自分が嫌いで人間不信。被害妄想と無気力が進むと引きこもりになる!?


 こんにちは。天田です。
 今日は自分が嫌いであるせいで人間不信になり、
 果ては被害妄想と無気力が進んで
 ひきこもりになってしまうかもしれないという
 内容をお話します。

スポンサーリンク

自分が嫌いで悩むひとが急増

 最近、
『自分が嫌い』
 ということで悩んでいるひとがすごく多いです。

 理由はたくさんありますが、
 テレビやSNSなどの発達により、
『自分よりすごい人たち』
 の情報を目にする機会が増えたことがあると思います。

(家庭環境で自分が嫌いになるケースの説明はこちらです)

 僕たちはすぐに自分と他人を比べてしまいます。

「あのひとの方がかっこいい(かわいい)」

「あいつはモテてる。オレはモテてない」

 というように。

 そしてテレビやネットで取り上げられるのは、
『世の中で大きな結果を出したすごいひとたち!』
 ばかり。
(あとは逆に犯罪者だけ)

 普通のひとというのはほとんど取り上げられません。

 そういう

『すごいひと!』
『立派なひと!』
 
 ばかり目にしていると、どうしても、
「それに比べて自分は……」
 という思考に陥ってしまいます。

 これが
『自分のことが嫌い』
 になる原因のひとつです。


 

被害妄想と無気力

 自分のことが嫌いな状態が長く続くと、
 やがてひとは無気力になったり、
 ひどいときには被害妄想に陥ったりします。

「自分なんか何したって結局ダメなんだ……」

「自分は劣ってるんだ……」

 というような考えや、

「私だけ恵まれてない……」

「みんな楽しそうなのに、私だけ仲間はずれにされてる……」

 というような感情まで。
 様々な『負』の感情が胸に生まれてきます。

 そしてこれが悪化すると、
 やがてはひきこもりになってしまうこともあります。

「自分なんか社会に出たって役に立つわけない……」

「ひとにバカにされるのが恐い……」

「誰にも必要とされていない……」

 そんな風に考えてしまうからです。
 これはとても危険な状態であり、
 さらに不幸な人生になってしまう可能性があります。

引きこもりになる前に対処しよう

 そうなる前にキチンと対処し、
『自分が嫌い』
 を克服する必要があります。

 とはいえ、自分が嫌いという感情を克服するのは
 簡単なことではありません。

 一日やそこらで治ったり、
 本を一、二冊読んだくらいでは直すことは不可能です。

 なぜなら自分が嫌いという感情は、
 <あなたが何年にも渡って自分の人生で挫折してきて  少しずつ作り上げてしまった感情だからです。  だから大事なのは、 『決して焦らないこと』  です。  焦るとどうしても結果がでないことにガッカリしてしまい、 「やっぱり自分はダメなんだ……」  と、  さらに自分嫌いが加速してしまう危険さえあります。  これでは本末転倒ですね。  だから決して焦らず、  自分に出来ることを積み重ねていきましょう。

具体的な克服法は?

 では具体的にどういうことをするかというと、
 
〇本を読んで知識を蓄える

〇行動して成功体験を積む

〇友達や恋人を作り自信を高める

 
 の三つがあります。

 ひとつずつ簡単に説明していくと、

『本を読んで知識を蓄える』
 というのは、
 自分を客観的に見るための
 知識を溜め込むということです。

 自分がどうしてこんなに
 悩んでいるのか。
 自分と同じくらい悩んでいるひとは
 どれだけいるのか。

 それを知るだけでも、
「なんだ。悩んでいるのは自分だけじゃないんだ!」
 と気づくことが出来ます。
 そしてそう気づけば、

「別に私はそれほど劣ってはいないんだ」

 と自分嫌いが改善していきます。

〇行動して成功体験を積む

 これは文字通りです。
 行動し、なにかがうまくいったという体験を積めば、
 誰だって自信がつきます。
 そして自信がつけば、
 自分が嫌いという悩みも薄れていくに決まっています。

 ただし、
 くれぐれも急いで結果を出そうとしてはいけません。
 そうするとさっきも言ったように、
 失敗してますます自分嫌いが加速する可能性だって
 ありますので。

〇友達や恋人を作り自信を高める。
 
 自分が嫌いというひとの多くは、
 友達や恋人がいません。

 仮にいたとしても、
 心の通った友達ではなかったりします。
 クラスで表面的に仲良くしているだけの仲だったりします。

 こういう心のつながりがない生活をしていると、
 孤独感が増して自分嫌いが加速します。

 そうならないためにも、
 本当の意味で心の通いあった仲間や恋人を
 作らねばなりません

 さきほど説明した
『本を読んで知識を蓄える』
『行動を起こして成功体験を積み重ねる』

 を続けていけば、
 自然とそういった大切なひとは見つかります。

 そしてこういう素晴らしい仲間や恋人ができたとき、
 あなたはとっくに
『自分が好き』
 な人間になっていることでしょう。

 そしてもちろん仲間ができたあなたは、
 人間不信なんてきれいさっぱり治っているはずです。
 なぜならあなたの周りには、
 あなたを認めてくれる大切なひとが集まってきているのですから。

まとめ

 どうでしたか?
 
 自分が嫌いで辛い。人間不信や無気力に苦しむひとのために、
 ひきこもりになる前にするべき対処法を紹介してみました。

 少しでもあなたの悩みが解決すれば幸いです!

 それと、
 もっと詳しく『自分嫌い』を治す方法を知りたいひとは、
 こちらの記事を読むか、
 このブログの過去記事でタイトルに
『自分が嫌い』
 とついているものを読んでみてください。
 きっとためになるはずですよ。

 それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA