小学生の子供がもう落ちこぼれ!将来どうなる?勉強させる方法も!


『うちの子、小学校低学年でもう勉強についていけてないんです…』
『小学生で授業についていけないってまずいのかな…』

先日、このような書き込みをネットで見かけました。
正直に言いましょう。

『非常にマズイです』

なぜなら、小学校で落ちこぼれてしまった子は、この先もずっと落ちこぼれる可能性が非常に高いです。

そこで今回は、
『小学生で落ちこぼれると将来どうなるのか?』
というお話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

小学生で落ちこぼると危険?

『小学生でもう授業についていけない』

もしも自分の子供がこのような状況になったら、親御さんはとても心配すると思います。

『他の子は授業についていけているのに、うちの子はまったくついていけない…』
『うちの子だけが落ちこぼれてる…』
『このままだと、将来どうなっちゃうんだろう…』

このように悩まれるのではないでしょうか?

ハッキリ言いましょう。

『小学生ですでに勉強についていけないのは、かなり危険です』

小学生といえば、勉強の基礎の基礎を学ぶところです。
内容的にもそれほど難しくないので、授業をしっかり聞いていれば普通はついていけるレベルです。

それなのに授業が理解できていないということは、勉強の習慣がまったく身についていない、もしくは勉強のやり方が分かっていないということです。

このまま『勉強嫌い』のまま成長し、中学、高校に進んでしまったら、もはや授業はまったく理解できず、本当に落ちこぼれてしまいます。

テストで赤点を取り、ひとりだけ進級できない…もしくは進学できない…なんてこともありえます。

小学校でキチンと勉強についていけているか、いないかというのは、人生すべてに関わるほど大事なことなのです。

落ちこぼれた子供は将来どうなるの?

小学生で落ちこぼれた子供は、将来どうなってしまうのでしょうか?
これはハッキリ言えば、

『貧乏になりやすい』

です。

厳しいようですが、これが世の中の現実です。

社会に出たことのある大人ならば、誰もがうすうす気づいていることでしょうが、

『世の中というのは、基本的に、勉強ができる人が出世していきます』

なぜなら、勉強ができなければ給料の良い会社に雇ってもらえないからです。

『勉強ができなくても、自分らしく生きられればいい』
『自分の特技を仕事にすればいい』

という意見もあります。
それは決して間違いではありませんが、ひとつだけ問題があります。

『自分の特技を仕事にするのは、とても難しい』

ということです。

たとえば、絵を描くのが好きな子がいたとして、それを職業に結びつけられるのは相当な実力が必要です。

『ボクは絵を描くのが好きだから、絵を描く仕事に就きたい!』

といったところで、簡単になれるものではないのです。

結果、多くの画家志望の若者は一生アルバイトをして過ごしています。

勉強以外の特技でお金を稼ぐのは、とても難しいのです。

だから、勉強ができなかったひとたちはみな、誰でもできる低賃金の仕事をしているのです。

スポンサーリンク

落ちこぼれると、自信を失う

一番、子供にとって辛いのが、

『勉強で落ちこぼれると、自分に自信がもてなくなってしまう』

ということです。

『自分は頭が悪い』
『自分だけ授業についていけない』
『自分だけ進学できない』

このような劣等感が、子供から自信を奪ってしまいます。

結果、

『どうせ自分はなにをやってもダメなんだ』

と思ってしまって、努力しない投げやりな性格になってしまうことが多いです。

小学生の段階で落ちこぼれると、このように自分に自信がない大人になってしまう危険性があるのです。

自分に自信がない大人は仕事も続かないことが多く、社会で挫折する可能性も高いです。

今からでも勉強させる方法は?

では、今からでも勉強させる方法はあるのでしょうか?

あります。

大事なのは、

『勉強は楽しい』

と理解させることです。

では、それはどうすれば理解させられるのでしょうか?

『親が勉強すること』

です。

資格の取得でも何でも良いので、子供の前で親御さんが勉強をすることです。

そして、知識が増える喜びを感じれば、自然と子供はマネしたがります。

『勉強しなさい』

と言われるより、何倍も楽しそうに自ら進んで勉強するようになります。

ダメな場合は環境を変える

しかし、親が勉強するというのは意外とハードルが高いものです。
なかなか時間が取れないかもしれません。

そんなときは、いっそ環境を変えてしまいましょう。

お子さんを塾に入れるなりなんなりして、『勉強したくなる環境』を作るのです。

人間は周りの人間に行動に影響される生き物です。
特に子供は、周りが一生懸命に勉強していれば、自分も同じように勉強するようになります。

また、勉強ができる大人の代表である塾の先生などと接すれば、それだけでも勉強したいと思うようになります。

子供の将来のためには、ある程度の投資も覚悟しなければいけないのです。

まとめ

いかがでしたか?
『小学生で落ちこぼれると将来どうなる?』
というお話をしてみました。

小学生ならばまだまだ十分に間に合います。
将来のために、今のうちに勉強する習慣を身に付けさせましょう!

※こちらの記事も人気です!

小学生の子供が勉強しない!原因は親と環境?やる気を出す方法も!

夫婦が仲良しだと子供が幸せに育つ!家庭環境が子供に与える影響は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA