産後ダイエット運動!家で簡単にできるのは?痩せる食事や筋トレも!

妊娠中大きかったお腹が、産んだと同時にスッキリするのかと思いきや、妊娠5~6ヶ月程のお腹の膨らみが残ってしまった。

また、食べ悪阻の関係で、思ったより増えていた体重に驚き。

自身の体重から子供の体重を引いてもおかしな数字に悲しみました。

出産後のあの幸せから、改めて鏡を見た時の何とも言えない衝撃。

そんな事を感じた方は、私以外にも少なからずいるのではないでしょうか。

お母さんになっても女として綺麗でいたい!!

ダイエットに肝心な事とは、それは何と言っても継続です。
無理を強いた運動や、食事制限で挫折しては意味がありません。
身軽な独身時代の様なダイエットはできませんが
子供が居る主婦だからこそできるダイエットを取り入れていきましょう。
赤ちゃんと一緒に遊びながらできる、産後ダイエットにピッタリのエクササイズ!
是非一緒にチャレンジしてみませんか?

スポンサーリンク

産後ダイエット運動!家で簡単にできるのは?

今回お勧めする、ダイエット運動は・・・

お尻歩きダイエット

です。

子供との遊びに繋げ、スキンシップとしても有効な方法です。

『やり方』

1.体操すわりをする
2.そのままお尻で前進あるのみ!!!

初めのうちは時間や距離は関係なく、子供との遊びとして始めてみてください!

●まだ子供が小さいうちは、お腹の上に乗せてゆっくり進んでみる。
 ふわふわ揺れる動きは、この時期の赤ちゃんはとても喜びます
●歩ける時期の子供であれば、よーい、どん!!!で競争してみる。
 子供って競争大好きなんですよね。飽きず懲りず、付き合ってくれますよ!

お尻歩きをすると、腰を左右に動かす動作になります。
この左右に動かす動作が、産後の骨盤の歪みを整え、骨盤周りの筋肉(お腹・お尻・腰)に働きかけ、ぽっこりお腹やお尻のたるみの解消にも繋がります。

骨盤の歪みは腰痛を引き起こしますので、腰痛持ちの方は是非試していただきたいです。

産後の悩みの上位にも上がる便秘にもお尻歩きは有効です。
左右の動作が腸にも働きかけ、腸内の動きも活発になります。
私も酷い便秘なのですが、何度も助けられています!
便秘解消には運動が一番です、ぽっこりお腹の原因である便秘も解消しましょう!

ダイエット!!!痩せるため!!!なんてまずは考えずに、体を動かすスキンシップがコツです

また適度な運動は、体の疲労やストレスも解消します。
少しずつ取り入れていきましょう。

産後ダイエットで気をつけるべきことは?

出産後は、自律神経やホルモンバランスが不安定な状態にあります。
体に大きな負担をかけてしまう激しい運動や、過度な食事制限は決して行ってはいけません。

特に食事制限は、母乳育児には厳禁です。
摂取したものが赤ちゃんの栄養になると考え、食事を制限するのではなく、選んで食べる事を意識しましょう。

良質で健康的な食品は、結果ダイエットに繋がります。

産後ダイエットを開始するベストな時期は人それぞれですが、目安としては、1ヶ月検診にて医者と相談しながら、産後2~3カ月くらいを目安に、少しずつ軽いストレッチから始めていきましょう。

産後ダイエットにおすすめ! 痩せる食事!

ダイエットと聞くと思い浮かぶのが【運動】【食事制限】ですよね。
食事制限をして摂取カロリーを制限すれば、勿論体重は落ちて痩せていくはずです。
しかし、産後の女性の体は例外です。

出産では多くの妊婦さんが出血を伴います。
産後1カ月は悪露の影響によって、生理のような出血が続きます。
そして授乳での母乳は、お母さんの血液です。

出産から産後長い間、私たちの体は多くの血液を失い、鉄分不足に陥ります。
立ちくらみやめまい、本当に辛いですよね。
また産後すぐ始まる育児。昼夜関係なく、定期的な授乳で、栄養は絶え間なく失っていきます。

授乳期間中基本的には、自然と体重は落ちていくものです。

ですので、OOを抜くダイエットではなく、
いいものを増やす、不足分を補うという食事を取りましょう。

そこでお勧めの食材は・・・
レバー & 空芯菜 です!!!

レバーは鉄分が豊富と有名ですよね。勿論その通り、独特な風味がありますが、数多くの食材の中でも栄養素がかなり高く、鉄分
不足の女性には是非摂取していただきたい食材です。

動物性ヘム鉄が豊富に含まれており、体内吸収率が抜群です。

さらにビタミンAも豊富に含まれているのが特徴で、体内のヒアルロン酸を増やしてくれます。美肌効果やアンチエイジング効果も期待できる食材なのです!!!

もう一つお勧めの空芯菜は、別名エンサイと言われ、シャキシャキとした歯ごたえのある野菜になります。

疲労回復の効果が高いビタミンB1、ビタミンB2が含まれており、疲労が溜まっている産後の体にはピッタリの野菜です。

食物繊維も豊富で、便秘に効果的。
そして産前産後に必要不可欠な葉酸も豊富です!

赤ちゃんの成長もサポートしてくれる成分で、離乳食にも是非活用していただきたいです。

葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすい性質です。

温かいスープにして体を温めながら、栄養を取り入れていきましょう。

筋トレもダイエット効果抜群!

筋トレをするとダイエット効果抜群! おすすめの簡単筋トレをいくつかご紹介します!

抱っこしながらのスクワットで下半身の引き締めに

赤ちゃんをあやすための抱っこを活用して、スクワットをしてみましょう!

赤ちゃんの体重が丁度よい負荷となり、より効果が上がります。

足を肩幅に開き、息をゆっくり吐きながら、出来る所まで腰を落としましょう。

始めは10回程度から。慣れていけば自分のペースで回数を増やしてみてください。

ふわふわとした動きにより、心地よく赤ちゃんも良く眠りますよ!

赤ちゃんのたかいたかい!で二の腕&腹筋を鍛える

首がしっかりすわっている赤ちゃんと行ってください!

子供が喜ぶたかいたかい。これは二の腕やお腹への最高の筋肉トレーニングになります。

上へ持ち上げる時に力が入る腕はもちろん、踏ん張る時に腹筋をフル活用!

同じ位置で抱えキープし、筋肉が硬くなっていることを意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかかでしたでしょうか。
良質な食事、適度な運動。
毎日大変な育児に追われて自分の事は後回しかと思われますが、子供を持つ私たちだからこそできる運動や食事で、いつまでも綺麗なママを目指していきましょう!
(ライター・Y)

※こちらの記事も人気です!

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

お腹周りダイエット方法!簡単に痩せる食べ物やおすすめの食事は?

腕を細くする方法で短期間で効果があるのは?筋トレやマッサージは?

ダイエット方法 簡単で短期間に効果が出るのは?一番痩せるやり方は?

ケトジェニックダイエット方法!食事やクチコミは?コンビニ食も!

ダイエットのリバウンドの原因は?リバウンドしないで痩せる方法!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください