恋愛を諦めた女でも結婚できる!一生独身を覚悟した独女の逆転物語!


『私、もう歳だし、恋愛なんてできないんだろうな…』
『どうせ結婚できないんだから、一生独身で生きていく覚悟をしよう』

2015年の国勢調査によると、最近は14%以上の女性が一生独身で過ごす世の中になってきたようです。
なかには上記のように『結婚願望はあるのに、チャンスがないから一生独身を覚悟し始めた』というひともいると思います。

しかし、実際には結婚を諦めていたのにひょんなことから恋愛が始まり、あれよあれよと言う間に結婚に至った女性というのも多いもの。

私もこのブログのネタ集めに周囲の女性たちに恋愛話を聞くことが多いのですが、結婚を諦めていたのに結婚できちゃった女性が少なからずいました。

話を聞くとこれがけっこう面白かったです(笑)

というわけで今日はそんな、私の身の回りに実在している、『一生独身の覚悟をしていたのに結婚できちゃった』女性のエピソードを紹介します。

スポンサーリンク

一生独身を覚悟してからの逆転物語

37歳(当時)の失恋女性Aさん(派遣保育士)

Aさんは昔からそこそこモテたらしく、十代、二十代と彼氏はいました。しかし長く続いた彼と28歳のときに別れ、以降は精神的にボロボロに。『このひとと結婚するんだろうな!』と確信していたためにそうなので、ショックが大きすぎたのだそうです。

以降、彼女は男性不信と自信喪失に苦しみ、さらには28歳という年齢での再出発に絶望的なものを感じました。そのため『しばらくは恋愛はいい』と、せめて傷が癒えるまで結婚のこととかは考えずに仕事や趣味をがんばろうと考えたそうです。

しかし、それを後悔したのは32歳のとき。さすがにそろそろ結婚したいと思い婚活サイトに登録したり婚活パーティに参加してみるも、チヤホヤされるのは二十代の女の子たちばかり。Aさんいわく、

『婚活パーティに参加して、だっっっれにも話しかけられないほど惨めなものはないわよ』

だそうです(笑)
明るい笑い話として話していたので今は思い出話に変わっているようですが、確かに誰にも相手にされないのは辛いでしょうね。

その後も自分なりに婚活を続けるも失敗の連続。なんだかだんだんお金を払って恥をかいている気になってきたAさんは、『もういいかな…』と思い始めたそうです。

そして34歳のとき、『どうせもう結婚はムリ。ひとりで生きていこう』と思い、婚活もやめたそうです。後悔や未練がまったくなかったわけではないそうですが、何度も婚活を繰り返しては空振りの日々に疲れてしまったのだそうです。

そうして『一生独身』の覚悟をして生きるこ3年。Aさんが37歳になったとき。

運命の相手が現れたのでした。

まさかの出会い

その男性はAさんより2歳年下の35歳。背が高くて真面目そうな雰囲気の男性だったそうです。

Aさんと知り合ったのは派遣先の保育園。Aさんの職場に彼が派遣されてきたことがきっかけでした。

その男性はサラリーマンとして十年以上、某有名飲食店メーカーに勤めていたらしいのですが、「子供とかかわる仕事がしたい」と一念発起。仕事を辞めて保育士の資格を取得。やがては園長になるために働きながら次の資格を取ろうとしていたそうです。

物腰は柔らかく性格も良さそうな上に見た目もいい感じだったので、Aさんは『良いかも』と思ったものの、すぐに「まあどうせ既婚者でしょ」と最初から諦めモード。左手の薬指に結婚指輪はなかったものの、『邪魔だから外してるだけかな』と期待もしなかったそうです。
結婚を諦めていたのだから当然ですよね

まさかの急接近

そんな感じで最初は特に期待もしていなかったのですが、一緒に仕事をしていると彼の人柄の良さや仕事への情熱、子供への優しい接し方にひかれるものを感じ始めました。

しかしそれでも、「とはいえ、既婚者だし」と自分からシャッターを下ろしていたAさん。期待すればがっかりするだけとばかりに『仕事の関係』に徹しました。

Aさんは彼と同じ教室を任されていたので、会話をする機会も多く、仕事が同じ時間に終わったときなどは駅まで一緒に歩いて帰るほどに仲良くなったそうです。

『ちょっとだけ、恋人がいたころの気持ちを思い出した』

とAさんはおっしゃってました(笑)
それに、気のせいか、向こうもこちらを嫌ってはいないような雰囲気だったそうで、それがなおさら『恋人気分』を盛り上げてくれたのかもしれません。

そんなAさんに転機が訪れたのは、彼と出会って二ヶ月後。
保育士さんのひとりが退職するということで、送別会を行ったときでした。

なんと、彼が独身であることが分かったのです。

『ほんとに驚いた。だってどう見てもモテそうなタイプだったし、結婚してるに決まってるって思ったから』

その席で、どうやら彼は学生時代は勉強、20代は仕事に夢中で恋愛にあまり時間を割く余裕がなかったとのこと。確かにちょっと女性慣れしていない雰囲気はあったそうで、妙に納得したそうです。

『正直、チャンスかも!とは思ったけど、独身だからってあたしみたいなオバサンは相手にしてくれないと思ったから、それ以上期待はしなかった』

どこまでも防御しつづけるAさん(笑)

スポンサーリンク

まさかの急接近

こんな具合に、『条件は良いと思いながらも自分なんか相手にされない』と勝手に決めつけてやりすごしていたAさんでしたが、次第にふたりの関係に変化が訪れます。

仕事が同じ時刻に終わると一緒に駅まで歩くことが多くなり、そのたびに話が弾むようになってきたとのこと。

そんなある日、彼が驚きの一言を言ってきたそうです。

『今度、一緒に食事でもどうですか?』

まさかのお誘い!
Aさんは何年ぶりかにドキ!っとしてしまったそうです(笑)

『もしかしてこのひと…いえ、そんなことあるはずない』

そんな風に思いながらも、さすがにここまで来れば期待してしまうAさん。期待半分、不安半分でOKすると彼は嬉しそうに笑ったそうです。

数日後、約束通りふたりで食事にいくと、話が弾む弾む。まるで何年も付き合ってきた彼氏のようにリラックスして話が出来たそうです。

帰りがけに彼が、

『また誘ってもいいですか?』

と言ってきたとき、

『もちろん』

と即答してしまったそうです。

そしてプロポーズへ

そうして、Aさんは彼と週一ほどのペースでデートをするようになりました。

すると三回目のデートのときに彼から、

『僕と付き合ってくれませんか?』

と、嬉しい一言が。
もちろんAさんは快諾。
その後、デートを重ねていき、十ヶ月ほどが経った頃、彼はついにAさんにとって念願だった言葉を口にしてくれました。

『僕と結婚してください』

指輪の入った箱をパカッと開けて、とはいかなかったようですが(笑)
Aさんはもちろん、快諾しました。

のちにAさんが彼に自分を選んでくれた理由を聞くと、

『優しいし、仕事にもちゃんと責任感を持っているのが魅力的だった。話も合うから、一緒にいるととても楽しかった。年齢のことは少しも気にならなかった』

と答えてくれたそうです。

まとめ 恋愛を諦めても結婚できる

これは実際に私の身近にいた女性から聞いた話です。
Aさんは『もう歳だし、恋愛も諦めていたから結婚なんて絶対にできないと思っていた』そうですが、そんなことないとAさん自信が証明してくれました。

確かに女性の結婚適齢期は22~28歳ぐらいと言われていますが、それよりも年齢が上になったからといって決して恋愛や結婚のチャンスがないわけではありません。

Aさんのように、結婚を諦めていても向こうから男性がやってきてくれる場合もあります。
ということは、諦めずに行動し続ければ素敵な男性と巡り会える可能性はもっと上がるということです。

ぜひ、希望を捨てずに行動し続けてみてください。

ちなみに、こちらの記事では出会いを増やす超具体的な方法をご紹介しています、タイトルは再婚者~となっていますが、初婚者でも通用する方法ですのでぜひ参考にしてください!

※こちらの記事も人気です!

結婚しない方がいい男の特徴!女性が一生後悔するダメ夫の共通点!

『再婚者の出会いのきっかけは?バツイチでも出会いを増やす裏ワザ!

結婚できない女の特徴!男に嫌われる原因は?独身を脱出する方法も!

30代~40代フリーター独身女性がバイト辞め結婚・就職する方法!

独女はうざい?アラサー、アラフォー独身女性が嫌われやすい理由

潜在意識を活用した成功体験談!お金も恋愛も引き寄せる方法とコツ!

独女はうざい?アラサー、アラフォー独身女性が嫌われやすい理由

婚活疲れする男女の特徴と原因!妥協すべき?出会いを増やす対処法!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA