高校生ダイエット男子編!簡単に痩せる食事や運動は?危険な方法は? 

『お腹が出てるから痩せたい』
『みんなにデブと言われるから、ダイエットしたい』
『痩せてカッコよくなりたい』

高校生にもなると、自分の見た目が気になりはじめますよね?
特に太っている人は、痩せてカッコよくなりたいと思うことでしょう。

でも、そうはいっても世の中のダイエット方法は、女性のものや中年男性のためのものばかりで、『高校生男子』のためのダイエットはほとんどありません。

そこで今回は、

『高校生男子のダイエット方法!簡単に痩せる食事や運動と、やってはいけない危険なダイエット法』

を、ご紹介します。

絶対に痩せたい!と思っている高校生男子は、ぜひ参考にしてください。

※この記事は読み終わるまでに5~7分ほどかかりますが、『高校生が絶対にやってはいけないダイエット法』などもご紹介していますので、必ず最後まで読んでください。間違ったダイエットをすると身体を壊し、将来を台無しにする危険性があります。

スポンサーリンク

高校生男子のダイエットは簡単!

まず初めに知っておいて欲しいことがあります。

それは、

『高校生男子のダイエットは簡単』

だということです。

なぜかというと、高校生ぐらいの男子というのは、生命力が満ち溢れているので、筋肉が付きやすいからです。

さらに回復力もすさまじく高いので、中年男性のように『一日運動したら、次の日は筋肉痛でぐったり』ということもありません。

全人類のなかでもっとも痩せやすいのが高校生の男子といっても過言ではありません。それくらいにエネルギーが全身に満ち溢れているのです。

ですので、正しいダイエット方法をやりさえすれば、誰でも簡単に痩せることができます。

しかし、間違って『やってはいけないダイエット』をしたりすると、痩せるどころか身体を壊し、最悪、取り返しのつかない後遺症が残ってしまう危険性さえあります。

ですので、ここでキチンと正しい知識を身に付けましょう。

スポンサーリンク

絶対にダメ!危険なダイエット方法

では、具体的にどのようなダイエット方法が『危険』なのでしょうか?

一つずつ紹介していきます。

まったく食べないダイエット

これは絶対にやめましょう。

『とにかく、ゴハンを我慢すれば体重が落ちるハズ!』

なんて考えて食事を抜くと、身体がどんどんガタガタになっていきます。

まず、『食べなければ痩せる』という考え方自体が、バカバカしいほど大間違いです。

食べなければ、確かに体重は落ちていきます。

見た目も細くなっていきます。

でも、それは決して『カッコよくなった』というわけではありません。

その逆です。ガリガリになって非常にカッコ悪くなるだけです。

頬がこけてガイコツのような顔になり、肌はガサガサ、髪もパサパサになって、女子から『気持ち悪い』と思われます。

なぜなら、それは痩せたのではなく『やつれただけ』だからです。

痩せるというのは、脂肪が減ることです。

でも、食べないでいると、脂肪が落ちるよりも先に筋肉が細くなっていきます。

筋肉がやせ細ると、痩せにくい体になり、見た目も非常に頼りなく、かっこ悪くなります。

なにより、食べないダイエットは絶対に続かない上に、様々な病気や障害になる可能性があります。

ネットなどで、

『〇日間、食事を我慢したら痩せました!』

などと報告しているひとは、筋肉が減ってやつれただけなのに、痩せたと勘違いして浮かれているだけです。

一週間後には間違いなく元に戻っているので、真に受けてはいけません。

炭水化物抜きダイエット

これも一時とても流行りました。

ゴハンやパン、麺類などの炭水化物をまったく食べなかったり、極端に減らしたりするダイエットのことです。

これも、絶対にやめましょう。

脳の栄養素は、ブドウ糖だけです。

そしてそのブドウ糖は、炭水化物から作られているのです。

つまり、炭水化物を摂らないと、脳は栄養が摂れなくなってしまうのです。

その結果、イライラしたり、ボーっとしたり、感情が不安定になったり、最悪の場合、脳が小さくなっていきます。

するとどうなるかというと、摂食障害などの深刻な症状が現れます。

摂食障害についてはあとで詳しく説明します。

コレを食べれば痩せますダイエット

テレビなどでよく放送されている、

『〇〇の脂肪燃焼効果!』

みたいな番組を信じて、そればかり食べる人がいますが、全く何の効果もないので今すぐやめましょう。

脂肪燃焼効果なんて、あってもなくても変わらない程度の小さな効果でしかありません。

ですので、そんなものをいくら食べてもまったく痩せません。英単語を一つだけ覚えて東大に合格しようとするようなものです。

なにより、同じものばかりを食べ続けるのは身体に毒です。

人間は、毎日毎日同じものは食べられません。

お米やパンなどの炭水化物は別ですが、おかずなどは、毎日同じものが続くと飽きてしまいますよね?

なぜ飽きるのかというと、身体が『もうその栄養は足りてるからいらない!』と信号を出しているからです。

逆に、『なんか今日、あれが食べたいな…』と思うのは、その栄養素が足りていないからです。

このように、人間というのは、

『今、足りていない栄養素を食べようとする』 

という仕組みがあります。

それなのに、同じものばかり毎日食べ続ければ、必要な栄養素ばかりを摂取しまうので、身体に悪影響を与えてしまいます。

たとえば、しょう油を1リットル飲むと命を落とすって知っていましたか?

調味料だろうと食べ物だろうと、必要以上に取りすぎれば身体を傷つけてしまうのです。

なにより、この世に痩せる食品なんてものはありません。

『低カロリーなのでダイエットに役立つ!』という食品はもちろんありますが、『これを食べると脂肪が燃焼して、どんどん痩せていく!』なんて食べ物はこの世に一つもないのです。

もしもそんなものが存在していれば、誰もダイエットで悩んだりしません。

飲むだけで痩せるサプリ

同じく、飲むだけで痩せるサプリもありません。
それらはあくまでお『ダイエットのサポート』をするだけです。

たとえば、『運動すると鉄分が不足しがちになるから、鉄分を素早く補給できるサプリ』という具合に。

そのサプリそのもので痩せるのではなく、あくまでも『ダイエットのために運動している人のサポートをするアイテム』でしかないのです。

その証拠に、ダイエットサプリの商品説明をよく読んでみてください。

どこにも、『これを飲めば痩せる!』とは書いていません。

なぜなら、法律で書いてはいけないことが決まっているからです。

ではなぜそんな法律が出来たのかというと、『そんなものはないから』です。

他にも『高校生がダイエットサプリを飲むと危険』でも説明したように、危険なことがたくさんあります。

絶対に、こういったアイテムに頼ってはいけません。お金と時間を無駄にするだけです。

無理な運動

最後は、

『無理な運動』

です。

ダイエットに運動は絶対に必要ですが、だからといってやりすぎてしまってはいけません。

やりすぎると、身体を壊してしまいます。

ダイエットを始めた最初のころは、ついつい気合が入りすぎてしまい、やりすぎてしまうことが多いです。

しかし、最初に頑張りすぎると続かなくなります。

また、自分の限界を超えた運動をやろうとすると、怪我をしたり体調を崩したりしてしまいます。

決してやりすぎず、適度な運動をコツコツと継続していきましょう。

その方が、リバウンドも挫折もしにくいので、結局は早く痩せます。

間違ったダイエットをするとどうなるの?

では具体的に、間違ったダイエットをしてしまうとどんなことになるのか、いくつか簡単にご説明していきます。

摂食障害

摂食障害とは、ごく普通に食事をすることが難しくなってしまう心の病気です。

大きく分けて、『まったく食べられなくなるタイプ』『極端に食べ過ぎてしまうタイプ』のふたつがあります。

これは、ストレスなどが原因でなることもありますが、『まったく食べない系』の無理なダイエットが原因でなってしまうことも多いです。

『食べること=太ること=悪いこと』

と、考えてしまうわけです。

ですので、無理に食べても吐いてしまったりして、どんどん身体が衰弱していきます。

治療にも長い時間がかかることが多く、本当に辛い毎日になってしまいます。

脳や体が成長できなくなる

食事を極端に抜いたり、偏った食べ物ばかり食べていると、身体がキチンと成長できなくなります。

高校生のなかには、すでに身長も伸びきっていて、『身体は十分に成長し終わった!』と思っているひともいますが、それはあくまでも身長が伸びきっただけの話です。

骨や筋肉、内臓や脳などは、まだまだ成長の途中なのです。

つまり、たくさんの栄養が必要になります。

そんなときに、ダイエットだからといって無駄に食事を少なくしたり、おかしな食事ばかりしていたら、身体がキチンと出来上がりません。

最悪、脳が成長しきれなくて、感情がコントロールできない大人になったり、集中力の少ない大人になって仕事ができなくなってしまう危険性さえあります。

病気や怪我になりやすい

食事を抜いて身体の免疫力が低下すれば、病気になりやすくなります。

また、『痩せるから』と同じ物ばかり食べ続けても、何かしらの病気になります。必要のない栄養素ばかりになって、身体に悪影響を及ぼすからです。

有名なので、『水中毒』というものがあります。

水の飲み過ぎて内臓がダメージを受け、頭痛やめまいなど、様々な症状が現れます。

最悪の場合、命に関わることさえあります。

『水をたくさん飲むと痩せる』と聞いて、飲みたくもないのに無理して水を飲み続けたひとが、この水中毒になって身体を壊してしまったりします。

病気だけでなく、怪我もしやすくなります。

『絶対に痩せる!』という気合は素晴らしいですが、そのせいでやりすぎてしまい、怪我をしてしまうのです。

『やりたいときにやればいい』というのでは痩せられませんが、体調が悪いのに無理して運動しても、逆効果にしかなりません。

決して無理をせず、正しい方法と自分にあったペースでダイエットをしないと、痩せるどころか健康を害してしまうだけの結果になってしまうのです。

スポンサーリンク

高校生男子のダイエット方法1 食事編

それでは、いよいよ本題に入りましょう。

まずは『食事』です。

これは、以下の3点に注意してください。

1、甘い物、ジャンクフードは一切、食べない。
2、間食はしない
3、三食、健康的なものをしっかり食べる。(特にタンパク質)
4、しっかり噛んで食べる。

まず、痩せたいならば今後一切、お菓子やジュースは口にしないでください。

この世の中に、お菓子やジュースが大好きだけどスタイル抜群!なんてひとは一人もいません。

ハンバーガーなどの、カロリーが高いジャンクフードも禁止です。

もちろん、間食も太るからだめです。

その代わり、朝昼晩のゴハンはしっかりと食べてください。

ただし、一口につき50回は噛んでから飲み込んでください。

こうすることで、栄養が吸収されやすくなるので、少ない量で十分な栄養を摂ることができるようになります。

また、満腹中枢も刺激されるので、『お腹いっぱい』と感じるようになり、我慢することなく食べる量も減らせます。

つまり、お腹いっぱい食べて、前より栄養はたくさん摂れているのに、摂取カロリーは減っているという最高の状態になるのです。

これを続けていくだけでも、太っている人なら10kgは体重が落とせます。

そのうえ、より健康になれるのですから、ぜひ実行してみてください。

※ただし、唐揚げや天ぷらなどはさすがに食べ過ぎないでください。脂っこい物以外なら基本的に好きなだけ食べてOKです。

高校生男子のダイエット方法2 運動編

ダイエットしたいなら、絶対に運動してください。

運動しないでダイエットしようとすると、必ず限界がきます。

それどころか、『本当は痩せていないのに痩せたと思い込んでしまい、リバウンドする』という目に遭います。

なぜなら、運動しないでダイエットしようとすると、筋肉が減ってしまうからです。

筋肉が減ると、一応、体重は落ちます。

しかし、実際は脂肪が減ったわけではないので、まったく痩せていません。

それどころか、筋肉が減ることによって脂肪が燃焼できなくなり、より太りやすい体質になってしまいます。

『筋肉をつけて、脂肪を減らす』というのが、正しいダイエットです。

『筋肉を減らして、脂肪はそのまま』という間違ったダイエットばかりしているから、世の中の多くの人はリバウンドして失敗するのです。 

筋トレ週2日、ジョギング週3日がベスト!

ではどんな運動をすれば良いのかというと、最高なのは『筋トレ』です。

筋トレは筋肉を増やすためのトレーニングなので、やればやるほど脂肪が燃えやすい体になっていきます。

それだけでなく、筋トレをすると『テストステロン』という男性ホルモンが増えるので、性格が男らしくなり、顔つきもかっこよくなるので、女子からものすごくモテやすくなります。

筋トレは週2日、上半身だけ鍛えてください。

腕立てや腹筋、背筋を、『キツイと感じる回数×3セット』やるのが理想です。

一度筋トレしたら、超回復といって筋肉を休ませる時間が必要なので、月曜に金トレしたら次は木曜、などのように間をあけてください。

あとは、ジョギングを週に3日ほど行ってください。

週に3回ほど走れば、足の筋肉もほどよく鍛えられるし、有酸素運動なので脂肪も燃焼していきます。

1回30分以上、できれば1時間以上が望ましいです。

そして、週2日はしっかりと休んでください。

休むこともダイエットには大切です。勉強でもなんでもそうですが、がむしゃらに根性で頑張ろうとする人は100パーセント失敗します。

なぜなら、あっさりと挫折してしまうからです。

そうならないためにも、しっかりと週2日は休むようにしましょう。

体調が悪いときなどは、週3日休んでもOKです。厳しくしすぎないのが続けるコツです。

高校生男子のダイエット方法3 睡眠編

睡眠はしっかり取りましょう。

なぜなら、睡眠がちゃんととれていないと、精神が安定しないからです。

よく、勉強できない、集中できないという学生がいますが、それは多くの場合、ちゃんと寝ていないからです。

二日間、睡眠時間が短くなっただけで、人間の脳は丸二日徹夜したのと同じくらいまで機能が低下します。

ボーっとしたり、やる気が出なくなったりするのです。

こんな状態では、運動なんてまったくやる気になれません。

このように、勉強や運動のやる気が出ないというひとは、別に根性がないわけでもなんでもないのです。

ただ単純に、ちゃんと睡眠を取る習慣がついていないから、いつも脳が冴えていないだけなのです。

睡眠はしっかり7時間以上は取りましょう。

そして、寝る前ギリギリまでスマホをいじったり、ゲームをするのをやめましょう。

寝る前にスマホなどをいじると、脳が覚醒してしまって、睡眠の質が悪くなります。

すると、時間は十分に寝たハズなのに、脳は冴えない…という状態になってしまいます。

また、それとは別に、『睡眠が足りないと太りやすくなる』というデータもあります。

しっかり寝て、毎日体調を万全にしておけば、ダイエットだろうが勉強だろうが、苦も無く続けられるようになります。

睡眠は、決しておろそかにしてはいけないのです。

その他のダイエット・テクニック

ダイエットを成功させるテクニックは、他にも色々あります。

たとえば、『レコーディングダイエット』など。

私はこの方法と、食事をよく噛むことを組み合わせて10kg以上痩せましたので、興味のある方はぜひ取り入れてみてください。

⇒ レコーディングダイエット ノートの書き方や作り方は?おすすめアプリも

他にも、『痩せる宣言をする』というのもオススメです。

友達や親などに、『夏までに5kg落とすから』などと宣言してください。

人間の脳は、自分が発した言葉を暗示として受け取ります。

ですので、こうした宣言をすることにより、やる気が高まったダイエットが成功しやすくなります。

昔から、

『夢は口に出すと叶いやすくなる』

と言われているのは、そのためです。

これは別におまじないでも何でもなくて、脳科学でも正しいことが確認されています。

ちなみに、『オレ、デブだからさー』などと冗談でも口にするひとは、絶対に痩せられないことも分かっています。

『自分はデブなんだ』と自分の脳にインプットしてしまっているので、デブであるための行動をしてしまうのです。

『お菓子を食べちゃってもいいよな。だってデブだから』

『運動なんてしなくていいよな。だってオレ、デブだから』

と、無意識に思ってしまうのです。

でも、『オレは痩せるんだ』と自分に言い聞かせていれば、おいしそうなお菓子をもらっても、

『オレは痩せるんだから、お菓子は食べない』

『テレビが見たいけど、痩せるんだから運動しなきゃ』

と、ダイエットすることができます。

ですので、自分の目標はどんどん言葉にしていってください。 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

『高校生男子のダイエット方法』
 
を、ご紹介しました。

本気で痩せたい!というひとは、ぜひこの通り実行してみてください。

そして、絶対に間違ったダイエットをしないでください。

ゴハンを抜いたり、何かを食べて痩せるダイエットは絶対に失敗します。

しかし、しっかりと身体に良いものを食べて、キチンと運動を続ければ、誰だって痩せることは可能です。

ぜひ、正しいダイエットに挑戦してみてください!

※その他のダイエット情報はこちら!

モテる高校生男子の特徴と両思いになるコツ!女子が好きになるタイプは?

高校生のダイエット中のお弁当は?痩せる食べ物や太る食べ物はコレ!

中学生や高校生男子のダイエット!楽して簡単に痩せる方法は?食事も!

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

ダイエットのリバウンドの原因は?リバウンドしないで痩せる方法!

三日坊主を直す方法(体験談)!勉強もダイエットも続けるコツとは?

ダイエット 食事制限なし運動なしでは痩せない?簡単に痩せる方法は?

高校生ダイエットの運動で絶対に痩せるのは?全く効果がない運動は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください