大学生ダイエットの食事は?簡単に痩せる食べ物や太りやすいのは?

『大学生になったけど、太っててちっともモテない…』
『ずっとデブがコンプレックスだったから、大学生になったのを機に痩せたい…』
『大学生のダイエットって、なにを食べればいいのか分からない…』

このような悩みを抱えている大学生の方、多いと思います。

確かに、ダイエットをしようとすると一番気を付けなければいけないのが食事ですよね?

食べ過ぎれば太るのは分かっているものの、ちょっと減らすとすぐにお腹が空いてドカ食いしてしまうし…という悩みを抱えている人は多いでしょう。

そこで今回は、

『大学生ダイエットの食事! 簡単に痩せる食べ物や太りやすい食べ物」

を、ご紹介してみたいと思います!

スポンサーリンク

大学生はダイエットしやすい時期!

まずはじめに知っておいて欲しいのが、

『大学生はダイエットしやすい時期である』

ということです。

なぜなら、中学、高校のころよりもずっと体が出来上がっていて、なおかつ生命力に溢れているため基礎代謝も非常に高く、脂肪を燃やしやすい時期だからです。

『20代のころはなにを食べても太らなかった!』

という人がたくさんいるのは、このような理由からです。20代前半から28歳ぐらいまでは、たとえ食べ過ぎてしまってもちょっとダイエットすればすぐにスリムになれる年齢なのです。

ただし、それは正しいダイエットをした場合なので、間違ったダイエット方法や太る習慣を続けているひとは、どんなダイエットをしても痩せることはありません。

ですので、ダイエットを成功させるためには自分がやってしまっている『太る食事』を改善しなければいけません。

食事改善さえしっかりできれば、大抵のひとは黙っていても痩せていきます。

スポンサーリンク

太っている大学生の食事は4パターン!

では、どのような食習慣をしていると太ってしまうのでしょうか?
太っている大学生は、大きくわけて以下の4つのパターンがあります。

食べ過ぎ(特に炭水化物)

『標準よりちょっと体重が重い』程度の太り方ではなく、明らかにぽっちゃり体型、もしくはおデブ体型の人に多いパターンです。
単純に、食事の量が多すぎてカロリーを摂り過ぎて太ってしまっているというパターンです。

なかでも多いのが、『炭水化物が大好き』という人です。
ご飯やパンなど、毎回おかわりしないと気がすまないというひとはまず太っています。
本格的な運動をしている大学生ならそれでも痩せていることはありますが、『運動はあまりしない。でも白米大好き』というような状態だと、間違いなく肥満になります。

ご飯やパンなどの炭水化物はそれぐらいカロリーが高いからです。

甘いもの好き

炭水化物好きのひとにも多いのですが、甘いものが好きという大学生も高確率で太っています。

お菓子、ジュース、アイスなどなど。甘いものには大量の砂糖が含まれているので、食べればすぐに太ってしまいます。

しかも困ったことに、こういった『甘いものが好きで太っているひと』というのは、自分が甘い物を食べ過ぎていることに気がついていない人が非常に多いです。

『たまに息抜きでお菓子を食べるけど、しょっちゅうじゃないし大丈夫でしょ』

ぐらいに思っているものの、実際は自分でも気がつかないうちに毎日食べていたり、一回でひと袋全部食べてしまっていたりします。

こういった『自覚のない甘党』が肥満になりやすいのです。特に女性に多く、『アイス一個ぐらいなら大丈夫だよね』と自分を甘やかしてついつい食べてしまったりします。

ちなみに、もっとも恐ろしいのが『菓子パン』で、メロンパン一個がラーメン大盛りぐらいカロリーがあったりします。痩せたいなら菓子パンは絶対に食べないようにしましょう。

前にダイエット専門家の先生がテレビで、

『太っている女性は菓子パン好きなひとが本当に多くて驚く』

とおっしゃっていたぐらい、菓子パンは肥満の元になりやすいのです。

お酒好き

大学生にもなると、やっぱり飲み会などに参加することも多くなります。
お酒のカロリー自体はそこまで高くありませんが、一杯、二杯と飲み続ければやはりかなりのカロリーとなってしまいます。

それだけでも厄介ですが、ビールなどは食欲を増進させる効果もあるため、ついついおつまみをたくさん食べてしまいます。

さらに、たとえばカラオケなどにいけばたこ焼きなどの高カロリーな食べ物が出ることも多く、一回の飲み会ですさまじいカロリーを摂取してしまったりします。

それが積み重なると、自分でも気がつかない間に太ってしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。

栄養バランスが悪い

『甘いものが好きなわけでもないし、飲み会にもほとんどいかない。それなのになぜか太っている』

という場合は、『栄養のバランスが悪い』という可能性があります。

栄養のバランスが悪いと、基礎代謝が下がって太りやすくなったり、余計な栄養ばかりとって栄養過多となり、太ってしまったりします。

それだけでなく、足りない栄養を補給しようと、『食べても食べてもお腹が空く』という状態になってしまうこともあります。

これは一人暮らししている大学生に多く、いつでも好きなものが食べられるから、楽だからとい理由でカップラーメンや菓子パンばかり食べてしまいます。

これでは『カロリー過多の栄養不足』になってしまうだけですので、当然、太りやすくなってしまいます。

簡単に痩せる食べ物は?

では、どんな食べ物を食べれば痩せられるのでしょうか?

まず最初に知っておいて欲しいのが、

『これを食べれば確実に痩せる!』

という食べ物はないということです。

そうです。この世のなかに、『これを食べればどんどん痩せていく!』という食べ物は存在しないのです。

このことに早く気がつかないと、テレビで紹介される『〇〇に脂肪燃焼効果が!』という宣伝に引っかかってしまい、効果のないダイエットを繰り返して時間とお金を無駄に使ってしまいます。 

これまでもテレビや雑誌で、

『こんにゃくダイエット』

『おかゆダイエット』

『バナナダイエット』

などなど、様々なダイエット方法が紹介されブームになりましたが、痩せているひとはほとんど見たことがありません。

なぜなら、続けられないからです。

最初の数日は、食事量が減ったりして少しは体重が減ることもあるでしょうが、2週間もすると体が限界を迎えて、継続できなくなってしまいます。

すると、それまでの反動でドカ食いしてしまい、リバウンドしてしまうのです。

しかしネットや雑誌などには、この『痩せ始めたころの喜びの声』しか載りませんから、あたかもしれが本当に効果のあるダイエット方法のように思わされてしまうのです。

(テレビ)『こんにゃくダイエットをしたら3日で2kgも痩せました!』

(現実)『2週間したら続けられなくなって元の体重に戻りました…』

というのが、『〇〇を食べれば痩せるダイエット』の真実です。今度こそダイエットを成功させるためにも、もう騙されないようにしましょう。

大事なのはバランスの取れた食事メニュー!

ではどんなものを食べれば痩せられるのでしょうか?

それはズバリ、

『栄養バランスのとれた食事を、腹八分目だけ食べる』

ということを継続することです。

これ以外に痩せる食事はありません。

ご飯、肉(魚)、味噌汁、サラダ、フルーツなど、バランスのとれた食事を続けていけば、ガマンせずとも自然と痩せていきます。

特に『和食』が効果的で、豆腐、味噌汁、納豆、焼き魚、煮豆など、『高栄養、低カロリー』の食べ物をしっかりと食べるようにしましょう。

野菜、フルーツなどの酵素もオススメ

また、大学生がもっとも不足しがちなのは生野菜やフルーツに含まれる酵素です。

酵素が不足すると消化や吸収、排泄の働きが弱くなり、脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます。

積極的に生野菜やフルーツを食べるようにして、酵素をたくさん取り入れましょう。

タンパク質も大事

タンパク質をしっかりと取り、筋肉をつけると脂肪が燃えやすい体になっていきます。

筋肉が増えると基礎代謝が上がるので、それこそ何もせずとも痩せられる体になります。

『ダイエットには筋トレが一番』

と言われるのはそのためです。

ですので、『低カロリー・高タンパク』な食べ物も積極的に食べるようにしましょう。運動も始めればさらに筋肉がつきやすくなります。

ちなみに、『低カロリー・高タンパク』であり、かつ手軽に買える食べ物として有名なのは、コンビニに売っている『サラダチキン』です。

たったの200円でしっかりとタンパク質を摂取できるうえに、おいしくて低カロリーなので、最近では本格的なボディビルダーの人たちでさえサラダチキンを買いまくっています。

筋肉不足で脂肪の燃焼効率が悪いひとは、軽く運動したあとにサラダチキンを食べるようにすれば、どんどん痩せやすい体に作り替えられますよ!

太りやすい食べ物は?

食べるだけで簡単に痩せる食べ物は存在しないのに、『簡単に太る食べ物』は世の中にたくさんあふれています。

たとえば、さきほど紹介した『菓子パン』です。

小さな袋入りのパンですが、大量の砂糖が使われているため、カロリーが非常に高く、続けて食べるとあっという間に太ってしまいます。

ほかにも『清涼飲料水』なども太りやすいです。

缶のコーラには5~10個分もの砂糖が入っていることは有名ですが、他の清涼飲料水でも似たようなものです。少ない量では甘味を感じられないので、大量の砂糖が入れられています。

また、『ゼロカロリー系の飲料』も、決して油断できません。あれらも飲み続ければ普通に太ります。私もダイエット前はゼロカロリーのペプシが大好きでしたが、やめた途端にどんどん体重が減っていきました。ゼロカロリー系は健康にも影響が出る危険性があるとも言われているものなので、ダイエットだけでなく健康のためにも避けた方が良いでしょう。

塩分はダイエットの大敵

ダイエットをするなら特に注意して欲しいのが『糖分』『塩分』です。

糖分がダイエットに悪いというのは誰でも知っていることだと思いますが、実は塩分の摂り過ぎも同じくらい肥満につながってしまいます。

塩分を摂りすぎるとむくみの原因となり、さらには代謝が下がって太りやすい体になってしまいます。

現代人はとにかく塩分過多な食生活をしていることが多いので、気を付けないとすぐに塩分を摂り過ぎてしまいます。

大学生の時点で太っているひとはただでさえ太りやすい体質であることが多いので、そのうえ塩分を摂り過ぎてしまえば太るのは当然です。

塩分を抑えた食事を心がけ、野菜などを多く食べて体内の塩分を排出しましょう。

糖分と塩分を控え、栄養バランスの良い食事を続けていけば、誰でも無理せず痩せることが可能になります。

ちなみに、よりダイエットの効果を高めたいならば『レコーディングダイエット』がオススメです。私はこれと『よく噛むダイエット』を組み合わせて10kg以上のダイエットに成功しましたので、ぜひ試してみてください。詳しいやり方については『レコーディングダイエット ノートの書き方や作り方は?おすすめアプリも』で説明しています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『大学生のダイエットの食事』

を、ご紹介しました。

こういった話になると、すぐに『〇〇を食べると痩せる!』という内容になってしまいますが、それは大間違いです。

実際は、何か特定のものを食べるのではなく、太る食べ物をやめ、バランスの取れた食事を続けることで痩せていくのです。

『〇〇(を食べるだけ)ダイエット』というのは非常に分かりやすいし、飛びつきたくなってしまうかもしれませんが、そういった情報に惑わされることなく、正しい食生活を続けてダイエットしていってください。

※こちらの記事も人気です!

男性でお腹だけ出てる人は危険?病気の可能性は?原因と改善方法!

ダイエット 本気で痩せたい!食事や運動は?本気になれる方法も!

ダイエットのリバウンドの原因は?リバウンドしないで痩せる方法!

朝食抜きダイエットの効果や口コミは?痩せる人と太る人の違いは?

ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は?成功のコツは?

ウォーキングダイエットを成功させる方法!効果的な距離や時間は?

スクワットダイエットのやり方と効果や回数は?下半身やお腹痩せも!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください