顔を小さくする方法男編!小顔になるコツは?骨格を変える方法は?

『男だけど、顔が大きくて悩んでる…』
『顔が大きいのがコンプレックス…』
『顔を小さくする方法が知りたい!』

このような悩みを抱えている男性の方、いませんか?

ここでは男性用の『顔を小さくする方法』をご紹介していますよ!

顔が大きいと、顔と体のバランスがアンバランスになってしまって、見た目の魅力が半減してしまいますよね?

なかには、顔が大きいことを友達にからかわれてコンプレックスになってしまった人もいるかもしれません。

でも、しっかりと正しい方法で努力すれば、顔を小さくすることは可能なんです!

ぜひこの機会に、小顔になる努力をはじめてみてください!

スポンサーリンク

顔が大きい…と悩んでいる男性多数! 顔の平均サイズは?

顔が大きいと悩んでいる男性は意外と多いです。

当サイトがアンケートを行ったところ、100人中8人が自分の体の嫌いなところに『顔の大きさ』と答えました。

8人ということは、およそ12人に1人の男性が実は『顔が大きすぎること』で悩んでいるということになります。

それくらい、顔の大きさというのは見た目を大きく左右してしまう物だということですね。

男性の顔の平均サイズってどれくらい?

では、そもそも男性の顔の平均的なサイズはどれくらいなのでしょうか?

これは身長などにもよるので一概には言えませんが、大体日本人の男性の場合、

縦…24センチ。

横…16センチ

と、言われています。

ただし、もちろんこれはあくまでも平均であり、これより大きいからといって顔が大きいというわけではありません。

実際は、そのひとの身長や肩幅などによっても、『大きい顔』なのか『小顔』なのかは変わってきます。

ですので、あくまでも参考程度にしておきましょう。

顔が大きいかどうかは、自分の写真をみて明らかに顔が大きく写っていたり、友人や知人から『顔が大きい』とハッキリ言われたかどうかでなんとなく判断することができます。

また、自分の顔の縦の長さで身長を割ったとき、何頭身になるかどうかをチェックするのもオススメです。

いわゆるモデル体型は八頭身と言われていますね。

つま先から頭までで、頭を8個ぶん置ける…という意味です。

顔が縦に長い場合は、5頭身ぐらいになりやすいです。6頭身で普通、7頭身でやや小顔…ぐらいに考えると良いでしょう。

スポンサーリンク

顔を小さくすることは可能なの? 顔が大きくなる原因は?

顔の大きさは生まれつきなので変えられない…と思っているひとが多いですが、実際はコツコツ努力していけばかなりの程度、小さくすることが可能です。

もちろん骨格などによって限界はありますが、なにもせずに過ごしているよりもはるかに小顔に近づいていきます。

では、そもそも顔が大きくなってしまう原因はなんなのでしょうか?

肥満

かなり多いのがこちらです。

『肥満』

太っていると、どうしても顔にも肉がついてしまいます。

頭や顎に肉が集まって顔が長くなりますし、頬にお肉がついても横に広くなってしまいます。

太っているひとがダイエットに成功すると、

『あれ? 顔小さくなった?』

と言われるのはそのためです。

むくみ

むくみも大きな原因のひとつです。

塩分などを過剰摂取したり、運動をまったくしないと顔がむくみやすくなり、顔がでかく見えてしまいます。

実際、慢性的にむくんでいるひとがむくみを解消すると、顔が一回り以上小さく見えることが多いです。

骨格

そもそもの骨格が大きいというケースもあります。

特に親の顔も大きい場合、子供はその影響を受けやすいです。

骨格が原因の場合は、『肥満』『むくみ』ほど簡単には解消できませんが、キチンと正しい方法で努力していけばかなりの程度、小顔にすることが可能です。

男の顔を小さくする方法1 ダイエット

それでは、顔を小さくする方法をご紹介していきます。

まずなんといっても効果的なのが、

『ダイエット』

です。

特に肥満のひとは、ダイエットをすれば顔のサイズが一気に小さくなります。

それほど太っていない人でも、今より3kgも痩せれば顔もシュッとひきしまり、かなりの小顔効果を得られます。

ダイエットをすると、顔だけでなく全身の印象も激変しますので、まず最初に試してみてください。

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

顔を小さくする方法2 むくみを取る

むくみを取るのも非常に効果的です。

むくみが取れれば、ほおの厚みが少なくなり、引き締まった男性らしい顔になることができます。

では、むくみを取るにはどうすれば良いのでしょうか?

塩分を控える

まずなんといっても大事なのが、塩分を控えることです。

塩分を取りすぎると、体は血液中の塩分濃度を一定にしようとするので、水分を溜め込もうとします。これがむくみのメカニズムです。ですので、塩分の濃いものを食べ過ぎた翌日などは、顔がパンパンになってしまうのです。

塩辛いものが好きな人などは、普段から気がつかないうちに塩分を摂り過ぎていて慢性的に顔がむくんでいる可能性がありますので、意識的に塩分を減らした食事を摂るように心がけましょう。

塩分が原因のむくみの場合、食事を改善すれば、ほんの1~3日ぐらいで小顔になります。

運動不足

むくみの最大の原因は塩分お過剰摂取ですが、他にも運動不足により血行が悪くなってしまってむくんでしまうケースも多いです。

ですので、定期的な運動を心がけましょう。

簡単なジョグングを1日15分、週に3回行うだけでも、見違えるほど顔が引き締まります。

顔を小さくする方法3 筋トレ

これは男性特集の小顔作りテクニックです。

『筋トレ』

をすることによって、顔を小さく、引き締めることができます。

なぜかというと、筋トレをすると『テストステロン』という男性ホルモンが増えるからです。

テストステロンが増えると、体や顔つきが男らしくなり、男性としての魅力が増します。

当然、顔も変わります。

頬などがシュッとし、顔全体も引き締まるので、小顔で精悍な顔つきになります。

『筋トレするとイケメンになる』

と昔から言われているのはそのためです。

顔が大きいだけでなく、いまいち顔に締りがない、たるんだ印象の顔になってしまっているひとは、週に2回の筋トレをすれば小顔&イケメン効果を得られるので、一気に魅力が倍増しますよ!

顔ダイエットの方法!顔痩せ筋トレで小顔になる!食事や食べ物の効果は?

顔を小さくする方法4 小顔体操

小顔になる体操も効果的です。

もっとも有名なのは、『あいうべー体操』です。

『あいうべー体操のやり方』

1、『あー』と言いながら、思い切り『あ』の形で口を開く。

2、『いー』と言いながら、思い切り『い』の形で口を開く。

3、『うー』と言いながら、思い切り『う』の形で口を突き出す。

4、『べー』と言いながら、思い切り『べ』の形で口を開き、舌を前に向かって思い切り伸ばす。

これを1日5分ほど繰り返すだけで、口周りがシュッと引き締まり、小顔になることができます。

とはいえ、一日だけではなかなか効果は得られないので、毎日コツコツ続けることが大切です。

骨格を変える方法はあるの?

骨格が原因で顔が大きい場合は、顔の骨格を矯正するアイテムがオススメです。

最近はネットで安くて良い商品が色々と売られていますので、自分にあったものを試してみると良いでしょう。

たとえば、こちらなどが人気みたいですね。

よく噛むことで小顔効果が得られることも!

また、よく噛んで食べることで顎が引き締まり、小顔効果が得られることもあります。

顔が大きいひとのなかにはあまり噛まずに食べ物を飲み込む習慣があるひとも多いので、顎が緩んでしまって間延びした顔になってしまっていることが少なくありません。

毎日の食事をよく噛んで食べるようにすると、自然と口周りが引き締まり、顎もしまってくるので、小顔になっていきます。

『口がギュッと閉まっている男はモテる』

と昔からよく言われているので、口から下が長いひとはぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『顔を小さくする方法、男編』

というお話をしてみました。

顔が大きいとコンプレックスになりやすいですが、しっかりと小顔になる努力を継続していけば、必ず今よりもずっと小顔になることができます。

ぜひ諦めず、毎日の努力を継続してみてください!

※こちらの記事も人気です!

お腹の脂肪の落とし方で男性にオススメのダイエット法は?腹筋のコツ!

呼吸を整えると心も体も健康に!深呼吸のリラックス&ダイエット効果

ダイエットに成功する方法!簡単に痩せるコツは?男と女の違いは?

30代女性のダイエット方法!痩せない理由やリバウンドしない食事は?

男性のお腹の脂肪をとる方法!ぽっこりお腹の痩せ方や腹筋の鍛え方!

ダイエットアプリで無料で人気なのは?痩せるおすすめランキング!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください