目標を達成する方法!イメージ化とスケジュール管理で夢は叶う!

 こんにちは、天田です。
 今日は、
『目標を達成する方法!』
 というお話をしてみたいと思います。

 自己啓発ブログと自称しているこのブログの真骨頂ですね(笑)

 夢を叶えたい人、どうしても実現したい目標があるひとはぜひ読んでください!
 ダイエットだろうが大学受験だろうが、キャリアアップだろうが、
『夢を叶える方法はすべて同じ』
 という法則に気が付けるはずです!

スポンサーリンク

誰でも目標は達成できる

『夢を叶えることは難しいもの』
『夢は夢だから夢なのさ』
『目標を実現できるのは一部の才能ある人たちだけ……』

 もしもあなたがこんな風に思っているとしたら、それは大間違いです。

『夢は誰でも叶えることが出来ます』

『ただ、その方法を知らないだけです』

 こう聞くと、もしかしたらあなたは、
「夢や目標を叶える方法? 根性で努力し続けるだけじゃないの?」
 と思うかもしれません。

 もしもそう思ったのならば、その考えこそが『夢は叶わない』とあながた思い込んでしまっている原因だと言えるでしょう。

『がむしゃらにがんばっても夢は叶いません』

 考えてもみてください。
 夢や目標をもっているひとは、大抵みんな努力しています。
 ダイエットにしろ勉強にしろ、夢や目標を叶えるために実際に行動もしています。

 あなたも、今までに一度や二度はなにかをがんばってみたと思います。
 たとえば、ダイエット。
 あなたは本気で痩せたいと思い、ジョギングやランニングを始めたかもしれません。
 あるいは資格取得や大学受験のために一生懸命に勉強したかもしれません。

 その結果は、どうだったでしょうか?
 夢は叶いましたか?
 目標はすべてちゃんと達成できたでしょうか?

 おそらくほとんどのひとが『叶わなかった』と思います。

 仮に大学受験はどうにか志望校に合格したとしても、それは『やらなきゃ!』という危機感があったから可能だっただけで、ダイエットなどの『やらなくても誰にも文句は言われない』ものは、まず多くの場合、失敗していると思います。

 しかし世のなかには『ダイエットでも勉強でも仕事でも、自分が立てた目標をスイスイと達成していく人たち』がたくさんいます。
 その違いは何でしょうか?

 それは、
『目標を達成するための正しい方法を知らなかったがために、行動を継続できなかったからです』

 どんなに情熱があっても、努力しても、方法が間違っていたら目標は達成できません。
 一生懸命に走り続けても、方向が間違っていればゴールにたどり着けないのと同じです。

 今まであなたが『何一つ夢や目標を実現できていない』のならば、それはあなたに根性や才能が足りなかったからではなく、単純に『方法を間違えていただけ』です。


 

成功者たちの目標達成方法

 その方法を教える前に、少し私のことを書かせていただきたいと思います。

 実は、私も数年前まではみなさんと同じ、夢や目標を叶えられない人間でした。

 私は中学生のころからある職業に憧れ、その夢を叶えるために十五年以上、努力してきたのですが、どれだけ努力してもちっとも夢は叶いませんでした。

『自分には才能がない。だから夢が叶わないんだ』
『結局、夢や目標を実現できるひとというのは運や才能に恵まれている人だけなんだ』

 そんなふうに考えることが多くなってきました。
 惨めな自分をなぐさめるための負け惜しみも入っていたと思います。

 それでもひとつだけ私には希望が残されていたのは、
 私には夢を叶えるのに役立つ趣味があったことでした。
 
 それは『自己啓発書を読むのが好き』というものです。

 自己啓発書というのは、分かりやすく言えば大会社の社長などが
『私はこうやって成功した!』
 と、自分の成功スキルや考え方を書いたものです。

 夢を持っているけど叶えられないひとや、人生が思い通りにいかない大人がハマる定番のアイテムです。
 私もどっぷりハマりました。
 少なくとも300冊は読んだと思います。もしかしたらその倍ぐらいいっているかもしれません。

 そういった本を読んでいるうちに、私はあることに気づきました。
『みんな、同じことを言っている』
 ということでした。

 大会社の社長も、オリンピックの金メダリストも、果ては芸術家や落語家の師匠まで。
 社会で大きな成果を出したひとというのは、みんな一様に同じようなことを言うのです
 もしくは、そのひとが『私はこんな習慣があるんです』とサラリと書いた内容が、他の会社の社長たちが言っている、
『目標を達成するのに有効な方法』
 と同じだったりするのです。

 これには驚きました。
 まったく違う職業のひとたちが、実は同じことをして夢を叶えていたのです。
 ということは、私もその方法を真似すれば同じように夢を叶えられるかも!

 そう思ってやってみたけど、結果は惨敗。
 私の夢はちっとも叶いませんでした。

 それはそうです。
 もしも自己啓発書を読んだだけで成功できるなら、世の中の何千万、あるいは何億という人間が成功しています。
 自己啓発書は毎年何冊もベストセラーが出ているのですから。

私が結果が出せなかった理由

 なぜあのころの私は結果が出せなかったのか。
 その理由は、30歳を超えてからようやく分かりました。

『継続していなかったから』
『本気でその方法を信じていなかったから』 

です。

 どんなに正しい方法を知っていても、それを実行し継続しなければ結果は出ません。
 どれだけ正確な地図を持っていても、歩き続けなければ目的地に着かないのと同じです。

 実は、自己啓発書を読んでも成功しないひとたちは全員これと同じミスをしているのです。
 本を読んだ直後だけ、『私もやってみよう!』と興奮して実行するのですが、すぐに情熱が冷めてやらなくなってしまう。
 俗に言う三日坊主というやつです。

 当たり前ですが、たったの三日や一週間、あるいは一ヶ月ほどで達成できる夢なんてまずありません。
 そもそもそんな簡単に達成できる夢は夢ではありません。

 少なくとも半年、あるいは一年、長ければ十年とかかるからこそ夢であり、憧れを抱くのです。

 当時の私はこのことが分かっていませんでした。
 だから自己啓発書を読めば『今度こそ!』と、本に書いてあることを試し、また読んでは『次こそは!』と思って二・三日試し、またやめる。
 そんなことを繰り返していました。

 結果が出なくて当たり前です。
 
 ですが、さすがに30を過ぎたころ、
『このままじゃダメだ。今度こそ本気でやろう』
 と決意しました。

 成功するための正しい方法を『夢が叶うまで続ける決意をした』のです。
 それも、それまでのような半信半疑、『ちょっとやってみようかな?』といったお遊び程度の気持ちではなく、『本気で』やることを決めました。

 その結果、どうなったか。
 私は念願だった夢を叶え、自分の望むもののほとんどを手に入れました。
 たとえば、美人の彼女、理想の家、年収の増加などです。

本当に、驚く程人生が変わりました。
 人脈も広がり、今では年収が〇十億というひとたちとも交流するまでになりました。

 つまり、私も成功を手に入れたのです。
 もちろん、まだまだ上を目指すつもりですので気を抜いたりはしていませんが、一定の成果は出せたと思っています。

 これは大事なことなのでよく覚えておいて欲しいのですが、
『二十代の私も、三十代の私も、同じ人間です』

 運も、才能も、頭の良さも、性格さえもまったく同じです。同じ人間なのだから当たり前です。
 なのに、片方の私はまったく成功できず、片方の私は成功を手にしました。
 同じ能力、同じ環境にいたのに、です。
 この違いは何でしょうか?

 もうお分かりですね?
『成功するための正しい行動を、キチンと継続したからです』
 それ以外に理由はありません。

 そして、目標を達成し成功するための方法も、それ以外にはないのです。

スポンサーリンク

イメージ化で潜在意識を目覚めさせる

 それでは、いよいよ具体的な方法をお教えします。
 目標を達成するための方法は以下の二つです。

〇成功をイメージし続ける
〇計画を細分化しスケジュールに落とす

 これだけです。
 この世に自己啓発書は何百万冊もありますが、突き詰めれば結局、これだけなのです。
 あとはイメージの仕方や計画の作り方に細かい違いがあるだけで、大本はこのふたつに集約されます。

 まずは『成功をイメージし続ける』ということについて説明します。

 これは自己啓発書では、『潜在意識の力を利用する』とよく説明されます。
 
 潜在意識とは、人間の心の奥底にある意識のことです。無意識と呼ぶこともあります。
 これに対し、私たちが普段、ものを考えたりするのは『顕在意識』と呼ばれます。

『お腹すいた。今日はなに食べようかな』
『さっきのテレビ、面白かったな。またみよっと』

 などと考えているのが顕在意識です。
 潜在意識はもっと奥にある、「自分でも分からない自分の心」のことです。

 ちょっと分かりにくいですか?
 ならもっと分かりやすく、潜在意識は
『本能』
 だと思ってもらってもOKです。

 私たち人間も生き物なので、突き詰めれば本能の命令に従って行動していますよね?

 恋愛をするのも、食事をするのも、眠るのも、本能がそう命じているからするのです。
 子供を愛おしく思うのも、嫌なことがあったら腹が立つのも、『子孫を繁栄させよう』『生き残ろう』とする本能があるから思うのです。

 つまり潜在意識とは、私たちが自分でも分からないけど行動してしまう『力の素』であるわけです。

 その潜在意識の力を『夢を叶えるための力』に利用できたら……すごい結果がやってくることは簡単に想像出来ますよね?
 なにしろ本能を味方につけるのですから、凄まじい力が手に入るのも当然です。

 そして、その潜在意識の力を利用するための方法が、『成功をイメージ化すること』なのです。

 方法は驚くほど簡単、かつシンプルです。

『自分が夢や目標を叶えた姿を想像する』
 
 ただこれだけです。
「そんな簡単なことで?
 と思われるかもしれませんが、本当にこれだけです。

 その証拠に、私が持っている自己啓発書のなかから何冊か、これと同じことが書かれている部分を抜き出して紹介してみます。

 
 

絶え間なく心にはっきりした映像を描きなさい。絶え間なく描く映像が汚ければ汚いほど人生は汚くなるし、気高ければ気高いほど人生は価値高くなる。
 もっと詳しく言おうね。想像力を十分に働かせて、実際に望み求めているものを実際の姿として完全に、いわばありありと目に見るように心のなかに描くことなんだよ。(中略)
 すると、強固な信念がこの方法で結集をしてきて、不思議以上の奇跡ともいうべきものとなって、心に描いた映像が事実化してくる。

(中村天風 著 『成功の実現』 日本経営合理化協会出版局)

 

 未来日記に未来の種をたくさん蒔いたら、そこに綴った夢や望みを頭のなかで視覚化してみましょう。(中略)
 こうした良いイメージを漠然と思い浮かべるだけでも、夢の実現にまた一歩、近づいていけます。
 しかし、さらに言うなら、微細にわたって鮮明に思い描き、はっきりと視覚化できるようになると、その夢が実現する確率が限りなく高まっていきます。

(佐藤富雄 著 『あなたの夢をかなえる未来日記』 PHP出版)

 

ふだん、私は3~6ヶ月以内に達成したい、とても明確な3つのゴールを持っています。
 歩きながら、ときにはめをつぶって、それを想像します。成功したとき、何が見えるか、何が聞こえるか、何を肌で感じるか、細部までありありとイメージを作り上げるのです。
 そして、成功したときにどんな風に感じるかを想像します。その感情を『今』味わうのです。(中略)
 実際、これは成功している人がみな習慣にしていることです。

(マイケル・ボルダック 著 『目標を達成する技術』 フォレスト出版)

 
 どうでしょうか?
 言葉は違っているけれど、みな同じことを言っているのが分かりますか?

『成功した姿を、ありありと映像化してイメージすると、叶う』

 この理屈と潜在意識の詳しい説明については、コチラの記事で紹介していますのでぜひ読んでみてください。

スケジュール管理で効率を上げる

 夢や目標が叶っている姿をありありとイメージできたら、
 次はその夢をかなえるために必要なことを具体的に考えていきます。
 
 コツは
『ゴールの日時を決めて、それを日数で割る』
 ということです。

 たとえばダイエットならば、

『六ヶ月後までに体重を12kg落とす』

 と決めます。
 次に12kgを6ヶ月で割ると一ヶ月二キロなので、

〇一ヶ月目⇒マイナス2kg
〇二ヶ月目⇒マイナス4kg
〇三ヶ月目……

 といった具合にです。

 それが出来たら、今度は一週間ごとに区切っていきます。

〇一週間目⇒マイナス500g
〇二週間目⇒マイナス1000g(1kg)
〇三週間目……

 というように。
 これを
『目標の細分化』
 といいます。

 最終的には一日ごとに目標にまで落とします。
 こうすることによって、『その日、やらなければいけないこと』が見えてくるのです。

 人間はただ漠然と『痩せたいなあ』と思っていても、行動することは出来ません。
 なぜなら、『そのために今日なにをしなければならないか』が分からないからです。
 
 それが分からないから『明日でいっか』と思ってしまうのです。
 そして気がついたら、一ヶ月、一年、十年と経ってしまうのです。
『やせたい、やせたい』
 と思いながら……

 そうならないためにも、目標は細分化してスケジュールに書き込みましょう。
 目標を細かく分け、具体的に書き出せば書き出すほど、行動できる確率が上がります。

 加えて、やせるために必要なことを書き出すとさらにダイエットの成功率が跳ね上がります。

『一日の摂取カロリーを500カロリー減らす』
『毎日、30ランニングする』
『甘いもの、脂っこいものは食べない』
『ダイエット計画表をつくる』
『体重記録ノートをつくる』

 という感じに、やせるために必要なことをキチンと具体的書き出してみるのです。

 それをさきほどのスケジュールに書き加えると、どうなるか。

『半年後までに12kg痩せる』
『そのために一ヶ月に2kgずつ痩せる』
『そのために一週間に500gずつ体重を落とす』
『そのために毎日30分ランニングして、摂取カロリーを500キロカロリー減らす』

『そのために、今日は甘いものを禁止して、走りにいく』

 と、このようになるのです。

 こうして、毎日、毎日、小さな目標をクリアしていけば……やがては大きな目標を達成できるのです。

まとめ

 いかがでしたか?
『目標を達成する方法』
 というお話をしてみました。

 ひとは誰でも『こうなりたい』『あれを手に入れてみたい』
 という願望があると思います。

 しかしそれを叶えられるひとと叶えられないひとがいるのが、
 本文でも説明したとおり『夢を叶える方法』を知らないからです。

『イメージ化』
『計画の細分化』

 このふたつがなければ、夢が叶うかどうかは『ほとんど運まかせ』に近い状態になってしまいます。
 そうならないためにも、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみたください。

 それでは、また。

(なお、私が願望を実現し始めたころの話が詳しく知りたい方は、コチラの記事をご覧下さい。ごく初期の体験談で、今はもっともっとたくさんの願望を実現していますが、参考になると思います)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください