども、3kg痩せれば見違えるほどキレイになります。

わずか数kgだからと言って、バカにしてはいけません。

逆に、ややぽっちゃりぐらいの人間が1ヶ月で10kg以上痩せようとすると、絶対に失敗します。

繰り返しますが、『そもそも出来ないことは、やってはいけない』のです。

すもう取り体系の人が10kg減らすのは、決して不可能ではありませんが、『ちょっと太ってるだけ』の人が10kg痩せようとすれば、身体を壊して病院に入院するだけです。

100kgの人が90kgになるのと、50kgの人が40kgにするのでは、難易度が違いすぎるのです。

ですので、自分にあった目標体重を設定しましょう。

自分が、誰からもデブと言われるほど太っているなら-10kg、そうでないなら1~5kgに設定するのが無難です。

目標体重は壁に貼れ!

さて、目標体重と期限が決まったら、次はそれを紙に大きく書いて、自分の部屋の壁に貼っておきましょう。

自分の部屋がなければ、家のなかで一番、目につくところでも良いです。

トイレに座ったとき、目の前に貼っておくというのも良いでしょう。

『目標を紙に書き、目につくところに貼っておくと叶いやすくなる』

というのは、有名な話です。

これは、脳みそがその目標を何度も確認することにより、『絶対に実現しなければ!』と考え始めるからです。

つまり、やる気が維持できるのです。

どうしても家の人に見られたくない…というひとは、アプリなどを使って携帯の待ち受けにするのも良いです。

とにかく大事なのは、『常に目標を確認する』ということです。

これをやるだけで、ダイエットが成功する確率が跳ね上がります。

 

本気でダイエットする方法2 〇〇はすべて禁止!

目標体重を決めたら、いよいよダイエットの中身に入っていきます。

まず、ダイエットを始めるその日から、

『甘い物、カロリーの高い物は一切禁止!』

というのを徹底してください。

甘い物というのは、お菓子、ジュース、菓子パン、デザートなどです。

カロリーの高いものというのは、お店で食べるハンバーガーやフライドチキン、牛丼などです。

これらは、痩せるまで一切、口にしてはいけません。

一口でも食べたり飲んだりしたら、もう終わりです。

本気で痩せたいなどというのは口だけで、本当は痩せたくない、おいしい物を食べたいんだと自分自身に証明してしまうからです。

そういう人は、必ずダイエットに挫折します。

ですので、絶対にこれらの食べ物は食べないようにしましょう。

これらは生きるための食べ物ではなく、ただの『楽しみとして食べる物』でしかありませんが、食べなくなったとしても健康上、まったく問題ありません。

問題ないどころか、むしろ健康になっていきます。

ちなみに、コーラには角砂糖10個分の砂糖が入っています。

菓子パンは、メロンパンひとつでラーメン大盛り一杯分のカロリーがあります。

それでいて、栄養はほとんどありません。

痩せたい人にとって、食べるだけ無駄な食品です。

今、明らかに人より太っているひとは、これらを食べなくなるだけで勝手にどんどん痩せていきます。

家庭内のゴハンはそれほど気にしなくて良い

とはいえ、気にするのはお菓子やファストフードだけなので、家のなかで出されたゴハンはそこまで気にしなくて良いです。

ただし、『唐揚げ、天ぷら』などの明らかな高カロリー食品は、一口か二口ぐらいに我慢しましょう。

また、友達や兄弟からお菓子やジュースをすすめられたときは、『ダイエット中だから』と言って断りましょう。

『断れない…』

というひとは、本気で痩せたいと思っていない可能性が高いです。

『友達にすすめられちゃったから、しょうがないよね』と、自分に言い訳をして好きなものを食べているだけなので、もうダイエットは諦めましょう。 

本気でダイエットする方法3 ゴハンはめちゃくちゃ噛む

甘いものやカロリーの高い物を食べなくしたら、次は日ごろのゴハンの食べ方を変えます。

具体的に言うと、

『メチャクチャ噛(か)んで食べましょう』

たくさん食べて食べると、一気に体重が減ります。

なぜなら、栄養が吸収しやすくなるため、ほんの少しの量でお腹いっぱいになるからです。

それだけでなく、たくさん噛むと満腹中枢が刺激されるので、これまたすぐにお腹が満たされます。

まったく我慢することなく、好きなだけ食べても、よく噛むだけでいつもの量の3分の2ぐらいに減らせるようになります。

さらに、キチンと栄養が吸収されるので、食べ終わったあともお腹がちっとも減らなくなります。

私は、この『よく噛むダイエット』10キロ以上痩せました。

『晩ご飯は食べない!』

『炭水化物は食べない!』

『お腹が減っても根性で我慢する!』

といったダイエット方が、いかにバカバカしくて間違ったものであるのかが分かります。

そんなものよりも、『しっかり噛んで食べて、身体に必要な栄養をちゃんと補充する』方が、長続きするし効果があるに決まっています。

我慢するどころか、『よく噛むだけで、こんなにお腹が減らなくなるんだ…』と感動するほどです。

ちなみに、噛む回数は一口につき30回と言われますが、私は50回以上噛んでいました。

時間があるときは、ドロドロになるまで噛んでいました。

お昼などは、友達と食べるのでそこまでするのは難しいですが、30回ぐらいは噛むようにしましょう。

夕飯は、食べることに意識を向けているとそれだけ早く満足感が来るので、自然に食べる量も減らせます。

ちなみに、早食いや、ボーットテレビを観ながらほとんど噛まずに食べる人ほど太りやすくなりますので、注意しましょう。

また、少ない量でおなかが満たされるからといって、極端に減らしすぎるのもダメです。学校でフラフラになるようなら食べる量を増やしましょう。

本気でダイエットする方法4 死ぬ気で運動しろ!

甘い物や油ものをすべてやめ、食べ方も改善したら、次は運動です。

『運動しないで痩せたい!』

なんてことは、本気で痩せたいなら言わないでください。

本気で1ヶ月で痩せたいなら、しっかりと運動してください。

具体的にどうすればいいのかというと、ジョギングです。

本当は、『ダイエットには水泳が最高!』でお伝えしたように、水泳が良いのですが、水泳部でもない限りはなかなか簡単に泳げないので、ジョギングでOKです。

朝か夜、一日一時間は走ってください。

最初はキツくてできないかもしれないので、両腕を大きく振って、早めのウォーキングでも良いです。

最初はウォーキング40分、ジョギング20分の合計一時間にしてみましょう。

走ることに慣れてきたら、次第にウォーキングの時間を減らしてジョギングの時間を増やしていってください。

とにかく、一日に一時間は有酸素運動をしてください。

本気で痩せたいなら、『疲れるから…』なんて泣き言は言わないでください。

痩せるためには、『食事に気を付けて運動すること』以外にはないのです。テレビや雑誌で紹介されている楽々ダイエットなんてほとんど効果がありません。痩せる食べ物もありません。サプリもありません。

筋肉が増えればどんどん痩せやすくなる

運動するのは、カロリーを消費することだけが目的ではありません。

筋肉を増やすことが目的です。

なぜなら、筋肉を増やすと、どんどん痩せやすくなっていくからです。

筋肉が増えると、基礎代謝量といって、『生きるために必要なエネルギー消費』がどんどん上がっていきます。

ですので、脂肪も燃焼されやすくなります。

反対に、運動もせず、ゴハンも抜いて根性で痩せようとすると、最初は体重が落ちていきますが、すぐに限界がきます。

なぜなら、それは脂肪が燃焼して痩せたのではなく、筋肉がやせ細ってしまって痩せたように見えるだけだからです。

筋肉が少なくなると、基礎代謝量が落ちるので、どんどん痩せにくくなります。

さらに、極端な食事制限をすると、体が『栄養素が来ない!』と慌て始めて、『栄養素をため込むモード』に変わります。

基礎代謝量を落とし、必要最低限のエネルギーしか使わない状態になるのです。

ようするに、『まったく痩せない、太りやすい状態』になるのです。

運動をしないで痩せようとすると、このようにまったくの正反対の身体になってしまいますので、気を付けてください。 

ちなみに、ジョギングを続けるコツは、好きな音楽やラジオを聞きながら走ることです。

慣れてくれば、むしろジョギングをすることが楽しくなってくるのでオススメですよ!

※人間の筋肉の70%が下半身に集まっているので、ジョギングをすることで多くの筋肉を鍛えることができますので、一石二鳥です。

本気でダイエットする方法5 体重と食べた物を毎日、記録

運動することの大切さが分かったら、次は記録をつけましょう。

『毎日の体重と、食べた物』

を記録し続けることで、

『どれくらい痩せたのか』
『目標まであと何キログラムなのか?』

を常に意識できるようになるので、さらにモチベーションがアップします。

また、食べたものを記録し、カロリー計算をすることで、食べ過ぎにも気づくことができます。

『カロリーが高いのに、ハンバーグを食べすぎた…』

『サラダにマヨネーズをかけるのはやめよう』

という具合に、自分の食習慣を改善していきましょう。

勉強でもダイエットでも仕事でも、『自分で気づき、改善する』ということが一番大事です。

頭のなかでどれだけ、『痩せたい、痩せたい!』と願っていたところで、1グラムも痩せません。

キチンと記録をつけ、しっかりと今の自分の状態をチェックすることが大切です。 

ちなみに、体重をつけるときは必ず同じ時間にすることが大切です。

お風呂あがりや、起きてすぐ着替えるときなどに、なるべく同じ時間、同じ服装で計るようにしましょう。

本気でダイエットする方法6 日記を書く!

本気で痩せたければ、

『ダイエット日記』

も書きましょう。

これは、さきほどの『体重・食べた物を記録する』と一緒に書いても構いません。

『今日はこういう運動をした。体重はあまり減らなかったけど、このまま続けていこう。明日はもうちょっと速く走ってみよう。あと、ゴハンはもっと噛んで食べよう』

というように、『今日やったこと』『明日やること』をしっかりと書くことが大事です。

これをすることにより、毎日、少しずつ『痩せる生活習慣』に改善されていくので、ダイエットもさらに加速していきます。

逆に、こういった日記をつけないと、『最初はやる気が燃え上がっていたけど、一週間したら冷めちゃった』ということになりやすいです。

『成功者の多くは日記をつけている』

と言われているので、ダイエットを成功させたければ必ず日記をつけましょう。

寝る前に、ほんの10分程度つけるだけでOKです。

最終奥義!寝る前と起きたあとにイメージトレーニング!

最後に、とっておきの痩せる方法をご紹介します。

それは、

『寝る前と起きた直後に、痩せている自分をイメージすること』

です。

これは、『夢を叶える方法』としてとても有名な方法です。

人間の脳は、ありありとイメージすればするほど、それを実現しようと働きはじめます。

痩せている自分をイメージすれば、『その通りの自分になろう』とするのです。

すると、運動をする気も湧くし、甘いものを食べたくなくなっていきます。

というよりも、『太っている自分』がすごく気持ち悪くなり、『早く痩せなきゃ!』と自然に思えてくるようになります。

結果、テレビを観るぐらいなら走りたい!と思うようになってきて、どんどん痩せていきます。

コツは、とにかく寝る前と起きた直後に、ハッキリと自分が痩せた姿をイメージすることです。

痩せて、みんなから『カワイイ!』『カッコいい!』と言われているところを想像し続けてください。

朝晩10分ずつでOKです。

これを続けていけば、ずっと高いやる気を維持し続けられるので、ダイエットは成功したも同然です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『本気で痩せたい高校生のためのダイエット方法』

を、ご紹介しました。

あくまでも本気のダイエットですから、覚悟がなければやりきることはできません。

特に運動は、最初の数日はキツイと思います。

でも、それでも痩せたいのなら、絶対にやり遂げてください。

そうすれば、今現在太っている人ほど早く痩せていきます。

ぜひがんばってください。

※その他のダイエット情報はこちら!

高校生ダイエット男子編!簡単に痩せる食事や運動は?危険な方法は?

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

中学生や高校生男子のダイエット!楽して簡単に痩せる方法は?食事も!

三日坊主を直す方法(体験談)!勉強もダイエットも続けるコツとは?

ダイエット 食事制限なし運動なしでは痩せない?簡単に痩せる方法は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください