皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方!落ちやすいのは?見分け方と痩せるコツ

太りすぎで困っているそこのあなた、脂肪には『内臓脂肪』『皮下脂肪』の二種類があることはご存じですか?

この2つの脂肪はそれぞれ落ちやすさや落とし方のコツが違いますので、しっかり理解しないとどれだけダイエットをがんばっても痩せられない…なんてことにもなりかねませんよ!

そこで今回は、

『皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方! 落ちやすいのは? 見分け方と痩せるコツ!』

を、ご紹介したいと思います。

これまで何度もダイエットに挑戦したけど痩せられなかった…というひとは、ぜひこの機会に『効果的なダイエット方法』を学んで、今度こそスリムな体型を手に入れてください!

スポンサーリンク

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは?

そもそも、皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは何なのでしょうか?

まずはこのことを理解しましょう。

まず皮下脂肪ですが、これは文字通り『皮膚の下につく脂肪』です。

腕や太ももなどに特につきやすいため、皮下脂肪が増えると手や脚が太くなってしまいます。
もちろん、お腹周りにも付きます。太っているひとは手でつまむと皮膚の下に分厚い脂肪を感じることができると思いますが、それが皮下脂肪です。

皮下脂肪は男性よりも女性につきやすいと言われています。女性が太ってもお腹だけデンと突き出ることはなく、全体的に丸くなっていくのはそのためです。また、内臓脂肪と違って病気のリスクはあまりなく、体温を高めるのに役立っている面もあります。

一方の内臓脂肪は、皮膚よりももっと深い内臓にくっつく脂肪のことです。

そのため、手でつまんだりすることはできません。
代わりに、内臓につくためお腹が出てきます。
中高年になるとお腹が出てくるひとが多いのも、この内臓脂肪が原因です。
カロリーの摂り過ぎやお腹の筋肉量の低下により、重くなった内臓を支えきれなくなってしまうため、お腹が出てしまうのです。

この内臓脂肪は男性につきやすいと言われています。男性の多くが30歳をすぎるとお腹が出てしまうのはそのためです。いわゆるビール腹というやつで、放っておくと様々な病気を引き起こしてしまう危険なものです。

『皮下脂肪と内臓脂肪の違い』

(皮下脂肪)

〇皮膚の下につく。
〇女性につきやすい。
〇病気のリスクは低い。

(内臓脂肪)

〇内臓につく。
〇男性につきやすい。
〇病気のリスクが高い。

スポンサーリンク

落ちやすいのはどっち?

皮下脂肪と内臓脂肪のうち、落としやすいのは内臓脂肪です。

内臓脂肪は病気のリスクもある危険な脂肪ではありますが、一方で『すぐにエネルギーに変わる』という特性もあるため、正しいダイエットさえすれば意外と簡単に落ちてしまいます。

もともと内臓脂肪は、男性が狩りや戦いをするために一時的にエネルギーを蓄えておくための仕組みなのではないかとも言われているくらいですので、継続的な運動をするとみるみるお腹が引っ込んでいきます。

一方の皮下脂肪は、内臓脂肪に比べるとなかなか落とせません。

もちろん正しいダイエット方法を継続していけば落とせますが、内臓脂肪のように運動してすぐに落ちることはなく、徐々に徐々に溶けていくため、ダイエットの効果が現れるのには時間がかかってしまいます。

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方は?

では、皮下脂肪と内臓脂肪はどうやって見分ければ良いのでしょうか?

『皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方』

〇手足は細いのにお腹だけ出ている⇒内臓脂肪。

〇お腹は出ているけどお肉はつまみにくい⇒内臓脂肪。

〇手足が太い⇒皮下脂肪。

〇太っているぶぶんをつまむと肉が厚い⇒皮下脂肪。

大体このような感じで、自分が皮下脂肪型なのか、内臓脂肪型の肥満なのかが分かります。

もちろんこれは目安で、『内臓脂肪もついているけど皮下脂肪もついている』ということも多いです。ようはどちらの脂肪が多いのかをはかる目安だと思ってください。

もっとも簡単な見分け方は、『お腹が出ているかどうか』『自分が男性か女性か』ということです。

お腹だけが突き出ている場合は、ほぼ内臓脂肪型だと思ってい良いでしょう。特に男性の場合はほぼ内臓脂肪型の肥満だと思って良いでしょう。

逆に、女性の場合はたいてい、皮下脂肪型です。お腹がものすごく出ている場合は別ですが、多くの場合、女性は太っても全体的に丸くなっていきます。お腹だけが出てくるということは稀です。

皮下脂肪の落とし方は?

では、皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方をご紹介します。

自分が皮下脂肪多めなのか、内臓脂肪多めなのかを見極めてから、自分にあった方法を取り入れてみてください。

もちろん、両方の脂肪がある方は両方を取り入れてもOKです。

まずは皮下脂肪の落とし方から。

皮下脂肪は時間をかけて落とす!

皮下脂肪は内臓脂肪よりも落ちにくい脂肪なので、じっくりと3ヶ月~半年かけて落としていくイメージを持ってダイエットの計画を立てましょう。

具体的には、以下のことを心がけましょう。

〇筋トレ。
〇カロリー制限
〇ストレッチ。

皮下脂肪には筋トレが効果的!

まず、運動は筋トレがオススメです。

筋肉が増えると脂肪が燃えやすい体になりますので、筋トレをして筋肉量を増やせば、全身の脂肪が自然と燃焼していきます。

また、腕や太ももが脂肪でぶよぶよになっている場合も、筋トレをすることでみるみる引き締まり、スラッとした手脚に変わっていきます。

ダイエットというとすぐにジョギングや水泳などの有酸素運動をイメージしがちですが、長い目で見れば筋トレの方がダイエット効果は高いです。特に皮下脂肪には効果が高いので、女性でも積極的に筋トレを行うことをオススメします。

ちなみに、筋トレをしたらムキムキになってしまうんじゃ…と心配する女性の方もいますが、まずそんなことはありえないのでご安心ください。

よほど本格的なトレーニングと食事をしない限り、女性がムキムキになることはまずありません。女性ホルモンがあるからです。

ムキムキになるどころか、ウエストや太ももなど、体のラインが引き締まってスタイルがよくなるのが普通です。

カロリー制限

皮下脂肪の原因はいろいろありますが、多いのはやはりカロリーの過剰摂取です。

男性ならば一日2500キロカロリー、女性ならば2000キロカロリーを目安に、1日の摂取カロリーを制限しましょう。

コツは、『ちょっとお腹が空いているけど、我慢できないほどではない』というカロリーに設定することです。

『ダイエットは食事が8割』

と言われるぐらい、ダイエットの成功には食事改善が重要です。

逆に言えば、食事さえしっかり管理できれば、皮下脂肪も内臓脂肪も勝手にどんどん減っていきます。

甘いものや油物を控えて、健康的で栄養の多い食事を心がけましょう。

ストレッチ

皮下脂肪の原因のひとつに血行の悪さがあります。

血行が悪いと、その場所に老廃物脂肪がたまってしまいます。

セルライトなどはその典型で、血行不良などが原因で脂肪と老廃物が合わさり、出来てしまうと言われています。

産後の女性の体型が崩れやすいのも、出産によって骨盤がゆがみ、腰周りの血行が悪くなってしまうからです。

太もも、お腹、お尻など、一部分だけが妙に太っていたり、体型が崩れてしまっている場合は、ストレッチをして全身の血行を良くしていきましょう。

特に『開脚ストレッチ』などは腰周りの血行改善、骨盤矯正に効果的ですので、続けていけばお腹周りが一気にスッキリしますよ!

内臓脂肪の落とし方!

次は、男性に多い内臓脂肪の落とし方です。

もちろん、女性でも内臓脂肪がついていることはありますので、心当たりがあるなら日頃のダイエットに取り入れてみましょう。

有酸素運動

内臓脂肪に効果的なのは有酸素運動です。

ジョギングや水泳など、軽い負荷を長時間かけられる運動を積極的に行いましょう。

内臓脂肪はもともと、狩りをするための予備エネルギーですので、有酸素運動などを始めるとすぐに溶け出し、エネルギーに変わっていきます。

ですので、ジョギングや水泳などを習慣にすれば、お腹はみるみる引っ込んでいきます。

できれば週三日以上、1回30分以上は有酸素運動をするようにしましょう。

もちろん、忙しい場合は土日に1時間ずつ走るなど、自分なりの工夫をしてもOKです。

油物は控えよう!

内臓脂肪の原因のひとつは、油物の食べ過ぎです。

仕事帰りの居酒屋で食べ過ぎてしまったり、コンビニや居酒屋でついつい油っぽいものを食べてしまったりなど、内臓脂肪が多いひとには似たような生活習慣があります。

しかし、若いころは大丈夫でも、30歳を超えてしまうとそれらはすべて脂肪となってしまいます。

内臓脂肪は溜め込みすぎると深刻な病気を発症させてしまう危険性がありますので、油物や甘いものなど、カロリーが高く体に悪いものはなるべく食べないようにしましょう。

炭水化物を減らし、野菜を多く食べる

内臓脂肪が多いひとには、『野菜嫌い。炭水化物大好き』という特徴があります。

特に炭水化物は、ちょっと食べ過ぎるだけであっという間に脂肪に変わってしまいます。

ゴハンやラーメンなど、ついつい食べ過ぎてしまうひとは十分に注意して、今までの半分か3分の2ぐらいまで量を抑えましょう。

また、食物繊維を摂取するためにも野菜は多めに食べるようにしましょう。野菜をまったく食べないと体のなかの悪い成分が排出されず、余計に内臓脂肪を増やしてしまう結果になってしまいます。

ご飯を減らして、代わりに野菜を多めに食べるようにすれば、お腹も減りにくくなりますので一石二鳥です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方』

を、ご紹介してみました。

皮下脂肪と内臓脂肪を完璧に見分けるのは難しいですが、基本的には『お腹が出ていれば内臓脂肪』、『手足が太くて全体的に太っていたら皮下脂肪』と捉えればOKです。

どちらの脂肪の場合も、『食事改善をして運動をする』ということを継続していけば、必ず脂肪は落ちていきます。

諦めずに、コツコツと継続していくことが何よりも大事ですので、ぜひがんばってみてください!

※こちらの記事も人気です!

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

腕を細くする方法で短期間で効果があるのは?筋トレやマッサージは?

ダイエットのリバウンドの原因は?リバウンドしないで痩せる方法!

朝食抜きダイエットの効果や口コミは?痩せる人と太る人の違いは?

ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は?成功のコツは?

太ももを細くする方法!女子中学生や高校生にオススメなダイエット!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください