30代女性のダイエット方法!痩せる食事や運動は?太る原因も!

『20代のころは痩せていたのに、30代になったら太ってきた…』
『30歳を超えたら痩せにくくなった…』
『ダイエットをがんばってみたけどちっとも痩せない…』

このような悩みを抱えている30代女性の方、多いですよね?

実は、30代になると太りやすくなるのは男性も女性も同じことなのです。
20代まではずっと痩せていたから『私は大丈夫!』と思っているひとも、30代になったら急に腕や脚がぶよぶよになったり、お腹がたるんできたり…

さらに困ったことに、20代のころはちょっとゴハンをガマンすれば元の体型に戻っていたのに、30代になったらなかなか戻らない…ということも多いです。

そこで今回は、『30代女性のダイエット方法』をご紹介します。

正しい知識がなければ絶対にダイエットすることはできませんので、ぜひここで正しいダイエット方法を学んでください。

スポンサーリンク

30代女性は太りやすく痩せにくい?

そもそも、30代女性は本当に太りやすいのでしょうか?

答えは、『YES』です。

ひとによって多少の違いはありますが、大体32歳ごろから太りやすくなってきます。

実際ネットのアンケートなどでも、約7割の女性が『太りやすくなった』と回答しています。

また、ただ単に太りやすいだけでなく、同時に『痩せにくくなった』という意見も多数あります。

『20代のころは、食べ過ぎて太っちゃっても2・3日ゴハンを減らせば元に戻ったのに、戻らなくなった…』

『ダイエットしても体重が減らなくなった』

『運動してもちっとも体重が減らなくなった。毎日ジョギングしてもまったく痩せない』

『食事の量を減らしているのに、なぜか体重が増える。前はちゃんと痩せたのに…』

このような意見がたくさん寄せられています。

やはり、多くの女性が30代になったら太りやすくなった、痩せにくくなったということを実感しているようですね。

では、なぜ30代になると太りやすくなったり、痩せにくくなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

30代になると太りやすくなる原因は3つ!

30代になると太りやすくなる原因は、主に3つあります。

『30代女性が太りやすい3つの原因』

1、基礎代謝量の低下。
2、運動量の低下。
3、ストレス。

ひとつずつ説明していきます。

基礎代謝量の低下

これがもっとも大きいです。

『基礎代謝量の低下』

基礎代謝とは、普段なにもせずとも使われる生命活動のための消費エネルギーのことです。

体温を一定にしたり、心臓を動かしたり、内臓を働かせたり…など、私たちが何も意識しなくても勝手に行われる生命活動に使われるエネルギーのことです。

この基礎代謝量が高いと、食べ過ぎても、運動しなくても、体のなかのエネルギーは勝手に消費されていきます。

つまり、太りません。

10代、20代のころはこのエネルギー量がとても高いので、ちょっとやそっと食べ過ぎてもすぐにそのエネルギーは基礎代謝として消費されていたので、太らなかったのです。

しかし、30代になると基礎代謝量は減りやすくなってしまうので、ちょっと食べ過ぎればすぐにエネルギーが有り余ってしまい、太ってしまうのです。

これはお金に例えるとすごく分かりやすいです。

『月給20万円』-毎月の生活費20万円=貯金0円。

『月給20万円』-毎月の生活費16万円=貯金4万円

このように、毎月の使うお金の額が減れば当然、お金はあまりますよね?

毎月4万円も貯金できれば、一年後には50万円近くも貯金できてしまいます。

…が、これがお金ならば嬉しいですが、この『お金』『カロリー』に変えてみてください。 

20万円⇒2000キロカロリー。

4万円⇒400キロカロリー。

毎月⇒毎日。

とすれば分かりますよね?

毎日400キロカロリーずつカロリーが溜まっていけば、当然それは脂肪となって体にくっついてくるのです。

このように、30代になって太りやすく痩せにくくなってしまう最大の原因は、基礎代謝量の低下なのです。

今まで勝手に消費されていたカロリーの量が、少なくなってしまったのです。

運動量の低下

次に大きいのが、『運動量の低下』です。

活発に活動していた10代、20代に比べると、多くのひとは運動量が減ってしまいがちです。

会社でもデスクワーク中心になったり、出かけるときも車ばかりだったり…など、知らず知らずのうちに運動量が減ってしまいます。

すると、消費カロリーも減ってしまいます。

それだけならまだしも、使われない筋肉も衰えてしまうので、さきほど説明した基礎代謝量も下がってしまいます。

自分では気がつきにくいものですが、『知らず知らず、体を使わない生活になってしまっている』というのは、実は深刻な問題なのです。

ストレス

これも実は多いです。

ストレスを感じると、『コルチゾール』という悪いホルモンがたくさん体のなかに分泌されてしまいます。

このコルチゾールは、別名を『デブホルモン』と呼ばれているぐらい、肥満を招くと言われています。

具体的には、食欲が増したり、甘いものが食べたくなったり、疲れが抜けにくくなって無気力になってゴロゴロしたくなったりしてしまいます。

そうです。『太りやすい体や気分』を作ってしまうのです。

それだけでなく、なかには胃腸の働きが悪くなり、栄養の吸収を妨げる効果もあります。

栄養が吸収できなければ痩せる、と思いがちですが、残念ながらそんなことはありません。足りない栄養を補充しようと食欲が増してしまうだけです。

このように、ストレスというのは単にイライラしたり落ち込んだりするだけではなく、体にとっても悪影響を与えてしまうのです。

もちろん、太りやすい体になってしまう原因にもなってしまいます。

20代と同じ食事&生活習慣では確実に太る!

このように、30代女性は20代のころと比べると明らかに太りやすくなってしまっています。

特に基礎代謝量の低下は重要で、多くの女性は基礎代謝量が減っていることに気づかず、20代のころと同じような食事や生活習慣を送っているため、太ってしまうのです。

ですので、『20代と30代では体が違う。20代のころと同じ生活をしていたら確実に太る』という自覚を持つことが大切です。

ただし、しっかりと正しい方法でダイエットをすれば、30代でも痩せることは決して難しくはありません。

逆に言えば、『よく分からないけど、とにかくがむしゃらに頑張る!』というダイエットをしてしまうと、失敗してしまう可能性が非常に高いです。

では、正しいダイエット方法とはどのようなものなのでしょうか?

30代女性のダイエット方法は?

30代女性のダイエット方法は、以下の点に注意することが大切です。

1、食事改善。

2、適度な運動

3、ストレス発散法

この三つを意識することにより、辛いダイエットを頑張らなくても、自然と痩せていくことができます。

次の章からひとつずつ説明していきます。

30代女性が痩せる食事は?

ダイエットにもっとも大事なのは、何をおいても『食事』です。

『ダイエットは食事が8割、運動は2割』

と言われるくらい、ダイエットが成功するかどうかは食事にかかっています。

ですので、食事改善しないで運動だけして痩せようとすると、ほぼ確実に失敗します。
(ダイエットに挫折する人の大半はこのミスを犯してしまいます。)

では、どのような食事をすれば痩せられるのでしょうか?

必要カロリー内で、バランスよく栄養を摂る

もっとも大事なのが、これです。

『1日の必要摂取カロリー内で、栄養をしっかり摂る』

ということです。

カロリーを制限しただけではすぐに栄養不足でドカ食いしてしまいますし、栄養だけを意識してたくさん食べると、太ってしまいます。

大事なのはその2つをしっかり守ることなのです。

ちなみに、30代女性が1日に必要なカロリーは1700~2000キロカロリーだと言われています。

デスクワークばかりのひとは1700程度、体を動かす仕事のひとは2000キロカロリーを目安にしましょう。

そして、次に大事なのはバランスよく栄養を摂ることです。

ゴハン、お肉(魚)、野菜、豆、果物など、とにかく健康的な食品をバランスよく食べましょう。

特に和食がオススメです。

健康的で栄養のある食品ならば、好きなものを食べてOKですので、ガマンする必要はありません。

ダイエットというと、とにかく食べたいものをガマンしなければいけないという間違った常識を信じているひとがいますが、そういうダイエットこそが失敗の元なのです。

体に栄養が足りないのですから、食欲が抑えられなくなって当たり前なのです。

逆に言うと、体にしっかりと栄養が行き渡っていれば、自然と食欲は収まっていきます。

私自身も、健康的な食事をとるようにしたら、それまでドカ食い&甘いもの爆食を繰り返していたのに、あっさりと食欲が収まってしまったという経験をしたことがあります。

食欲が抑えられないというひとはたいてい、単純に何かしらの栄養が足りていないだけなのです。

これを食べれば痩せる!なんて食品は存在しない

次に知っておいて欲しいのが、

『この世のなかに、これを食べれば痩せる!なんて食品は存在しない』

ということです。

テレビなどでよく『〇〇にダイエット効果が!』などとやっていますが、ああいうものに騙されてはいけません。

確かに、ほんの少しの脂肪燃焼効果がある食品もあるでしょうが、そんなものは微々たる効果しかないのです。

毎日、何百カロリーもオーバーしているひとが、ほんのちょっと脂肪燃焼効果のある食べ物を食べたところで、痩せるわけがありません。

なにより、人間は基本的に、同じものを何日も食べ続けることはできないようにできているのです。

『食べ飽きた』というのは、脳が『その食べ物から摂取できる栄養はもういらないよ!』という信号を送っているということです。

だから、3日も同じものを食べ続けると食べたくなくなるのです。

ですので、ダイエット効果を期待して同じものを食べ続けるのはやめましょう。すぐに嫌になってしまうだけですし、無理して食べても体を壊すだけです。

それよりも、決められたカロリーのなかで好きなものを食べ、しっかりと栄養を摂った方が長続きしますし、はるかに簡単に痩せていきます。

太る食品を排除しよう!

この世に痩せる食品はないけれど、太る食品はたくさんあります。

代表的なものが、『お菓子』『清涼飲料水』『ファストフード』です。

言うまでもありませんが、お菓子には大量の砂糖が含まれています。

本当にときどき、少量のお菓子を食べるぐらいなら大丈夫ですが、週に2回も3回も食べていては、絶対に痩せることはできません。

特に『菓子パン』が最悪です。

菓子パンは、メロンパンひとつでラーメン大盛りと同じくらいのカロリーがあるほど、高カロリー食品として有名です。

前にあるダイエット専門家の先生が、

『太っている女性を見ると、菓子パン好きが本当に多い』

とおっしゃっていましたが、的を射ていると思います。

菓子パンを食べるくらいなら、おにぎりを食べるようにしましょう。

オススメの運動は?

ダイエットにオススメの運動は、ズバリ『水泳』です。

ダイエットに最高の運動は水泳である、というひともいるくらい、水泳はダイエットに適しています。

全身運動なので全身の筋肉をまんべんなく鍛えられるうえ、水のなかなので体に負担もかからず、怪我の心配もありません。

ですが、なんといってもダイエットにオススメな理由は、カロリー消費量の多さです。

水泳は冷たい水のなかで運動するので、体温を高めるのにたくさんのエネルギーを使います。

そのため、ランニングの1・5倍~2倍のカロリー消費量があると言われています。

さらに、ストレス発散効果も高く、まさに一石二鳥の運動だと言えます。

水泳ダイエットの効果的な泳ぎ方は?おすすめの時間や距離や食事は?

それ以外の運動としては、筋トレも効果的です。

筋トレというと、体がゴツくなってしまうと思っているひとがいますが、そんなことはありません。

それは本格的な筋トレを何年も継続し、食事も高タンパクのものをとり続けてようやくなるものであり、普通の女性がダイエット程度の筋トレをしたところで体がゴツくなることなどありません。

現にハリウッド女優なども、プロポーション維持のために筋トレをしていることは有名です。

筋トレをすると効率的に筋肉をつけることができるので、基礎代謝量が上がり、痩せやすい体になっていきます。

筋肉は刺激を与えたあと休ませることで成長するので、『週二回の筋トレ+食事制限』をすれば、毎日運動しなくても痩せることが可能です。

ストレス発散する方法は?

ストレスを発散する方法は、ひとによって様々ですが、個人的にオススメなのが日記を書く事です。

日記には精神を安定させる効果があるので、毎日日記を書くことでストレスを発散させ、イライラしたり落ち込んだりしにくくなります。

また、運動によって脳内に『セロトニン』という精神安定ホルモンを増やすことで、気分を安定させることもできます。

セロトニンは別名『幸せホルモン』と呼ばれるように、幸福感を作り出しストレスを軽減させてくれますので、運動してセロトニンを増やすことを心がけましょう。

また、セロトニンは朝日を浴びると増えるとも言われていますので、朝に運動すると一石二鳥です。

その他の役立つダイエット方法は?

その他のダイエット方法としては、『よく噛んで食べる』というのが非常にオススメです。

よく噛んでから飲み込むようにすると、栄養の吸収率も上がり、なおかつ満腹中枢も刺激されるので、少ない量でも十分に栄養が取れる上に、お腹がすきにくくなります。

私はこの『よく噛むダイエット』を実践して10kg以上痩せましたので、ぜひ試していただきたいと思います。

また、体重や食べたものを記録する『レコーディングダイエット』もとてもオススメです。

レコーディングダイエット ノートの書き方や作り方は?おすすめアプリも

体重の減り具合などが確認できると、やる気も保てるので、ダイエットが楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『30代女性のダイエット方法と、オススメの食事や運動』

を、ご紹介してみました。

30代になると、多くの女性が太りやすくなったり、痩せにくくなったと実感しています。

そのことをしっかりと理解して、『20代のころとは体の状態が違う』と自覚して生活改善すれば、30代でもスリムな体を維持することは難しくありません。

ぜひ参考にしてみてください。

※こちらの記事も人気です!

女性でお腹だけぽっこりは病気?痩せる方法やダイエットのコツは?

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

ダイエットのリバウンドの原因は?リバウンドしないで痩せる方法!

朝食抜きダイエットの効果や口コミは?痩せる人と太る人の違いは?

ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は?成功のコツは?

ウォーキングダイエットを成功させる方法!効果的な距離や時間は?

スクワットダイエットのやり方と効果や回数は?下半身やお腹痩せも!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください